ベヒーモス ソロ 太刀。 【MHW】ベヒーモスソロ討伐が無理すぎる・・・ソロクリアはプロハンの領域か

ベヒ―モスのソロ救済処置ヵ[MHW]

ベヒーモス ソロ 太刀

極ベヒーモスソロ攻略:MR太刀装備の紹介 極ベヒーモスを攻略する際に必要になるスキルは以下の3つ。 回避性能• 耐震Lv3• ソロで振動やられ状態を食らうのは致命的なので必ず対策しておきましょう。 ただし、「 回避性能」を積めば前転回避で振動を回避できるので、フレーム回避に自信がある人は「耐震」を付ける必要はありません。 ソロでは常にモンスターと対峙しているので、なかなか武器を研ぐ暇がありません。 研ぎ中も隙だらけです。 なるべく武器を研ぐ回数を減らしたかったので「達人芸」装備を採用しました。 武器の切れ味を気にすることなく戦えるのが魅力です。 また、回避性能を5まで積んであるので、見切り斬りが狙えない状況の時でも安全に回避できます。 火力と生存スキルが揃っているバランスの良い装備です。 EXエンプレス防具のシリーズスキル「整備・極意」を利用し、常に装衣を着回して戦うスタイルです。 この装備ならば、ソロでも安定した立ち回りをすることが出来るでしょう。 ただし、武器の切れ味を維持する「達人芸」や「業物」などのスキルは積んでいません。 武器の切れ味に注意しながら戦う必要があります。 攻撃力も若干落ちるので、第3エリアでのDPSチェックに引っかからないよう注意しましょう。 ソロ攻略のコツ:アイスボーン対応 極ベヒーモスソロ攻略のコツをまとめてみました。 アイスボーン配信に伴い、ゲームの仕様が少し変更されたので注意してください。 転身の装衣の効果時間変更• クラッチクローによる傷つけが可能に• ぶっ飛ばしは不可 転身の装衣の効果時間が被弾するたびに減る使用に変更。 無敵時間を利用してゴリ押しすることが出来なくなりました。 ハンター側が不利となる下方修正です。 しかし、アイスボーンで追加された新モーション「クラッチクロー」が極ベヒーモス戦でも使用可能になりました。 傷を付ければ与えるダメージ量を増やすことが出来ます。 クラッチクローによるぶっ飛ばしは出来ませんでした。 必要なアイテムと装衣 極ベヒーモス戦で役立つアイテムは以下の通り。 鬼人の粉塵• 鬼人薬グレート• 怪力の種• 忍耐の種• アステラジャーキ• 秘薬12個(調合分) ソロは時間との勝負になります。 攻撃力を上げられるアイテムは全て持っていきましょう。 また、すぐに回復できる秘薬も調合分持っていくことをおすすめします。 アステラジャーキは「裂傷状態」を直す時に役立ちます。 次に、極ベヒーモス戦で役立つ装衣は以下の通り。 転身の装衣• 不動の装衣• 回避の装衣 かつては「転身の装衣」と「回避の装衣」の組み合わせ一択でしたが、アイスボーンでは「 不動の装衣」も役に立ちます。 MR装備は防御力が高いので、不動の装衣を着ていれば「ミールストーム」の中にいてもある程度は耐えることが出来ます。 「転身の装衣」は被弾するとすぐに効果が終わってしまうので、「不動の装衣」と「回避の装衣」の組み合わせも考えてみて下さい。 注意!不動の装衣を着ている状態では、エクリプスメテオの「怯み」も無効化してしまうため、ジャンプのタイミングが分かりずらくなってしまいます。 エクリプスメテオが来たら装衣を解除しましょう。 クラッチクローで敵視を取る 極ベヒーモス攻略において最も重要なことは「 敵視」を取ることです。 敵視を取り、ミールストームを撃たせないのが攻略の鍵となります。 ソロでもマルチでも同じ。 スリンガーの滅龍石で敵視を取るのが一般的でしたが、アイスボーンではより簡単に敵視が取れるようになりました。 クラッチクローからの武器攻撃を当てることで、極ベヒーモスから簡単に敵視が取れます。 太刀の場合は 2回で敵視が取れました。 転身の装衣や不動の装衣を使えば強引に張り付くことが可能です。 ソロ攻略において非常に重要なことなので必ず覚えておきましょう! FFジャンプが出来ないと厳しい 極ベヒーモスは「 エクリプスメテオ」を各エリアで1発、ラストのエリアで3発、合計6発使用してきます。 ソロ攻略を目指す場合は、ジェスチャーの「 FFジャンプ」で回避できるようにしておきましょう。 FFジャンプなしでの攻略は正直厳しい。 ジャンプのタイミングは「 ハンターが怯みから立ち直った瞬間」です。 最初はシビアに感じるかもしれませんが、慣れれば意外と時間に余裕があると感じるはず。 後40秒で時間切れというギリギリのタイムでしたが、何とか1回の挑戦で無事クリア。 2回力尽き、1回アイテム補充のためにキャンプに戻るというグダグダな戦いだったのですが、案外何とかなりました。 過去の私はよく上位装備でソロ攻略できたなぁ~と改めて思いましたね。 極ベヒーモスに付き合ってくれる友達など存在せず、野良救援は100%攻略不可能、黙々と1人寂しく攻略していた時の悲しい思い出が蘇ってきます。

次の

【MHW】ベヒーモスソロ討伐が無理すぎる・・・ソロクリアはプロハンの領域か

ベヒーモス ソロ 太刀

ほんとに制限時間フルに使って倒すだけになっちゃったけど、極をソロクリアできたので、色々感想やら整理やらメモのようなことを書いていきます。 闘技以外は普段全くTAはしないので、なんだかんだ闘技以外で初めて真剣に詰めたかも。 不屈を使うとかブラキ以来。 個人的にはブラキより難しいと感じます。 こっちはEメテオを何度も避けなくちゃいけない&DPSチェックの存在のせいで乗り越えなきゃいけない壁の量が全然違う; まず武器は「太刀」でやりました。 あんまりメイン武器がどうのとかこだわりはないので、自分が一番で戦いやすいと思った太刀で挑戦してました。 太刀は見切り緩和後からよく使うようになったんですが、対応力が高くてソロ、マルチ問わず戦いやすい武器だなって思います。 まぁ、さすがに闘技ガマルを太刀でやってた頃よりは上達したと思う… ただやっぱりいつどのタイミングで兜を撃てば反撃を貰わないか、安全なのか、とかその辺の判断はまだまだわからない。 この瞬間、この隙が兜を撃つチャンスだっていうのが各モンスター毎にあると思うんですけど、それも結局は刀を振り下ろす際に動かれたらアウトなわけだし、撃った後に反撃をもらうか否かはモンスターの次の行動次第なところがある気がして、ちゃんと当たってくれるかどうかはいつも不安で怖い。 あと、よく兜始動の突きを外すことが多いのでこれもなんとかしたい; そんなこんなで転身が使えない時の敵視中は絶対に兜を撃たないことに決めてました。 未だに太刀ではいつ兜を撃つのが安全なのか分かってないけど、たぶんメテオと、下から吹き上げる間欠泉の2つは確定で兜を狙うんだと思う。 あとは出の早い爪の引っかき(連続)、エリア3の拘束攻撃、部位破壊等のダウンや時、咆哮、新モーション後くらいかなのかな。 転身先生が生きている内はボーナスタイムってな具合で。 ここからは自分のペース配分のメモ。 参考程度に。 エリア1… 所要時間:5分(不屈発動、各種ドーピング準備含む)• 敵視を取りながら装具2つ消費の後、落石2連でほぼ確定でEメテオ• ミール地獄を避けるため、 敵視を2回取る(1回目はを利用、2回目は滅龍弾) エリア3… 所要時間:6分• 失敗覚悟で無理矢理にでも頑張って火力押しする(DPSチェック対策)• エリア移動時は 滅龍弾を必ず拾ってエリア4へ エリア4… 所要時間:お祈り(残り時間 14~12分が目安)• 開幕すぐ、滅龍弾で敵視を取る• エリア4突入時、残り8分の状態でEメテオ2回目超えるまでは行けたことがある(参考) 最初は不屈で開幕2乙とかそんな背水の陣できる気がしなかったので、飽くまで乙った時の保険で不屈発動したらいいなぁって甘えてたんですけど、自分の腕じゃ開幕2乙してブーストかけないとクリア不可能だと思い知りました。 ここまでの難易度になると変にスキルを生存に寄せたり、ひよっちゃうと各エリアでの戦闘時間が長引いて逆に苦しくなるので、思い切って火力特化にした方が上ブレの恩恵に乗っかりやすいと思います。 2乙の時点でもう後がないわけだけど、Eメテオのジャンプ回避はやっぱり緊張する。 自分はメテオから近い位置取りで雲からメテオが出てきた瞬間を狙っていつもジャンプ回避してます。 それ以外のタイミングはなんかしっくりこない。 DPSチェックに引っかかることなく突破できるようになってから、クリアできる見込みが出てきました。 どうにもエリア3が自分にとっての鬼門でここで時間をかけすぎてエリア4のために残しておく時間が作れずにいました。 拘束攻撃という兜を撃つ大チャンスがあるにも関わらず、グダついてばかりで満足に火力が出せず… 通常ベヒでもエリア3は割と得意な方だと思ってたのになぜか全然ダメになっちゃいました。 エリア4での立ち回りはもうわかりません。 集中力も限界だし。 1~3で必死こいて捻出した時間を存分に使って、乙だけはしないように逃げ回りながらをしていました。 現にエリア4だけで13分もかけちゃってるし…orz 新モーションはコロリンしないとダメってのは分かってても、もう手が勝手に見切りしちゃってどうにもならない。 運良く反応できればラッキー程度でいました。 が面白いと感じるのは、ソロとマルチで動きが全然違うところかな。 マルチはマルチでしかできない立ち回りがあって、ソロはソロでしか通用しない立ち回りがあったり。 そういうのが面白いと感じます。 puwapuwa950.

次の

極ベヒーモス討滅戦

ベヒーモス ソロ 太刀

ほんとに制限時間フルに使って倒すだけになっちゃったけど、極をソロクリアできたので、色々感想やら整理やらメモのようなことを書いていきます。 闘技以外は普段全くTAはしないので、なんだかんだ闘技以外で初めて真剣に詰めたかも。 不屈を使うとかブラキ以来。 個人的にはブラキより難しいと感じます。 こっちはEメテオを何度も避けなくちゃいけない&DPSチェックの存在のせいで乗り越えなきゃいけない壁の量が全然違う; まず武器は「太刀」でやりました。 あんまりメイン武器がどうのとかこだわりはないので、自分が一番で戦いやすいと思った太刀で挑戦してました。 太刀は見切り緩和後からよく使うようになったんですが、対応力が高くてソロ、マルチ問わず戦いやすい武器だなって思います。 まぁ、さすがに闘技ガマルを太刀でやってた頃よりは上達したと思う… ただやっぱりいつどのタイミングで兜を撃てば反撃を貰わないか、安全なのか、とかその辺の判断はまだまだわからない。 この瞬間、この隙が兜を撃つチャンスだっていうのが各モンスター毎にあると思うんですけど、それも結局は刀を振り下ろす際に動かれたらアウトなわけだし、撃った後に反撃をもらうか否かはモンスターの次の行動次第なところがある気がして、ちゃんと当たってくれるかどうかはいつも不安で怖い。 あと、よく兜始動の突きを外すことが多いのでこれもなんとかしたい; そんなこんなで転身が使えない時の敵視中は絶対に兜を撃たないことに決めてました。 未だに太刀ではいつ兜を撃つのが安全なのか分かってないけど、たぶんメテオと、下から吹き上げる間欠泉の2つは確定で兜を狙うんだと思う。 あとは出の早い爪の引っかき(連続)、エリア3の拘束攻撃、部位破壊等のダウンや時、咆哮、新モーション後くらいかなのかな。 転身先生が生きている内はボーナスタイムってな具合で。 ここからは自分のペース配分のメモ。 参考程度に。 エリア1… 所要時間:5分(不屈発動、各種ドーピング準備含む)• 敵視を取りながら装具2つ消費の後、落石2連でほぼ確定でEメテオ• ミール地獄を避けるため、 敵視を2回取る(1回目はを利用、2回目は滅龍弾) エリア3… 所要時間:6分• 失敗覚悟で無理矢理にでも頑張って火力押しする(DPSチェック対策)• エリア移動時は 滅龍弾を必ず拾ってエリア4へ エリア4… 所要時間:お祈り(残り時間 14~12分が目安)• 開幕すぐ、滅龍弾で敵視を取る• エリア4突入時、残り8分の状態でEメテオ2回目超えるまでは行けたことがある(参考) 最初は不屈で開幕2乙とかそんな背水の陣できる気がしなかったので、飽くまで乙った時の保険で不屈発動したらいいなぁって甘えてたんですけど、自分の腕じゃ開幕2乙してブーストかけないとクリア不可能だと思い知りました。 ここまでの難易度になると変にスキルを生存に寄せたり、ひよっちゃうと各エリアでの戦闘時間が長引いて逆に苦しくなるので、思い切って火力特化にした方が上ブレの恩恵に乗っかりやすいと思います。 2乙の時点でもう後がないわけだけど、Eメテオのジャンプ回避はやっぱり緊張する。 自分はメテオから近い位置取りで雲からメテオが出てきた瞬間を狙っていつもジャンプ回避してます。 それ以外のタイミングはなんかしっくりこない。 DPSチェックに引っかかることなく突破できるようになってから、クリアできる見込みが出てきました。 どうにもエリア3が自分にとっての鬼門でここで時間をかけすぎてエリア4のために残しておく時間が作れずにいました。 拘束攻撃という兜を撃つ大チャンスがあるにも関わらず、グダついてばかりで満足に火力が出せず… 通常ベヒでもエリア3は割と得意な方だと思ってたのになぜか全然ダメになっちゃいました。 エリア4での立ち回りはもうわかりません。 集中力も限界だし。 1~3で必死こいて捻出した時間を存分に使って、乙だけはしないように逃げ回りながらをしていました。 現にエリア4だけで13分もかけちゃってるし…orz 新モーションはコロリンしないとダメってのは分かってても、もう手が勝手に見切りしちゃってどうにもならない。 運良く反応できればラッキー程度でいました。 が面白いと感じるのは、ソロとマルチで動きが全然違うところかな。 マルチはマルチでしかできない立ち回りがあって、ソロはソロでしか通用しない立ち回りがあったり。 そういうのが面白いと感じます。 puwapuwa950.

次の