コカ コーラ オリンピック。 【Coke ONスタンプがもらえる】チーム コカ・コーラ オリンピック応援キャンペーンでオリジナルスタンプが抽選で当たる!2020年3月9日~9月30日

JOCオリンピック選手強化支援プログラム with コカ・コーラ

コカ コーラ オリンピック

御社はアムステルダム1928大会以降、オリンピックのスポンサーを1世紀近く務められてきました。 当初はアスリートの喉を潤す、そしてブランド認知を高めるという目的を掲げられていましたが、今やコカ・コーラは世界で知らない人がいないほどポピュラーな商品になりました。 にもかかわらず、オリンピックを意欲的にスポンサードされ続けている目的からお聞かせいただけますか? 「一般的には、スポンサー=ブランド認知と結び付けられがちですが、実はそれだけが目的ではありません。 むしろオリンピックは、多方向からビジネスに貢献できるというのが、大きなアセットになっています。 まず理念的なことで言いますと、我々はIOCが掲げているオリンピックの精神やスポーツの精神に共鳴していますし、目標に向かって全力で取り組み、平和でよりよい世界の構築に寄与するというIOCの価値に賛同しています。 当然、我々の製品を通じても、やはり皆さんにポジティブになっていただきたい。 そういう思いがあればこそ、IOCとパートナーシップを組んできました。 これは、そもそもの大前提になっています。 一方、ビジネスに関して言いますと、オリンピックは寄付ではないので、やはりセールスを上げていかなければならない。 そのためにオリンピック関連のプロモーションを行ったり、流通の皆様に満足してもらうための活動を行ったりしていますが、オリンピックは、消費者の方から見ても『距離感』が非常に近くなる。 オリンピックとW杯の位置づけは、どのように異なるのでしょうか? 「オリンピックを見ている層と、サッカーW杯を見ている層を徹底的に分析すると、ターゲットが異なっていることがわかります。 大会期間もそれぞれ異なりますので、やはり戦略や(お客様との)コミュニケーションの内容も変わってきます。 具体例を挙げましょう。 オリンピックの場合は、私が担当している東京2020オリンピック聖火リレーのようなキャンペーンも、全国をくまなく回りながら本番の4カ月前から実施されます。 そういう活動を通して、オリンピックのムーブメントを作っていくんですね。 一方、W杯ではトロフィーツアーなどを行いますが、(実施できる)日数には限りがあるので、日本では2、3カ所で展開する形になります。 そういう意味では、オリンピックの方が様々な製品を対象に、幅広くマーケティングを展開できるような印象を受けます。 「その解釈は正しいと思います。 まず我々の場合、大きなコンセプトや基本方針をアトランタにある本社のチームで考え、そのコンセプトを各国のマーケティング担当部門がローカライズしていく形になります。 この際には個々の国ごとに、どんなことをすればヒットするのかを考えていくわけですが、W杯の場合は『コカ・コーラ』というブランドでコミュニケーションを実施していました。 ここで提示されるのは、コカ・コーラという製品だけになります。 一方のオリンピックでは、まさに仰られたように、たくさんの方々が注目される関係上、やはり皆さんの飲みたい様々な製品が、いつでもどこでも手に入るというメリットをアピールしていきたいと思っています。 炭酸飲料のコカ・コーラのみならず、綾鷹という緑茶もあれば、スポーツ飲料のアクエリアス、『い・ろ・は・す』というお水、さらにはコーヒーのジョージアと、積極的にコミュニケーションを展開していく。 例えば(前回大会の)リオ2016オリンピックでは、『ザッツ・ゴールド・キャンペーン』が展開されました。 これは英語のニュアンス的には『金メダル級の動きだよね』というような意味ですが、日本語にそのまま訳してしまうと『それって金だよね』になってしまうので、今一つピンとこない。 現在、日本では50強のブランド、 800種類以上の製品が揃っています。 要はお茶でも、アメリカや海外で『ティー』と言うと『ブラックティー(紅茶)』しかありませんが、日本では紅茶だけではなく、もちろん緑茶もあります。 しかも綾鷹は特選茶の商品もあれば特保の製品、まろやか茶もある。 さらには緑茶以外にも、麦茶や烏龍茶が揃っていますし、紅茶花伝一つとっても様々な種類の製品や、ミルクティーまで揃っている。 これほど製品ラインナップが豊かな国は、コカ・コーラ全体の中でも日本だけです。 それを踏まえれば、日本の消費者のこだわりは非常に強いと言えると思います。 「我々には、年間10億ドル以上を売り上げている『ビリオンダラー・ブランド』と呼ばれる製品群があるんですが、その中には綾鷹、ジョージア、アクエリアスといった製品も入っている。 「ええ。 日本にはおいしい緑茶もあれば、天然水もある。 日本のコカ・コーラはいろんなことをやっているんだなと感じて帰国していただくのが、我々にとってのひとつのサクセスストーリーになるでしょうね。 あとはやはり、コーヒー飲料を缶で飲む習慣。 諸外国の人々にとっては、こういう日本発の利便性に触れることができる。 渡邉氏はこう断言した。 次回は日本コカ・コーラのスポーツビジネス戦略と、圧倒的なマーケットシェアの秘密について伺う。

次の

コカ・コーラにまつわる話 コカ・コーラとオリンピック: The Coca

コカ コーラ オリンピック

日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーとして、どなたでも参加できるアスリート応援キャンペーンを6月15日(月)から9月6日(日)の期間、全国で実施します。 2020年7月開幕予定だった東京2020オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大を受け、延期となりました。 日本でも全国に緊急事態宣言が発令され、自粛ムードの中、アスリートから発信されるSNSやニュースは、国民の希望となり励みとなりました。 そうしたアスリートを今度はわたしたちが応援すべく、長きに亘ってオリンピックパートナーを務めてきたコカ・コーラ社ならではのアスリート応援キャンペーンを立ち上げます。 コカ・コーラ社のアスリート応援キャンペーンの中心となるのは、東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手団への寄付プログラムで、コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」からどなたでも参加できます。 その貯まったポイントを東京2020オリンピック日本代表選手団、もしくは東京2020パラリンピック日本代表選手団から選んで寄付いただけます。 また、本キャンペーンのサポーターには、コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサーの北島康介氏や契約選手の熊谷紗希選手(サッカー女子)、大迫傑 すぐる 選手(マラソン)、西村詞音 ことね ・碧莉 あおり 姉妹(スケートボード)、上地結衣選手(車いすテニス)、中西麻耶選手(パラ走り幅跳び)の7名を迎え、アスリートへの応援を呼びかけていきます。 東京2020は、「スポーツには、世界と未来を変える力がある。 」というビジョンを掲げ、レガシーを未来へ継承することを目指しています。 オリンピックのパートナーとして最も長い歴史を誇るコカ・コーラ社として、東京2020が、コロナ禍にある世界の大きな希望となるよう尽力していきます。 その第一歩として、まずはオリンピック・パラリンピックの舞台で多くの人々に勇気や希望を与えてくれるアスリートたちを応援し、希望をつなぐ橋渡しをしていきます。 このプログラムは、コカ・コーラ公式スマートフォンアプリ「Coke ON」で貯められる「チーム コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」を使って、東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手団に寄付することで、アスリートを応援できるものです。 「チーム コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」1ポイントは1円として換算され、1ポイントもしくは5ポイントを東京2020オリンピック日本代表選手団か東京2020パラリンピック日本代表選手団から選んで寄付できます。 やり方は簡単で、2つの方法から「チーム コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」を貯められます。 本プログラムに参加し寄付していただいた方には、抽選で「チーム コカ・コーラ限定デザインのスピーカー付きワイヤレスイヤホン」(1万名様)、「Coke ONスタンプ」(合計150万個)が当たります。 詳細は、「Coke ON」アプリ内やチーム コカ・コーラ 東京2020公式サイト()をご参照ください。 集まった寄付額や寄付後の詳細レポートなどについては随時公開し、対象期間終了後の9月末に一括して寄付を行う予定です。 対象製品にあるマークをスキャンすると、1ポイント貯まります。 2,000万ダウンロードを達成した「Coke ON」アプリ 「Coke ON(コーク オン)」は、アプリ内でスタンプを15個貯めて1本分のドリンクチケットが獲得できる、おトクで便利なコカ・コーラの公式スマホアプリです。 ドリンクチケットは、コカ・コーラ社製品1本と無料で交換でき、お客様のお好きな製品を選ぶことができます。 2020年5月末時点で、2,000万ダウンロードを超え、全国36万台の「Coke ON」対応自販機でご利用いただけます。 対象製品の中には、販売状況により、「チーム コカ・コーラ オリンピック応援マーク」が掲載されていない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 Bluetoothでスマートフォンと連携させ、ワイヤレスイヤホンとしてご利用いただけるだけでなく、イヤホンを充電ボックスに入れると、ボックスをワイヤレススピーカーとしてお使いいただけます。 『Coke ON』スタンプ(合計150万個) 「Coke ON」スタンプを、抽選で合計150万個プレゼントします。 「Coke ON」スタンプは、15個貯めると無料ドリンクチケット1枚と交換できます。 ドリンクチケットは、「Coke ON」対応自販機でお好きなコカ・コーラ社製品と交換できます。 ・東京2020パラリンピック日本代表選手団を選んだ場合 日本パラリンピック委員会の加盟競技団体(夏季パラリンピック競技)へ寄付します。 事務局から日本パラリンピック委員会へ一括して寄付し、その後、各競技団体へ割り振ります。 ・東京2020オリンピック日本代表選手団(おまかせ)を選んだ場合 日本オリンピック委員会の加盟団体へ寄付します。 事務局から日本オリンピック委員会へ一括し、その後、各競技団体へ割り振ります。 ・東京2020オリンピック実施競技の35競技団体を選んだ場合 東京2020オリンピック実施競技の35競技団体の中から、競技団体を選んで寄付できます。 期間終了後に、事務局から日本オリンピック委員会へ一括して寄付を行います。 その後、寄付された金額に応じて、各競技団体へ割り振ります。 TVCMやデジタル・新聞広告で「#みんなで希望をつなごう」というハッシュタグでアスリート応援を呼びかけ、「Coke ON」アプリでは、彼らからのメッセージ動画がご覧いただけます。 コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサー 北島康介氏 Stay Home状況の中、私は自宅で適度なトレーニングをしていましたが、アスリートたちは普段使っている施設が使えなくなり、大変な思いをしていたかと思います。 来年のオリンピックに出場し、メダルを獲得して日本中、世界中の皆さまに元気を与えて欲しいと思います。 そして、皆さまからの応援がアスリートたちの希望になりますので、日本コカ・コーラのアスリート応援キャンペーンにご参加いただき、応援をよろしくお願いします。 熊谷紗希選手(サッカー女子) 今こそチーム一丸となって日本の力を見せつけたいと思います。 ここ数ヵ月なかなか練習もできない状況でしたが、こういうときだからこそ強い気持ちを持って、来年の東京2020に向けて練習に取り組みたいと思います。 皆さま、応援お願いします! 大迫傑選手(マラソン) オリンピックが来年に延期になりましたが、1年余分に強くなれる時間をもらったと思い、毎日練習に励んでいます。 世界中で大変な状況が続く中、東京2020が盛り上がれば多くの方の希望に繋がると思います。 すべての選手がその舞台で力を発揮できるよう、日本コカ・コーラのアスリート応援キャンペーンにご参加ください。 西村詞音選手(スケートボード) 1人ひとりがお互いに支えあうことで、大きなパワーが生まれます。 東京2020オリンピックは来年に延期になりました。 ますます大きなパワーが必要となりますので、これからもチーム コカ・コーラへ応援よろしくお願いいたします。 西村碧莉選手(スケートボード) 前向きな気持ちを持ち続ければ、素敵な未来につながると思います!まだまだ自粛ムードではありますが、来年の東京2020に向けて、私も引き続き前向きに練習していきますので、サポートお願いいたします! 上地結衣選手(車いすテニス) みんなで希望を持ち続ければ、どんな困難でも乗り越えられると信じています。 早くコートで皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。 それまでできることをできるだけ頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。 中西麻耶選手(パラ走り幅跳び) 自分の目指す場所へたどり着くためにはつらい道を避けず進んでいかなければなりません。 どんな困難な道でも現実を受け入れて一緒に乗り越えていきましょう。 本TVCMには、コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサーの北島康介氏、弊社契約選手の熊谷紗希選手(サッカー女子)、大迫傑選手(マラソン)、上地結衣選手(車いすテニス)、中西麻耶選手(パラ走り幅跳び)の5名が出演。 各選手がそれぞれの競技に懸命に打ち込む姿を追いながら、「みんなで希望をつなごう。 さあ、ともに前へ」と、アスリートへの応援を呼びかけます。 それ以来、コカ・コーラ社は、オリンピックが世界で注目度が高く、意義あるスポーツイベントへと発展する過程をともに歩み、支援してきました。 現在コカ・コーラ社は、IOCのワールドワイドパートナーで、オリンピックを支援してから92年となります。 ミュンヘン1972大会では、初めて「公式清涼飲料」の協賛企業として認定。 また、カルガリー1988冬季大会では、初めて「コカ・コーラ オリンピック ピントレーディングセンター」を開設し、それ以降大会ごとに趣向を凝らしたピン交換が言葉や文化を超えた交流として楽しめるようになりました。 その他にも、オリンピックを目指してトレーニングに励む多くの選手やオリンピック参加選手などに対する援助を行いながら、大会運営も支援しています。 こうして90年以上もの間、コカ・コーラ社は、大会拡大や選手育成をはじめ、ピントレーディングやオリンピック聖火リレーなど、数々の特別な体験を提供し、オリンピックで繰り広げられる感動と興奮を世界中に届けてきました。 2021年に向けてコカ・コーラ社は、オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナー、そして東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーとして、東京2020を日本と世界にとってこれまで以上に忘れられない特別な大会にできるよう取り組んでいきます。

次の

コカ・コーラ社製品を飲んで、アスリートを応援しよう!みんなの応援がアスリートの希望になるキャンペーン 日本代表選手団への寄付プログラム 6月15日(月)から9月6日(日)まで全国で実施|日本コカ・コーラ株式会社のプレスリリース

コカ コーラ オリンピック

7月の開幕に向け、オリンピックに出場するスポーツ選手が決まったり、3月にはオリンピック聖火リレーがスタートしたり、ますます東京2020オリンピックへの熱が高まってきます。 その熱量をさらに盛り上げるべく、「コカ・コーラ」 東京2020オリンピック デザインボトルとして、「コカ・コーラ」東京2020オリンピック 競技デザイン、「コカ・コーラ」 東京2020 オリジナル リストバンドボトル、そして「コカ・コーラ」2020限定 スリムボトルの3種を同時発売します。 「コカ・コーラ」東京2020オリンピック 競技デザインボトルは、「コカ・コーラ」オリジナルのオリンピック全33競技がデザインされたボトルで、スーパーマーケット、コンビニエンストアなどでお買い求めいただけます。 また、「コカ・コーラ」 東京2020 オリジナル リストバンドボトルは、日本で初めてラベルを切り取ってリストバンドにできる画期的なもので、コカ・コーラ社の自動販売機で限定発売となります。 いずれも、ラベルの二次元コードやバーコードを読み取ると、東京2020オリンピックがますます楽しみになる「コカ・コーラ」ならではのオリジナルグッズが当たる特別なボトルになります。 さらに、発売日となる3月9日(月)からは、CMやOOHなど全国で大型キャンペーンが開始します。 この春は、「コカ・コーラ」を飲んで、家族や友人と一緒に東京2020オリンピックをさらに盛り上げていきましょう。 また、「コカ・コーラ」東京2020オリンピック 競技デザインを飲んでスマートフォンから二次元コードを読み取ってキャンペーンサイトから応募いただくと、その場で25,000名様に「コカ・コーラ」オリジナルピンズ3個セット(全25種類)が当たります。 TwitterなどのSNSでシェアするともう1回応募できるチャンス付きとなります。 このラベルは、2015年に日本で初登場したラベルがリボンに早変わりする「コカ・コーラ」リボンボトルに続く画期的なラベルで、東京2020オリンピックをモチーフにした9種類のデザインを用意しました。 日本全国を巡るオリンピック聖火リレーや開幕までのカウントダウンなど東京2020オリンピックの機運が高まるタイミングに、「コカ・コーラ」 東京2020 オリジナル リストバンドボトルのラベルから切り取ったリストバンドを着用することで、家族や友人らと一体となって盛り上がり、お楽しみいただけるアイテムです。 また、期間中、「コカ・コーラ」 東京2020 オリジナル リストバンドボトルを購入すると応募・参加できるキャンペーンをふたつ実施します。 ひとつめは、コカ・コーラ公式スマートフォンアプリ「Coke ON」のカメラで、ラベル裏面に記載しているバーコードをスキャンすると、1ポイント貯まり、1ポイントにつき1回、キャンペーンに応募することができるものです。 その場で5,000名様に「コカ・コーラ」オリジナルのキャッシュレス決済機能付きリストバンド(1000円付)が当たります。 また、ハズレても「Coke ON」アプリで貯められる「コカ・コーラ」限定オリジナルスタンプを差し上げます。 指定の場所は、3月26日(木)から開始される東京2020オリンピック聖火リレーのセレブレーション(各日最終聖火ランナーの到着時に、聖火到着を祝うイベント)会場内の「コカ・コーラ」ブースと、スポーツ店です。 東京2020オリンピック聖火リレーのセレブレーション会場では、各会場の都道府県名と日付が印刷された「コカ・コーラ オリジナル 東京2020オリンピック聖火リレー記念リストバンド」を先着100名様に差し上げます。 また、スポーツ店では、「コカ・コーラ|アシックス オリジナルデザインリストバンド」を先着3万名様に差し上げます。 TOKYO 2020の文字とオリンピックを象徴したデザインを全体にほどこした限定ボトルが東京2020オリンピックの開催を盛り上げ、4年に1度にふさわしい特別なひとときをお届けします。 「コカ・コーラ」スリムボトルは250mlの飲みきりサイズで、アルミニウム素材のキンキンに冷たい感触と、「コカ・コーラ」の象徴であるコンツアーボトル(ガラス製ボトル)を受け継いだスタイリッシュな形状で、格別な飲み心地を提供するプレミアムパッケージです。 公式サイト : Twitter : Facebook : LINE : Instagram :.

次の