市販薬飲み合わせ。 糖尿病で注意すべき市販薬の飲み合わせ

パリエット錠は市販アリ?市販薬との併用も注意

市販薬飲み合わせ

薬の服用中は、「相互作用」に注意しなければなりません。 相互作用とは、薬の併用や食べ物によって、作用が強く出すぎたり、逆に効果が弱くなったり、場合によっては副作用が出やすくなることです。 ワーファリンは、血が固まって血栓ができるのを予防する「抗凝固薬」として古くから使われている抗血栓薬で、肺塞栓症、脳塞栓症などの血栓塞栓症の治療や予防に使われています。 一般に血液をサラサラにする薬として知られていますが、効き目が強すぎると出血しやすくなり、血が止まらなくなることがあります。 ワーファリンの詳細についてはこちらをごらんください。 ミナカラおくすり辞典: ワーファリンの処方量は血液検査によって決まる ワーファリンは血液凝固検査により、その人に合った薬の量を決めます。 そして、ワーファリン服用中にも定期的に検査を行い、薬の効果を測定して治療に際しての投与量を決めていきます。 検査は、 プロトロンビン(PT)という血液凝固因子ができるまでの時間を計るもので、 プロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)により判断し、数値を測定するものです。 PT-INRの数値は、血液がサラサラになる度合ともいえるため、数値から以下のことが分かります。 ワーファリンと風邪薬は一緒に飲んでもいい? ワーファリンとNSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれる解熱鎮痛剤は相互作用があります。 風邪薬には、このNSAIDsの解熱鎮痛成分を含んだものが多いため、気をつけなければなりません またNSAIDs(解熱鎮痛剤)は、風邪薬だけではなく、頭痛、生理痛薬などとしても数多く販売されていますが、ワーファリンと併用すると、ワーファリンの 作用が強まり、血が止まりにくくなることがあります。 よって以下のような解熱鎮痛剤との併用は注意が必要です。 ワーファリン服用中に、風邪などで他の薬を併用する場合は、ワーファリンを減量するなどの検討が必要になることがあるため、自己判断で使用せず、必ず医師や薬剤師に相談して下さい。 主に以下の抗生物質には注意が必要です。 ・ペニシリン系 ・テトラサイクリン系 ・マクロライド系 ・アミノグリコシド系 ・クロラムフェニコール系 ・セフェム系 これら抗生剤とワーファリンを併用することで、PT-INRの数値が高くなるという報告がある一方、そもそも風邪などの感染症自体がワーファリンのコントロールを不安定にしている、という報告もあります。 いずれにしても、ワーファリン服用中に他の薬を併用する場合は、自分の数値を確認しながら、出血傾向に注意することが必要です。 ワーファリンは相互作用を起こす薬が多数! ワーファリンの効果を強めてしまう薬には、風邪薬や抗生剤以外にも、他の抗血栓薬、精神神経用剤、抗てんかん薬、痛風治療剤、糖尿病用剤、高脂血症用剤、甲状腺ホルモン剤、抗真菌剤、アレルギー用薬など、非常に多くの薬があります。 反対に効果を弱めてしまう薬には、抗結核薬、催眠鎮静薬、ビタミン剤(ビタミンK及びビタミンK含有製剤)などがあります。 また、骨粗鬆症治療用ビタミンK2製剤は併用禁忌とされています。 骨粗鬆症治療をしていて、血栓治療も必要とする場合は、併用すると作用が弱くなるため、ワーファリンによる治療を優先し、骨粗鬆症治療用の投与を中止することとされています。 サプリメントにも注意 サプリメントでも、ワーファリンの作用を弱めたり強くするものがあるため、注意しましょう。 セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ) セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)は、ハーブとして不眠やイライラに効くサプリメントなどが販売されていますが、医薬品の 効果を弱めることでも知られています。 ワーファリンも併用すると効果を弱めるとされているため、避けてください。 また、健康食品やサプリメントは成分表示が不明確なものもあるため、摂取前には必ず医師、薬剤師に相談し、自己判断で併用しないようにしましょう。 グルコサミン・コンドロイチン 膝の痛みなどの関節痛に効果があるといわれているグルコサミン・コンドロイチンというサプリメントは、中高年を中心に人気が高い商品ですが、ワーファリンの 効果を強めるとされています。 血液をサラサラにして関節痛をなくすつもりが、血が止まらない状態を引き起こす可能性があるため、ワーファリンを服用する場合には、速やかにグルコサミン・コンドロイチンの服用を中止し、担当の医師に相談しましょう。 さいごに ワーファリンは食べ物にも注意! 血栓予防や治療に使われる抗血栓薬には、ワーファリンのような「抗凝固薬」の他にバイアスピリンのような「抗血小板薬」があります。 同じ血栓治療の薬でも、バイアスピリンは食べ物の相互作用はほとんどないとされていますが、ワーファリンは、納豆をはじめ、いくつか注意する食品があるため、合わせて注意しましょう。 食べ合わせの相互作用についてはこちらをご覧ください。 関連記事:.

次の

市販薬との飲み合わせに注意して欲しい飲み物

市販薬飲み合わせ

病院やクリニックに行くほどではないけれど、症状を抑えたいというとき、薬局やドラッグストアで市販薬を買う方も多いと思います。 そのときに注意してほしいのが、薬の飲み合わせです。 良かれと思って飲んだ薬が、効きすぎてしまったり副作用が強まったりして、かえって不快な症状を引き起こしてしまうことがあります。 市販薬には複数の有効成分が入っている 市販薬というのは、医師の処方せんがなくても、薬局などで購入できる薬のこと。 正式には、「オーバー・ザ・カウンター」の略で「OTC医薬品」と言います。 医師が処方する処方薬のほとんどは、1錠(または1包)に1種類の有効成分しか含まれていないのに対し、市販薬の多くは、1錠(1包)に複数の有効成分が含まれています。 たとえば、総合感冒薬(風邪薬)の場合、風邪の諸症状に対応するために、痰を出しやすくする成分、咳を鎮める成分、痛みと熱を鎮める成分、鼻水・鼻づまりの症状をおさえる成分、血管の拡張をおさえて頭痛を鎮める成分……など、5、6種類以上の有効成分が含まれていることがほとんどです。 自宅に市販薬を常備している方は、「成分」と書かれている欄をチェックしてみてください。 複数の名前が並んでいると思います。 たとえば、総合感冒薬を飲んだ上に、「頭も痛いから」と、あとから痛み止めも飲んだとします。 一見、用途の異なる薬ですが、じつは解熱鎮痛成分が重なっているので、効きすぎてしまったり、副作用が強く出てしまったりすることがあるのです。 ですから、市販薬を買うとき、とくにほかに飲んでいる薬があるときには、薬剤師に相談してください。 風邪薬と栄養ドリンクの意外な共通点 風邪気味でなんだかやる気が出ない。 そんなときに、体力を回復しようと栄養ドリンクを飲む人もいるかもしれません。 この栄養ドリンクと風邪薬(総合感冒薬)や痛み止め(鎮痛薬)の飲み合わせにも注意が必要です。 栄養ドリンクは、商品によって含まれている成分は異なりますが、ほとんどの商品で共通して多く含まれているのが、カフェインです。 そして、風邪薬や痛み止めにも、有効成分の一つとしてカフェインが含まれていることが多いので、合わせて飲むとカフェインの摂りすぎになり、不快な症状が出てしまうことがあります。 カフェインと言えば、コーヒーが有名ですよね。 コーヒーを飲み過ぎて胃が痛くなったり頭が痛くなったりした経験のある方は多いでしょう。 同じようにカフェインを多く含む栄養ドリンクや風邪薬、痛み止めも、飲み方によってはカフェインの摂りすぎになってしまうので、注意してください。

次の

去痰薬ムコダイン(カルボシステイン)と同じ市販薬と飲みあわせなどの注意点を解説

市販薬飲み合わせ

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 【漢方 サプリメント】そもそも市販薬とは? 市販薬とは、医師の診察や 処方を必要とせず、自分の判断で購入・服用することができる薬のことです。 薬局やドラッグストア、インターネット通販などで手軽に購入することができます。 「OTC医薬品」とも呼ばれており、薬剤師の対面指導の下で購入できる「要指導医薬品」と必要のない「一般用医薬品」に分類されます。 要指導医薬品は、市販されて間もないものが多く、副作用の発現などから慎重な投与が求められる薬です。 インターネット通販では販売されておらず、必ず薬剤と対面しての指導を受けた後に購入しなければなりません。 c Shutterstock. com 一方、 一般医薬品は副作用のリスクなどが低く、比較的安心して服用できるくすりです。 副作用のリスクの大きさなどから第1~3類に分類されています。 第1類のみは購入する際、飲み方や副作用についての説明を書面で受ける必要があります。 これらの市販薬の副作用は、種類によって様々です。 しかし、これらの副作用は一時的なものでほとんどは治療することなく自然に改善していきます。 しかし、副作用と思われる症状が見られたときは、速やかに服用を中止して病院を受診するようにしましょう。 【漢方 サプリメント】そもそも漢方薬とは? 漢方とは、天然の植物などに由来する生薬を主成分とする薬です。 東洋医学の分野で古くから用いられてきた治療薬であり、日本でも148種類の漢方薬に 健康保険が適応されます。 一種類の漢方の中には多くの成分が配合されており、長い時をかけて編み出された配合が行われています。 全身の様々な症状に対する漢方が販売されており、効果には個人差があるとされていますが、有害な副作用が少ないのがメリットの一つです。 また、薬でありながらも薬局やドラッグストア、インターネット通販で購入することが可能です。 c Shutterstock. com 副作用は少ないながらも 「甘草」と呼ばれる成分が含まれた漢方を長期間服用する著しい高血圧になることがあります。 また、 「麻黄」にも吐き気や便通異常、動悸、しびれなどの症状が現れることもあります。 このように、漢方薬の副作用は西洋医学で用いられる処方薬より副作用が少ないと思われがちですが、思いのほか副作用が生じることも少なくないのです。 【漢方 サプリメント】そもそもサプリメントとは? サプリメントは 「栄養補助食品」のことであり、各種ビタミンやミネラル、アミノ酸などを多く含む錠剤や粉薬などのことです。 飲食だけではまかないきれない栄養を補給し、病気を防いで身体を健康的な状態に保つ効果が期待できます。 また、美容によい成分をたっぷり含むものも多く、健康面だけでなく美容面への対策にも非常に役立つと言えます。 c Shutterstock. com しかし、いくつかのサプリメントを併用しているという人は、 ビタミンAやビタミンDなど身体に蓄積して健康被害を及ぼす栄養素を過剰に摂取してしまう可能性があるので注意しましょう。 日本国内で流通しているサプリメントは厳密な検査をパスしたもののみですが、最近では海外の通販サイトを利用して海外製の薬を入手することも可能です。 中には有効成分がほとんど含まれていないことや健康に害を及ぼす物質が含まれていることもありますので、安易に 海外の安価なサプリメントに手を出さないようにしましょう。 【漢方 サプリメント】してはいけない飲み合わせってある? 漢方薬やサプリメントは身体にやさしく、身体に悪影響を与えることはありません。 また、市販薬も用法・用量を守れば強い副作用が出ることはほとんどないと言えます。 しかし、 安全と思われがちなこれらの「くすり」にも盲点があり、飲み合わせ次第では危険な副作用が生じることもあります。 副作用の現れ方などは個人差が大きいため、一概に「〇〇が起きる!」といったことは言えませんが、「くすり」を服用するときのNGな飲み合わせをいくつかご紹介します。 くすり服用時のNGな組み合わせ例 咳止めと「麻黄」 咳止めや麻黄には エフェドリンと呼ばれる成分が含まれています。 エフェドリンには気管支を拡張したり、咳を抑えたりする作用があると同時に神経を興奮させて血管を収縮させる効果があります。 このため、同時に飲み合わせてしまうとエフェドリンを過剰に摂取してしまい、寝つきが悪くなったり、血圧が上昇するなどの副作用が見られることがあります。 便秘薬と「貧血サプリ」 便秘薬には マグネシウムが含まれているものがあり、貧血サプリに含まれる鉄分の胃での吸収を妨げてしまうことがあります。 鉄分が吸収されにくくなるだけで健康に害を及ぼすことはありませんが、せっかく服用している貧血サプリの効果を発揮するためにも服用時間をずらすなどの対策を講じましょう。 c Shutterstock. com 風邪薬と「甘草」 風邪薬には カフェインが含まれているものが多くあります。 カフェインには血管収縮によって血圧を上昇させる作用があり、甘草と同時に服用することで血圧が非常に高くなることがあります。 風邪薬を飲むときは、甘草が含まれた漢方は控えるようにしましょう。 【漢方 サプリメント】どういう人が漢方に向いているの? 漢方の種類は多く、様々な症状に効果を発揮します。 効果に個人差はあるものの、病院を受診せずに自分で手軽に購入でき、副作用が少ないのも大きなメリットの一つです。 漢方の服用はこんな人におすすめ ・軽い症状が続いている ・病院に行く時間がない ・薬のアレルギーが起きたことがある ・できるだけ自然の摂理に任せて治療したい ・妊娠中や授乳中である 漢方は口当たりが苦いものが多く、効果もイマイチ信用できない… といった声があるのも事実。 そんな人は、病院を受診するまでもないようなちょっとした体調不良などの際にぜひ漢方を試してみましょう。

次の