ソイプロテイン 男 デメリット。 ソイプロテインの効果とデメリット!飲み方や飲むタイミングも徹底紹介

40代男がホエイからソイプロテインに替えた効果やメリットを語る!

ソイプロテイン 男 デメリット

健康食品業界で近年急成長しているのがプロテイン市場です。 健康産業新聞によると、プロテインは過去5年間において毎年平均12%成長しているそうです。 私たちの身の回りでもそれを実感する事は多いですね。 スポーツをしていない男性でも、健康維持やボディメイクのためにスポーツジムに通い始め、トレーニング終わりには多くの人がプロテインを飲んでいます。 プロテインの粉末やシェイクが身近になったこともあり、健康意識の高い人の間で話題になっているのが「 ソイプロテインに精力減退効果がある?」という疑問です。 実は日本だけではなく、海外でも「 ソイプロテインは危険」、「 すぐにやめた方が良い」という噂を聞きます。 今回はソイプロテインと勃起や性欲などの男性機能との関係性についてを解説します。 ソイプロテインとは まずは ソイプロテインとは何なのか? ソイプロテインの正体を解説します。 ウィダーやその他健康食品などを開発販売する森永製菓さんはソイプロテインについて次のように紹介をしています。 ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したものです。 植物由来の「大豆タンパク質」がたっぷり含まれているのです。 (出典:) つまりソイプロテインとは名前の通り、ソイ(大豆)を主な原料とした、プロテイン(タンパク質)の粉末です。 大豆を使った植物性のプロテインなので、脂肪やコレステロールが少なく ヘルシーなため、筋肉量アップだけではなく、ダイエットの目的でも人気の商品です。 ソイプロテインの特徴とは• 大豆(ソイ)が主成分の植物性タンパク質• 植物性のタンパク質なので脂肪やコレステロール過剰摂取の心配が少ない• 脂肪成分が少ないのでいつでも飲める ソイプロテインとホエイプロテインの違い プロテインの粉末やシェイクには大きく2種類の商品が存在します。 動物性のタンパク質を原料とする「 ホエイプロテイン」と植物性のタンパク質を使った「 ソイプロテイン」です。 筋力アップやボディメイクなどを目的に若い男性に人気なのがホエイプロテインです。 ホエイプロテインは動物性のタンパク質を原料にしているため、 大きな筋肉を作るのに適しています。 動物性のタンパク質のホエイプロテインは吸収率が高く、筋トレ後の傷ついた筋肉を回復し、より大きくするのに適しています。 逆にソイプロテインは 吸収されるまでに時間が掛かることから、短期間で大きな筋肉を作る事には適していません。 しかし、配合されている脂肪が少ない事ため、よりヘルシーとされています。 ソイプロテインとホエイプロテインの違い• ソイプロテインは植物性、ホエイプロテインは動物性のタンパク質• ソイプロテインは脂肪が少なくヘルシー• ホエイプロテインは吸収されやすいので、より短い時間で筋肉量を増やすのに効果的 精力の源「テストステロン」に影響はない 吸収に時間はかかりますが、よりヘルシーでダイエット目的で人気のソイプロテイン。 なぜソイプロテインには勃起力低下や精力減退の噂が付きまとうのでしょうか。 良く聞くのは次のような噂です。 ソイプロテインを利用すると男性ホルモン量が低下する• 女性ホルモンが増えるので、勃起しなくなる• 勃起力だけではなく、性欲まで低下してしまう 結論から言うとソイプロテインに勃起力を低下させるような副作用はありません。 (正確には医学的な根拠はない) また、ソイプロテインを飲む事により、精力の源となるテストステロン(男性ホルモンの一種)を低下させるような効果もありません。 国際性機能学会(International Society for Sexual Medicine)によると、ソイプロテインは男性ホルモンを低下させるという噂が存在するが、 テストステロンとは関係がない、低下させる効果も上昇させる効果もないと発表をしています。 2010年にミネソタ大学(及びLoma Linda University)が過去47件の男性ホルモンとソイプロテインに関する実験結果を分析し、ソイプロテインにはテストステロンの上限には大きな影響を与えないと結論を出しました。 また 勃起機能の低下や EDの原因になるといった噂も 医学的な根拠は存在しません。 勃起力低下の噂の理由4つ 精力低下や勃起力と関わりの強いテストステロンという男性ホルモン。 ソイプロテインはテストステロンに与える影響はほとんどない事が分かっています。 しかしなぜ精力減退や勃起力低下といった男性機能低下に関する噂が立つのでしょうか。 その主な理由を紹介します。 性欲の源である亜鉛の吸収阻害の可能性 ソイプロテインに性欲の低下や勃起力ダウンといった副作用があるという噂が立つ理由の一つには「フィチン酸」が挙げられます。 性機能と非常に関わりの強い成分の一つに亜鉛というミネラル分があります。 亜鉛には男性ホルモンを増やす事により、性欲の向上や健康的な精子を増やす効果があります。 亜鉛の不足は精力の減退やED(勃起不全)を引き起こすリスクがあります。 専門機関による調査ではソイプロテインに含まれるフィチン酸には 亜鉛の吸収を阻害する作用がある事が判明しました。 亜鉛不足はもちろん男性機能低下のリスクを高め、性欲や勃起機能、精子の質などの悪化の危険性も考えられます。 しかしソイプロテインに含まれているフィチン酸には そこまで強い副作用はありません。 ソイプロテイン以外にも亜鉛等のミネラル分を含む通常の食事を取っているのであれば、心配する必要はないでしょう。 大豆は女性ホルモンと同じ働きをする 2つ目の理由としてはソイプロテインに含まれる フィトエストロゲン(植物エストロゲン)と呼ばれる物質です。 フィトエストロゲンとは大豆などの植物に含まれる成分で、 女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするとされている物質です。 女性ホルモンが男性の体内で増え過ぎると、もちろん性機能に悪影響を与える可能性があります。 しかし粉末のプロテインやシェイクで利用する大豆は基本的にアルコールと水で消毒されています。 この時にほとんどのフィトエストロゲンが排除されているため、勃起機能や性欲減退の心配をするほどの副作用はありません。 遺伝子組み換え大豆の危険視 勃起機能や精力低下と直性の関係性はありませんが、大豆の中には遺伝子組み換え技術を利用して作られた商品が存在します。 近年の健康ブームもあり、遺伝子組み換え技術を危険視する風潮が強まっています。 しかし実は 遺伝子組み換え技術に関する危険性やデメリットには 医学的な根拠がないのです。 また最近では遺伝子組み換え技術を使用していないソイプロテインもたくさん販売されています。 もし気になるようであれば遺伝子組み換え技術を使用していない商品を利用するようにしましょう。 ソイプロテインは女性に愛用されている 4つめの理由としてはソイプロテインが 女性にも愛用されているということです。 筋肉量を効率的に増やす効果が期待出来るホエイプロテインはまさに男らしさの象徴でもあります。 定期的な運動や筋肉の量はテストステロン量とも密接な関わりがあります。 屈強な肉体を持っているテストステロン量の多い男性は強い勃起力や性欲などがあるとされています。 筋肉量アップのためのホエイプロテインは男のための商品という印象が強いです。 しかしソイプロテインは 脂肪が少なく、 ヘルシーなためダイエット目的の女性にも人気なのです。 また、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする事から、女性ホルモン低下に悩む更年期障害にも効果的と言われています。 ソイプロテインはホエイプロテインよりも男性らしさが少ない事も理由の一つにあるのでしょう。 精力低下の副作用はないけど ソイプロテインに精力の源であるテストステロンの量を低下させるような副作用はありません。 しかし全くないのかという質問に対しては断言が出来ません。 少なからず性機能を高める効果のある亜鉛などのミネラル分の吸収を妨げる効果があるとする調査結果も存在します。 もしどうしても心配なのであれば、ソイプロテインではなく、 ホエイプロテインを利用してみるのもありです。 しかし脂肪量はソイプロテインよりも多く含まれているため、「運動量を増やす」、「寝る前には飲まない」といった工夫も必要です。 また勃起力や性欲等をより効率的に高めるのであれば、 男性向けのサプリメントの利用もおすすめです。 性欲を高める亜鉛や、勃起機能を改善するアルギニンやシトルリン等の成分がバランスよく配合されています。 性機能低下は健康悪化のサイン もしあなたが勃起力の低下や性欲減退、男性不妊などの症状で悩んでいるとしても、プロテインが影響している可能性は低いでしょう。 男性の下半身は体の中でも非常に繊細な部分の一つです。 心や体の調子が悪い時に真っ先に勃起不全や性欲減退といった症状になって現れます。 プロテインの効果や副作用の影響もゼロではありませんが、まずは自分の体調や体形、心の健康などと向き合ってみましょう。

次の

「男性はソイプロテインを飲まない方が良い」というガセネタを論破する

ソイプロテイン 男 デメリット

ホエイプロテイン ホエイプロテインは 牛乳を原材料とするプロテインです。 製造方法ですが、まず精製の過程で牛乳を カゼインと カード ヨーグルト に分離させます。 カゼインは不溶性で固まりやすく、身体への 吸収スピードが遅い。 これが後述するカゼインプロテインの素です。 一方カードから水を抜くとチーズになり、この水がホエイプロテインの素となります。 (ヨーグルトの上澄みの水分のことです!) ホエイプロテインは水溶性で 吸収スピードが3時間ほどと早く、筋肉の材料となる 必須アミノ酸(EAA)の含有量が多いのが メリットです。 したがって 筋トレをしている人にとっては ホエイプロテインが一番効果的ではあります。 また市場に出回っているプロテインの多くがホエイプロテインです。 競合が多く、また牛乳が比較的安いため、ホエイプロテインは他のプロテインに比べて 安価で 美味しい商品が多いというのも メリットの一つです。 ホエイプロテインの種類 ホエイプロテインは 製法によって 大きく3つに分けられます。 WPC(ホエイプロテインコンセントレート)• WPI(ホエイプロテインアイソレート)• 5h-3h 2h以内 0. 5-1h以内 値段 安い 高い 高い その他特徴 乳糖が含まれている 乳糖や乳脂や灰分などを取り除かれている アミノ酸が3-5個繋がった状態 選ぶべき人 値段を抑えたい人 牛乳でお腹を壊す人 食が細く消化酵素を温存したい人 スマホの場合横にスクロールできます。 ホエイのデメリットとしては、乳製品アレルギーを持つ人や乳糖不耐性の人にとっては吸収が悪くなるという点です。 ホエイプロテインの種類と選び方については下記の記事で解説しています。 筋肉を発達させたい方、減量したい方、牛乳でお腹を壊してしまう方には是非見てください。 カゼインプロテイン カゼインプロテインも牛乳を原材料とするプロテインです。 ホエイプロテインが水溶性で吸収スピードが早いことに対し、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、 吸収スピードが8時間とゆっくりであり、 必須アミノ酸がホエイに比べて少ないことが特徴です。 カゼインプロテインは長い時間をかけてアミノ酸を体内にチャージしてくれます。 就寝中や栄養を何時間も摂取できない場合、筋肉は分解(カタボリック)されてしまいます。 そのような時に役立つのがカゼインプロテインです。 就寝前や 忙しくてなかなか食事が取れない時に重宝します。 ホエイプロテインとカゼインプロテインがブレンドされたものを タイムリリース型プロテインと呼んだりもします。 イソフラボンは特に女性にとってめちゃくちゃ良い効果があるんです。 年を追うごとに女性ホルモンの分泌が弱まりますが、イソフラボンがそこを埋めてくれるためです。 それでは筋トレをしている人にとってソイプロテインはどうなのでしょうか。 実は今までソイプロテインはあまり筋肥大には向かないと言われていました。 その理由は以下の通り• 大豆は BCAA含有量が少ない• イソフラボンによって エストロゲンを誘発し、 テストステロンが減少する?• 吸収スピードは4〜6時間と遅く、血中アミノ酸濃度をすぐにあげることができない しかし色々調べてみたところ下記のようにソイプロテインにもしっかり筋肥大効果はあると考えられます。 筋肥大目的であれば ホエイプロテイン• 身体を大きくしたい(脂肪をつけてでも)のであれば ホエイプロテイン+カゼインプロテイン• ダイエットしたい女性の方は ソイプロテイン• 腸内環境を整えたい、肝臓のリスクを減らしたい方は ソイプロテイン or ビーガンプロテイン まずは自分の 目的に応じてプロテインを選んでみましょう。 基本的に筋トレをしていて 筋肉をつけたいのであればホエイプロテインが一番おすすめです。 一番値段も安く、必須アミノ酸の含有量が高くて吸収スピードが早いためです。 筋肉を少しも減らしたくないという方はこれに カゼインプロテインもプラスしてください。 ダイエット目的の男性は ホエイプロテイン or ソイプロテインを摂取しましょう。 ダイエット目的でかつ 女性の方は 大豆イソフラボンが豊富なソイプロテインにしましょう。 また医学的根拠はまだ乏しいですが、動物性プロテイン大量摂取によって 腸内環境の悪化や肝臓への負担リスクがあります。 これらのリスクを軽減したい方は 植物性プロテインを摂取すべきです。 本記事のおさらい• プロテインは動物性と植物性に分けられてそれぞれメリットとデメリットが存在する。 プロテインの選び方はまず目的別にどれを摂取するか選択して試してみて体質にあったものを選ぶようにする• 特にアレルギーなどなく、お腹も強い場合はホエイプロテインが一番おすすめ プロテインは魔法の粉ではなく、単なる食材から抽出したタンパク質パウダーです。 毎日必要なタンパク質を食事から全て摂取するのはコスト的にもしんどいですが、プロテインであれば気軽にタンパク質摂取量を底上げしてくれます。 本日ご紹介したプロテインの選び方でご自身にあったプロテインに出会えることを願っています。 今までホエイしか飲んだことがなかったという人も一度他のプロテインも試してみてはいかがでしょうか。 やはり理論ではどうにもならないことが多いですし一番は自分の身体で試すのが確実です!.

次の

40代男がホエイからソイプロテインに替えた効果やメリットを語る!

ソイプロテイン 男 デメリット

筋肥大とは傷ついた筋肉が強く大きく成長することで、プロテインはそんな筋肥大をサポートしてくれるアイテムになります。 トレーニングなどを行った際、筋肉は損傷していることが多く、体はより強い筋肉へ回復させようとします。 この現象を超回復といい、超回復に欠かせない栄養成分がたんぱく質です。 もちろん、筋肉は普段の食事から取れる栄養成分でも回復しますが、一般的なご飯では足りていないことが多いため、たんぱく質をプラスで補給することが、結果として効果的な筋肥大を促すことにつながります。 ホエイプロテインのメリットとは ホエイプロテインは、以下3つのタイミングで飲むことをおすすめします。 起きてからすぐ• トレーニング後30分以内 ホエイプロテインの吸収スピードを活かした最も適したタイミングは、 トレーニング後30分以内でしょう。 トレーニング後の筋肉は、疲れ切っているため、たんぱく質を吸収して回復しようとします。 しかしこの時、体の中にたんぱく質が不足した状態だと、筋肉を分解してエネルギーに変えて吸収してしまうんです。 これではせっかくのトレーニングも水の泡に。 トレーニング後はたんぱく質を補給することが重要になります。 また、トレーニング後30分は、ゴールデンタイムとも呼ばれ、体内の栄養吸収率が高まるとされています。 体を休ませるだけでなく、しっかりと栄養を体に取り込みましょう。 ソイプロテインの理想的な飲むタイミング ホエイプロテインに続いて、ソイプロテインの正しい飲むタイミングを解説していきます。 起きてからすぐ• 寝る前 ソイプロテインもホエイプロテインと同様にたんぱく質の塊ですので、トレーニング後摂取しても問題はありませんが、 ソイプロテインが最も適しているタイミングは就寝前になります。 人間の体は、寝ている間に成長ホルモンを分泌しており、成長ホルモンの役割の中には、筋肉の成長も含まれています。 筋肥大させるタイミングで体の中がたんぱく質不足では、せっかくの超回復も効率よく行えません。 寝る前 就寝1時間前 にたんぱく質を補給すれば、効果的な筋肥大を期待できるでしょう。 就寝前のプロテインは、あくまで筋肥大をサポートするためですので、プロテインの量は少なめにしておくのがベスト。 カゼインプロテインの正しい飲むタイミングは以下。 起きてからすぐ• 寝る前 カゼインプロテインの飲むタイミングは、ソイプロテインと同じと言っても良いでしょう。 おすすめのタイミングは就寝前。 飲みすぎないよう注意して、摂取するようにしてください。 また、カゼインプロテインはその吸収スピードの遅さから、 昼食後に取ることもおすすめできるプロテインです。 昼食と夕食の間は、朝食と昼食の間よりも遥かに長いため、最も吸収スピードの遅いカゼインプロテインが最適と言えるでしょう。 「5時頃にお腹が鳴って大変!」という男性は、13:00前後にカゼインプロテインを摂取してみて。 プロテインの飲み方はどうすれば良いのか? 1kg価格:3,490円 イギリス発の大人気スポーツブランド、MYPROTEIN マイプロテイン。 今や日本でも多くのトレーニーたちから愛用されているマイプロテインのホエイプロテインは、とにかくリーズナブルで質が高いのが魅力的なポイントです。 5kg・5kgとまとめて買う事でさらに値引きされるため、購入する際は多めの量で注文するのがおすすめです。 フレーバーは50種類以上あり、今まで苦手な味で苦しんでいた男性も自分に最適な味を選べますよ。 おすすめのフレーバーは、ストロベリークリーム、チョコレートブラウニー、ラテ、ブルーベリーチーズケーキの4種類。

次の