里芋 レシピ 人気 一 位。 簡単うまい!いかと里芋の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

里芋レシピ 人気 1 位は煮物!つくれぽ4000人以上

里芋 レシピ 人気 一 位

白菜とツナのサラダ。 49秒のレシピ動画あり。 つくれぽ2000超えです。 味付けはオイスターソースやしょうゆなど。 豚の代わりにシーフードでもおいしい。 食材が安いものだけなのもいいですよね。 クックパッドのレシピ本「簡単!節約!満腹ごはん」、「煮物レシピ」に掲載。 43秒のレシピ動画あり。 野菜の苦手な子供にもおすすめ。 白菜、豚バラ、チンゲン菜で作る塩あんかけ。 野菜は炒め過ぎないのがポイント。 レシピ動画あり(19秒)。 フライパンで簡単。 材料をカットし、鍋で火を通し、味を調えて、器に移して黒こしょうして完成。 レシピ動画あり(51秒)。 15秒のレシピ動画あり。 煮込む前にフライパンで白菜をしっかり炒めるのがポイント。 しょうゆやオイスターソースなどで味付けします。 58秒のレシピ動画あり。 はじめにルーをレンジで作ってから、鍋でシチューを作っていきます。 そんな白菜と大根を使った和風のおかずです。 白菜とツナを使った鍋で作る簡単なレシピです。 フライパン1つでできるクリーム煮は子供も大好き。 柚子胡椒がポイントです。 19秒のレシピ動画あり。 シメはご飯と卵で雑炊がおすすめ。 寒い季節なら白菜たっぷりの鍋もいいですよね。 43秒のレシピ動画あり。 38秒のレシピ動画あり。 白菜の苦手な子供も餃子ならパクパクかも!59秒のレシピ動画あり。 レシピ動画あり(15秒)。 白菜と鶏むね肉の中華煮。 つくれぽ2000超えです。 辛さはコチュジャンか豆板醤で。 冷蔵庫の余りものを使ってもよさそう^^ まとめ 白菜レシピの人気1位と、クックパッドのつくれぽ1000以上の殿堂入りした白菜レシピだけを厳選してご紹介しました。 つくれぽの人気1位は白菜の簡単サラダでした。 絶品や簡単に作れる白菜料理がたくさんありましたね!これで丸ごと買っても大量消費できるから大丈夫^^ サラダ、スープ、副菜など。 ツナや豚肉と一緒の料理が特に人気でおすすめです。

次の

つくれぽ100丨けんちん汁人気レシピBEST10【殿堂入り】|クックパッドつくれぽ1000超えレシピまとめ

里芋 レシピ 人気 一 位

里芋レシピの人気ランキング!やっぱり煮物が人気? お馴染みの煮物、煮た里芋を使った人気のレシピをご紹介します。 【殿堂入り】順番が要! 簡単!里芋といかの煮物 柔らかなイカとほっくり里芋がたまりません!イカの出汁が出て良いお味です。 彩りにいんげんを加えて、またこんにゃくなどを加えてもボリュームアップになって良いですね! 【殿堂入り】里芋のウメ~ぇサラダ 旬の里芋を、梅の酸味でさわやかにいただける一品です。 本当にウメ~ぇのでリピート間違いなし!梅の酸味で疲労回復効果も期待できますよ! ねっとりホクホク 里芋のサラダ! マヨネーズでジャガイモを和えたポテトサラダはお馴染みですが、ねっとりした食感が楽しめる里芋とマヨネーズを和えた里芋サラダも絶品です。 鰹節がいいアクセントに! 里芋の甘辛ごま焼き 煮物だけじゃない!香ばしい炒りごまをまぶした里芋の揚げ焼きは、甘辛に仕上げているのでお子様も大喜び!ゴマには代謝を促進するセサミンが含まれていてダイエットにも最適です。 すごく綺麗にむけるので感動ものですよ!皮むきがあるから里芋料理は面倒だなあと思ってた方も、これからはこの方法でお試しくださいね。 里芋と挽き肉のあんかけ煮物 しっかりした味付けでごはんがすすみます。 冷凍里芋を使用、作り方も簡単なので忙しい時も助かります。 里芋は胃にもやさしく、消化を高めますのでメイン料理でたくさん食べたいですね。 ひき肉は鶏肉でも豚肉でもOK。 夕ご飯にぴったりですね。 里芋と挽肉の味噌炒め煮 高血圧&気管支 ほくほくの里芋と味噌のしっかりした味がたまりません!ジャガイモで代用しても美味しいです。 汁を煮詰めるのでお弁当にいれても良いですね。 大根と里芋のひき肉とろみ煮 大根と里芋は煮物にぴったりな具材ですよね。 多めに作っておくと、時間がない時でも便利です。 とろとろ&ひき肉との相性も良いので皆に喜ばれますよ。 アボカドと里芋のサラダ 柚子胡椒風味 アボカドと柚子胡椒を使ったおしゃれなサラダです。 ゆで卵とマヨネーズのクリーミーなこくがたまりません。 里芋がホクホクで美味しい!鰹節を3パックほど贅沢に使って全体にまぶすのがコツです。

次の

里芋レシピ!人気12選【つくれぽ1000越え】殿堂入りの1位は?

里芋 レシピ 人気 一 位

里芋といかの下ごしらえ いかは筒切りになったものを購入すればOKですが、自分でさばく場合はを参考にしてください。 胴の中をしっかり洗って、水気を切ったら皮ごと1㎝幅に切ります(エンペラ部分もすべて)。 また、げそは短い足にそろえるように長い足2本の先端を切り落とし、塩でこすって吸盤を落としたら2〜3本単位に切り分けます。 里芋は洗って土を落としたら、無理に形を整えようとせずに、里芋の形に添って、できるだけ薄く皮をむきます。 里芋の煮物の時は里芋の形をできるだけ残してたゴロっとした煮っ転がしにしましたが、いかと煮るときはどちらかというと 味が染みやすいよう、大きい里芋は迷わず2〜3等分にするくらいの気持ちで大きさをそろえるといいと思います。 軽く混ぜて調味料を溶かしたら、里芋を入れます。 里芋を入れてから中火にかけ、 煮汁が沸いたら、いかをすべて入れます(いかもはじめからじっくり煮てあげるのがポイントです!) いかを入れたら箸で軽くほぐし、アクが出てくるのですくい取ります。 また、20〜30分の間、いかをぐつぐつと煮れば、いかの繊維もほぐれて柔らかい食感になってくれます。 アクを取ったら落し蓋をして、火加減を少し弱めます。 煮汁がぐつぐつと煮立つくらいの火を保って、 15分ほど煮ます。 15分煮たら、落し蓋をはずして、煮汁を煮詰めていきます。 火加減はそのままで、さらに 煮汁を少し煮詰める気持ちで5〜10分ほど煮ます。 煮詰め加減がそのまま味の濃さにもつながるので、最後に味見をしてみて、好みの加減のところでストップするとよいと思います。 熱々の状態で煮汁ごと器に盛り付けて完成。 冷めても美味しいですし、翌日以降のより味が染みたものもまた美味しいです。 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 いかをはじめに数分煮て取り出し、煮汁が煮詰まったころに戻し入れる作り方もあります。 こうした作り方なら、いかはよりプリッとして、里芋は里芋らしい味わいに仕上がります。 白ごはん. comで紹介している作り方は、 もっと里芋もいかも、混然一体となった味わいの煮物です。 また、いかを加えるタイミングを変え、同時に作って比較したことが何度かありますが、 いかの硬さははじめからじっくり煮たほうがやわらかく感じるくらいでした(いかの繊維の感じは少し強まるけど、トータルの食べた感じではよりやわらかい感じ)。

次の