どれくらい と の 生活。 手取り20万の生活や貯金はいくらくらい?1人暮らしや結婚は出来るのか解説!

あなたは運動不足?1日に必要な運動量はどれくらい?生活習慣病予防に必要な運動量について。

どれくらい と の 生活

5人家族というと、核家族化の進む現代において、所帯的には結構大きな規模になります。 モデルケースでいうと、両親2人に子ども3人といった形で、今の時代子どもは2人まで、家族構成人数としては3人〜4人が主流と言われる中で、5人家族というのはやはり世帯人数としては多い印象です。 子どもの人数が多いので、比較的費用もかさみそうなイメージがありますが、5人家族の生活費はいくらくらいかかるものなのでしょうか? 今回は、5人家族の平均的な生活費の金額とその内訳を見つつ、理想的な生活費、出来る限り支出を抑える節約方法についても解説します。 子どもは3人以上が理想!と考えている人は少子高齢化の今、非常に貴重です。 この記事を読んで頂くことで、5人家族の場合の生活費の目安と家計支出の方針を考える一助となれば幸いです。 Contents• 5人家族の生活費の平均はどのくらい? 2018年に発表された厚生労働省の国民生活基礎調査によれば、日本には現在、およそ5,400万強の世帯が存在すると言われており、その世帯における平均的な人数は2. 47人となっています。 平均世帯人数が5. 00人だったのは1950年代の第1次ベビーブームの頃で、その後の1960年代以降は4人を割り、3人を割り、どんどん減少しています。 5人家族はいまも少数派で、全世帯に占める5人家族の割合はわずか4%程度です。 6人以上になるとわずか1%強で、それ以上となると1%を割り込みます。 少子高齢化が進む現在だからこそ、子どもを3人以上産もうと考えている人の存在は非常に貴重ですが、子どもを増やす上でやはりネックとなってくるのが生活費。 経済的理由によって子どもは1〜2人、と考える人が多いことが、平均世帯人数からも読み取れます。 夫婦に子ども1人の3人家族すら少なくなっているのが現状なのです。 具体的な平均はおよそ28. 2万円 それでは実際に5人家族の生活費の平均はどのくらいになるのでしょうか。 総務省の家計調査から、その額を見ていくと、5人世帯における平均的な生活費はおよそ28. 2万円となっています。 もちろん、子どもの年齢や就学状況によっても必要な額は異なりますし、生活費が多い時もあれば少なく済む時もあります。 そうした変動率も加味すると、5人家族の生活費のボリュームゾーンは、25万円〜36万円あたりとなっています。 5人家族のブログで20万円前半の世帯もありましたが、それでは正直厳しいでしょうし、30万が真ん中あたりと考えると安心できるのではないでしょうか。 5人家族の生活費の平均的な内訳は? それでは、具体的な生活費の内訳はどのようになっているのでしょうか。 ここでは平均的な5人家族の構成のモデルを作り、その上で月々にかかる生活費の内訳をシミュレートすると、以下のようになりました。 食費 40,000円 住居費 110,000円 水道光熱費 15,000円 通信費 20,000円 教育費 35,000円 被服費 10,000円 日用品・消耗品費 11,000円 交通費 20,000円 保険・医療費 12,000円 娯楽費 17,000円 合計 290,000円 夫・妻・子ども3人で子どもは小学生2人と幼稚園1人、都内賃貸アパート住まいを想定) この内訳は、かなり慎ましく暮らしてこれくらい、といったシミュレーションです。 都内ではやはり賃貸の家賃が多くの割合を占めていますし、食費や娯楽費は変動費なのでもっと増える可能性もありますが、概ねこのくらいが一定の平均ラインと言えるでしょう。 5人家族の理想的な生活費はいくら?家計の黄金比率 これまでは平均的な生活費を記載してきましたが、それでは5人家族の理想的な生活費はいくらくらいなのでしょうか。 5人家族の理想的な生活費を考える上で大切となってくるのは、様々な消費支出の割合です。 「家計の黄金比率」という言葉は聞いたことがあるでしょうか? 家計の黄金比率は、収入に対する家計支出の理想的な内訳の割合を示す比率のことなのですが、費用の内訳に関して以下のような割合が理想的とされています。 住居費 25% 預貯金 18% 食費 15% 小遣い 8% 水道光熱費 6% 通信費 5% 教育費 4% 保険料 4% 雑費 3% 交通費 2% 被服費 2% 交際費 2% 日用品等 2% 嗜好品 1% 家計の黄金比率に照らし合わせた生活費例 こうした比率を加味して理想の生活費をシミュレートするとどうなるか、再度計算してみると、このようになります。 (平均支出を加味して、月収を30万円としています) 食費 45,000円(シミュレート値 40,000円) 住居費 75,000円( 110,000円) 水道光熱費 18,000円( 15,000円) 通信費 15,000円( 20,000円) 教育費 12,000円( 35,000円) 被服費 6,000円( 10,000円) 日用品・消耗品費 6,000円( 11,000円) 交通費 6,000円( 20,000円) 保険・医療費 12,000円( 12,000円) 娯楽費 9,000円( 17,000円) 預貯金等 54,000円 小遣い 24,000円 雑費 9,000円 合計 291,000円(290,000円) 合計金額としては、シミュレート値とほぼ同等となりました。 シミュレートに加えていなかった小遣い・雑費・預貯金等を加えた上で、ほぼシミュレート値と同等にはなりましたが、正直な話都内で家賃7. 5万は広さ的にもほぼワンルームとなるので、正直5人家族ではきついでしょうし、交通費も6,000円ではとても足りない気がします。 また、収入30万円に対して預貯金等に回す額を考えていたとしても、支出が29万というのは正直カツカツです。 地方ではこの黄金比率でも生活は可能かもしれませんが(ただし車がある場合はまた別の理由でギリギリになることが考えられます)、都内で暮らす場合は生活費を35〜40万円ほどに見積もった方がいいかもしれません。 5人家族の生活費、その節約方法は? 5人家族で暮らす場合、支出はおおよそ30万円ほどとシミュレートできました。 しかし収入によっては、生活費を節約しないとギリギリの生活を強いられるかもしれません。 平均金額が28万円と出ていますので、人によってはもっと低い収入でやりくりしている人もいるということでしょう。 ここでは、5人家族が暮らしていく上でできる節約方法について紹介して行きます。 固定費を削減する 節約の基本としては、変動費よりも固定費をできる限り減らすのが理想的です。 固定費とは、住居費・通信費・教育費・小遣い・保険料といったものが挙げられます。 世間では水道光熱費や食費、交通費や娯楽費、被服費などの変動費を節約しようとする傾向にありますが、正直なところ最も手っ取り早いのは固定費を減らすことです。 とはいえ、5人家族では都内の賃貸の場合最低でも11〜15万円くらいの家賃は覚悟しなければなりません。 シミュレート値でいえば家賃11万円はかなりギリギリな金額だと考えられます。 教育費は子どもの将来を考えるとなかなか節約できませんし、保険や医療費も減らすべきではありません。 固定費で減らせそうなものといえば、通信費、小遣い、預貯金等といったところでしょうか。 特に通信費は近年格安SIM等の登場で減らしやすくなっています。 使っていない固定電話は解約してしまってもいいでしょう。 シミュレート値が2万、理想値が1. 5万ほどですが、これをやり方によっては7,500〜1万円くらいには減らせます。 小遣いは月額としては2万円前後が妥当だと思いますが、預貯金等との合計を減らすことはできそうです。 もちろん変動費をできる限り減らすことは大切です。 光熱費、食費の節約もやり方次第でかなりの節約ができるでしょう。 変動費でも少しの意識で支出の節約は可能ですが、あまり切り詰めすぎても生活に余裕ができませんので、ほどほどに。 保険料や預貯金等を資産運用に回したり、副業を始める 生活の中で使えるお金の中で、もし余裕があるならば、その額分を投資に回すことも考えてみるといいかもしれません。 預貯金等の理想が18%となっていましたが、投資も同じほど、生活費の20%ほどを回すといいとされています。 ただし、預貯金等の貯蓄や投資は生活に無理のない範囲に留めなければなりません。 投資に回しすぎて生活がキツくなっては元も子もありません。 なので、まずは家計の損益計算書を作って投資に回せる金額がどれくらいあるかを把握すべきです。 その上で余分に必要な額があることが判明したら、まずは投資に使う元手が必要になります。 元手を稼ぐ期間だけでもいいので、妻が専業主婦の場合は自宅でできる副業をクラウドソーシング等で探し、収入の底上げを図るのも手です。 元本がある程度まとまったら、投資に使いましょう。 投資や資産形成を行なっておけば、いざという時のまとまったお金にもなりますし、運用の仕方によっては生活にゆとりが生まれる可能性があります。 もちろん元本割れのリスクもありますので、しっかり勉強してなるべく負けを出さないように投資を行うといいでしょう。 まとめ 以上、5人家族の生活費がどのくらいになるのか、平均を挙げ、シミュレートを行い、黄金比率から見た理想的な内訳から節約方法までを網羅的にご紹介しました。 5人家族の場合は共働きの世帯も少なくないでしょうから、月々の収入自体はシミュレートよりは多くなるかもしれませんが、大体の目安が見出せたのではないでしょうか。 節約をして貯蓄に回すのも大切ですが、まとまったお金を作る効率を考えると、低金利の貯蓄よりも投資に回して資金を増やしていくほうがいいかもしれません。 もちろん生活に支障がない範囲での投資がベストです。 少額から投資ができるNISAも2023年までは投資ができますから、上場株式や投資信託への投資も検討してみてはいかがでしょうか。 今は、0. 今の日本の、0. 昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてます。 しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。 また、資産運用を始めるにあたり、まずはセミナーに足を運ぶ選択肢もあります。 このサイトでは、あなたの目的や生活スタイルに合った投資・資産運用、おすすめのセミナーを特集しています。 資産を増やしていくには、適切な「伴走者」が必要です。 お金の不安を解消すべく、このサイトを活用し、明るい未来への第一歩を踏み出してください。

次の

夫婦2人暮らし、1ヶ月の生活費はどれくらいが目安?【足りない時は】

どれくらい と の 生活

監修 岩井 勇太 チャット不動産イエプラ メディア事業部 ファイナンシャル・プランナー 日本FP協会認定のFP。 お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。 宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。 3人家族の生活費は平均約29万円 総務省統計局が2020年に公開したを参考に計算したところ、3人家族の毎月の生活費は平均 約29万円でした。 大人2人の生活費に加えて、子どもの養育費がかかるため毎月の出費がかかり、同棲や新婚よりも多めに生活費を確保しなければいけません。 以下は、統計局のデータを参考に、東京23区内に住んだ3人家族の生活費例です。 生命保険料は公益財団法人生命保険文化センターのを参考にしました。 家賃 住宅ローン 約90,000円 食費 約55,000円 水道光熱費 約16,000円 交通費 約8,000円 通信費 約15,000円 自動車維持費等 約15,000円 趣味・娯楽費 約20,000円 衣類代 約15,000円 日用品・消耗品代 約10,000円 教育費 約15,000円 生命保険料 約25,000円 その他雑費 約10,000円 合計 約294,000円 あくまで目安金額なので、住む場所やお部屋の間取りなどの条件や、毎日の食費など、生活スタイルによって必要な生活費は変わります。 ちなみに、上記の生活費には貯金を含めていないので、毎月3~4万円ほど貯金したいひとは月35万円は最低でも必要です。 3人家族の理想的な支出割合 3人家族で毎月の収入に対する理想的な支出割合を紹介します。 子どもが小学生以下の場合で計算しています。 住む場所や家族構成によってことなります。 以下の支出割合は参考程度に確認してください。 内訳 支出割合 支出金額 家賃 住宅ローン 約30% 約87,000円 食費 約15% 約43,500円 水道光熱費 約5% 約14,500円 交通費 約3% 約8,700円 通信費 約4% 約11,600円 自動車維持費等 約5% 約14,500円 趣味・娯楽費 約2% 約5,800円 衣類代 約4% 約11,600円 日用品・消耗品代 約2% 約5,800円 教育費 約10% 約29,000円 生命保険料 約6% 約17,400円 その他雑費 約4% 約11,600円 貯蓄 約10% 約29,000円 賃貸物件を借りている場合、家賃は収入の30%以内が理想的です。 子どもの教育費や消耗品にお金がかかるので、雑費や通信費など抑えられる出費は節約してください。 都市部に住んでいて、電車で移動できる家庭は自動車は不要です。 子どもが大きくなると教材費がかさむので、貯蓄に回しましょう。 世帯手取り別の生活費実例 行政の統計データではなく、実際に3人暮らししている人に聞いた、生活費の内訳を紹介します。 今回は、世帯の手取りが20万円・25万円・30万円・40万円の3人家族の生活費例をピックアップしています。 何にどのくらいお金がかかっているのか、自分たちの出費と比べてどのくらい差があるのかの参考にしてみてください。 手取り20万円の3人家族 ・東京都八王子市在住 ・家賃7万円の2DKのお部屋 ・22歳正社員の夫 月の手取り20万円 ・22歳専業主婦の妻 ・生後6か月の長女 手取り20万円のこちらの夫婦は、大卒の新社会人の夫の収入しかないので、毎月の生活費が20万円に収まるようにやりくりしているそうです。 生後6ヶ月の赤ちゃんがいる家庭です。 奥さんはかなり苦労して節約していると話していました。 お二人とも若いので、生命保険にはまだ加入していないそうです。 以下が、手取りが20万円の3人家族の生活費内訳です。 家賃 住宅ローン 約70,000円 食費 約44,000円 水道光熱費 約14,000円 スマホ・ネット代 約13,000円 衣類・日用品 約15,000円 交際費・娯楽費 約30,000円 子どもの養育費・小遣い 約10,000円 合計 約196,000円 東京23区外の家賃相場が低いエリアで、1980年代に流行った古めの間取りであるDKのお部屋を探したため、家賃がかなり抑えられています。 食費に関しては、ほぼ毎日3食作っているので5万円以下に抑えられています。 夫のお昼もお弁当を作って持たせているそうです。 子どもが小さく目が離せないため、娯楽費はあまりかかっていません。 ただし、もともとの収入が少ないので貯金はほぼできません。 手取り25万円の3人家族 ・東京都練馬区在住 ・家賃8. 2万円の2DK ・27歳契約社員の夫 手取り25万円 ・24歳専業主婦の妻 ・2歳の長男 世帯手取り25万円の3人家族は、奥さんが専業主婦なので、旦那さんの収入のみで毎月やりくりしています。 電車での交通アクセスが良い場所に住んでいるので、自動車は持っていないそうです。 年に数回レンタカーを借りる程度で、まったく不便さは感じていません。 家賃 住宅ローン 約82,000円 食費 約50,000円 水道光熱費 約15,000円 スマホ・ネット代 約12,000円 衣類・日用品 約18,000円 交際費・娯楽費 約25,000円 子どもの養育費・小遣い 約18,000円 生命保険料 約15,000円 合計 約235,000円 もともと家賃相場が低い練馬の駅徒歩13分・2DKのお部屋にすることで、家賃が8. 2万円に収まっています。 これがもし、駅徒歩5分の2LDKだったとすると、家賃で10万を超える恐れがあるので、お部屋の希望条件の緩和はかなり固定費を抑えられます。 ただ、旦那さんのお昼がコンビニ弁当や外食らしく、やや食費がかかっているようです。 通信費は、奥さんの契約プランを安いものにし、調整しているとのことでした。 子どもはまだ小さいのでスマホはいりません。 そして、毎月25万円から余った生活費は、子ども専用の通帳に貯金しているようです。 少ないですが、毎月1. 5~2万円は貯金できています。 手取り30万円の3人家族 ・東京都葛飾区在住 ・家賃9. 6万円の2LDKのお部屋 ・26歳正社員の夫 手取り26万円 ・26歳アルバイターの妻 手取り7万円 ・1歳の長男 世帯手取り30万円の3人家族は、もともと旦那さんのみの収入でしたが、生活がキツくなってきたので奥さんがアルバイトを始めたそうです。 子供の将来を考えて、生命保険と学資保険に加入しています。 ちなみに、奥さんが働いているあいだは実家で子どもを預かってくれるので、保育園料はかかっていません。 家賃 住宅ローン 約96,000円 食費 約50,000円 水道光熱費 約20,000円 スマホ・ネット代 約18,000円 衣類・日用品 約20,000円 交際費・娯楽費 約30,000円 自動車維持費 約15,000円 子どもの養育費・小遣い 約15,000円 生命保険料 約25,000円 合計 約289,000円 葛飾区の駅徒歩15分ほどのお部屋なので、2LDKの広めの間取りでも家賃が10万円以下に抑えられています。 食費は、ほぼ自炊しているうえ、実家に預ける時も子どものお弁当を持たせています。 ただ、時々外食するらしく、月5万円はほぼ確定で使っているそうです。 衣類・日用品に関しては、お互いの下着と旦那さんの背広メインで、奥さんは生活費が浮いた月にまとめ買いするなど調整しているとのことです。 駅から少し離れていることと、休日に家族で出かけることが多いので軽自動車を所有しています。 ローンやガソリンで月1. 5万円ほどかかっているそうです。 手取り40万円の3人家族 ・東京都江戸川区在住 ・家賃12. 3万円の3LDKのお部屋 ・31歳正社員の夫 手取り25万円 ・29歳パートの妻 手取り15万円 ・3歳の長女 手取り40万円の3人家族は、旦那さんが正社員で奥さんがパートの共働きです。 無理に節約しなくとも、毎月の生活ができているそうです。 家賃 住宅ローン 約123,000円 食費 約55,000円 水道光熱費 約22,000円 スマホ・ネット代 約20,000円 衣類・日用品 約30,000円 交際費・娯楽費 約40,000円 子どもの養育費・小遣い 約30,000円 生命保険料 約30,000円 合計 約350,000円 家は、駅徒歩10分ほどにある3LDKの中規模マンションです。 都心からは離れているので、広い間取りでも家賃が低めです。 食費は、基本的に3食自炊をしていますが、月1回は家族で外食に出かける余裕があります。 子どもが好きな、バイキング形式のディナーに行っているそうです。 とくに節約を意識していることもなく、唯一していることは毎月家計簿をつけているくらいだそうです。 家計簿をつけることで、無駄な出費が明らかになるので、上手にやりくりができます。 また、世帯全体の手取りが40万円もあれば、毎月約5万円の貯金が可能です。 保険を見直していまよりも安くしたいなら? 「加入している保険を見直して安くしたい!けど、どんな保険を選んだらいいか分からない!」という人は、現役のファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。 「保険チョイス」というサイトなら、 無料で、何度でもファイナンシャルプランナーに相談できます。 上場企業や公的機関の福利厚生にも携わっているので、質は高いです。 来店だけでなく、訪問相談も選べるので、忙しい人でも、近所のカフェやファミレスで相談できます。 下記に公式サイトへのリンクを載せているので、興味のある人は使ってみてください。 生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき 生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。 一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。 日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋へ行く時間がない人にもおすすめです! 3人家族の生活費の節約術 毎月の生活費を抑えるために、固定費・食費・水道光熱費・通信費の節約方法を紹介します。 ちなみに、パチンコや競馬などのギャンブルや、スマホゲームの課金、バイクなどお金のかかる趣味は個人で控えましょう。 毎月の固定費の節約術 ここで言う固定費は、家賃や管理費など家にかかわる費用です。 引っ越しする前にしっかり把握しておかないと、予想より家賃が高くなる恐れがあります。 ・手取りの3分の1に抑える ・お部屋の条件を多少緩和する ・家賃相場が低いエリアを選ぶ お部屋を決める時は、基本的に「手取りの3分の1」の家賃に抑えましょう。 3人家族であれば、夫婦2人分の手取り合計の3分の1です。 例えば、手取り20万円なら家賃は6. 5万円ほど、手取り30万円なら家賃10万円ほどが目安です。 またお部屋を選ぶ際は、家賃相場が低いエリアで、築年数や駅徒歩などの条件を緩和すれば、家賃がかなり抑えられます。 東京23区内であれば、練馬区・葛飾区・足立区あたりが家賃相場が低めです。 距離は、駅徒歩10分~15分ほどを目安にしてみてください。 食費の節約術 食費の最大の節約は、3食自炊をすることです。 それ以外では、下記の節約をおこなえば、月5千円ほど食費を抑えられます。 ・週ごとの食費を分けておく ・1つの食材で複数の料理を作る ・まとめて作って冷凍しておく 週ごとに使って良い食費を分けておきましょう。 使える分が明確になっていれば、残りいくらか目に見えてわかるので調整しやすくなります。 自炊の時は1つの食材で複数の献立を考えておけば、食材を無駄なく使えるのでおすすめです。 例えば、カレーやポテトサラダ、肉じゃがやガレットなどのじゃがいもをメインに使う料理であれば、複数入った袋を買っても消費できます。 一気に作った場合は、冷凍しておけば後日のごはんに回せます。 作ったものにもよりますが、冷凍で約5~10日ほど日持ちします。 水道光熱費の節約術 水道光熱費の一番金額が大きく動く節約方法は「都市ガスのお部屋」にすることです。 ガス代が1. 5~2倍近くも抑えられます。 都市ガスは公共料金なので、基本料金が民間よりやすいうえ、値上がりがあまりありません。 それ以外での節約方法は、下記がおすすめです。 ・節水シャワーヘッドに変更 ・食器を洗うときは溜め洗い ・エアコンの温度を固定する ・エアコンは長時間稼働にする ・待機電力を減らす 節水シャワーヘッドに変更すると使う水の量が抑えられるので、月100円ほど節約できます。 また、食器を洗うときは洗い桶に水を貯めておくと、水の無駄遣いが減ります。 電気代に関しては、エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定して長時間つけっぱなしにしておくだけで、月1,000~1,500円ほど節約できます。 さらに、タップ式 個別スイッチ で切り替えられるコンセントに変えることで、使用していない家電の電気の待機電力を減らしましょう。 細かくて面倒かもしれませんが、寝ている間の7時間だけでも、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーなど15W分節約すると、月150円ほど節約できます。 通信費の節約術 通信費の節約は、まず家族のスマホのプランを見直しましょう。 それ以外は、下記の2つの節約方法を試してみてください。 ・スマホとパソコンの回線を同時契約にする ・格安SIMに変更する インターネット回線を利用している家庭であれば、使用しているスマホキャリアが提供している光回線サービスに契約するのがおすすめです。 月額の使用料を通常よりも安く抑えられるので、会社などのこだわりがない人はぜひ検討してみてください。 また、格安スマホに乗り換えれば、月々のスマホ代はかなり安くなります。 ネット回線を安く抑える方法は? 「インターネット回線の利用料金を安く抑えたい!」と考えている人は、一括見積もりサービスを使うのがおすすめです。 というサイトは、新規契約と乗り換えの両方に対応した、ネット回線の比較サイトです。 無料で、100種類以上のサービスのなかから1番安いプランを探してくれます。 2020年5月は、 最大12,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのもおすすめポイントです。 詳しくは、下記の公式サイトを確認してください。 3人家族の貯金方法 子どもの将来のために、きちんと貯金をしておきたいという人は、口座から自動で引き落としされる「自動積立貯金」がおすすめです。 銀行によってプランが異なりますが、毎月同じ日に、同じ金額だけ積立預金になるので、貯金分のお金を使ってしまう心配がありません。 生活費で余った分を貯金する方法は、不用意な出費をしやすく、貯金できた月とできなかった月のギャップ差に、貯金のモチベーションが続かなくなるのであまりおすすめしません。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「家AGENTオンライン」なら、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、他人との接触機会を極力減らしつつお部屋探しをしたい人におすすめです! おすすめ関連記事.

次の

離婚後の生活ではどれくらいの収入を稼げば普通に暮らせる?

どれくらい と の 生活

監修 岩井 勇太 チャット不動産イエプラ メディア事業部 ファイナンシャル・プランナー 日本FP協会認定のFP。 お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。 宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。 3人家族の生活費は平均約29万円 総務省統計局が2020年に公開したを参考に計算したところ、3人家族の毎月の生活費は平均 約29万円でした。 大人2人の生活費に加えて、子どもの養育費がかかるため毎月の出費がかかり、同棲や新婚よりも多めに生活費を確保しなければいけません。 以下は、統計局のデータを参考に、東京23区内に住んだ3人家族の生活費例です。 生命保険料は公益財団法人生命保険文化センターのを参考にしました。 家賃 住宅ローン 約90,000円 食費 約55,000円 水道光熱費 約16,000円 交通費 約8,000円 通信費 約15,000円 自動車維持費等 約15,000円 趣味・娯楽費 約20,000円 衣類代 約15,000円 日用品・消耗品代 約10,000円 教育費 約15,000円 生命保険料 約25,000円 その他雑費 約10,000円 合計 約294,000円 あくまで目安金額なので、住む場所やお部屋の間取りなどの条件や、毎日の食費など、生活スタイルによって必要な生活費は変わります。 ちなみに、上記の生活費には貯金を含めていないので、毎月3~4万円ほど貯金したいひとは月35万円は最低でも必要です。 3人家族の理想的な支出割合 3人家族で毎月の収入に対する理想的な支出割合を紹介します。 子どもが小学生以下の場合で計算しています。 住む場所や家族構成によってことなります。 以下の支出割合は参考程度に確認してください。 内訳 支出割合 支出金額 家賃 住宅ローン 約30% 約87,000円 食費 約15% 約43,500円 水道光熱費 約5% 約14,500円 交通費 約3% 約8,700円 通信費 約4% 約11,600円 自動車維持費等 約5% 約14,500円 趣味・娯楽費 約2% 約5,800円 衣類代 約4% 約11,600円 日用品・消耗品代 約2% 約5,800円 教育費 約10% 約29,000円 生命保険料 約6% 約17,400円 その他雑費 約4% 約11,600円 貯蓄 約10% 約29,000円 賃貸物件を借りている場合、家賃は収入の30%以内が理想的です。 子どもの教育費や消耗品にお金がかかるので、雑費や通信費など抑えられる出費は節約してください。 都市部に住んでいて、電車で移動できる家庭は自動車は不要です。 子どもが大きくなると教材費がかさむので、貯蓄に回しましょう。 世帯手取り別の生活費実例 行政の統計データではなく、実際に3人暮らししている人に聞いた、生活費の内訳を紹介します。 今回は、世帯の手取りが20万円・25万円・30万円・40万円の3人家族の生活費例をピックアップしています。 何にどのくらいお金がかかっているのか、自分たちの出費と比べてどのくらい差があるのかの参考にしてみてください。 手取り20万円の3人家族 ・東京都八王子市在住 ・家賃7万円の2DKのお部屋 ・22歳正社員の夫 月の手取り20万円 ・22歳専業主婦の妻 ・生後6か月の長女 手取り20万円のこちらの夫婦は、大卒の新社会人の夫の収入しかないので、毎月の生活費が20万円に収まるようにやりくりしているそうです。 生後6ヶ月の赤ちゃんがいる家庭です。 奥さんはかなり苦労して節約していると話していました。 お二人とも若いので、生命保険にはまだ加入していないそうです。 以下が、手取りが20万円の3人家族の生活費内訳です。 家賃 住宅ローン 約70,000円 食費 約44,000円 水道光熱費 約14,000円 スマホ・ネット代 約13,000円 衣類・日用品 約15,000円 交際費・娯楽費 約30,000円 子どもの養育費・小遣い 約10,000円 合計 約196,000円 東京23区外の家賃相場が低いエリアで、1980年代に流行った古めの間取りであるDKのお部屋を探したため、家賃がかなり抑えられています。 食費に関しては、ほぼ毎日3食作っているので5万円以下に抑えられています。 夫のお昼もお弁当を作って持たせているそうです。 子どもが小さく目が離せないため、娯楽費はあまりかかっていません。 ただし、もともとの収入が少ないので貯金はほぼできません。 手取り25万円の3人家族 ・東京都練馬区在住 ・家賃8. 2万円の2DK ・27歳契約社員の夫 手取り25万円 ・24歳専業主婦の妻 ・2歳の長男 世帯手取り25万円の3人家族は、奥さんが専業主婦なので、旦那さんの収入のみで毎月やりくりしています。 電車での交通アクセスが良い場所に住んでいるので、自動車は持っていないそうです。 年に数回レンタカーを借りる程度で、まったく不便さは感じていません。 家賃 住宅ローン 約82,000円 食費 約50,000円 水道光熱費 約15,000円 スマホ・ネット代 約12,000円 衣類・日用品 約18,000円 交際費・娯楽費 約25,000円 子どもの養育費・小遣い 約18,000円 生命保険料 約15,000円 合計 約235,000円 もともと家賃相場が低い練馬の駅徒歩13分・2DKのお部屋にすることで、家賃が8. 2万円に収まっています。 これがもし、駅徒歩5分の2LDKだったとすると、家賃で10万を超える恐れがあるので、お部屋の希望条件の緩和はかなり固定費を抑えられます。 ただ、旦那さんのお昼がコンビニ弁当や外食らしく、やや食費がかかっているようです。 通信費は、奥さんの契約プランを安いものにし、調整しているとのことでした。 子どもはまだ小さいのでスマホはいりません。 そして、毎月25万円から余った生活費は、子ども専用の通帳に貯金しているようです。 少ないですが、毎月1. 5~2万円は貯金できています。 手取り30万円の3人家族 ・東京都葛飾区在住 ・家賃9. 6万円の2LDKのお部屋 ・26歳正社員の夫 手取り26万円 ・26歳アルバイターの妻 手取り7万円 ・1歳の長男 世帯手取り30万円の3人家族は、もともと旦那さんのみの収入でしたが、生活がキツくなってきたので奥さんがアルバイトを始めたそうです。 子供の将来を考えて、生命保険と学資保険に加入しています。 ちなみに、奥さんが働いているあいだは実家で子どもを預かってくれるので、保育園料はかかっていません。 家賃 住宅ローン 約96,000円 食費 約50,000円 水道光熱費 約20,000円 スマホ・ネット代 約18,000円 衣類・日用品 約20,000円 交際費・娯楽費 約30,000円 自動車維持費 約15,000円 子どもの養育費・小遣い 約15,000円 生命保険料 約25,000円 合計 約289,000円 葛飾区の駅徒歩15分ほどのお部屋なので、2LDKの広めの間取りでも家賃が10万円以下に抑えられています。 食費は、ほぼ自炊しているうえ、実家に預ける時も子どものお弁当を持たせています。 ただ、時々外食するらしく、月5万円はほぼ確定で使っているそうです。 衣類・日用品に関しては、お互いの下着と旦那さんの背広メインで、奥さんは生活費が浮いた月にまとめ買いするなど調整しているとのことです。 駅から少し離れていることと、休日に家族で出かけることが多いので軽自動車を所有しています。 ローンやガソリンで月1. 5万円ほどかかっているそうです。 手取り40万円の3人家族 ・東京都江戸川区在住 ・家賃12. 3万円の3LDKのお部屋 ・31歳正社員の夫 手取り25万円 ・29歳パートの妻 手取り15万円 ・3歳の長女 手取り40万円の3人家族は、旦那さんが正社員で奥さんがパートの共働きです。 無理に節約しなくとも、毎月の生活ができているそうです。 家賃 住宅ローン 約123,000円 食費 約55,000円 水道光熱費 約22,000円 スマホ・ネット代 約20,000円 衣類・日用品 約30,000円 交際費・娯楽費 約40,000円 子どもの養育費・小遣い 約30,000円 生命保険料 約30,000円 合計 約350,000円 家は、駅徒歩10分ほどにある3LDKの中規模マンションです。 都心からは離れているので、広い間取りでも家賃が低めです。 食費は、基本的に3食自炊をしていますが、月1回は家族で外食に出かける余裕があります。 子どもが好きな、バイキング形式のディナーに行っているそうです。 とくに節約を意識していることもなく、唯一していることは毎月家計簿をつけているくらいだそうです。 家計簿をつけることで、無駄な出費が明らかになるので、上手にやりくりができます。 また、世帯全体の手取りが40万円もあれば、毎月約5万円の貯金が可能です。 保険を見直していまよりも安くしたいなら? 「加入している保険を見直して安くしたい!けど、どんな保険を選んだらいいか分からない!」という人は、現役のファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。 「保険チョイス」というサイトなら、 無料で、何度でもファイナンシャルプランナーに相談できます。 上場企業や公的機関の福利厚生にも携わっているので、質は高いです。 来店だけでなく、訪問相談も選べるので、忙しい人でも、近所のカフェやファミレスで相談できます。 下記に公式サイトへのリンクを載せているので、興味のある人は使ってみてください。 生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき 生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。 一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。 日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋へ行く時間がない人にもおすすめです! 3人家族の生活費の節約術 毎月の生活費を抑えるために、固定費・食費・水道光熱費・通信費の節約方法を紹介します。 ちなみに、パチンコや競馬などのギャンブルや、スマホゲームの課金、バイクなどお金のかかる趣味は個人で控えましょう。 毎月の固定費の節約術 ここで言う固定費は、家賃や管理費など家にかかわる費用です。 引っ越しする前にしっかり把握しておかないと、予想より家賃が高くなる恐れがあります。 ・手取りの3分の1に抑える ・お部屋の条件を多少緩和する ・家賃相場が低いエリアを選ぶ お部屋を決める時は、基本的に「手取りの3分の1」の家賃に抑えましょう。 3人家族であれば、夫婦2人分の手取り合計の3分の1です。 例えば、手取り20万円なら家賃は6. 5万円ほど、手取り30万円なら家賃10万円ほどが目安です。 またお部屋を選ぶ際は、家賃相場が低いエリアで、築年数や駅徒歩などの条件を緩和すれば、家賃がかなり抑えられます。 東京23区内であれば、練馬区・葛飾区・足立区あたりが家賃相場が低めです。 距離は、駅徒歩10分~15分ほどを目安にしてみてください。 食費の節約術 食費の最大の節約は、3食自炊をすることです。 それ以外では、下記の節約をおこなえば、月5千円ほど食費を抑えられます。 ・週ごとの食費を分けておく ・1つの食材で複数の料理を作る ・まとめて作って冷凍しておく 週ごとに使って良い食費を分けておきましょう。 使える分が明確になっていれば、残りいくらか目に見えてわかるので調整しやすくなります。 自炊の時は1つの食材で複数の献立を考えておけば、食材を無駄なく使えるのでおすすめです。 例えば、カレーやポテトサラダ、肉じゃがやガレットなどのじゃがいもをメインに使う料理であれば、複数入った袋を買っても消費できます。 一気に作った場合は、冷凍しておけば後日のごはんに回せます。 作ったものにもよりますが、冷凍で約5~10日ほど日持ちします。 水道光熱費の節約術 水道光熱費の一番金額が大きく動く節約方法は「都市ガスのお部屋」にすることです。 ガス代が1. 5~2倍近くも抑えられます。 都市ガスは公共料金なので、基本料金が民間よりやすいうえ、値上がりがあまりありません。 それ以外での節約方法は、下記がおすすめです。 ・節水シャワーヘッドに変更 ・食器を洗うときは溜め洗い ・エアコンの温度を固定する ・エアコンは長時間稼働にする ・待機電力を減らす 節水シャワーヘッドに変更すると使う水の量が抑えられるので、月100円ほど節約できます。 また、食器を洗うときは洗い桶に水を貯めておくと、水の無駄遣いが減ります。 電気代に関しては、エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定して長時間つけっぱなしにしておくだけで、月1,000~1,500円ほど節約できます。 さらに、タップ式 個別スイッチ で切り替えられるコンセントに変えることで、使用していない家電の電気の待機電力を減らしましょう。 細かくて面倒かもしれませんが、寝ている間の7時間だけでも、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーなど15W分節約すると、月150円ほど節約できます。 通信費の節約術 通信費の節約は、まず家族のスマホのプランを見直しましょう。 それ以外は、下記の2つの節約方法を試してみてください。 ・スマホとパソコンの回線を同時契約にする ・格安SIMに変更する インターネット回線を利用している家庭であれば、使用しているスマホキャリアが提供している光回線サービスに契約するのがおすすめです。 月額の使用料を通常よりも安く抑えられるので、会社などのこだわりがない人はぜひ検討してみてください。 また、格安スマホに乗り換えれば、月々のスマホ代はかなり安くなります。 ネット回線を安く抑える方法は? 「インターネット回線の利用料金を安く抑えたい!」と考えている人は、一括見積もりサービスを使うのがおすすめです。 というサイトは、新規契約と乗り換えの両方に対応した、ネット回線の比較サイトです。 無料で、100種類以上のサービスのなかから1番安いプランを探してくれます。 2020年5月は、 最大12,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのもおすすめポイントです。 詳しくは、下記の公式サイトを確認してください。 3人家族の貯金方法 子どもの将来のために、きちんと貯金をしておきたいという人は、口座から自動で引き落としされる「自動積立貯金」がおすすめです。 銀行によってプランが異なりますが、毎月同じ日に、同じ金額だけ積立預金になるので、貯金分のお金を使ってしまう心配がありません。 生活費で余った分を貯金する方法は、不用意な出費をしやすく、貯金できた月とできなかった月のギャップ差に、貯金のモチベーションが続かなくなるのであまりおすすめしません。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「家AGENTオンライン」なら、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、他人との接触機会を極力減らしつつお部屋探しをしたい人におすすめです! おすすめ関連記事.

次の