クロネコ ヤマト 宅急便 料金。 クロネコヤマトの割引まとめ!知っている人だけが得する5つの方法

クロネコヤマトの割引まとめ!知っている人だけが得する5つの方法

クロネコ ヤマト 宅急便 料金

着払いで送る荷物は 先に自宅で梱包してから店舗に持ち込むようにします。 このとき送りたい物を入れる箱の大きさの選び方は、 中身の大きさを見て無駄のないサイズのダンボール箱を用意するのがコツです。 宅急便を送るときの料金の基準は箱の大きさと重量で決まるため、隙間なく詰められるちょうど良い大きさの箱が理想となるのです。 発送主が払う発払いのときももちろん料金のことを考えて梱包するべきですが、着払いの場合は 受取人が送料を払うことになります。 受取人の負担を減らす梱包を心がけることで、必要のないクレームなどの揉め事をなくすことにもつながるのです。 支払い方法に関わらず 賢い梱包を心がけましょう。 送るのに最適なダンボールがない場合にはホームセンターやヤマト運輸の営業所などでも購入することができます。 箱の材質によって値段もさまざまですが箱そのものの強度も考えて購入し、緩衝材をしっかり詰めるなど 中身の破損がないよう梱包してから口が開かないようテープで閉じておきます。 送る荷物をしっかり梱包できたらコンビニの取り扱い店舗の受付まで運びます。 手続きを始めるときには最初に店員さんに 「着払いでお願いします」と はっきりと伝えるようにします。 店員さんからオレンジ色の着払い専用の伝票を受け取ったら、左側の宅急便のロゴの下に 「着払い」と書かれているのを 必ず確認します。 次に伝票に送り先や送り主である自分の住所・氏名などの 必要事項を記入します。 伝票の記入には通常5分ほどかかるため、 先に伝票を貰っておいて自宅で記入するとスムーズに作業できます。 店員さんが料金を計算して運賃欄に記入してくれた後、伝票を荷物の上に貼り付けて引き渡します。 最後に 伝票の控えを受け取って荷物の受け渡しは終了です。 宅急便の料金は縦・横・高さの 3辺の長さを足したサイズと荷物の重さで決まります。 3辺計の長さで60・80・100・120・140・160のサイズに分かれ、さらに重さで2kg・5kg・10kg・15kg・20kg・25kgに分かれます。 最安値の60サイズの基本値は907円ですが、3辺計と重量でサイズ区分が違うときには より上のサイズが適用されます。 つまり3辺計が60まででも重さが5kgを超えていれば100サイズとなります。 さらに 発送地とお届け先が同じ県か他県かでも金額は異なります。 先に目安となる料金を知っておきたい場合にはヤマト運輸のホームページに宅急便運賃一覧表があるので、荷物の大きさを測っておくと良いでしょう。 また宅急便では取り扱い店舗に直接荷物を持って行った場合に、 持ち込み割引で100円減額してくれるサービスがあります。 これは発払いでも着払いでも減額となるだけでなくコンビニに持ち込んでも適用されます。 受け取り相手にとってもメリットがあるので積極的に使いたいサービスです。 ゆうパックの料金は縦・横・高さを足した 3辺計で決まります。 サイズは60・80・100・120・140・160・170があり 重量の上限は全サイズ25kgとなっています。 県外に発送する場合には宅急便同様運賃は上がりますが、最安値の60サイズの基本値は800円であり 重量にサイズが影響されない分だけ宅急便よりも安くなります。 さらに持ち込み量として120円引きになりますが着払いの手数料が20円かかるために 差し引き100円引きとなり、実際の持ち込み量での値引きは宅急便と一緒です。 また手数料がかかることで同じサイズの運賃の差額はほとんどなくなりますが、それでも ゆうパックのほうが若干安く済ませることができます。

次の

パソコンはどうする!? クロネコヤマトの「パソコン宅急便」を利用してみた!

クロネコ ヤマト 宅急便 料金

この記事の目次• 自転車を発送する方法 クロネコヤマトで自転車を送るには「ラクラク家財宅急便」というサービスで送ることができます。 料金は3辺合計と運送距離で送料が決まります。 また、自宅での集荷になり、梱包もしてくれます。 26インチの自転車を送ると、3辺合計が大体350cm以内となります。 その場合の送料は以下の通りになります。 ・東京~大阪の場合:19,170円 税込) ・東京~札幌の場合:25,758円(税込) ・札幌~福岡の場合:41,526円 税込) 自転車を送ることはできてもママチャリなら1台買える料金になってしまいます。 なので、引越し業者に頼む方が割安かもしれません。 ラクラク家財宅急便の公式サイトは クロネコヤマト以外で送ることができる業者は? クロネコヤマト以外では「西濃運輸」「シクロエクスプレス」「佐川急便」の3つがあります。 梱包は自分で行わなければなりませんが、輪行箱 自転車を安全に輸送するためのケース を2,900円で借りられるので、比較的梱包しやすいです。 すでに輪行箱を持っている人はそれを使用することもできますが、3辺の長さの合計は280cm未満、かつ重量は30kg以内という規定に収まるように梱包する必要があります。 送料は地域によって決まります。 例えば南九州地方から中部地方まで自転車を送る場合、送料は8,560円になります。 支払い方法は「クレジットカードのみ」になります。 着払い・現金払い・デビットカード払いなどには対応していないので注意する必要があります。 「集荷先」や「お届け先」「希望日時」などを入力します。 平日・・・10:00~19:00 土曜日・・・10:00~17:00 日祝日・・・10:00~15:00 輪行箱を持っていない人はレンタルを選択します。 因みに西濃運輸では、輪行箱のレンタルだけではなく販売もしています。 今後も利用する予定のある方は、レンタルよりも購入したほうがお得ですね! すでに輪行箱を持っている方は、集荷の日までに自転車を梱包しておきましょう。 輪行箱のレンタル・購入を申し込んだ方も、輪行箱が到着後、集荷日までに梱包します。 集荷日時になると、ドライバーが最寄りの営業所から送り状を持ってきてくれます。 送り状を書いて、輪行箱とともに引き渡したら、発送手続きは終了です。 お届け希望日までに目的地に届けてくれます。 お届け先が宿泊施設などの理由で、本人が直接荷物を受け取ることができない場合は、代わりに受け取ってもらえるようお届け先の人に依頼しておく必要があります。 ロードレースやトライアスロンの大会に参加する場合はもちろん、旅行や帰省、オークションなどさまざまなシーンで活用することができます。 梱包は自分で行う必要がありますが、3,400円 沖縄は5,400円 で配送キットを送ってもらえるので、梱包しやすいのではないでしょうか。 配送料は地域によって決まり、例えば関東地方から四国地方までなら5,500円で送ることができます。 ただし送り先や梱包に使用する箱の種類によっては、追加料金が発生することがあるので注意してください。 シクロエクスプレスの利用方法 ホームページで必要な情報を入力し、申し込みをします。 支払い方法は「クレジットカード決済・コンビニ決済・銀行振込 ジャパンネット銀行 」があります。 配送キットが届き次第、自転車を梱包してください。 集荷日時になるとスタッフが伝票を持ってきてくれるので、自転車を引き渡しましょう。 シクロエクスプレスの公式サイトは 佐川急便で送る場合 クロネコヤマトの次に宅急便の大手と言える佐川急便。 そんな佐川急便で自転車を送る場合は、大きな荷物を送るサービスの飛脚ラージサイズ宅配便を利用します。 なお、飛脚ラージサイズ宅配便は、縦・横・高さの3辺の合計が260cm以内の荷物が対象になります。 また、ぎりぎり260cmの大きさだと、仮に東京から大阪に送る場合は、9000円近くかかってしまいます。 しかし、車輪やハンドルを外して、3辺の合計を折り畳み式自転車並みの240cmに抑えて段ボール箱に入れれば、東京から大阪へは、6264円程で送ることができます。 なので、自転車の梱包の仕方や分解状況によっても、値段が変わってきます。 なお、箱に入っていない自転車は、トラックの荷台に積む際に制限を受けることから、不定型品として2割増しになります。 そのため、極力箱に入れて通常料金で送ることをオススメします。 少しでも安く自転車を送る方法はある? 少しでも安く自転車を送る方法としてはJCA(日本サイクリング協会)に加入するという方法になります。 JCA(日本サイクリング協会)に加入して、サイクリングタッグというものを購入すると、ヤマト便を使って自転車が格安な送料で送ることができます。 JCAは年会費が4,000円になり、サイクリングタッグは2,000円になります。 年会費は1年更新ですが、サイクリングタッグは1回購入すれば会員である期間は有効です。 クロネコヤマトの宅急便は200cm以下サイズとはなりますが、例えば東京~大阪間は原則60kg運の賃が適用され、送料が2592円になります。 送料は他の業者に比べ大分安いですが、年会費とタッグ代を加味すると、1往復で11,000円程度かかります。 年に5往復以上送る方は、安く送ることができる可能性があるのではないでしょうか。 また、年会費が安いCJ+会員(年2,500円)になっても、サイクリングヤマト便を利用することができます。 最初は2回分500円のクーポンが付いていますが、その後は利用するたびに購入しなければならないので、長い目で見るとJCA会員の方がお得ではないでしょうか。 まとめ スポーツ自転車などは値段から考えれば貴重品の部類になるので、送料だけではなく、安全面も十分に考えて業者を選びたいですよね。 また、宅配業界が色々と変わってきているので、サービスの変更がないか前もってチェックするようにしておくことをオススメします。 どうしても送料を安くしたい方は自ら運ぶのがいいかもしれません。 参考になれば幸いです。

次の

宅急便運賃一覧表 全国一覧

クロネコ ヤマト 宅急便 料金

この記事の目次• 自転車を発送する方法 クロネコヤマトで自転車を送るには「ラクラク家財宅急便」というサービスで送ることができます。 料金は3辺合計と運送距離で送料が決まります。 また、自宅での集荷になり、梱包もしてくれます。 26インチの自転車を送ると、3辺合計が大体350cm以内となります。 その場合の送料は以下の通りになります。 ・東京~大阪の場合:19,170円 税込) ・東京~札幌の場合:25,758円(税込) ・札幌~福岡の場合:41,526円 税込) 自転車を送ることはできてもママチャリなら1台買える料金になってしまいます。 なので、引越し業者に頼む方が割安かもしれません。 ラクラク家財宅急便の公式サイトは クロネコヤマト以外で送ることができる業者は? クロネコヤマト以外では「西濃運輸」「シクロエクスプレス」「佐川急便」の3つがあります。 梱包は自分で行わなければなりませんが、輪行箱 自転車を安全に輸送するためのケース を2,900円で借りられるので、比較的梱包しやすいです。 すでに輪行箱を持っている人はそれを使用することもできますが、3辺の長さの合計は280cm未満、かつ重量は30kg以内という規定に収まるように梱包する必要があります。 送料は地域によって決まります。 例えば南九州地方から中部地方まで自転車を送る場合、送料は8,560円になります。 支払い方法は「クレジットカードのみ」になります。 着払い・現金払い・デビットカード払いなどには対応していないので注意する必要があります。 「集荷先」や「お届け先」「希望日時」などを入力します。 平日・・・10:00~19:00 土曜日・・・10:00~17:00 日祝日・・・10:00~15:00 輪行箱を持っていない人はレンタルを選択します。 因みに西濃運輸では、輪行箱のレンタルだけではなく販売もしています。 今後も利用する予定のある方は、レンタルよりも購入したほうがお得ですね! すでに輪行箱を持っている方は、集荷の日までに自転車を梱包しておきましょう。 輪行箱のレンタル・購入を申し込んだ方も、輪行箱が到着後、集荷日までに梱包します。 集荷日時になると、ドライバーが最寄りの営業所から送り状を持ってきてくれます。 送り状を書いて、輪行箱とともに引き渡したら、発送手続きは終了です。 お届け希望日までに目的地に届けてくれます。 お届け先が宿泊施設などの理由で、本人が直接荷物を受け取ることができない場合は、代わりに受け取ってもらえるようお届け先の人に依頼しておく必要があります。 ロードレースやトライアスロンの大会に参加する場合はもちろん、旅行や帰省、オークションなどさまざまなシーンで活用することができます。 梱包は自分で行う必要がありますが、3,400円 沖縄は5,400円 で配送キットを送ってもらえるので、梱包しやすいのではないでしょうか。 配送料は地域によって決まり、例えば関東地方から四国地方までなら5,500円で送ることができます。 ただし送り先や梱包に使用する箱の種類によっては、追加料金が発生することがあるので注意してください。 シクロエクスプレスの利用方法 ホームページで必要な情報を入力し、申し込みをします。 支払い方法は「クレジットカード決済・コンビニ決済・銀行振込 ジャパンネット銀行 」があります。 配送キットが届き次第、自転車を梱包してください。 集荷日時になるとスタッフが伝票を持ってきてくれるので、自転車を引き渡しましょう。 シクロエクスプレスの公式サイトは 佐川急便で送る場合 クロネコヤマトの次に宅急便の大手と言える佐川急便。 そんな佐川急便で自転車を送る場合は、大きな荷物を送るサービスの飛脚ラージサイズ宅配便を利用します。 なお、飛脚ラージサイズ宅配便は、縦・横・高さの3辺の合計が260cm以内の荷物が対象になります。 また、ぎりぎり260cmの大きさだと、仮に東京から大阪に送る場合は、9000円近くかかってしまいます。 しかし、車輪やハンドルを外して、3辺の合計を折り畳み式自転車並みの240cmに抑えて段ボール箱に入れれば、東京から大阪へは、6264円程で送ることができます。 なので、自転車の梱包の仕方や分解状況によっても、値段が変わってきます。 なお、箱に入っていない自転車は、トラックの荷台に積む際に制限を受けることから、不定型品として2割増しになります。 そのため、極力箱に入れて通常料金で送ることをオススメします。 少しでも安く自転車を送る方法はある? 少しでも安く自転車を送る方法としてはJCA(日本サイクリング協会)に加入するという方法になります。 JCA(日本サイクリング協会)に加入して、サイクリングタッグというものを購入すると、ヤマト便を使って自転車が格安な送料で送ることができます。 JCAは年会費が4,000円になり、サイクリングタッグは2,000円になります。 年会費は1年更新ですが、サイクリングタッグは1回購入すれば会員である期間は有効です。 クロネコヤマトの宅急便は200cm以下サイズとはなりますが、例えば東京~大阪間は原則60kg運の賃が適用され、送料が2592円になります。 送料は他の業者に比べ大分安いですが、年会費とタッグ代を加味すると、1往復で11,000円程度かかります。 年に5往復以上送る方は、安く送ることができる可能性があるのではないでしょうか。 また、年会費が安いCJ+会員(年2,500円)になっても、サイクリングヤマト便を利用することができます。 最初は2回分500円のクーポンが付いていますが、その後は利用するたびに購入しなければならないので、長い目で見るとJCA会員の方がお得ではないでしょうか。 まとめ スポーツ自転車などは値段から考えれば貴重品の部類になるので、送料だけではなく、安全面も十分に考えて業者を選びたいですよね。 また、宅配業界が色々と変わってきているので、サービスの変更がないか前もってチェックするようにしておくことをオススメします。 どうしても送料を安くしたい方は自ら運ぶのがいいかもしれません。 参考になれば幸いです。

次の