柴田 ラーメン。 【柴田・村田・大河原町】おすすめラーメン店まとめ|味噌・塩・二郎系など

めん屋 みの家

柴田 ラーメン

宮城県柴田郡大河原町から絞り込み• 旭町 0• 荒町 0• 大竜 0• 大谷地 0• 小山田 0• 海道西 0• 海道東 0• 金ケ瀬 0• 上川原 0• 上舘前 0• 川瀬町 0• 甲子町 0• 幸町 0• 下川原 0• 新川前 0• 新桜町 0• 住吉町 0• 千塚前 0• 袖谷地 0• 高砂町 0• 堤 0• 土手崎 0• 中川原 0• 中の倉 0• 中ノ水門 0• 西 0• 西浦 0• 錦町 0• 西桜町 0• 新寺 0• 沼 0• 橋本 0• 東 0• 東新町 0• 東原町 0• 火崎 0• 広瀬町 0• 福田 0• 町 0• 南 0• 南海道下 0• 南桜町 0• 南関ノ内 0• 南原町 0• 八乙女 0• 沖端 0• 新青川 0• 山崎町 0• 大巻 0• 上の倉 0• 新上谷前 0• 大芝 0• 新古川 0• 南平 0•

次の

ラーメン技術教本 (株)柴田書店

柴田 ラーメン

2020年2月。 ラーメンで日本を盛り上げたいという熱い想いが重なり「中華そば しば田」とのコラボ企画が実現することになった。 皆様、是非ご堪能ください!! 1982年生まれ。 二十四歳の時にラーメン店主の道を志し、 仕事を辞め、自分の作りたい味を求めてラーメン修行を始める。 修行先であった吉祥寺「音麺酒家 楽々」の閉店を機に、 2013年、地元である調布市に「中華そば しば田」をオープン。 奇をてらわず長く地域で愛されるお店にしたいと、「醤油」にこだわった ラーメンを作り続けている。 ラーメン以外で好きなものは、音楽とパイの実。 2013年に東京都調布市にオープン。 店主・柴田氏の醤油にこだわったラーメンが話題となり、業界最高権威と言われる「TRYラーメン大賞」では2014-2015で新人大賞、2015-2016で名店部門しょう油1位に選ばれ、その後も毎年掲載され続けている。 テレビ、各メディア、グルメサイトでも常に注目される醤油ラーメンの超人気店。

次の

ラーメン プロの技術 (柴田書店MOOK)

柴田 ラーメン

先週の土曜日、寒かったカシマスタジアムの帰りはやっぱり温かいラーメンだなと、駒形で首都高を降りました。 向かった先は、千束にある元祖恵比寿ラーメン。 まだ船橋に住んでいた頃は、埼玉スタジアムの帰りに高速を扇大橋で降りてよく恵比寿ラーメンを食べて帰ったものでした。 今は逆にアウエーの帰りになる事が多く、寄る頻度も減っていたのですが、手前のビジネスホテルの横のパーキングに止めようと左折したらどうも雰囲気がおかしい。 偵察を出すと、なんと台湾料理の店に変わっているではないですか・・・・ 恵比寿ラーメンと私の歴史は短くはありません。 まだ本当に恵比寿にあった頃、それも一間程の小さな屋台の様なお店だった頃からの付き合いです。 マスターは寡黙にラーメンを作り、奥さんがお客を捌く。 インターネットも存在しない頃、口コミで深夜でもこの一角だけ異様に人が集まっていました。 始めて食べた時から恵比寿ラーメンに惚れてしまった私は、スープも残さず完食する事だけがマスターへのメッセージでした。 店は次第に大きくなり、最後は立食ながらも室内店舗にまでなりました。 その頃、「食器はこちらに」と書かれたマスターの似顔絵がサッカーをしていたのも見逃してはいません。 そんなある時、恵比寿ラーメンに行くと、奥さんはいるのにマスターはいない。 出て来たラーメンは似てはいるが何となく味は違うし、少しだけですがアクも浮いていました。 更に、サッカーをしているマスターの似顔絵もなくなっていました。 マスターがいなくなったことは判りましたし、私も二度と恵比寿のラーメン店に行くことが無くなりました。 しかし、時代はインターネットが普及し始めYahooの検索も始まっていました。 マスターの恵比寿ラーメンは元祖恵比寿ラーメンとなって六本木に店を出している事がわかったのです。 訪ねてみると、昔とは比較にならない程空いていました。 そして店にはサッカーグッズがいっぱい飾られていました。 いつもの様に雲吞麵を頂いていると、「知ってます?俺、離婚したんですよ。 」と、マスターから話しかけられました。 二人の初めての会話です。 きっと、いつも完食していたのを覚えていてくれたのかもしれません。 「いや、知らないっすけど、恵比須行ったら奥さんだけだったんで」 「行ったんですか。 どうでした?」 「味は落ちたしアクも浮いていて、それから行ってないですよ」 マスターは噛み締める様に「味、落ちてましたか・・・」と返して来たのを良く覚えています。 しかし、ある時また行くと閉店の貼り紙。 そして今度は千束に店を構えたのです。 マスターの苗字が付くビルなので、自社ビルなのかもしれないし、偶然かもしれません。 レッズのユニを着て寄ると、マスターもレッズが好きだと言ってくれましたし、偶にサッカー談義をする事もありました。 恵比寿で通っていた頃、会話するなんて考えられなかったし、マスターの作るチャーハンや餃子が食べられるとも思わなかった。 そんな歴史も幕が引かれたんですね。 検索すると、昨年の11月24日でマスターは引退されたそうです。 残念です。 色々な素材を合わせた凝ったスープが全盛の中、丁寧なそれこそが凝りに凝った鶏ガラスープとかん水の織りなす何とも言えない懐かしい香り。 固有名詞として使わせて貰うが子供の頃に食べた「支那そば」の世界。 あの叉焼、あの雲吞、あのメンマ、一杯の丼の中に詰め込まれた世界はシンプルだからこそ王道でした。 正に、ラーメンパラダイス。 もう二度と会えないのかな? でも時々検索はしてみよう。 いつかまた再開するかもしれない。 その時はレッズサポ四人家族が行くから「食券、いいですよ」ってあの笑顔でカウンターに案内してよね、マスター。 私が差後に行ったのは10月で、来月店を閉めると聞かされました。 その時はまだ24日が最終日と確定していないような口ぶりでした。 「柴田さん、どこかでお店やるんですか?」「う~ん、やらないかもね。 少し疲れちゃったんだよね。 」「もう恵比寿ラーメンは永遠に食べられなくなっちゃうですかね?」「誰か引き継いでやってみたいっていう人もいないと思うしね。 」「恵比寿時代はマスコミの寵児でしたもんね。 」「あ~、あの頃は今と違って、他においしいラーメン屋が少なかったね。 」 ちょっと淋しそうな柴田さんでした。 何年かしたら、再び恵比寿ラーメンのシンプルさが恋しくなる気がします。 投稿: プリアタン 2010年11月 3日 水 22時46分.

次の