熱海 の 捜査 官。 熱海の捜査官で熱海は黄泉の国だったという謎は解けましたが最後に...

熱海の捜査官|テレ朝動画

熱海 の 捜査 官

ドラマの舞台、実在しない架空の都市「南熱海市」こそドラマの根幹に関わる壮大なネタバレ? どこか浮世離れした感のある「熱海の捜査官」の舞台となった架空の都市、「南熱海市」。 そこに住む人々も実に一癖も二癖もある人物たちでしたよね。 「熱海の捜査官」の数多ある謎に迫るために最も必要なのはまず、この 「南熱海市」が一体何なのであるのか?一体南熱海市とはどこなのか?ということを解き明かすという事です。 そこを押さえておかなければその後の謎解きに参加する資格さえ得られないといってもいいでしょう。 まずこの「南熱海市」ですが、前述したように「架空の市」です。 実際には南熱海市などという都市は世界中のどこにも実在しません 静岡県熱海市は存在しますが…。 実在しない架空の都市を舞台とした映画やドラマというのは多く存在しています。 なので架空の都市「南熱海市」を舞台として進行するドラマのストーリーにわたし自身も最初は何の違和感も感じてはいませんでした。 しかしどこにも存在しない「南熱海市」をドラマの舞台にした事自体が、このドラマにとっては実はとても大きな意味があったのです。 この設定自体がドラマの根幹にかかわる大きなネタバレ、ヒントでもあったという事なのです。 南熱海市は設定上の架空の都市ではなく、この世のどこにも存在しない場所なのである!! 「南熱海市」を舞台とした「熱海の捜査官」、薄皮に包まれたような「南熱海市」のそこに住む市民を含めた異様さ、違和感の答え、それは… 南熱海市がこの世のものではない ということです。 ドラマの設定上の架空の都市ではなく、実際にこの世のどこにも存在していない場所、それが南熱海市だという事なのです。 この南熱海市については、架空の都市を舞台としてドラマが進行するというドラマとしてよくあるパターンの一つだとわたしは思いこんでいたのですが、この「熱海の捜査官」に関しては全く違っていたというわけですね。 このドラマ自体がこの世の物語ではないからこそのこの世のどこにも存在しない「南熱海市」がドラマの舞台だったというわけです。 うーん、「熱海の捜査官」恐るべし。 三木聡恐るべし、ですね。 熱海の捜査官第1話の道路看板と謎の老人・蛇川方庵のセリフで示唆される南熱海市の真実 南熱海市がこの世のどこでもない場所であるならば、一体南熱海とはどこなのか?? 禅問答のようになってしまいましたが 苦笑 、その答えも実は第1話「広域捜査官 星崎剣三」で既に重大なヒントがいっぱい出ていました。 初見からここに注目していた人は本当に凄いと思います。 わたしは通しで一度見た後の二度目で「ああ、こういう事だったんか」と気づいたクチですから 爆汗 まずは第1話の最初のシーン、スクールバス消失の場面。 この壮大な物語の全ての幕開けとなるシーンです。 二人が黒い自動車に乗って南熱海市を走っている場面で道路の脇にこんな看板があります。 後で見返してみると、まさに「やられた!! 」って感じでしたね。

次の

熱海の捜査官で熱海は黄泉の国だったという謎は解けましたが最後に...

熱海 の 捜査 官

当時から、ふみちゃんは同い年とは思えないくらい肝が据わっている人だったし、染谷くんも2歳年上とは思えないくらい大人っぽかったんです」とコメント。 一方、二階堂と染谷も山﨑について、 「『熱海』の後に映画『オオカミ少女と黒王子』(2016年)で久しぶりにご一緒しましたんが、いい意味でずっと変わらないムードメーカーであり、気遣いのある人。 同い年だからこそ刺激的な部分もすごくあります」(二階堂) 「賢人くんとはCMでも共演しましたが今回改めて、少年から青年に、そして成人男性になられていて『あぁ…!』と。 そんな彼女にとって、「『熱海の捜査官』は初めての連続ドラマ撮影」。 今でも「当時頂いた三木監督の言葉は大事にしている」という。 その言葉とは、 「現場のモニターは確認するな」。 「当時はまだ15歳。 無意識なところで自意識過剰な部分があったと思うんです。 だから、三木監督もそうアドバイスしてくださったのか、と。 それ以来、自分のお芝居はモニターでチェックしないです。 三木監督にはかなり鍛えていただき、学びがたくさんありました」と振り返る。 そんな彼女が今回演じるのは、雨夜の同級生で時効事件の謎を握る朝霞鈴音。 「三木監督がおっしゃることをやれば、絶対に面白くなる!今回も監督の演出を受け、役について再認識した部分もありました」という二階堂が三木監督と二人三脚で磨き上げた芝居に注目だ。 そんな染谷をもってしても、三木監督は「ここまで徹底される監督ってなかなか出会わないといいますか…。 こちらもそれに応えなきゃいけないというプレッシャーがあった」監督だったという。 そんな三木監督から今回染谷に与えられた役名は、『熱海』と同じ「味澤宙夫」。 雨夜から時効事件を予言される同級生と、9年前とは全然違う役どころにもかかわらずだ。

次の

「熱海の捜査官」解決/未解決の謎を整理したら分からな過ぎていっそ忘れたくなった(笑)

熱海 の 捜査 官

ドラマの舞台、実在しない架空の都市「南熱海市」こそドラマの根幹に関わる壮大なネタバレ? どこか浮世離れした感のある「熱海の捜査官」の舞台となった架空の都市、「南熱海市」。 そこに住む人々も実に一癖も二癖もある人物たちでしたよね。 「熱海の捜査官」の数多ある謎に迫るために最も必要なのはまず、この 「南熱海市」が一体何なのであるのか?一体南熱海市とはどこなのか?ということを解き明かすという事です。 そこを押さえておかなければその後の謎解きに参加する資格さえ得られないといってもいいでしょう。 まずこの「南熱海市」ですが、前述したように「架空の市」です。 実際には南熱海市などという都市は世界中のどこにも実在しません 静岡県熱海市は存在しますが…。 実在しない架空の都市を舞台とした映画やドラマというのは多く存在しています。 なので架空の都市「南熱海市」を舞台として進行するドラマのストーリーにわたし自身も最初は何の違和感も感じてはいませんでした。 しかしどこにも存在しない「南熱海市」をドラマの舞台にした事自体が、このドラマにとっては実はとても大きな意味があったのです。 この設定自体がドラマの根幹にかかわる大きなネタバレ、ヒントでもあったという事なのです。 南熱海市は設定上の架空の都市ではなく、この世のどこにも存在しない場所なのである!! 「南熱海市」を舞台とした「熱海の捜査官」、薄皮に包まれたような「南熱海市」のそこに住む市民を含めた異様さ、違和感の答え、それは… 南熱海市がこの世のものではない ということです。 ドラマの設定上の架空の都市ではなく、実際にこの世のどこにも存在していない場所、それが南熱海市だという事なのです。 この南熱海市については、架空の都市を舞台としてドラマが進行するというドラマとしてよくあるパターンの一つだとわたしは思いこんでいたのですが、この「熱海の捜査官」に関しては全く違っていたというわけですね。 このドラマ自体がこの世の物語ではないからこそのこの世のどこにも存在しない「南熱海市」がドラマの舞台だったというわけです。 うーん、「熱海の捜査官」恐るべし。 三木聡恐るべし、ですね。 熱海の捜査官第1話の道路看板と謎の老人・蛇川方庵のセリフで示唆される南熱海市の真実 南熱海市がこの世のどこでもない場所であるならば、一体南熱海とはどこなのか?? 禅問答のようになってしまいましたが 苦笑 、その答えも実は第1話「広域捜査官 星崎剣三」で既に重大なヒントがいっぱい出ていました。 初見からここに注目していた人は本当に凄いと思います。 わたしは通しで一度見た後の二度目で「ああ、こういう事だったんか」と気づいたクチですから 爆汗 まずは第1話の最初のシーン、スクールバス消失の場面。 この壮大な物語の全ての幕開けとなるシーンです。 二人が黒い自動車に乗って南熱海市を走っている場面で道路の脇にこんな看板があります。 後で見返してみると、まさに「やられた!! 」って感じでしたね。

次の