ひるがの高原キャンプ場 事件。 シリーズ【真相の発掘】#4 岐阜県ひるがの高原キャンプ場女児行方不明事件 : 気になる事件

実在事件ファイル

ひるがの高原キャンプ場 事件

今回紹介するネタの答えは下村まなみちゃん! それは、今から7年前に 発生された行方不明未解決 事件として記録に残されているとか。 一体、当時小学5年生で 10歳に何が起きたのか迫ります。 この子は、2009年7月24日時点まで 「愛知県常滑市」で生活されていた 小学5年生でした! 学校名は常滑西小学校であります。 当時の年齢は10歳となります。 場所は西方向に位置して降り 地多半島という島の一部の 中央部に存在する地域です。 西側には海が面しており 三重県で有名な伊勢湾と繋がっており ここは海上埋立地で中部国際空港が存在する あの有名な近くである。 果たして、こんな綺麗な海沿いで どんな悲惨な事件が 彼女に待ち受けていたのか? 行方不明未解決事件の真相とは! この下村まなみちゃんの真相の発端は 2009年7月24日金曜日の午前7時30分頃に 岐阜県郡上市 高鷲. たかす 町の 「ひるがの高原キャンプ場」付近で 発生した事件が原点となっているみたいです! 実際にキャンプ場へ着いた 小学5年の全児童85名と下村まなみちゃん 当時10歳 は 校長と教員数名らと 23日から3日間の予定の泊まる という日程が決定していました。 そして最大のテーマは4人1グループで 決められた範囲内の遊歩道を散策され 植物や生き物など自然と触れ合う事が 最大のテーマでありました。 しかし、突然 全学年と教員の先生ら全員に 不安の悲劇が襲い掛かってしまいました! それが「 行方不明」!? どうやら、まなみちゃんは 3人の同級生らと、肝試しコースを 下見途中に謝って 他の子供たちが、見守っていなかった 影響で、勝手に決められていない コースへ迷い込んでしまったのでしょうか。 そして、その後はグループの 児童が教員らに助けを求めた事で この日は予定を変更され 数時間は全児童で捜索活動となり 夜までに見つからなかったことで 警察や消防など大規模な捜索となりました。 しかし、この日も見つからなかった事で 正式に行方不明事件を視野に 25日時点で5年生の野外活動は中止が発表されたとか。 その後、警察や消防は 最後に目撃された証拠人の証言として 当時49歳の「澤田広彰校長」から聞く事になります。 その発言された理由は 午前8時過ぎ直前に3人と本人は指定された 遊歩道の林道カーブが実際にあり そこで校長が立っていたら、しっかり前を通過して 歩いたが、直後にグループから一番最後に 見えなくなるほど遅れて歩いていた と証言した。 すると、心配になった 校長が危険と判断すると 数分後に、このグループの後ろを 見守ることを決めて歩いたそうです。 しかし、この時点で最後になります。 それは、3人の女の子たちが 存在していない事を思いだすと 直後に同じルートを探すために 引き返したが、どこにも 「まなみちゃんの姿が見えなくなった」 という言葉だった! その後、この場所のキャンプ場コースは 林道で誰でも気軽に立ち寄れる 遊歩道で出発地点からスタートして この通りに辿ると最終的に 自分たちが野外で生活している 広場に戻ることが可能な初心者向けの コースであることが確認されています。 また最後に目撃された カーブ周辺のコースは アスファルトで作られた林道で そこまで悪い道ではなく 東側には、大人や上級者でも 無理に近い急斜面な、がけが存在しているそうです。 西側を見ると チョロチョロ流れるような 足首当たりまでの、水が流れているが 事故になる深さではなかったようだ。 あの時には、捜索で続きがあり その通り、1日全力で探したが 見つからない事で、最終的な判断は 地元の警察へ通報され 行方不明事件として最終的に 数百名の人数体制で広範囲で捜索しました。 2日以降には、7日間までに 市消防、自衛隊、ボランティアなど 倍の1700名以上で周辺だけでなく 半径以外のコースまで広げることに。 しかし、時間切れとなり 最後には、周辺を分かれた ローラー作戦で、「やぶ、林道や奥 建物内、川の中、がけの土の中」まで 探したがジャッジの成果は1700名で 捜索されたが1つの手がかりも 発見されないまま遂に「未解決事件」となったのです。 これは、熊による事故や 誰も見ていない事で 誘拐などの説が浮上されたが これでは理由が見つかることで 違う事が判明されています。 スポンサーリンク 真相は霊視でダウン症だった? 一体、あの時の キャンプ場で起きた不思議な 下村まなみちゃんの事件ですが その後は、どうだったのか? その後の真相も理由や新証言の 目撃で見つかっていないのが現実だったが 実は、あの時の後日の25日に 緊急で地域のTV番組に出演した時 母親の「益代」さんがインタビューの中で 特徴を「 まなみは、ダウン症の疾患を患っています」 そのように告白していました。 可能性は見えてきますね。 また、一部ネットで 霊視というワードが出現しているが これは実際には鑑定されておらず もしかすると、今後このような 方法でTV番組で見つからない 最終手段で依頼があれば使用するかもしれませんね。 以外に、海外には霊視判定で事件を 解決する仕事で人物がいるので またもやTV番組企画で 新たな証言や真相がここから見つかる可能性も! ちなみにネットでは以下の 特徴が公開されていたので 少しでも役に立つ中身が含まれているので 今後は衣類関係で怪しいと感じたら 警察署へ通報する方法が第一です。 <特徴>! ・身長120cm ・体重20kg ・体型は痩せ型 ・白に袖が水色の長袖Tシャツ ・ウサギの絵が含まれている ・薄ピンクの長ズボン ・水色の運動靴 ・ヘアスタイルはゴムで2ヶ所止め ・自分の名前が入った赤色の ストラップを首に掛けている 犯人は親だったの? そうですよね。 これは、実際には かなり困難で警察や自衛隊が あの当時でも1700名を導入しても 見つからないのでハードルが高い 捜索となっている事が 世界の捜索スペシャリストを呼んだ TVで証拠が判明されています。 一番怪しいのは、 当時下見で歩いて散策されていた コースや周辺のキャンプ場から 10分後には既に姿を全方向から 消されていた所が最大のポイントですね。 2日後には、警察や消防 さらには自衛隊、そして 最終的に7日間までに延べ1700名を 導入された活動でも普通なら 近くで、この時点で不審者がいないのであれば 敷地内で高い確率で発見されるのがこのパターンに見えます。 そうなると、既に総作人数状況から ここのキャンプ場には既に2日後辺りから、 一般道路に状況が子供や知的から 考えれば一番あり得そうな行動に見えます。 もうここまで 出てくると、当時は野外活動で 責任は全て担当の先生に入り ここ以外では、状況が理解出来ていない 一般人の方で先生陣も諦めるのであれば 「 誘拐犯? 」による犯行が考えられます。 ちなみに、ネットで親という ワードが出ていますが、ただの 下村まなみちゃんの母という意味で 全く「犯人」とは関係が絶対にあり得ませんね。 でも、一点不思議なのが 野外活動であり、 行方不明となった日は 地元やまなみちゃんを知っている 怪しい人物などは、この行動からは 犯行でも難しいのではないでしょうか。 事故であれば、海沿いの 可能性は岐阜が山間地なのでないですし 川の可能性であれば、一般道路に 出れば、周辺に大や中が流れていれば 体質からあるかも? とにかく事件や事故全ての 証拠を考えて捜査しなければ 一生解決が難しいかもしれません。 今後の捜査はどうなるのか。 おそらく、今後は番組では 14日金曜日に未解決事件で 世界で活躍する捜索スペシャリスト2名と 捜索犬1匹が協力して特別に探すことになったので これで結果的に少しのヒントが新たに浮上されると 協力して地元の警察、消防、周辺の 自衛隊が探すことを限定で決定する可能性も。 でも、実際は多分ですが この企画で捜索する前には 当時の事件が2009年で およそ7年もの年月が過ぎているので 国内ではストップしている行動は高かったでしょうね。 どうやら、その後 関係する下村まなみちゃんの母が 2013年の特別インタビューで 今でも 切実な思いで娘の帰りを待つ そのように心境を告白されました。 また、娘に語りかけるような 一言で「家はそのままだよ」と告白。 感想&まとめ どうやら、母親もまだ 未解決から解決する事件 事故 で 解明するまで、諦めていない事が インタビューの思いから伝わるので 絶対に母や家族が諦めるまで そして見つかるまで一つの遺留物が 見つかるだけでも良いので どんな方法でもいいので探してもらいたいですね。 果たして、14日のFBI緊急捜索で どのような事実が新たに 世界のスペシャリストたちの腕と 能力から結果が出されたのか 未解決だけに目が離せませんね。 この未解決事件が本当にスペシャリストの 判断でも結果が未解決となるのなら 最後の答えは何だったのか? もし、犯人が浮上されるのであれば もしかすると国内か海外で 潜伏生活している可能性が高いかも? 最後までご視聴ありがとうございございました! 以上で全ての説明を閉じます。 次回はどんなネタを予想する?

次の

シリーズ【真相の発掘】#4 岐阜県ひるがの高原キャンプ場女児行方不明事件 : 気になる事件

ひるがの高原キャンプ場 事件

令和元年のファミリーキャンプ ということで、2019年のGWはわたしの最も好きなキャンプ場のひとつ「」をチョイス。 家族でのキャンプは実に半年ぶりとなるのですが、今回は新幕のテストも兼ねて。 新幕は先日のヒマラヤ20%オフセールで捕獲した ニーモヘキサライト6Pエレメント。 これが今回のリビングスペースとなります。 ぶっつけ本番で初開封 付属品はアジャスターポールが2本と かわいいペグが8本。 説明書もよく読まずに設営開始。 まあツーポールシェルターなんで、そう難しくはないはず。 以前パビリオン風の中華幕を使用したことがあるのですが、冬季とはいえ結露がひどく、おまけに強風でポールが破損したこともあり一度使っただけで手放してしまいました。 ですが設営撤収の簡便さと、広々とした空間の快適さはかなり気に入っていたのです。 とりあえずベースとなる6ヶ所をペグ打ちしてポールを差し込んで立ち上げ。 あとはちょっとずつ調整すればいいでしょう。 うん、内部空間は想像通り広々。 シェルターとしてはやや小振りながら、3人家族の我が家には十分なスペース。 宴会幕としてなら名前通り6人程度が寛げるでしょうね。 その横にサーカスTCを張って、そちらにコットを置いて寝室にしたいと思います。 今回は二泊三日の行程ですが、途中温泉に行くのみで他の予定は一切なし。 とにかくキャンプ場でだらだらと過ごします。 GWの混雑具合 数え切れないほどのサイト数を誇る「 ひるがの高原キャンプ場」ですが、さすがにGW真っ只中ということもありほぼ満員御礼。 ですが、ちらほらと空きスペースも散見されますね。 これなら飛び込みでもワンチャンあったかも? 普段はソロキャンプメインなので混雑を避けるんですが、このガチャガチャした感じもそれはそれで悪くないかな。 テンションの針が振り切れたチビッ子たちがひっきりなしにサイトの横を行き来しますが、こっちもなんだか嬉しくなります。 いまさら「レリゴー」を全力で唄う姉妹とか、我が家のサイトに迷い込んで大沢誉志幸よろしく途方に暮れている3歳くらいの男の子とか、なかなか飽きさせません。 いつもの失敗 夕食は炭火でなんか焼こうかなと思ったら炭を家に置き忘れてくるという失態を華麗に演じ。 わざわざ買うのもあれなので、スキレットで代用しましょう。 うん、十分おいしい。 お肉の脂でホタテをソテーしてみたり。 子供が集めた着火剤。 ほろ酔いで眺めるテント越しの焚き火もまた良し。 チーズとベーコンとストーブ まずはキャンプ場から車で3分の「 たかすファーマーズ」へチーズを買いに。 ここのカチョカヴァロという焼いて食べるチーズがお気に入りなのです。 ついでに試食したら美味しかったスモークチーズも。 お次はそこからさらに1分のところにあるハムとベーコンのお店「 グリュン」へ。 噂には聞いていたのですが、初来店者には特別にソテーしたベーコンを試食させていただけるのですが、これがもう美味いのなんの。 まずはレア気味のソテー。 次にカリカリベーコン。 最後は茹でたジャガイモと一緒に炒めて。 ブロック一本だけのつもりが思わず土産用に二本も購入してしまいました。 今晩はこれらとバゲット、ワインでいただこうという魂胆なのです。 湯の平温泉で汗を流し、目の前にある食堂でひとりお先に郷土料理の ケーちゃんと生ビールでご機嫌に。 キャンプ場に戻ったらボッーっとしてまどろみ、いやはや最高です。 日が暮れるとグッと気温の下がる標高860mのひるがの。 日中との気温差が大きく油断していると体調を崩します。 こうしてテントに積もる桜の花びらが下界とは別世界だと教えてくれます。 寒いのでテント内にこもっていると、子供をお手洗いに連れて行くお母さんが我が家のテントを覗いて 「あらぁストーブがあるねぇ、ストーブがあるからあったかいんだねぇ」と子供に話しかけていきました。 そうなんですよ、あったかいんです。 でもやっぱりスカートがないから保温性が低いなぁ。 次は隙間を狭くできるように意識して張ってみよう。 キャンプほけん それにしても風もなく、お天気に恵まれた三日間でした。 いつも雨キャンプの我が家には珍しい体験です。 帰りもまた「たかすファーマーズ」に寄ってソフトクリームをいただき、今シーズンは何回来られるかなぁ、と思案するのでした。 そう言えば今回、はじめての試みとしてLINEが提供する キャンプほけんというものを利用してみました。 上位プランの二泊三日でもこの程度の価格で破損や盗難の被害時に最大10万円までの保険がおりるので、外出時や就寝時も安心できます。 おすすめですよ。

次の

【未解決事件】岐阜・小学生女児キャンプ場行方不明事件

ひるがの高原キャンプ場 事件

わが愛しのキャンプ場 緊急事態宣言が解除されたら真っ先に駆けつけたいと思っていたキャンプ場、それが今回お邪魔した ひるがの高原キャンプ場です。 トイレやシャワーといった最低限の設備のみが近代化されており、サイト自体は必要以上に手を加えず、見事に自然との調和を保っている。 電源付きといったいわゆる高規格なキャンプ場ではありませんが、ここ以上に居心地の良いキャンプ場をわたしは他に知りません。 ただし、予約が未だに電話受付のみであったり、支払いも現金一択、といったようにIT化の波に乗り遅れてもいるのですが、それはこれからに期待しましょう。 長い空白期間の間にわたしのキャンプスタイルも一旦リセット。 今日は初心に帰ってムササビタープの下でまったりと過ごす予定です。 と、その前に本日のメインイベントはこのサウナ。 ですのでチョイスしたキャンプサイトは小川と隣接したところ。 運搬時に落として薪ストーブがボコボコに凹んでしまいましたが、使用にはなんら問題なし。 早速、火を入れて暖気。 サウナテントのススメ テント内を暖めている間に今度はタープをセッティングしましょう。 以前、オキシクリーンで漬け置き洗いに挑戦したムササビタープ。 残念ながら煤汚れはあまり落ちませんでしたが、焚き火臭さが消えて洗剤の良い香りがしています。 コットン100%の生地が作りだす濃い影。 その下で冷たいお茶をいただきながらしばし休憩。 さあ、そろそろサウナも準備できたかな? あっつ! なんだこれ、3月にはじめて稼働させた時より明らかにアツイ。 やはり構造上、大きく外気温に影響されるというわけか。 アツイ!だが、それが良い。 セルフロウリュ出来るのが、このモビバ社製サウナテントの醍醐味でもあります。 まあ別にこぼれったっていいんですけどね、なにせ自分ひとりなんだから。 わたしの場合、なかなか1セット目って汗をかかないのですが、このサウナは違います。 いきなりびっしょびしょ。 ふぅ、では勢いよく飛び出して川に直行。 むろんサウナテント出入口の向きは川への動線をしっかりと計算してのもの。 ドボン!あぁ冷たい! これこれこれ! しっかり体を冷やしたら、お次はタープ下へ。 からっからの喉にビールを流しこみたいところですが、ここはまだ我慢の子。 まさにお茶でお茶を濁します。 目を閉じると天地がぐるりと反転するかのような錯覚。 眩暈とは明らかに異なるこの感覚。 これをととのう、と言うならととのっているのでしょう。 最高だ。 最高だ、という陳腐な表現しか見当たらないくらい最高だ。 2カ月ちょっとの自粛期間でしたが、日常の有難みがホントに良くわかりましたよね。 そうした当たり前の日常があるからこそ、非日常がさらに輝きを増すのでしょう。 魔法の粉と魔法の時間 3セットを終えると、満を持して乾杯! そして矢継ぎ早に焚き火もはじめます。 ここは直火もOKなんですが、片付けが面倒なのでわたしはいつも焚き火台を使います。 お腹もすいたのでお肉でも焼いていきましょう。 味付けはスパイスのみ。 ちなみにメインとなるのはサイゼリヤのアロスティチーニ(羊の串焼き)をテイクアウトした際に余ったもの。 このスパイスがめちゃんこ美味いんですよね。 肉でも魚でもなんでもいけそう。 はっきり言ってほぼスパイスが主役になるので、食材が良過ぎるともったいないかもしれません。 ハイボールと一緒にいただいていたら満足してしまったので、夕食はこれでおしまい。 サウナ効果もあってか、ぐっすり眠った翌朝4時。 昨晩の余ったお肉ものせて玄米ビビンバをがっつりといただいます。 見渡す限り、あたりには誰もいません。 これぞド平日の特権。 スマホでラジコを聴きながら焚き火。 これがわたしのキャンプの日常。 やっと帰ってこられた、そんな気分。 場内を散歩して。 また焚き火して。 ちょっと早起きだったから、また少し寝て。 また起きて、ホントは朝食だったはずのやつを昼前にいただく。 いやあ、キャンプってこんなに楽しかったっけ? またお邪魔します。

次の