だからもう会えないやごめんね 歌詞。 Wacciの【別の人の彼女になったよ】っていう曲の歌詞を教えて...

wacci 別の人の彼女になったよ

だからもう会えないやごめんね 歌詞

カテゴリ• 別の人の彼女になったよ 今度はあなたみたいに 一緒にフェスで大はしゃぎとかはしないタイプだけど 余裕があって大人で 本当に優しくしてくれるの 別の人の彼女になったよ 今度はあなたみたいに 映画見てても私より泣いてることなんてないし どんなことにも詳しくて 本当に尊敬できる人なの キスや態度だけで 終わらせたりせずに ちゃんと「好きだ」という 言葉でくれるの 怒鳴りあいはおろか 口喧嘩もなくて むしろ怒るとこが どこにもないの だからもう会えないや ごめんね だからもう会えないや ごめんね あなたも早くなってね 別の人の彼氏に 別の人の彼女になったよ あなたの時みたいに すっぴんだって笑っていられる私ではなくて 一生懸命お洒落して なるべくちゃんとしてるの 別の人の彼女になったよ あなたの時みたいに 大きな声で愚痴を言うような私ではなくて それをすると少しだけ 叱られてしまうから 夢や希望とかを 語ることを嫌って ちゃんと現実をね 見つめていて 正しいことだけしか 言わないから ずっとさらけ出せず おとなしくしてるの だからもう会えないや ごめんね だからもう会えないや ごめんね あなたも早くなってね だけど私はズルいから だからもう会いたいや ごめんね だからもう会いたいな ずるいね あなたも早くなってね 別の人の彼氏に 私が電話をしちゃう前に 目次• はじめに 『別の人の彼女になったよ』とは2018年8月22日リリース及びショートバージョン配信された楽曲です。 2019年3月17日フルバージョン配信され半年以上経過しても未だ人気を伸ばしている注目のナンバーです。 考察サイトや動画コメントが豊富でありファンの間でもさまざまな見解が飛び交っている、言い換えれば物議を醸しだした作品でもあります。 恋愛においてのタブーである「一途さの欠如」「不純さ」を包含したような意見を多数目にし、実際歌詞の内容にもそのような表現が見られています。 それでも半数以上のコメントがタイトルのわりに感動的であることや過去を振り返ることは自然であるとの評価となっています。 芽生さん演じる主人公の女性は藤江琢磨さん演じる男性と交際していました。 交際中の二人は旅行に食事に触れ合いなど幸せを満喫していました。 しかしMVでは別の男性が登場してきます。 そしてMV最後では交際していた二人がデートの帰りに別々の道を歩む、さらに 女性は携帯を切ない表情を浮かべて握りしめるという意味深なシーンがありまし た。 二人の恋にどのような変化が生じたのでしょうか。 また別の人との絡みがどんな仕方で影響してくるのでしょうか。 さっそく歌詞の考察をはじめていくことにいたしましょう。 タイトル『別の人の彼女になったよ』とは 多くのファンやリスナーにさまざまな種類の衝撃を与え賛否両論を 引き起こしてしまったタイトルです。 文字通り解釈するのであれば「別の男性を好きになり交際した」と いうことになりますね。 忘れられない恋愛より 自分のための恋愛を選んだ人の 少しだけ後ろを振り返る歌です。 前の彼氏はこういう人。 今の彼氏はこういう人。 書いたのはそれだけ。 最後は少し気持ちを吐露してますが、 このシチュエーションの奥にある心理描写は あなたに委ねます。 wacci初の、女性目線で描いた一曲。 是非聞いてみてください。 youtube. しかし現状「幸せ」とは呼べないようで「元彼」を懐かしく思い出して 現在の彼氏と比較してしまうのでしょう。 心理描写はあなたに委ねるというコメントからもこうした気持ちになる 方がとても多いこと、そしてそのような気持ちを当人を代表して語りた くはないという心情が伝わってくるのではないでしょうか。 人は十人十色であるように気持ちの種類も無限大でしょう。 それを一人の人間が特定のものに限定するのは難しいことでしょうね。 前述で賛否両論と記載しましたが具体的に動画コメント欄では「女性目 線の気持ちを押しつけている」「まっすぐな歌詞を歌ってきたwacciら しくない」などの意見が見られています。 それでも筆者は歌詞の自然さや純粋さが曲全体のイメージとなっている と思いました。 恋愛経験者であれば誰しもが抱く感情を忠実に再現した歌詞であると強 く感じました。 なぜ「今の彼氏」「新しい彼氏」という言葉を使用しないので しょうか。 現在の彼氏になんらかの不満があるのかもしれません。 この点については後ほど詳しく取り上げたいと思います。 さて彼女は現在の彼氏の長所について述べています。 フェスという興奮し盛り上がらずにはいられないシーンでも「は しゃいだりしない」冷静沈着な男性像が浮かんできます。 「余裕があり優しい」という点から包容力があるようです。 上記の点を裏付けるかのようにさらに歌詞は現在の彼の特徴を綴っ ていきます。 「映画を見ても泣かない」とあり感情をあまり表に出さないのです。 どんなことにも詳しく尊敬できる大人な存在なのです。 「あなたみたいに」というフレーズから彼氏の長所は元彼との比較 であるということが読み取れると思います。 元彼はMVの若く垢抜けた男性であり子供っぽくどちらかと言えば世 間知らずで頼りない男性だったのかもしれません(結構言った 笑) 彼は感動的な映画を見ると決まって彼女より泣いてしまう情に脆い タイプだと理解できます。 しっかり「好きだ」と恥ずかしがらずに伝えてくれます。 元彼はその場の雰囲気で誤魔化したり押し通したりする 子供っぽさや強引さがあったのかもしれません。 元彼とはよく些細なことで喧嘩になってしまい怒鳴ると いう感情を爆発させることも何度かあったようです。 そのたびにお互いを尊敬することはなく子供っぽさの残 る恋愛だと評価していたのでしょう。 しかし今の彼との恋愛はまるで別物です。 喧嘩はおろか気に入らない点が見当たらず彼女のすべて を包み込み許容してくれるように感じていました。 ですからもう元彼に逢うことはできません。 過去の恋愛を忘れ今の恋愛に集中したいと願っています。 今の彼女の心境は子供の頃、決して手に入らなかったブラ ンド商品を入手して自分が輝いて見えていました。 大きく背伸びをして大人の男性との恋愛を満喫していました。 心境の変化は徐々に違和感へと形をゆっくり変えていったのです。 「すっぴんで笑っていられない」のは大人な彼氏と釣り合うこと で必死になっていることを描写しているように思えます。 またMVでは今の彼が都会の第一線の会社で働いており彼女もそれ を支える立場にあることを感じさせるシーンがありました。 社会的立場や住んでいる場所を考慮しても「すっぴん」ではいられ なかったと結論することができます。 さらに違和感はやがて不満へと変化していきました。 「愚痴や夢」を語ることもできない冷めた環境になっていたのです。 現実を見据える大人が犠牲にするものが彼女にとっては酷くかけがえ のないものに思え、その行為に理解を示すことができませんでした。 背伸びして手に入れたブランド品のような大人の恋愛は彼女にフィッ トしませんでした。 背伸びした足の指先は徐々に疲れ初め、そして痛みを生じさせました。 彼女も元彼の恋愛を投げ売り大人の恋愛を選びました。 それでもまだ子供であった自分には大人の恋愛はサイズ 感が合わず着心地が良いものではありませんでした。 大人の彼と肩を並べて歩くには常に「良く魅せる」必要 があったので彼女は疲れてきました。 あるとき彼女の脳裏にはズルい考えが浮かんできます。 そう、元彼の長所を思い返しそれを欲しがりました。 先が見えた良くも悪くも代わり映えの無い元彼との恋愛 が長年後にした実家のように懐かしく思えたのです。 気を抜けば元彼に電話をかけて今の彼の愚痴をたくさん 吐き出したいと思っています。 それでも自分のズルさにもあきれ果て、そんな権利はも う自分にはないのだと悟ったようです。 MVでも元彼に電話をかけようとして思い留まるシーンが ありました。 今の彼女が大人になるか今の彼氏が歩み寄るかしない限り 彼女の気持ちはこれからもずっと揺れ動いていくのです。 決して前進しない前後に動くことしかできない揺りかごの ように、過去と現在を交互に振り返りながら。 まとめ 複数の恋愛経験を持つ方であれば「比較」は避けられない のかもしれません。 それでも現在の相手にとって比較はたいへん傷つける行為 になってしまう場合があります。 相手に悟られないように過去を回想し長所や短所を探して 懐かしんだり羨んだりする気持ちが歌詞の中でリアルに表 現されていましたね。 筆者の個人的な意見ですが「比較」は時として大切ですが 消極的な比較が癖づくと「満足できない」性格へと発展す る危険性も感じました。 常に相手の長所に焦点を合わせ短所が背景としてぼやける ような見方を持てたら幸せな日々を過ごせそうですよね。 wacciさんの今後の活動と次回作にも期待し注目していき たいと思います。

次の

別の人の彼女になったよ 鈴木愛理 歌詞情報

だからもう会えないやごめんね 歌詞

独り言なのか、別れた彼氏への言い訳なのか、一人語りのような歌詞に冒頭から引き込まれる。 どうやら彼女は彼氏を振り、新しい人と恋を楽しんでいるようだ。 フェスの話は、音楽好きなカップルを想像でき、登場人物の設定が手に取るように分かる。 彼女の言葉から分かるのは、とても大人で素敵な男性である、ということだ。 こんな話を聞かされたら、未練たらたらの元彼は涙を堪えきれないだろう。 大きな敗北感を味わう、なかなか男性目線では辛い歌詞が続く。 それが原因で別れたのかは不明だが、「愛している」と言葉で言ってもらえることに、彼女は幸せを感じているのだ。 この点でも、元彼に勝ち目はない。 もしもこんなことを元彼が聞いたら、過去の過ちを後悔すると共に、今の彼氏に激しい嫉妬心を抱くことだろう。 別れてもなんだかんだ理由を付けては会っているカップルもいるだろう中、彼氏ができたからもう会えないと、わざわざ伝えている。 元彼がしつこく迫っている可能性もゼロではないが、彼女自身、元彼に想いが残っているから謝っているのだろう。 そして、もう悲しい思いをしないよう、早く新しい人を見つけて欲しいと切に願っている。 優しい心の持ち主なのだ。 元彼はここでも、惜しい人を手放したと後悔するに違いない。 大人で優しく、しっかりと愛をくれる彼氏は、きちんとした人で、愚痴を許さない人。 人間としてとても完成されているからこそ、彼女は気を抜くことなくお洒落をして、ちゃんとした彼女を演じているのだ。 そして、彼氏の前では昔のように、愚痴をこぼすこともできない。 元彼の前ではメイクもせず、文句も自由に吐き出していた彼女。 それはそれで、とても居心地のよい空間だったはずだ。 しかし、「別の人の彼女」になれば、キャラクターを変えなくてはならないこともある。 ぐっと堪えておとなしく、叱られないように、嫌われないようにしている姿は、萎縮しているようにも見えて痛々しい。 ふとした瞬間にこぼれる彼氏への不満に、元彼への愛情がにじみ出していて切ない場面だ。 本当は会いたくて堪らない 彼氏ができるまでの間、元彼と何となく会ってしまうことはあるだろう。 互いに足りないものを補い合う関係は、居心地はよくてもいつかは終わるもの。 彼女は新しい彼氏を見つけて、幸せに向かって前向きに進んでいると思いきや、そうでもないようだ。 別れたことを後悔しているのかもしれない。 愛情を注ぎ、大人の魅力を放つ新しい彼氏は、人間性という点で彼女とは合っていないようにみえる。 彼女自身、自分が背伸びしていることを感じているからこそ、独り言のようにして元彼に想いを馳せてしまうのだ。 そんな自分のずるさを自覚しながらも、気持ちは止められないから、何とか歯止めをかけようとして、早く彼女を作って欲しいと懇願している。 本当は、復縁したいのに。 本当は、まだ好きなのに。 「私が電話をしちゃう前に」という言葉が強烈だ。 この楽曲を聴いた人は皆、最後のパワーワードに撃ち抜かれることだろう。 たった一言の本音がとてつもない吸引力を持った、wacciの名曲といえる。 男性でありながら女心に寄り添った歌詞を放つ橋口のセンスに脱帽だ。 リアルすぎて泣ける 配信から1年近くが経ってもなお、人気を保ち続ける『別の人の彼女になったよ』。 その秘密は、あまりにもリアルすぎるカップル像や、失恋した人なら誰しも胸に抱いたことのある想いを描いた汎用性にある。 誰でも共感できる歌詞は、結局のところ、多くの人間に刺さるのだ。 ワガママといってしまえばそれまでだが、彼女が元彼に抱く感情は、女性ならば痛いほど分かるもの。 シンプルかつ聴いた人みんなが共感できるテーマだからこそ、ここまで高い人気を誇るのだ。 今の彼氏の前で背伸びをして、「私、幸せだよね?」と言い聞かせる彼女の痛々しさと、ずるいと認めながら、元彼に会いたいと言ってしまう素直。 女性は共感、男性は胸キュンが止まらない、至高のラブソングといえる。 TEXT 岡野ケイ.

次の

別の人の彼女になったよ

だからもう会えないやごめんね 歌詞

カテゴリ• 別の人の彼女になったよ 今度はあなたみたいに 一緒にフェスで大はしゃぎとかはしないタイプだけど 余裕があって大人で 本当に優しくしてくれるの 別の人の彼女になったよ 今度はあなたみたいに 映画見てても私より泣いてることなんてないし どんなことにも詳しくて 本当に尊敬できる人なの キスや態度だけで 終わらせたりせずに ちゃんと「好きだ」という 言葉でくれるの 怒鳴りあいはおろか 口喧嘩もなくて むしろ怒るとこが どこにもないの だからもう会えないや ごめんね だからもう会えないや ごめんね あなたも早くなってね 別の人の彼氏に 別の人の彼女になったよ あなたの時みたいに すっぴんだって笑っていられる私ではなくて 一生懸命お洒落して なるべくちゃんとしてるの 別の人の彼女になったよ あなたの時みたいに 大きな声で愚痴を言うような私ではなくて それをすると少しだけ 叱られてしまうから 夢や希望とかを 語ることを嫌って ちゃんと現実をね 見つめていて 正しいことだけしか 言わないから ずっとさらけ出せず おとなしくしてるの だからもう会えないや ごめんね だからもう会えないや ごめんね あなたも早くなってね だけど私はズルいから だからもう会いたいや ごめんね だからもう会いたいな ずるいね あなたも早くなってね 別の人の彼氏に 私が電話をしちゃう前に 目次• はじめに 『別の人の彼女になったよ』とは2018年8月22日リリース及びショートバージョン配信された楽曲です。 2019年3月17日フルバージョン配信され半年以上経過しても未だ人気を伸ばしている注目のナンバーです。 考察サイトや動画コメントが豊富でありファンの間でもさまざまな見解が飛び交っている、言い換えれば物議を醸しだした作品でもあります。 恋愛においてのタブーである「一途さの欠如」「不純さ」を包含したような意見を多数目にし、実際歌詞の内容にもそのような表現が見られています。 それでも半数以上のコメントがタイトルのわりに感動的であることや過去を振り返ることは自然であるとの評価となっています。 芽生さん演じる主人公の女性は藤江琢磨さん演じる男性と交際していました。 交際中の二人は旅行に食事に触れ合いなど幸せを満喫していました。 しかしMVでは別の男性が登場してきます。 そしてMV最後では交際していた二人がデートの帰りに別々の道を歩む、さらに 女性は携帯を切ない表情を浮かべて握りしめるという意味深なシーンがありまし た。 二人の恋にどのような変化が生じたのでしょうか。 また別の人との絡みがどんな仕方で影響してくるのでしょうか。 さっそく歌詞の考察をはじめていくことにいたしましょう。 タイトル『別の人の彼女になったよ』とは 多くのファンやリスナーにさまざまな種類の衝撃を与え賛否両論を 引き起こしてしまったタイトルです。 文字通り解釈するのであれば「別の男性を好きになり交際した」と いうことになりますね。 忘れられない恋愛より 自分のための恋愛を選んだ人の 少しだけ後ろを振り返る歌です。 前の彼氏はこういう人。 今の彼氏はこういう人。 書いたのはそれだけ。 最後は少し気持ちを吐露してますが、 このシチュエーションの奥にある心理描写は あなたに委ねます。 wacci初の、女性目線で描いた一曲。 是非聞いてみてください。 youtube. しかし現状「幸せ」とは呼べないようで「元彼」を懐かしく思い出して 現在の彼氏と比較してしまうのでしょう。 心理描写はあなたに委ねるというコメントからもこうした気持ちになる 方がとても多いこと、そしてそのような気持ちを当人を代表して語りた くはないという心情が伝わってくるのではないでしょうか。 人は十人十色であるように気持ちの種類も無限大でしょう。 それを一人の人間が特定のものに限定するのは難しいことでしょうね。 前述で賛否両論と記載しましたが具体的に動画コメント欄では「女性目 線の気持ちを押しつけている」「まっすぐな歌詞を歌ってきたwacciら しくない」などの意見が見られています。 それでも筆者は歌詞の自然さや純粋さが曲全体のイメージとなっている と思いました。 恋愛経験者であれば誰しもが抱く感情を忠実に再現した歌詞であると強 く感じました。 なぜ「今の彼氏」「新しい彼氏」という言葉を使用しないので しょうか。 現在の彼氏になんらかの不満があるのかもしれません。 この点については後ほど詳しく取り上げたいと思います。 さて彼女は現在の彼氏の長所について述べています。 フェスという興奮し盛り上がらずにはいられないシーンでも「は しゃいだりしない」冷静沈着な男性像が浮かんできます。 「余裕があり優しい」という点から包容力があるようです。 上記の点を裏付けるかのようにさらに歌詞は現在の彼の特徴を綴っ ていきます。 「映画を見ても泣かない」とあり感情をあまり表に出さないのです。 どんなことにも詳しく尊敬できる大人な存在なのです。 「あなたみたいに」というフレーズから彼氏の長所は元彼との比較 であるということが読み取れると思います。 元彼はMVの若く垢抜けた男性であり子供っぽくどちらかと言えば世 間知らずで頼りない男性だったのかもしれません(結構言った 笑) 彼は感動的な映画を見ると決まって彼女より泣いてしまう情に脆い タイプだと理解できます。 しっかり「好きだ」と恥ずかしがらずに伝えてくれます。 元彼はその場の雰囲気で誤魔化したり押し通したりする 子供っぽさや強引さがあったのかもしれません。 元彼とはよく些細なことで喧嘩になってしまい怒鳴ると いう感情を爆発させることも何度かあったようです。 そのたびにお互いを尊敬することはなく子供っぽさの残 る恋愛だと評価していたのでしょう。 しかし今の彼との恋愛はまるで別物です。 喧嘩はおろか気に入らない点が見当たらず彼女のすべて を包み込み許容してくれるように感じていました。 ですからもう元彼に逢うことはできません。 過去の恋愛を忘れ今の恋愛に集中したいと願っています。 今の彼女の心境は子供の頃、決して手に入らなかったブラ ンド商品を入手して自分が輝いて見えていました。 大きく背伸びをして大人の男性との恋愛を満喫していました。 心境の変化は徐々に違和感へと形をゆっくり変えていったのです。 「すっぴんで笑っていられない」のは大人な彼氏と釣り合うこと で必死になっていることを描写しているように思えます。 またMVでは今の彼が都会の第一線の会社で働いており彼女もそれ を支える立場にあることを感じさせるシーンがありました。 社会的立場や住んでいる場所を考慮しても「すっぴん」ではいられ なかったと結論することができます。 さらに違和感はやがて不満へと変化していきました。 「愚痴や夢」を語ることもできない冷めた環境になっていたのです。 現実を見据える大人が犠牲にするものが彼女にとっては酷くかけがえ のないものに思え、その行為に理解を示すことができませんでした。 背伸びして手に入れたブランド品のような大人の恋愛は彼女にフィッ トしませんでした。 背伸びした足の指先は徐々に疲れ初め、そして痛みを生じさせました。 彼女も元彼の恋愛を投げ売り大人の恋愛を選びました。 それでもまだ子供であった自分には大人の恋愛はサイズ 感が合わず着心地が良いものではありませんでした。 大人の彼と肩を並べて歩くには常に「良く魅せる」必要 があったので彼女は疲れてきました。 あるとき彼女の脳裏にはズルい考えが浮かんできます。 そう、元彼の長所を思い返しそれを欲しがりました。 先が見えた良くも悪くも代わり映えの無い元彼との恋愛 が長年後にした実家のように懐かしく思えたのです。 気を抜けば元彼に電話をかけて今の彼の愚痴をたくさん 吐き出したいと思っています。 それでも自分のズルさにもあきれ果て、そんな権利はも う自分にはないのだと悟ったようです。 MVでも元彼に電話をかけようとして思い留まるシーンが ありました。 今の彼女が大人になるか今の彼氏が歩み寄るかしない限り 彼女の気持ちはこれからもずっと揺れ動いていくのです。 決して前進しない前後に動くことしかできない揺りかごの ように、過去と現在を交互に振り返りながら。 まとめ 複数の恋愛経験を持つ方であれば「比較」は避けられない のかもしれません。 それでも現在の相手にとって比較はたいへん傷つける行為 になってしまう場合があります。 相手に悟られないように過去を回想し長所や短所を探して 懐かしんだり羨んだりする気持ちが歌詞の中でリアルに表 現されていましたね。 筆者の個人的な意見ですが「比較」は時として大切ですが 消極的な比較が癖づくと「満足できない」性格へと発展す る危険性も感じました。 常に相手の長所に焦点を合わせ短所が背景としてぼやける ような見方を持てたら幸せな日々を過ごせそうですよね。 wacciさんの今後の活動と次回作にも期待し注目していき たいと思います。

次の