インスタメッセージリクエスト見方。 インスタのDMでメッセージリクエストの見方や仕組みを徹底解説|インスタグラム使い方

インスタグラムでDM(ダイレクトメッセージ)する方法!DMの使い方を解説!【instagram】

インスタメッセージリクエスト見方

そもそもフォローリクエストって何? フォローリクエストとは、非公開に設定しているアカウントに対して、他のアカウントが 「フォローしていいですか?」とリクエストすることです。 非公開アカウントは、他の人には投稿が見られないようになっています。 しかし、自分をフォローしている フォロワーには見えるようになっています。 なので、そのフォロワーになるために一度、あなた自身に許可を求めているわけです。 この時点では、 フォロワーになっていないので、あなたの投稿が見られているわけではありません。 フォローリクエストをされたときの対応 フォローリクエストを受けたときにできる対応は、 ・承認する ・拒否する ・放置する の3つです。 もし相手が友達や知り合いだった場合は、承認してフォロワーにしてあげたらよいでしょう。 ただ、相手が知らない相手だった場合は、「 拒否する」か「 放置する」のどちらかです。 「 放置する」をすると何も起こりません。 相手は「無視されている! 」と考えるかもしれませんが。 相手に何も通知をしたくないなら「 放置する」のも、選択の一つでしょう。 拒否した場合相手にはどのように表示されるか では、「 拒否する」場合にはどうなるのでしょうか。 相手が再びフォローリクエストすることができる状態に戻るだけで何も起こりません。 「 リクエスト済み」が表示されていますが… 拒否されると「 フォローする」の状態に戻ります。 フォローリクエストをしたとき では、間違えて「 フォローリクエスト」をしてしまった場合はどうなるのでしょうか。 相手には、あなたのフォローリクエストがあったことが すぐに通知されます。 インスタグラムのアプリ内での表示のされ方です。 「 フォローリクエスト」が相手の画面に映っています。 相手は「 承認する」を押して、リクエストを承認できます。 あなたのアカウントのプロフィール画面です。 相手は、「 承認」か「 削除」を選ぶことができます。 顔見知りでもない場合は、「 削除」か「 放置」されるでしょう。 相手が削除した場合は、以前のフォローしていない状態にもどります。 相手が承認した場合は、あなたは相手のフォロワーになり、相手の投稿やプロフィールがみえるようになります。 フォロワーになっても、 相手に個人情報が漏れたり、相手に迷惑になることはないので大丈夫です。 したときはどうすればいいか 相手のフォロワーになりたくない場合は、すぐにリクエストを解除しましょう。 上の「 リクエスト済み」を押せば、取り消すことができます。 相手にリクエストが来たという通知はされますが、リクエストを承認できないようになります。 相手は 「通知が来たのに、なぜか表示されない」という状態になります。 リクエストを取り消したと分かるので、不審に思うかもしれませんが、特に迷惑はないので大丈夫でしょう。 まとめ 「フォローリクエスト」を知らない相手からされたとき、 間違ってしてしまったときの対処法を説明しました。 フォローリクエストをしても、受けても何かしらの被害に合うことはほとんどないので、 安心してください。 誰かの迷惑にならないように、リクエストは考えて対処しましょう。

次の

【Instagram(インスタグラム)】DM(ダイレクトメッセージ)の使い方!見方も解説!

インスタメッセージリクエスト見方

【完全保存版】インスタ初心者向け!インスタグラムの使い方完全攻略 October 17, 2017 そもそもダイレクトメッセージって? ダイレクトメッセージとは、その名の通り 特定の人に直接メッセージを送ることができる機能のことです。 インスタグラムでは投稿にコメントをつけることができますが、コメントだと投稿者本人だけじゃなくて、ほかのユーザーも自由に見ることができてしまいますよね。 インスタグラム上で知り合った友達と、個人的にやり取りしたいときに便利ですよね。 まだ知り合って間もない友達には、メールアドレスなど他の連絡先を教えることに不安を感じる方も少なくないと思います。 そういうときにも、ダイレクトメッセージならインスタグラムのアカウントだけで相手とやり取りできるので、安心です。 テキストだけじゃない!写真も送れる ダイレクトメッセージで送れるのは、テキストだけではありません。 写真や動画も自由に貼り付けることができて、「普段はスタンプで顔を隠して投稿してるけど、この人には顔を見せても大丈夫かな」なんていうときにもぴったり。 フォローしていなくても送れる インスタグラムのダイレクトメッセージは、 フォローしていない相手にも送ることができます。 逆に自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、フィード上での新着通知はありませんが、メッセージのリクエスト一覧に含まれる状態になります。 ここから受け取りの可否を選択できます。 この「知らない人からいきなり届く」状態は、 ブロックをしてその相手からのメッセージは届かなくすることでも解決できます。 相手がメッセージを送る際、そもそも宛先にあなたを指定できなくなるのです。 プロフィール画面の右上(設定メニュー)ではなくて、 タイムラインがある画面の右上なので、間違えないようにしてくださいね。 開いた画面の1番下にある「+新しいメッセージ」をタップすると、次のような画面に移ります。 ここで宛先を検索してください。 検索ボックスの下には、デフォルトで現在のフォロワーが表示されるので、その一覧から選択してもOKです。 今回はお互いにフォローし合っているtestさんに送信することにします。 「テストですよー」というテキストを送ってみます。 送信後の画面です。 受信したtestさん側はどうなるかというと… testさん側では、ホーム画面の右上に「1」という通知が出ています。 ここをタップすると、先ほどの「テストですよー」というメッセージを読むことができるのですが、もし仮にtestさんが今メッセージを送ってくれた人をフォローしていなかった場合は、どうなるのでしょうか。 メッセージを受信したタイミングで、testさんのインスタグラムにはこのような通知が表示されます。 この通知をタップするか、testさんが自分のダイレクトメッセージの画面を開くと… このように、 リクエストが届いているメッセージの一覧画面に移ります。 ここで1番下の「すべて承認しない」をタップするとすべてのメッセージの受信が拒否されますし、「テストですよー」の送信者をタップすると、個別に承認するか拒否するかを選択できます。 ここで「許可する」をタップすると、 フォロワーでなくてもダイレクトメッセージを送り合えるようになります。 ちなみにtestさんが許可してメッセージを読んでくれると、メッセージを送った人の画面では 既読マークがつきます。 過去にダイレクトメッセージでやりとりしたことのある人ともう一度やりとりしたい時は履歴は残っていますので、ホーム画面の右上の紙飛行機マークをタップして過去の過去のチャット履歴から再びダイレクトメッセージでやりとりできます。 相手のプロフィール画面から送ることもできる ダイレクトメッセージは、 送りたい相手のプロフィール画面から送ることもできます。 testさんのプロフィール画面を表示して、右上の「…」をタップしましょう。 表示されたメニューから、1番下の「メッセージを送信」を選びます。 これで相手とのダイレクトメッセージ画面に直接移動することができます。 気を付けたいポイントは? 基本の使い方が分かったところで、ここからはダイレクトメッセージを利用するときに気を付けたいポイントをご紹介します。 「既読」はバレる! 先ほどもお話したように、インスタグラムのダイレクトメッセージには 既読マークがつきます。 LINEで話題になった、読んでいるのに何も返信しない「既読無視」が、ダイレクトメッセージでも発生してしまうということですね。 相手との関係をギクシャクさせないためにも、ダイレクトメッセージは読んだら なるべく早めに返信しましょう。 間違えたらDMを削除できる 違う相手に送ってしまったり、違う画像を貼り付けてしまったりなど、「今のナシ!」と叫びたいことってありますよね。 ダイレクトメッセージでは、 送信したテキストや画像の取り消しができるので、既読がつく前に取り消しできれば、本当になかったことにできるんです。 やり方は簡単!取り消したいメッセージを長押しして、出てきた「送信を取り消し」をタップします。 確認のダイアログボックスが表示されるので、 「送信を取り消し」を選択します。 これで取り消し完了です! 間違ったときだけでなく、「ちょっと言いすぎちゃったかな」というときや、考えが変わったときにも便利なこの取り消し。 ただ、相手がすでに読んでしまったタイミングで取り消しても、「取り消すくらいなら送らないでよ」と逆に怒りを買ってしまう可能性があるので、要注意です! DM(ダイレクトメッセージ)の通知設定 インスタグラムのダイレクトメッセージの通知は自分で設定からオンにしたりオフにしたりすることができます。 今からその設定方法について説明していきます。 まずは自分のプロフィール画面に行きます。 右上の方に歯車のマークがあるのでそこをタップしてください。 少し下の方にスワイプすると設定カテゴリーが出てくるので、その中の 「プッシュ通知の設定」をタップします。 少し下の方にスワイプすると「Instagram Direct」と「Instagram Direct」があり、その中に 「オフ」と「全員」があるので「オフ」に設定すると通知がオフになり「全員」に設定するとすべてのユーザーからの通知を受け取ることができます。 以上でインスタグラムにおけるダイレクトメッセージの通知の設定は終了です。 その他ダイレクトメッセージの機能 その他インスタグラムの機能を使う時に ダイレクトメッセージが関わってくる機能をご紹介いたします。 まず1つがストーリーでコメントを送ると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーを見てコメントを送るとコメントを受け取った人はダイレクトメッセージにその内容が反映されます。 2つ目がストーリーにユーザー名を載せると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーでユーザー名を載せると相手のダイレクトメッセージに「ストーリーズであなたについて書きました」と反映されてしまいます。 しっかりとこのことも覚えておきましょう! ダイレクトメッセージは個人的なやり取りに便利! 1対1のやり取りはもちろん、仲間内だけでわいわいお喋りしたいときにも、ダイレクトメッセージはとっても便利。 ちょっと前までは写真共有SNSらしく、画像とセットでないとテキストを送れなかったのですが、今は画像や動画なしでもテキストだけで送信することができます(2017年2月15日現在)。 また、相手が一度閲覧すると消える写真やいいね(ハート)を送ることもできます。 友達の投稿にコメントするとき、入力ボックスの左端にある紙飛行機のアイコンをタップすると、投稿に対して プライベートなコメントをすることもできます。 既読がつくことなど気を付けたいポイントはありますが、それさえ押さえておけば色々なシーンで活用できるのではないでしょうか。 今回ご紹介した使い方を参考に、ぜひみなさんも利用してみてくださいね。

次の

インスタでDMメッセージリクエストの拒否解除はできない!?|インスタグラム使い方

インスタメッセージリクエスト見方

インスタのDM(ダイレクト)にはメッセージリクエストという機能があります。 メッセージリクエストは通常のDM画面にはメッセージスレッドが表示されていないので気付かないことも多いです。 特にインスタを始めて間もない間はメッセージリクエストが来ている事にも気付かないといったケースもあったりします。 一応プッシュ通知の設定ができるのですが、実はプッシュ通知があっても無くても気付かない事が多いです。 DMのメッセージリクエストについて知りたい方は参考にして下さい。 インスタのDMにあるメッセージリクエストとは、自分がフォローしてない相手からメッセージが届いた時に使われる機能です。 通常、DMで受信したメッセージはDM画面のスレッドで新着メッセージとして表示され内容を確認します。 しかし、相手をインスタでフォローしてない場合、メッセージを受信してもDMのスレッド画面に表示されません。 メッセージリクエストという形で別の場所に保存される仕組みになっているのです。 メッセージリクエストで送られたメッセージに対しては『承認しない』や『承認する』という選択があります。 そしてそのままその相手とは自由にメッセージのやり取りができるようになります。 リクエストを許可しても相手には通知などはされません。 特に問題なさそうな相手でなければ、とりあえずリクエストの許可だけしておくというのもアリでしょう。 また、許可した後でもお知らせ通知をオフ(ミュート)にしたり、ブロックする事でメッセージの受信を拒否する事も可能です。 特に、相手にバレるのかどうかというのは多くの方が心配に感じる部分だと思います。 まず、メッセージリクエストで『承認しない』を選択した場合、そのメッセージリクエスト自体が削除されます。 メッセージリクエストとして受信したメッセージは削除されますが、送信者側のDM画面では送信メッセージとしてメッセージは残ります。 ただし、そのメッセージに既読が付くことはありません。 そして、メッセージリクエストで『承認しない』を選択した事が相手に通知されたりバレる事もありません。 相手に通知されないというのは安心ですね。 変なアカウントや怪しいユーザーに対しては気にせず『承認しない』で対応できそうです。 上記のように『承認しない』を選択して削除したメッセージをもう一度確認したい思っても復元などもできません。 また、『承認しない』をタップするとその瞬間にリクエストを拒否した事になり、確認画面などは表示されないので間違えて押さないよう注意しましょう。 一度『承認しない』を選択して拒否した相手から同じようにメッセージが送られてきたらどうなるのかという点も調査しました。 実際に試してみたところ、メッセージリクエストで『承認しない』を選択したら、それ以降は同じ相手からのメッセージを受信する事はありませんでした。 相手側はDM画面からメッセージの送信をする事はできますが、こちらにはメッセージが届かないという状態ですね。 ちょうどLINEのブロックと同じような感じをイメージして頂ければわかりやすいかと思います。 そのユーザーからは新規メッセージをブロックしている状態となりこちらにメッセージが届く事は無いです。 相手をブロックしたくないけどメッセージを送られるのは迷惑という時にはメッセージリクエストで『承認しない』を選択すると良さそうですね。 これは明確な原因が不明で、通知がちゃんとくる時と通知が来ない時があります。 対策と言うのも特になく、メッセージリクエストに気付かない原因の一つになっていたりします。 端末の問題やアプリの問題などがあり得ますが、とりあえず復旧するまでは定期的にDM画面を確認するしか方法はないでしょう。 毎日インスタでDMを使う方であれば、そのついでにリンクの確認をしておくと良いですね。 早く改善されれば良いのですが…。

次の