アウトルック 検索 できない。 Outlookで過去の古いメールを検索できない時の対処法

Outlook(アウトルック)で送信できない対処法

アウトルック 検索 できない

News! 検索に関するWindows10の不具合が発生 不具合による問題(状況)でない場合は、ここを飛ばして進んでください。 ここで紹介している二つの不具合は、更新修正プログラム「KB4535996」をインストールすることで、解決されると報告されていましたが、完全に不具合が解消されていませんでした。 新たに 2020年3月25日に提供が開始された、修正プログラム「KB4541335」にて、マイクロソフト社は検索の不具合が修正されたと報告しています。 KB4541335のインストール 「KB4541335」はオプションの更新プログラムなので、Windows の設定を開き「更新とセキュリティ」の「更新プログラムのチェック」にて、手動でインストールする必要があります。 更新プログラムの削除方法は、下記のページを参考にしてください。 ここからは、Windows10 の検索関連の不具合の症状と対処法ですが、先に更新プログラムをインストールしてみて状況を確認してください。 タスクバーの検索ボックスの不具合 2020年2月5日から、タスクバーの検索ボックスには入力できるが、検索結果が真黒で何も表示されない不具合が発生。 不具合の対処方法• タスクマネージャーの「詳細」から「SearchUI. exe」または「SearchApp. exe」のタスクを終了すると解決する場合もあります。 タスクマネージャーは、「CTRL」+「Shift」+「Esc」キーを押すか、タスクバーの右クリックメニューから開くことができます。 下図のような画面でない簡易表示の場合は「詳細 D 」をクリックします。 解決できないなら、Web検索機能を無効にすることで対処することもできますが、レジストリの編集が必要な操作なので、急がないのであればMicrosoft社の対応を待ちましょう。 エクスプローラーの検索の不具合 Windows10 Ver. 1909 1903 にてエクスプローラーの検索で、検索ボックスをクリックしたときに 落ちる、入力できない、反応しない、フリーズするなどの不具合が発生。 更新プログラム「KB4532695」の提供はあったものの、検索の問題は完全には解決していない状況です。 検索機能が無効になっていないか確認する 検索機能の無効化の原因でなければ、「」へ進んでください。 サービスの管理ツールを開く タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。 タスクマネジャーが下図のように「簡易表示」されている場合は、左下にある「詳細 D 」をクリックして、詳細画面に切り替えます。 「タスク マネジャー」が開いたらタブメニューの「サービス」をクリックします。 次に、サービスの画面にある「サービス管理ツールを開く」をクリックします。 「Windows Search」を右クリックしてメニューの「プロパティ」をクリックします。 「スタートアップの種類」が「自動」でない、状態が「停止」になっている場合は、ファイルの検索機能が無効化されています。 「無効」になっている場合は、「自動(遅延開始)」を選択します。 この状態で「開始」しても不安定なので、再起動したのちに正常に検索ができるか確認してください。 タスクバーに検索ボックスがない タスクバーに検索ボックスがなくて検索できない場合、windows10 Ver. 1903以降では検索の表示設定、Ver. 1809以前では Cortana の表示設定を確認します。 タスクバーの何も表示していない場所を右クリックして、検索の表示設定メニューが表示できます。 Ver. 1903以降の検索ボックスの表示設定 メニューの「検索」にマウスポインターを合わせて、サブメニューを表示します。 「表示しない」にチェックマークが付いていれば検索が非表示になっているので、別の表示設定をクリックして選択します。 Ver. 1809以前の検索ボックスの表示設定 メニューの「Cortana」にマウスポインターを合わせて、サブメニューを表示します。 「表示しない」にチェックマークが付いていれば検索が非表示になっているので、別の表示設定をクリックして選択します。 タスクバーの検索ボックスに入力できない タスクバーの検索ボックスに入力できないのは一時的な問題が発生している場合が多いです。 対処方法は、一度「非表示」にしてから再度「表示」する「検索表示形式のリセット」で、入力できるようになることもあります。 タスクバーの何もない場所を右クリックしてメニューを表示します。 Ver. 1903以降の検索表示形式のリセット Ver. 1903以降から、Cortana と 検索が分離しました。 メニューの「検索」にマウスポインターを合わせて、サブメニューを表示します。 「表示しない」をクリックして、タスクバーに表示されていないことを確認します。 もう一度、メニューを表示させ「検索の表示形式」をクリックします。 Ver. 1809以前の検索表示形式のリセット Ver. 1809以前は、Cortana と 検索が一体になっています。 メニューの「Cortana」にマウスポインターを合わせて、サブメニューを表示します。 「表示しない」をクリックして、タスクバーに表示されていないことを確認します。 もう一度、メニューを表示させ「表示形式」をクリックします。 まだ検索ボックスに入力できないようなら、表示を形式を「表示しない」に設定し、PCを再起動した後に表示形式を戻せば、入力できるようになることもあります。 検索関連の設定をする「インデックス オプション」の開きかた インデックスの再構築、トラブルシューティング、検索範囲の設定は「インデックスのオプション ツール」から操作します。 インデックスのオプションツールは、Ver. 1903以降なら「検索設定」から開けますが、ここでは windows10 全てのバージョンに対応した、コントロールパネルからの開き方を紹介します。 インデックスオプションツールを開く 「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。 コントロールパネルが開いたら、「表示方法:カテゴリ」をクリックしてメニューを表示します。 メニューの「大きいアイコン」または「小さいアイコン」をクリックします。 表示方法が変更できたら、「インデックスのオプション」をクリックすれば、インデックスオプションツールが開きます。 トラブルシューティングの実行 トラブルシューティング ツールは、検索における問題を自動でチェックし、問題が検出されれば自動で修正を試すことができます。 トラブルシューティングは検索以外にもアップデートやインターネット接続、オーディオなどの問題にも対応しています。 参考: 「検索とインデックス作成のトラブルシューティング」をクリックします。 検索の問題に該当する内容をクリックして、チェックマークを入れて(複数可能)選択し、「次へ」をクリックします。 簡易なチェックが行われますが、この状態では完全なチェックができていないので、問題が検出される確率は低いです。 「管理者のアクセス許可を使用してトラブルシューティングを実行すると、問題を検出できる場合があります。 」と表示されるので、「管理としてトラブルシューティングを実行する」をクリックします。 最初の画面に戻るので、再度検索の問題に該当する内容を選択して「次へ」をクリックします。 問題が検出される場合と、されない場合があります。 問題が検出された 問題の内容が表示されたら、「この修正を適用します」をクリックして検索の問題の解決を実行します。 「トラブルシューティングが完了しました」と表示されたら修正は完成です。 「トラブルシューティングを終了する」をクリックします。 問題が検出されなっかた 「問題を特定できませんでした」と表示されたらトラブルシューティングツールでは解決できないということです。 「閉じる」をクリックしてトラブルシューティングを終了します。 トラブルシューティングの実行でも、まだ検索に問題がある場合は次項のインデックスの再構築をしてください。 検索インデックスの再構築 インデックスデータの破損や不具合で、正常に検索ができないことがあります。 インデックス削除し新たに作成すれば正常に検索できるようになる場合があります。 インデックスのオプションの「詳細設定」をクリックします。 詳細設定が表示されたら「再構築」をクリックします。 確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。 インデックスの再構築が開始され、「インデックスを作成中です」と表示されます。 」の表示で確認できます。 インデックスの再構築中でも、インデックスのオプションの画面を閉じたり他の作業をしても問題ありませんが、シャットダウンや再起動はしないようにしてください。 「インデックスの作成は完了しました。 」と表示されれば、インデックスの再構築は完了です。 正常に検索ができるか確認してください。 存在するファイルが検索できない ファイルの検索の初期設定では、ユーザーフォルダとスタートメニュー、Internet Explore 履歴のみが検索範囲に設定されています。 ユーザーフォルダ以外の場所に追加作成したフォルダや、その他のフォルダは検索範囲に設定されていないため、存在するファイルを検索することができません。 検索するフォルダやドライブを検索範囲に追加設定することで、検索できるようになります。 検索対象の追加設定 インデックスのオプションの「変更」をクリックします。 「選択された場所の変更」のボックス内を操作して、検索範囲を追加します。 「〉」アイコンをクリックすれば、中身を展開することでできます。 検索対象に必要のないフォルダなら、チェックマークをクリックして外します。 追加設定されれば、下の「選択された場所の要約」に表示されます。 検索範囲の追加設定が終了したら「OK」をクリックします。 インデックスのオプション画面に、追加された検索対象が表示されていれば完了です。 検索対象の追加や削除(変更)が完了したら、上述の「」をしておきましょう。

次の

なぜOutlookだけが「Ctrl+F」で検索できないのかという知られざる歴史

アウトルック 検索 できない

「Outlookで検索すると出てくるはずのメールが出てこなくて困っている。 」 という問合せを受けて対処をしてみました。 状況にも依りけりですが、今回はPC入替に伴う症状のため、インデックスの再構成をやってみた、という内容のご報告です。 PC入替えたユーザから 「Outlookを検索すると、メールの検索結果が以前と違うんですよね。 」 そんな問合せから始まりました。 はて?いったいどういう症状でしょうか? 「検索するでしょ?で、検索結果が出ますよね。 その検索結果が "すっごい古い"か"すっごく直近"のどっちか、その中間がないんですよ。 」 うーん。 画面を見せてもらいました。 図:検索結果画面例 確かに、当日のメール以外は1月19日、その後は前年の12月のメール、でさらに飛んで10月のメールとなっています。 「必ず毎月メールの送受信をしている相手だから検索結果がこんな少ないのはあり得ないんですよね。 」 こうして対処を実施することになりました。 対象PCはWindows8. 1、Office2010を使っているのでOutlookも2010を利用しています。 原因として考えること 原因はインデックスの構築が追い付いていない、ってことだという仮説のもと、対処を進めることにしました。 と、いうのも、このPCは調子が悪くなってOS再インストールしたPCなのです。 参考URL: 再インストール&キッティング時には代替機にデータ移行し、しばらく代替機で業務を実施、作業が完了したPCに代替機から再びデータ移行、という手順でPCの再インストールを実行しました。 そうなると、新PCに突然数GBの. pstファイルがやってきたことになり、そこのインデックスの再構築に時間が掛かっている、と考えることができます。 早速インデックスの再構築 インデックスの再構築は「コントロールパネル」から「インデックスのオプション」を選択して画面を開きます。 図:インデックスのオプション画面 ここに「Microsoft Office Outlook」という項目があり、この画面からインデックスの再構築を実行することになります。 画面の上のほうでは「381個のインデックスが作成されました。 」とメッセージが表示されますが、あまりに少ないのでインデックスの作成が間に合っていないことがうかがい知れます。 この画面で「Microsoft Office Outlook」をクリックしたのち「詳細設定」ボタンをクリックします。 図:詳細オプション画面 この画面の「トラブルシューティング」欄にある「再構築」ボタンをクリックしてインデックスの再構築を実行します。 待ち時間は長いので、その画面のまま、しばらく放置してもらえるようユーザにお願いして、対処が完了です。 数時間後 どうですか? 検索結果を尋ねてみれば 「いやぁ~、いいですよ。 検索結果が戻ってきました。 」 と色よい返事。 ちょっと見せてもらったらば、確かに対処前に見せてもらった画面と同じキーワードで検索した検索結果画面が歴然とした違いを見せています。 図:検索結果(対処後) 何せびっしり出てきていますから、インデックス一つでこんなにも変わるんだな、と実感しました。 (再インストールなどに伴う)PC環境移行やデータ移行のあとには、忘れずインデックス再構築、 これを覚えておくようにします。 treedown.

次の

Outlookが重い、遅い、・・・とExchange

アウトルック 検索 できない

インデックスの状況を確認する Outlookの検索ではインデックスというWindowsの検索機能を借りて検索しています。 Windowsではインデックスを作成することで様々なデータをより早く検索することができるようになっていますが、そのインデックスに問題が発生しているとOutlookでの検索にも影響が出ます。 そのため、検索時にエラーが出る場合はまずインデックスの状況を確認します。 2.[インデックスの処理を行っていないアイテムが 0 個あります。 ] と表示されていれば、インデックスの作成が完了しています。 0個 以外の場合で処理が進んでいる様子であれば完了するまで待ち、検索できるか確認してください。 対処法1.インデックスの再構築を行う インデックスの作成が完了した状態でも検索ができない場合は、インデックスの再構築を行ってください。 2.「インデックス処理のオプション」をクリックします。 3.「詳細設定」をクリックします。 4.「再構築」ボタンをクリックします。 5.[インデックスの再作成には時間がかかる場合があります。 ~] という画面が表示されるので、「OK」をクリックします。 6.インデックスの再構築が開始されます。 インデックスの作成状況は [インデックスのオプション] 画面から確認できます。 7.インデックスの再作成が完了するまでしばらく待ちます。 時間がかかる場合がありますがバックグラウンドで作成が進むため、他の作業をしていても問題はないです。 8.[インデックスのオプション] 画面にて [インデックスの作成は完了しました。 ] と表示されましたら、Outlookで正常に検索できるようになっているか確認してください。 対処策2.Officeの更新とWindowsの更新を実施する インデックスの再構築でも検索できない場合は、Officeの更新とWindowsの更新を試してみてください。 2.更新プログラムがあった場合は更新がかかりますので終わるまで待ちます。 3.更新が終わったらOutlookを起動し、検索できるようになっているか確認してください。 2.設定画面内「更新とセキュリティ」をクリックします。 4.更新プログラムがあった場合は更新がかかりますので [最新の状態です] と表示されるまで待ちます。 5.更新が終わったらOutlookを起動し、検索できるようになっているか確認してください。 対処策3.Windows SearchからOutlookを除外する ここまでの手順を実施しても検索できない場合は、Windows SearchからOutlookを除外することで検索できるようになる場合があります。 注意点として、Windows SearchからOutlookを除外すると、Windowsの検索機能を利用しない検索になるので検索精度が落ちます。 2.「インデックス処理のオプション」をクリックします。 3.「変更」をクリックします。 4.[Microsoft Outlook] のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。 5.Outlookを再起動し、検索できるようになったか確認してください。

次の