田中 メジャー。 田中将大の年俸推移!生涯年俸や1球あたりの金額を算出してみた!

田中将大の年俸手取りと税金の額がとんでもない!! | 情報総合案内所

田中 メジャー

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 小学校2年で野球を始め、中学から硬式野球を始める。 高校はに進学し、一学年上のやとチームメイトとなる。 2年時のにに出場し、3回戦・戦でに2安打完封され敗退するが、田中は試合の先頭打者として1安打を放った。 、にも出場したが初戦敗退に終わった。 、で、2位指名で日本ハム・・の3球団で競合の末、ドラフト直前に就任した監督が引き当て日本ハムに入団。 日本ハム時代 [ ] (1年目)から二軍で打率. 313を記録し、9月に一軍に昇格しプロ初を記録。 は開幕一軍に入り、開幕戦である3月24日の対1回戦で9回に代打で出場してプロ初を打った。 開幕戦での代打本塁打はパ・リーグでは9人目であるが、プロ初本塁打に限っては1989年の以来3人目である。 当時の正だったが故障したため、翌日の開幕2戦目にプロ初先発起用され、3月31日から4月6日まで6試合連続で3番打者を任されたが、打率を残せず、一軍定着は出来なかった。 、は一軍と二軍を行き来する状況が続く。 に一軍で一時3割台の高打率を維持するも、6月にによる右すね骨折で離脱。 21試合の出場に終わる。 は一軍で22試合出場に留まるが、の指導を受け、打撃理論の再構築と送球難の克服を果たした。 二軍で. 307、16本塁打の好成績を残し、9月28日の一軍最終戦(対戦)で延長11回に初の本塁打を放った。 秋季キャンプ後には監督(当時)に「来季、最も飛躍を期待」として唯一名前を挙げられた。 は開幕一軍に入り、課題だった守備が改善され、主に代走・守備固めで起用される。 この年のチームは当初、新外国人のをとして予定していたが結果を残せなかったため、マシーアスや、らとのポジション争いを演じた後、田中が5月上旬から二塁手に、同月下旬から二番打者としてレギュラーに定着。 自身初の到達を果たし、3割、21、リーグ最多(34個)を達成、でも最多記録に並ぶ6犠打(5試合制では史上最多)を記録して日本一に貢献した。 二塁手として、を受賞(以後、前者はまで5年連続、後者は翌と、2010年、にも受賞)。 またオフに2004年の骨折の際に右足に埋め込んだプレートの除去手術をした。 は開幕から打撃不振に苦しみ、最終的に打率. 255と前年から大きく率を落とすが、全144試合に出場、最多記録となる58犠打、も自己最多の27個を記録した。 はグリップを肩より下でかまえる独自の打撃フォームを改造し、肩より少し上で構えるようにしたところ開幕4試合で前年に並ぶ3本塁打を打った。 打率3割は逃したが、自身初の2桁本塁打を記録。 更にはパ・リーグで唯一のフルイニング出場も果たした。 88試合に三番打者として起用された。 (WBC)の一次候補に選ばれたが、代表には選出されなかった。 に前任のから選手会長を引き継ぐ。 WBC選考メンバーに入るも、日本代表のメンバー入りはできなかった。 開幕から一番打者を任され 、打率3割には届かなかったがリーグ最多の79四球、自己最多の31盗塁を記録した。 8月21日に右足首痛で2年ぶりに先発出場を外れた(連続試合出場は8月14日まで継続)。 また、この年は680打席に立ち、リーグ記録を46年振りに塗り替える(翌年によって更新(692打席)される)と共に、セ・パ両リーグの到達者で唯一0のままシーズンを終えた (後述)。 はリーグトップの得点圏打率. 419を記録した他、右投手に対して打率. 356と得意とし、シーズンを通して高打率を維持。 最後まで首位打者争いに絡んだ。 シーズン打率. 335と193安打は共に自己最高であり、パ・リーグ2位。 8月15日の対戦を欠場し、2006年6月3日の対戦より継続していた連続試合出場は、歴代29位の620試合で終了した。 この年国内(FA)権を獲得し、オフには翌年以降のメジャーリーグ挑戦も取り沙汰されたが 、総額7億5千万+出来高の3年契約を結んだ。 契約にはメジャー移籍を希望した場合は球団の許可を得た上で契約解除できる条項が含まれている。 は春季キャンプ中の右手指骨折で出遅れた上、6月18日の対戦で6回に盗塁をした際に左足首を痛め、21日に受けた精密検査で「左骨折で全治4~6ヶ月」と診断され、シーズン中の復帰はならなかったが 、フェニックスリーグで実戦復帰し、一軍の試合ではのファーストステージの第1戦と第2戦に一番・二塁手で先発出場するも決勝点となる失策を喫した。 は6月まで打率. 332と首位打者を争う活躍を見せるも、8月29日の西武戦の守備でと交錯し左腕を骨折。 そのままシーズンを終え、ポストシーズンでの出場もなかった。 11月6日には「今年はどんなことがあろうと挑戦しようと決めていた。 けがをしても揺らぐことはなかった」 と、を代理人とし、海外FA権を行使してのを表明。 会見では「パワーは劣ると思うけど、守備や走塁、バットに当てる技術など、細かい部分でアピールしたい。 ダルビッシュと対戦したら楽しいでしょうね。 ファンに支えられて大きくなりました。 球団は『いつでも帰ってきていいよ』と言ってくれた。 その言葉だけでありがたいけど、帰ってくる選択肢はない。 覚悟してます」とメジャーに骨を埋める覚悟もあることを語った。 ジャイアンツ時代 [ ] ジャイアンツ時代(2013年7月19日) 1月10日にとマイナー契約。 最低保証金額4万ドル 、マイナーで月2万ドル 、メジャー入りすることで年俸75万ドルとなる契約で、「通訳を付けると英語も上達しないと思うし、チームメートからも認めてもらえない」として通訳ではなく家庭教師がつく契約を自ら希望した。 に招待選手として参加するが、19試合の出場で打率. 229、出塁率. 275を喫し、守備でも二塁手の他、遊撃手や三塁手としても起用されるが計7失策を喫して、AAA級で開幕を迎える。 フレズノでは78試合の出場で16失策(内55試合の二塁守備で15失策)を喫しにコンバートされる。 一方で打撃は78試合の出場でリーグ6位の打率. 330、出塁率. 392、リーグ5位の20盗塁の成績を残し、7月9日にメジャー昇格。 同日の戦に二番・左翼手でスタメン出場し、通算50人目となるメジャーデビューを果たす。 同試合では2回に本塁打性の飛球をジャンピングキャッチする好守を見せ、5回にはメジャー初安打となる中堅前安打で出塁し、4万人の観衆からスタンディングオベーションを受けた。 以降も左翼手として起用され、4試合連続安打を記録 するなど、15試合の出場で打率. 267、出塁率. 353、2盗塁の成績を残すが、29日にフレズノに降格。 降格後も左翼手として起用され、フレズノでは最終的にリーグ3位の打率. 329、1本塁打、出塁率. 400、22盗塁を記録。 マイナーのシーズン終了後は「首位打者を取りたかったので残念。 でも、いい締めくくりができました。 パワーがない分、二塁か中堅でスピードで勝負するのが、メジャーで生き残る道かもしれない」と語った。 9月3日にとなり、翌日に自由契約となる。 レンジャーズ傘下時代 [ ] 2013年12月20日にとマイナー契約を結んだ。 、招待選手として参加したスプリングトレーニングでは18試合の出場で打率. 185、出塁率. 290を喫し、AAA級で開幕を迎える。 ラウンドロックでは62試合の出場で打率. 258、4本塁打、出塁率. 340、12盗塁の成績を残し、守備では二塁手として起用される。 7月20日に本人の希望で契約を解除し自由契約となった。 日本ハム復帰 [ ] 2014年12月16日に、古巣の北海道日本ハムファイターズが獲得を発表した。 3年振りの古巣復帰となる。 背番号は「 3」。 は"2番・二塁"で開幕を迎える。 4月途中からが怪我で離脱してからは3番に座る。 5月13日の戦でスイング途中に右肩の違和感 診断後、右肩のと判明 により5試合欠場するが、5月20日戦で復帰。 以後は走塁の際に右腕でユニホームの左胸側を掴みながら走るなど、痛みを最小限に抑えるようにしながら終了までプレーを続けた。 年間を通して得点圏でめっぽう強く、得点圏打率. 346を記録。 わずか4本塁打で66打点の自己最高記録を残した 打点の自己最高記録は2008年の63打点だったが、その年のと比べると1割も低い数字であった。 また、を獲得し、念願だった正遊撃手のとの同時受賞を叶えた。 は開幕を"3番二塁"で迎える。 春先から3割前後の打率を残し続け、主に3、5番のクリーンナップを任せられた。 7月10日戦で、チーム14連勝がかかる試合、1点差で迎えた9回二死で、から2号同点ホームランを放ち、チームの14連勝に貢献した。 また、この勝利によって、チームの本拠地500勝も達成した。 8月ごろから調子を落とし、打率. 272、53打点、22盗塁でシーズンを終えたが、指名打者で先発出場した1試合を除いた142試合に二塁で先発出場し、チームのリーグ優勝に貢献した。 CSファイナルステージでは極度の不振に陥り、第4戦まで全て先発起用されるもヒットがなく、第5戦では先発を外れた。 しかし、では復調し、全試合に先発出場しチームの日本一に貢献した。 は開幕を"2番二塁"で迎えるも、春先から攻守ともに不振に陥った。 4月29日の楽天戦では、から自身4年ぶりとなるサヨナラ打を放った。 また、7月6日の西武戦では通算200盗塁を達成した。 二塁としてチーム最多の50試合に先発出場するも、若手を積極起用するチームの方針から先発を外れることも多く、やに回ることが多かった。 107試合に出場し、打率. 252、18打点、11盗塁という成績を残し、1年間一軍に帯同し続けた。 オフの契約更改では、前年の年俸2億円から1億2500万円減となる7500万円 金額は推定 の提示を受けながらも、チーム愛を理由に残留を決意した。 は開幕スタメンを外れ、春先から不振に陥ったが、6月27日に那覇で行われたソフトバンク戦では、1点ビハインドの9回に代打出場しから同点タイムリーを放ち、チームのサヨナラ勝利につなげた。 8月は月間打率. 433を記録するなど、シーズン中盤から本来の調子を取り戻し、最終的に67試合に出場し、打率. 295、8打点でシーズンを終えた。 また、先発出場した14試合では3割後半の打率を残すなど、少ない出場機会の中で結果を残した。 本人は「シーズン終了時に8、9割辞める気でいた」と語っていたが、球団からの説得を受け熟考し「最後の1年間、応援し支えてくれた方々に対して感謝の気持ちを伝えたい」と考えを変え、12月25日の後の記者会見でシーズンをもって引退する事を表明した。 は代打や指名打者としてフルシーズン一軍に帯同し、など主力の離脱時には3番、5番と中軸を任された。 5月29日の戦 札幌ドーム では、1点ビハインドの8回裏にから代打逆転ツーランホームランを放った。 9月1日にで行われたイーグルス戦では、から日米通算1500安打となる右前適時打を放った。 シーズン最終戦となった9月27日の戦(札幌ドーム)で引退試合が行われ、2番・指名打者で先発出場する。 現役最終打席となった8回裏にから右翼フェンス直撃適時打を放つなど4打数2安打1打点と活躍した。 9回には自ら志願して二塁守備につき、現役生活を締めくくった。 現役引退後 [ ] 1月1日付で、北海道日本ハムファイターズのスペシャルアドバイザー(SA)に就任。 チーム・事業の両分野にわたる新設ポストで、アマチュアを含む野球界全般の視察、地域貢献活動の参加、各種メディアやイベントへの出演を通じたファイターズのブランド価値の向上、(から本拠地として使用する予定の球場)の開場に向けた選手目線でのアドバイスなどを担う。 また、上記の活動の一環として、のを務める。 札幌市内に私立小学校開設を計画、の開校を目指している。 選手としての特徴 [ ] 打撃 [ ] 広角に打球を打ち分け 、2007年にはリーグ最多記録となる58犠打を記録するなどバント技術やボールをカットする技術にも優れる。 選球眼に優れ 、8打席に1個近い確率で四球を選び、2009年には105を喫した一方でリーグ最多の79を記録した。 右投手に対してはが導入されていた2011年から2012年の通算で打率. 305を残しているが、左投手に対しては同打率. 280とやや弱く、メジャー移籍後の2013年から2014年もAAA級では右投手に対しては打率. 323、左投手に対しては打率. 230と弱かった。 ミート力に定評があり、シュアな打撃で日米通算では1507安打を放ったが、では1499安打と大台には一歩届かず「いつもちょっと足りない野球人生」と苦笑いした。 走塁 [ ] 一塁到達3. 7秒、三塁到達11. 35秒をマークする俊足。 守備 [ ] 日本ハム時代から主にとして活躍。 ジャイアンツ時代は天然芝の対応に苦しみ、出場機会増加のためとしても起用された。 打者の特徴や配球を考慮したポジショニング能力に優れており、 、併殺参加数が非常に多い。 2000年代を代表する二塁手であり、2006年から5年連続でゴールデングラブ賞を受賞。 2010年には得点換算で球界トップクラスの数値を残す。 グローブのはめ方に特徴があり、通常、内野手は人差し指を出して使うことが多いが、守備練習などでは人差し指と中指の2本出していることもある。 人物 [ ] 自身のイメージカラーがであることから、守備でアウトを奪取した数に応じて検診をファンにプレゼントする活動に取り組んでおり 、オフにはイベントも実施している。 プロ入り間もない頃はやんちゃな性格で、とともに二軍首脳陣から"3バカ"と呼ばれ、コーチに反抗して火をつけることから"着火マン"などとも称されていた。 が好きで、メジャー移籍前にはやらと共に「ワイン部」を結成していた。 二児の父であり、自身を「北海道一の育メン」と名乗るなど子供が好きである。 夫人は元(STV)アナウンサーの。 二男あり。 その夫人の古巣であるで2018年4月から『』と題し、自らがパーソナリティを務める番組を開始した。 自分から後輩にアドバイスを送ることは少ないが、やが登板する際はベンチで隣に座りメンタルトレーナーのような役割を果たしていた。 また、当時チームメイトで食が細かった 現 に付き添い食事指導をするなど、後輩思いな一面もある。 現役最終年となった2019年は各球場の最終戦で、、、ら元同僚から敵地にも関わらず花束がサプライズで贈呈されるなど、後輩や同僚に慕われている。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 5 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 200. 200. 200. 400 56 116 99 12 14 1 1 3 26 9 0 2 3 1 13 0 0 28 0. 141. 239. 263. 502 60 177 158 18 40 7 4 0 55 10 3 2 9 0 9 0 1 36 2. 253. 298. 348. 646 52 114 102 10 22 4 1 1 31 16 1 1 2 2 6 0 2 30 0. 216. 268. 304. 572 21 45 40 4 13 3 2 1 23 7 1 0 2 0 2 0 1 7 1. 325. 372. 575. 947 22 28 24 2 5 0 0 1 8 2 1 1 0 0 4 0 0 10 0. 208. 321. 333. 655 125 450 376 68 113 10 6 7 156 42 21 7 34 4 30 0 6 60 3. 301. 358. 415. 773 144 638 526 66 134 24 7 3 181 31 27 14 58 2 43 1 9 107 2. 255. 321. 344. 665 144 638 536 89 159 32 9 11 242 63 21 7 26 3 62 2 11 80 4. 297. 379. 451. 831 144 680 575 93 163 34 4 3 214 49 31 11 17 4 79 4 5 105 0. 283. 373. 372. 745 143 662 576 88 193 24 4 5 240 54 34 10 7 5 72 4 2 66 6. 335. 408. 417. 825 49 220 200 25 58 6 1 1 69 10 8 3 2 1 17 0 0 21 1. 290. 344. 345. 689 114 505 457 49 137 14 3 3 166 32 13 9 8 3 35 2 2 36 2. 300. 350. 363. 713 15 34 30 4 8 0 0 0 8 2 2 0 0 0 4 0 0 3 0. 267. 353. 267. 620 日本ハム 134 596 532 62 151 20 2 4 187 66 9 3 5 1 57 0 1 58 9. 284. 354. 352. 705 143 626 541 61 147 14 1 2 169 53 22 8 3 4 69 3 9 56 4. 272. 361. 312. 674 107 349 314 22 79 6 1 2 93 18 11 4 0 0 35 1 0 36 4. 252. 327. 296. 623 67 124 105 12 31 3 0 0 34 8 0 1 1 0 18 1 0 14 0. 295. 398. 324. 722 89 170 153 15 39 6 2 1 52 16 0 0 2 1 14 1 0 17 3. 255. 315. 340. 655 :18年 1619 6143 5319 696 1499 208 48 48 1947 486 203 83 179 31 565 19 49 769 41. 282. 354. 366. 720 :1年 15 34 30 4 8 0 0 0 8 2 2 0 0 0 4 0 0 3 0. 267. 353. 267. 620• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 内野守備 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2000 日本ハム - - 3 1 0 0 0 1. 000 - 2001 5 2 1 0 1 1. 000 21 12 31 3 5. 935 16 11 29 2 7. 952 - 2002 42 78 92 4 15. 977 - 12 8 21 4 5. 879 - 2003 42 68 84 2 24. 987 - 4 4 6 2 1. 833 - 2004 14 14 35 1 7. 980 - 3 1 4 0 2 1. 000 - 2005 2 2 6 0 0 1. 000 - 1 0 3 0 1 1. 000 - 2006 114 243 324 11 79. 981 - 1 0 0 0 0. 000 - 2007 144 309 434 10 97. 987 - - - 2008 144 322 455 9 82. 989 - - - 2009 144 325 467 9 87. 989 - - - 2010 143 343 473 17 122. 980 - - - 2011 49 127 150 5 23. 982 - - - 2012 114 260 343 11 62. 982 - - - 2015 123 269 362 10 69. 984 - - - 2016 142 315 476 10 95. 988 - - - 2017 65 113 143 5 26. 981 - - 7 57 3 1 5. 984 2018 40 33 64 0 11 1. 000 - - 1 1 0 0 0 1. 000 2019 2 1 6 0 1 1. 000 - - 9 41 2 0 2 1. 000 NPB 1329 2893 3915 104 801. 985 21 12 31 3 5. 935 40 25 63 8 16. 917 17 99 5 1 7. 990 外野守備 年 度 球 団 試 合 2005 日本ハム 3 6 0 0 0 1. 000 2006 4 8 0 0 0 1. 000 2013 SF 9 6 0 0 0 1. 000 NPB 7 14 0 0 0 1. 000 MLB 9 6 0 0 0 1. 000• 各年度の 太字はリーグ最高 表彰 [ ] NPB• :6回 (二塁手部門:2006年、2007年、2009年、2010年、2012年、2015年)• :5回 (二塁手部門:2006年 - 2010年)• :1回 (野手部門:2010年6月)• :1回 (2012年3・4月) 記録 [ ] NPB初記録• 初出場:2000年9月12日、対22回戦()、7回表にで出場• 初安打:2000年9月20日、対26回戦(東京ドーム)、9回裏にから左前安打• 初本塁打・初打点:2001年3月24日、対大阪近鉄バファローズ1回戦(東京ドーム)、9回裏にの代打で出場、から右越2ラン• 初先発出場:2001年3月25日、対大阪近鉄バファローズ2回戦(東京ドーム)、2番・で先発出場• 初盗塁:2002年5月4日、対7回戦(東京ドーム)、2回裏に二盗(投手:、捕手:) NPB節目の記録• 2008年8月27日の対千葉ロッテマリーンズ21回戦に第4打席でからを記録した以後、2010年4月6日の対東北楽天ゴールデンイーグルス1回戦に第3打席でから併殺打を記録するまで• シーズン全試合出場者による同記録達成者は史上2人目、パ・リーグ選手初(1969年の以来)• 出場:3回 (2008年、2010年、2012年) 背番号 [ ]• 3 (2000年 - 2012年、2015年 - 2019年)• 37 (2013年) 登場曲 [ ]• 「We Belong Together Remix 」Mariah Carey(2006年)• 「 feat. Kelly Rowland」Nelly(2006年、2008年)• 「Kung Fu Fighting」Bus Stop(2007年)• 「FUNKY TOWN」安室奈美恵(2007年)• 「Where The Hood At」DMX(2009年 - 2012年、2015年 - 2017年)• 「So What」P! nk(2019年) 注釈 [ ]• 一部スポーツ紙では誤って年俸と報じられたが、正しくは最低保証金額で、後述の通りマイナーでの月給やメジャーに昇格した場合の年俸は別となっていた。 脚注 [ ] []• 2002 ベースボール・レコード・ブック• 、2010年10月09日。 、2010年11月5日。 Sponichi Annex、 2011年11月3日。 - 毎日jp• 日刊スポーツ、2012年8月30日。 スポニチ、2012年11月6日。 日刊スポーツ、2012年11月6日。 日刊スポーツ、2012年10月6日。 日刊スポーツ、2012年11月7日。 報知新聞社. 2012年11月7日. の2013年9月4日時点におけるアーカイブ。 2013年9月4日閲覧。 MLB. com、2013年1月10日。 スポーツ報知、2013年1月29日。 スポーツ報知、2013年1月29日。 日刊スポーツ、2013年7月11日。 日刊スポーツ、2013年7月13日。 日刊スポーツ、2013年9月4日。 MLB. com• 日刊スポーツ、2014年7月21日。 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 2014年12月16日閲覧• (北海道日本ハムファイターズ2019年12月10日付ニュース)• を参照• 2020年5月18日閲覧。 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2010』アスペクトムック、2010年、262-263頁。。 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』白夜書房、2010年、88頁。。 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2008』アスペクトムック、2008年、264-265頁。。 菊地慶剛 Number Web、2013年7月8日。 SMR Baseball Lab• 2018年4月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、、、、、•

次の

【メジャーリーグ2020開幕いつ?】MLB放送/中継はDAZNとスカパー!大谷翔平、田中将大ら日本人選手を応援しよう! ※情報は随時更新します

田中 メジャー

日本人最高となる、 総額161億円・7年契約で ニューヨーク・ヤンキースへの入団が決まった 田中将大投手(25)。 161億円って、もう金額が大きすぎてよくわからない金額ですが、 ヤンキースが田中投手獲得のためにつぎ込んだお金は、その161億円だけではなく、総額にすると275億円にもなるのだとか。 そして、 161億円の中で田中投手に実際にわたる金額は68億円になるそうです。 この莫大なお金の内訳、ちょっと気になりますよね。 球団から約1千万円の家賃補助が出るそうですが、6800万円は自己負担。 7年で161億円、1年に換算すると23億円という年俸があるからこそこんな金額のマンションに住めるわけですが、実際に161億円が丸っと田中投手のものになるわけではありません。 巨額の年収には、当然 巨額の税金がかかってくるのです。 (以下引用) 「これほどの高額になると、税金が大変です。 国の所得税に当たる 連邦税が40パーセント、州税が9パーセント、市税が4パーセントなど、合計で総収入の半分、約85億円を税金として納めなければなりません。 他にも、 移籍交渉を手掛けた代理人には契約金の5パーセントにあたる約8億円を支払いますから、全て差し引くと 手元に残るのは約68億円という計算になります」(現地のジャーナリスト) (以上引用 女性自身) 68億円を7年で割ると、約 9億7千万円。 すごく減っちゃうんですね。 それでも10億円近いお金が手元に残るんですから、すごいことなんですが。 年俸の受け取り方法は? このお金、田中投手はどうやって受け取るのでしょうか。 (以下引用) 「田中選手への支払い方法はまだわかっていません」 と、これまで2000試合以上を取材したメジャーリーグ・アナリストの 古内義明氏が語る。 「 年12回払いも年24回払いもありますし、日本人なら25日がいいとか、自分のラッキーナンバーの日がいいとかさまざまです」 また、メジャーリーグ研究家の 友成那智氏曰く、 「 イチロー選手は、 年俸のうち500万ドルは5. 5%の利息を付けて引退後に受け取る契約をしていました。 田中選手も高額契約なので、同様の契約を結んでいる可能性が高い」 (以上引用 週刊新潮) 年俸の支払いって、割と融通がきくんですね。 もし年12回払いを選択したとすると、1回の支払いは8千万円前後ということになるでしょうか。 ちなみにイチロー選手の年俸の部分だけいきなりドルで書かれてるので分かりにくいですが、 田中投手の年俸がドルでいうと2200万ドルだそうです。 で、イチロー選手の年俸は、14年は 650万ドル。 いちばん年俸が高かった時期で、 5年で9千万ドル、1年に換算すると1800万ドルでした。 (参考 ) 若い! 野球選手は長くできる仕事ではないですから、一部を引退後に受け取るというのはなかなか賢いやり方に思えますね。 もし田中投手が今回の年俸の一部をイチロー選手のように後で受け取る契約にしたとすると、手元に入ってくる金額はもう少し少なくなることになります。 ヤンキースが田中将大のために使うお金 さて、今度はヤンキース側から見たお金の流れです。 田中投手には161億円の年俸を払うヤンキースですが、田中投手のために使うお金はそれだけではありません。 (以下引用) まず、 ポスティングの譲渡金2000万ドル(約21億円)を楽天イーグルスに支払う必要がある。 加えて、戦力不均衡是正のために課せられる「 ぜいたく税」をMLBに納付しなければならない。 こちらは マー君に支払う額の半額に相当する7750万ドル(約81億円)に上る。 (以上引用 週刊新潮) これだけでも102億円の追加。 これは、 万が一田中投手がケガなどで1球も投げられなかった場合の保険で、球団は200万ドル以上の選手にその保険を掛けるのだそうです。 (以下引用) 「たとえばレンジャーズは01年、 アレックス・ロドリゲス(現ヤンキース)と 10年2億5200万ドルの契約を結んだ際、900万ドルを払い、前半5年分の年俸の70%の保証を受ける保険に入りました。 田中の代理人の顧客でもあるヤンキースの1塁手・ タシェアラが故障した際も、 球団は年俸2250万ドルのうち1900万ドルを保険で賄っています」(かつてエンゼルス、マリナーズで活躍した長谷川滋利氏) (以上引用 週刊新潮) 田中投手の場合、単純に計算すると7年分で約12億円になるのだとか。 先の日本シリーズで160球投げるなど方に不安をもたれていますので、掛け金も割高のはず」(某全国紙デスク) (以上引用 週刊新潮) 譲渡金、ぜいたく税、保険料、そして年俸で合わせて275億円! 本当に莫大なお金が動いているんですね。 ノルマは22勝 それだけのお金をかけて獲得した田中投手ですから、当然球団がかける期待も大きいそうで、週刊文春には ノルマは最低22勝だと書かれていました。 (以下引用) 「 メジャーの契約は1勝100万ドルとも言われています。 田中の年俸を単純に考えると 年平均2200万ドル強で22勝が最低ノルマとなる。 ただ、 これほどの大型契約だと問題は数字ではなく、どういう場面でチームに貢献できたか。 数字と共にその内容も問われることになると思います」(メジャーリーグに詳しいスポーツ紙のベテラン記者) 「アメリカでは年俸の安い選手は、ほとんど結果責任を問われない。 しかし 高年俸の選手はその報酬に見合った結果を求められ、ダメなら激しいバッシングに晒される。 田中は1年目からこれまでの日本人選手が経験したことのない大きな重圧を背負ってマウンドに立つことになる」(同前) (以上引用 週刊文春) メジャーは気候が違ったり、ボールが違ったりして日本人は苦労することも多いとのこと。 田中投手は果たして期待通りの結果を残すことができるのでしょうか。 プレッシャーをはねのけて、期待通りどころか期待以上の結果を残してくれると信じて、応援したいですね。

次の

田中将大、アメリカ人記者があまりに的確な評価

田中 メジャー

5年連続2けた勝利はすでに、黒田と並ぶ日本人最多記録タイだった。 メジャー・デビューからの5年連続2けた勝利は日本人初である。 田中が凄いのは、「日本人」という枠を外した「メジャーリーグ」という枠組みの中でも、その記録が際立っている部分だ。 デビューから5年連続12勝以上。 メジャーリーグ・デビューから5年連続で12勝以上を記録した投手。 それは1950年以降、たったの5人しか存在しない。 トム・シーバー(1967年から1971年)、デニス・エカーズリー(1975年から1979年)、ドワイト・グッデン(1984年から1988年)、左腕アンディー・ペティット(1995年から1999年)、そして、2014年にデビューした田中の5人だ。 シーバーはメッツなどで活躍し、通算311勝を挙げて殿堂入りした名投手である。 エカーズリーはインディアンス時代に先発投手としてデビューしながら、アスレチックスの黄金期にはメジャー屈指の守護神となって通算197勝、390セーブを挙げ、やはり殿堂入りした名投手だ。 グッデンはメジャー2年目に24勝を挙げてサイヤング賞を獲得。 途中で薬物中毒(近年問題になっているパフォーマンス向上薬品ではなく、快楽系の薬物コカイン)や故障に悩まされて殿堂入りは逃したものの、一時代を築いた通算194勝投手である。

次の