日本人ならコメを食え。 昔の日本は貧しかった、という話をよく聞きますが

コメを食べなくなった日本人 でもパンは食べる

日本人ならコメを食え

追跡番号等はございません。 到着までは日曜、祝日を除く2〜4日程度かかり、配送日や時間の指定はご利用いただけません。 大正4年8月10日福井県大野市禅師峰寺関頑牛に就て得度。 大正14年3月愛知県曹洞宗第3中学校卒。 飯田老師臨済の正眠僧堂、小南老師の門に入り参禅弁道。 昭和11年富山県富山市宝洞寺首先住職。 昭和12年富山県立山町竜光寺住職。 昭和21年富山県立山市竜光寺美徳会 女子青年 、池の坊生花、裏千家、琴、あんま、料理、珠算会、婦人会、老人会の会長、人権ようご委員、保護司10年間。 昭和24年緋恩衣被着、特許せらる。 昭和25年青少年愛育事業功労者として北日本新社より10傑表彰。 昭和27年曹洞宗管長表彰「教化伝導功労者」。 昭和30年富山県知事より「社会福祉事業功労者」表彰。 昭和32年6月第1回吉峰寺地蔵流し会発足。 昭和40年曹洞宗管長表彰「寺門興隆、教化伝導功労者」。 昭和44年高志社会福祉協議会「たすけあい運動功労者」表彰。 昭和44年保育事業功績者表彰、上志比村長。 昭和45年社会教育功労者表彰、高志社会教育協議会等の数々の表彰を受く。 昭和45年曹洞宗権大教師に補任、黄恩衣被着。 昭和50年5月20日大教師補任、紫恩衣被着。 上志比社会教育委員、公民館運営委員 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 「食えなんだら食うな」「病なんて死ねば治る」。 目次を見ただけで、ガツンと頭を殴られるよう。 いかに自分が欲望にまみれていて、いつも弱気でいるかを、思い知らされる。 明日何を食べようか、明日何を着ようか。 あそこが痛いここが調子が悪いと、いつもそんなことで思い悩んでいる。 そういうひ弱な心を、関大徹が叩っ斬る。 その衝撃で目が覚めて、徐々に光がさしてくる。 …そうだ、食えなんだら食わねばいいのだ。 病気なんて、死ねば治るんだ、と。 関大徹という人が、真に温かい人だから、これだけのことが書けるのだと思う。 この本には、本当のことが書かれている。 生きるための希望が書かれている。 だから、生き方に悩んでいる人、子育てに迷っている人、若い力のある人、すべての人に読んでほしい。 巻末の執行草舟氏の解題には、涙がにじむ。 この本にはたしかに、人間を立ち上がらせる力がある。 明治生まれの方がお書きになったとはとても思えない現代的な文章で、こういう大まじめな本の感想としてはやや不謹慎な言い方ですが、大変楽しんで読ませていただきました。 この本で問題にされるのは日本人の信仰心と死生観、それと道徳観の新旧という問題でしょう。 第一番目の信仰心と死生観の問題ですが、先日台湾の李登輝氏(彼自身は日本で教育をうけた日本的知識人です)の書いた本を読んでいたらこんなことが書いてありました。 論語に「未だ生を知らず、焉んぞ死を知らんや」という有名な文章があります。 日本人がこれを読むと自覚的な信仰心のあるなしに拘わらず、「未だに生きる意味や自分が生きて為す可きことも分かっていないのだから、軽々に死んでどうなるのかとか死後の世界といったようなことを論じるのは誤りだ」というふうに自然に読むだろうというのです。 ところが中国人は信仰がありません(と言い切っていました)。 だからこの文章を無制限な生の肯定として読むというのです。 するとどうなるか。 とにかく生きているうちにできるだけのことをやって楽しむことこそが正しいとなります。 求めるものは財産・地位・名誉です。 儒教には五常といって、仁・義・礼・智・信の徳目がありますが、「名教」といって、いわば掲げておくだけのスローガンになっているというのです。 ではなぜ日本人にはそうならないリミッターがかかるのか?それは繰り返しになりますが、具体的に自覚するかしないかに拘わらず、日本人には信仰心とそれに基づいた死生観があるからだというのです。 それを自覚的かつ明確に説いたのが本書だと思います。 もちろん、一般の方で生死をそこまで突き詰めて考えているひとはいる訳がありませんが、こういう僧が活躍する土壌がわが国にはあるということなのだと思います。 もうひとつは道徳観の新旧という問題があると思いました。 「家事嫌いの女など叩き出せ」という章がありましたね。 ウーマンリブの闘士が読んだらそれこそ頭から火を噴くのではないかと懸念されましたが、ここで師がいっていることは古いのか?間違っているのか?よく読めば師は女性を蔑視したりしているのでは決してないことは分かります。 ただ、男と女の役割は違うはずだといっているのです。 わたしたちはこの人口減少時代を迎えて女性が社会に進出してくれないと絶対労働力が足りないため、いろいろと理屈を付けては女性の社会参画を促します。 しかし、それのかなりの部分はまやかしではないのか?いま社会進出していると自分では考えている女性のどれだけ多くが最低賃金ギリギリのところで働いていることでしょうか。 これが女性の社会進出ですか?師はしっかりした資格や才能を持った女性が活躍することには全く反対していません。 社会の甘言にのせられて、やらくてもよいような仕事をして子育てや家庭経営を疎かにしている女性たちにひとこと釘をさしているのだと思います。 そういう意味でこの章は議論はあるでしょうが、古くて新しい章というべきなのだと思いました。 戦争の項は生々しいですね。 こう戦争の実態を活写した宗教家は珍しいです。 ただ、わたしはこの章を読みながら、日本の宗教家の社会的地位の低さや社会的発言力のなさが気になりました。 日米開戦に先立ってアメリカの主にカソリックのグループが何とか戦争を阻止しようと努力したことはよく知られています。 このことから短絡的に、日本の宗教家は世界を見る目がないとか、ひどい場合には戦争協力者だとかいう人までいます。 しかしそうではないのだと思います。 日本の宗教家にはそれだけ社会に大きな影響を及ぼすだけの発言力がないのだと思います。 まともな宗教家が「鬼畜米英!叩き殺してしまえ!」などと叫ぶでしょうか?そんなバカがいる訳がないですよね。 しかし日本の宗教家たちは宗派を問わず、戦争に積極的に意見を述べることができなかった。 これは何故なのか、宗教界に投げられた重大な問いだと思います。 なお、最後に。 解題というからには本書の成立事情であるとか、復刊に至った経緯、あまり知られていない関大徹師の伝記であるとか、当時のわが国の宗教事情であるとか、いったものを解説するのが解題なのではないでしょうか?これはただの感想文です。 執行氏がこの本をどう読んだかは一般読者には関係のない事柄だと思います。 蛇足だと思いました。 私はここ数年、読書三昧をしてきましたが、とうとう運命の本に出会えた気がします。 決して 難解ではなく、奥の深い老師の言葉が心の奥底に入ってきます。 老師は13歳で仏門に入り、以 来妻帯もせず、ずっと仏門の道を歩みます。 私たちは何かを行うとき、心の中で「どうだ認め てくれ」という気持ちが働きがちです。 しかし老師にかかるとその心さえも見透かされてしま います。 自殺をしそうになることさえもです。 さらに言えば、この本は復刊で原本はかなり古く、老師は明治の生まれで戦前戦中の話も出て くるのですが、内容に微塵も古さを感じさせません。 老師の語られる言葉や出来事の数々が、 人間の本質的な部分をついているからだと思われます。 死は生きとし生けるものに約束された自明の 理であり、これを心得ていれば病など苦にすることはない。 便所掃除こそそうでなければならない。 白昼堂々、こ れ見よがしに便所掃除するなど論外中の論外。 たとえ粗食でもいただく。 死ぬのはおのれ一人。 この本で目の前の霧が晴れた感じがしました。 人間関係の悩みも人並な暮らしがしたいという 欲望も小さいことのように思えてきます。 私たちが悩んでいる多くのことは、見方を変えるこ とで悩み自体が霧散していることに気づかされます。 また、老師のすごいところはその言葉が 机上の空論ではなく、実際に多くの人の人生に大きな影響を与えてきたことがこの本で分かる ことです。 私はまずこの本の解説から読みました。 この解説が熱いです。 この本に対する並々ならぬ愛に 溢れています。 命の「恩人」とまで書かれています。 私もこの本を読んで、解説を書いた執行 草舟氏と同じく、この本が死ぬほど好きになりました。 この本は本物です。 一人の人生を変え るだけの力のある本です。 著者は明治36年生まれ、ちょうど日露戦争のころです。 今のひとからしたらちんまりした規格に収まらない明治人の大きさを感じました。 仏教諸宗派について自分なりに調べていますが、不確かなあの世のことを説かない、「いまこの瞬間を生きる」、という禅宗に現代の科学にも耐えられる教えを見いだしました。 「食えなんだら食うな」は警策でビッシッと肩を打たれたような気がしました。 たまたま書店で手にしたこの本が気になってしょうがなくなり、翌日にはアマゾンで注文していました。 「死ねなんだら死ぬな」、「病は死ねば治る」、シンプルなこれらの一言がふしぎとすっと心に入り込んできます。 長年に渡る坐禅や作務を通して、精神までも贅肉がそぎ落とされた禅僧の言葉の研ぎ澄まされた言葉だと思います。 面白い本である。 禅僧という特異な人生経験から生み出される言葉は大変個性的であり興味深い。 例えば、大勢の人が死んでも「死ぬ経験をするのは一人(自分だけ)」という観点は、まさに一人で禅を修行してきた人だから容易にたどり着く考えなのだろう。 一方で、禅の経験がほとんどなので、通常の生活に関する理解は少ないと感じた。 例えば、「犬のように食え」というところでは、犬がガツガツその本性で食べるように、人間もコメを作ってくれた人たちに感謝の心を持って無言で食事を味わうべし、といった感じのことが書いてある。 しかし、賑やかに話しながら食事を楽しむのも人間の本性というものであろう。 その辺りは禅の教科書的な狭い考え方かと思われた。 (禅寺での食事に文句をいう人たちにクギを刺しているだけかも知れないが。 )深い独自の考え方と狭い考え方が同居する本であり、そのギャップに驚かされる。 禅僧という非常に特異な人生経験から生み出される考えの本と感じられた。

次の

なぜ日本人はご飯を食べずにいられないか

日本人ならコメを食え

今日はすごい風と雨ですね!! 皆様、お怪我などされていないでしょうか? 私は外出の予定を取りやめ、自宅で過ごしました。 お譲の昼寝のタイミングがいつもとずれてしまい、午後にまとめて寝かせて仕事をしようと思っていた思惑が外れてしまいました。 子供だって大人と同じように毎日気分も違うだろうし、毎日同じようにいかないものですよね。 もう一丁前に1人の人間です。 だから毎日発見があって楽しいのですよね。 さて、玄米の話をしてきましたが、 先月の産経新聞に「日本人ならコメを食え!」という記事が載っていました。 内容はコンビニさんが輸入食材が高騰している中、コメは値上がりしていないことから、 おにぎりなどコメのメニューに力をいれているというものでした。 いろいろな食品が値上げをしています。 特に、主食になるパンや麺類の小麦。 家計を預かる主婦としては本当に痛い やはり見直すところは主食のコメなのでは 私は香ばしいパンのかおりが大好きで、よくパン屋さんでパンを買います。 おいしいパンは大好きです。 でもやはり3食の主食はコメでないと、なにか物足りなくて ついつい余計に食べてしまいたくなります。 日本人が先祖代々食べ続けてきたコメ。 日本の風土にあっているからこそ、コメが食べ続けられ、 食事をご飯ともいうほど、 私達になくてはならないものになってきたのだとおもうんです。 我が家のお譲はコメが大好きです! こうなるように仕組んだのかな?(笑 パンもうどんも食べるけれど、基本の主食はコメにしています。 ご飯はむしゃむしゃ「うま~」と食べてくれるんですよ.

次の

【鬼太郎】第70話 日本人ならコメを食え: 好きなものは好きだから好きになる

日本人ならコメを食え

「当店はメキシコ産の清浄豚を使っています」 豚インフルエンザのニュースを聞いて、こんな文句をメニューに大書きしていた店があったことを思い出した。 要するに「メキシコ産」を使っていないということより、「中国産は使ってないゾッ!」ということをアピールしたかったんでしょうが、今あの店のメニューはどうなっているだろうかとちょっと心配になってきた。 さて、 相変わらずのB級グルメ神田編になります。 昼時に靖国通り小川町スタバの小路を入り神田警察裏あたりにさしかかるといつも行列が出来ているテークアウト専門おにぎり屋がある。 B級グルメ担当としては気になる対象だけど、「おにぎりに並ぶのもナンだかなぁ〜」と思い無視していたが、本日は行列も短かったのでトライ。 十穀和長というのが正式な店名らしい。 こんな風に具沢山のおにぎりにポテトサラダとか卵焼き、ウインナソーセージなどがついているセットが1パック450円ー500円。 もちろん米の種類によって握り分けた1個1個のバラ売りもある。 やはり 良いお米を使ったおにぎりの味は格別だな。 日本が100%自給できる食品はお米だそうです。 だから 「日本人ならもっと米を食おうよ!」 日本のお米は美味しいよ!. そんなことを思った昼飯でした。 a a.

次の