お腹 に ガス が たまる 食べ物。 お腹のガスと食べ物 | お腹にガスがたまる原因と解消方法

下っ腹が張る「ガス腹」は腰トントンで解消! [腰痛] All About

お腹 に ガス が たまる 食べ物

まずはお腹の張りを解消する食べ物と飲み物を紹介します。 発酵食品 まず発酵食品です。 身近にあって、すぐに手に入る発酵食品は多いです。 納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・味噌・醤油・甘酒といったものはスーパーやコンビニエンスストアでも売っています。 発酵食品は善玉菌によって作られているので、これらを食べればそれだけで善玉菌を摂取し、腸内環境を良くしていけます。 一食につき一品はこれらの発酵食品を食べるようにすればお腹の張りも改善されていくはずです。 食物繊維 次に食物繊維です。 ほとんどの日本人は、一日に必要な食物繊維の摂取量を摂取できていないため、むしろ積極的に食物繊維をとったほうが良いといえます。 食物繊維の効能ですが、まず、腸の中をきれいにしてくれます。 管の中にスポンジを通して洗うようなものです。 腸の中は消化したものや水分を吸収しやすくするためにたくさんのヒダがあり、非常に大きな表面積を持っています。 ただ、これらのヒダに食べかすがこびりつきそれらが腐敗してガスを発生させるので、食物繊維をとってこれらの腸にこびりついている食べかすを除去すれば腸内でのガスの発生を減らすことが出来ます。 また、食物繊維は乳酸菌など善玉菌が胃液で死ぬのを防いでくれます。 ヨーグルトなど善玉菌を含んだ食事を取るときに食物繊維を同時に取っておくと、善玉菌が食物繊維の隙間に逃げ込んで胃酸で殺されること無く腸まで到達できるようになります。 なので発酵食品と食物繊維をセットでとるようにすると非常に効果的です。 お腹の中でガスを発生させ、お腹の張りの原因となる食べ物・飲み物 次に逆にお腹の張りの原因となる食べ物・飲み物を紹介します。 食べたものでガスが発生する場合、いくつかのパターンがあります。 炭酸飲料 まず、炭酸飲料などのガスそのものを食べたり飲んだりしている場合。 これは対策も飲む量を減らすことで簡単にできます。 次に食べすぎで消化不良を起こした場合。 消化しきれず腸内に残った食べ物、特にたんぱく質が腐敗しやすく、ガスを発生させやすいです。 たんぱく質 動物性・植物性を問わず、たんぱく質は腐敗すればガスを発生させますが、動物性たんぱく質は植物性に比べて消化に時間がかかり、腸内に残留しやすく、腐敗したときに出す有害物質も多いようです。 特に肉類は同じ動物性たんぱく質の魚や卵よりさらに消化しにくく、脂分も同時に摂取してしまうため食べ過ぎると腸内が汚れやすく、ガスの溜まりやすい腸内環境になってしまいます。 たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素なので食べない訳にはいきませんが、その種類と食べる量には十分注意しましょう。 食物繊維 最後に食物繊維をとりすぎた場合。 食物繊維が腸内細菌のエサとして消費され、悪玉菌がガスを発生させますが、善玉菌にとっても食物繊維は必要なため、意識して食物繊維をとらないようにする必要はありません。 むしろ食物繊維が足りていないと便秘になりやすく、腸内環境が悪化しやすいのです。 現在の日本人の食生活は欧米化が進み、昔ほど食物繊維がとれていないのでこの点に関しては気にする必要はないでしょう。

次の

お腹にガスがたまる原因は?腹部膨満感の正体はコレだ!

お腹 に ガス が たまる 食べ物

お腹にガスが溜まる原因として、ガスが発生しやすい食物を大量に食べるというものがあります。 ガスが溜まりやすい食物としては、まず豆類やサツマイモ、ジャガイモ、サトイモなどのイモ類、セロリ、ゴボウ、ヨーグルト、オリゴ糖などがあります。 また飲み物では牛乳や炭酸を多く含んだものなどがあげられます。 他にも食べ物というのではありませんが喫煙やガムをかむなどの行為は体内のたくさんのガスを溜める原因となります。 こうしたお腹にガスが溜まる食物のリストの中に、ヨーグルトやオリゴ糖などが含まれているのを見て意外に感じる人も多いと思います。 しかしこれらは善玉菌のエサとなる食べ物ですので気にする必要はありません。 また同じ豆類の料理を食べる際でもゆっくりとよく噛んで食べるとガスが体内で発生しにくいのに対して、早食いをする人ではひじょうに多くのガスが発生してしまうというデータがあります。 そのため一概に特定の食物のみを取り上げて、これはダメというような区別をするのではなく、栄養バランスをまず第一に考え、その後でガスを発生しやすい食物についてはできる限りよく噛んでゆっくり食べるようにするのが正しいやり方でしょう。 このように食物をよく噛むと唾液が大量に分泌されるために消化が早まり、胃での消化もスムーズに行われます。 さらに腸でも栄養分が効率的に吸収されて良いこと尽くめとなります。 口で食物をよく咀嚼すると、腸が活発に働くようになります。 これはガスが溜まるのを防ぐためにはひじょうに大切なことです。 こうした消化の良いサークルを保っている間は、ガスの発生も少なくて快適に過ごせますが、反対に肉類中心の料理をガツガツと早食いすると、とたんに消化も吸収も滞りがちになり、強烈な臭いを持ったガスが大量に腸の中で溜まるという負の循環となってしまいます。

次の

お腹にガスがたまるのを簡単に解消する効果的な方法と生活習慣

お腹 に ガス が たまる 食べ物

予習 お腹が張る膨満感の3大原因とは? まず、アンケート結果の前に、お腹が張る膨満感の原因についてさらっと予習していきましょう。 レアなものまで入れれば大腸ガンや大腸憩室なども入ってきますが、お腹が張る主な原因はこの3つ。 【原因1】腸内ガスの大量発生(菌の異常活性)• 【原因2】腸内ガスの出が悪い(便秘/腸機能の低下)• 【原因3】呑気症(空気をたくさん飲み込んでしまう) 【原因1】腸内ガスの大量発生(菌の異常活性) 腸内細菌の活性が異常に高まるとガスを大量発生させガス腹の原因になります。 腸には細菌が住んでることはご存知ですよね。 腸に食べ物が送られてくると腸内細菌による分解が始まります。 菌にはそれぞれ好みの食べ物があります。 ざっくり例えると悪玉菌ならタンパク質や脂肪分、善玉菌なら食物繊維やオリゴ糖が好物と言った感じ。 悪玉菌が高活性なケース 【特徴】• 便秘または下痢だ• オナラが臭い• 肉や脂っこいものを食べた後に起こる お腹がガスで張って苦しい、さらに、 オナラが臭い場合は悪玉菌の活性が高まってる可能性が高いです。 にんにく、ニラ、玉ねぎなど硫黄分の多いものを食べた場合は悪玉菌に関係なくオナラが臭くなります。 オナラについて詳しい記事は 下痢や便秘を伴ってる場合も腸内フローラのバランスが悪玉菌優勢になっていると考えられます。 悪玉菌が好む、脂肪分や動物性タンパク質、糖質の多い食べ物を控え、 善玉菌が好む食物繊維やオリゴ糖、発酵食品を摂り入れ腸内環境を整えましょう。 善玉菌が高活性なケース 【特徴】• 食物繊維やオリゴ糖、発酵食品を食べた時に起こる• オナラが臭くない• 腸内フローラが乱れている 善玉菌でも急激に活性が高まるとお腹の張りの原因になります。 一時的な膨満感ならむしろこちらのケース方が多いかもしれません。 いうなれば善玉菌の暴走ともいえるこのケース、 特徴は、食物繊維やオリゴ糖の多い食品、発酵食品など善玉菌が好むものを食べた後に起こること。 また、オナラも臭くないことです。 善玉菌が発生させるガスは二酸化炭素や水素など無臭なもの こういった暴走は善玉菌が栄養不足で飢餓状態になってるときに起こりやすいそうです。 なので、 暴走を予防するには普段から食物繊維やオリゴ糖など善玉菌の好物を十分に与え、善玉菌を飢餓状態にしない対策が有効。 私自身も「ワカメが入った酢の物」で必ずお腹がボコボコ張ってくる体でしたが菌活を続けた結果、今ではお腹が張ることがなくなりました。 【原因2】腸内ガスの出が悪い(便秘/腸機能の低下) 腸内細菌が発生させるガスが少量でも 定期的にオナラを出さないとお腹に溜まってガス溜まりの原因に。 腸内ガス(オナラ)の出を悪くするのが便秘や腸機能の低下です。 便秘の場合、大腸の出口付近のS上結腸や直腸のあたりに便が硬く固まりやすく、それがまるで栓のように蓋をしてしまうのでオナラが出しにくくなってしまいます。 「わたし便秘じゃないのに・・・」というなら腸機能の低下が原因かもしれません。 お腹が健康な状態の時はぜん動運動という腸の収縮運動が適度に働き、腸の中で発生したガスを出口まで送り届けてくれています。 毎日ストレスを溜めた生活をしていたり、日常的な下剤の常用、低食物繊維な食生活をしていると腸の元気がだんだんなくなってきてぜん動運動が鈍くなり、ガスを排出が滞りお腹の張りの原因になります。 【原因3】呑気症(空気をたくさん飲み込んでしまう) 食べ物や飲み物を飲み込む時やツバを飲み込む時、ある程度の空気も一緒に飲みこんでいます。 「ある程度」なら問題ないですが、クセや入れ歯の不具合などでたくさん空気を飲み込みすぎ、お腹の張りの原因になってしまう人がいます。 このタイプは 呑気症(どんきしょう)や空気嚥下症(くうきえんげしょう)などといわれ、全国に数百万人の方がいると言われています。 【呑気症の原因になるもの】• 歯を噛みしめるクセ• 義歯が合っていない• ストレスやうつ• うつむき姿勢が多い• 食べ方のクセ 呑気症の場合、原因が食べ物ではないので、食事とは別のアプローチで対策が必要です。 呑気症は消化器科など病院でも診察してます。 「もしかして」と思い当たる節がある方はお医者さんに相談を。 スポンサードリンク お腹が張る食べ物アンケート結果 さあ、お待たせしました!アンケート結果の発表です。 数が多いのでまずはグラフにまとめてみました。 「オナラといえば焼き芋」ってイメージは根強いですが、やはり芋はお腹の張りの原因になる食べ物でもトップという結果に。 ただ、2位の豆類も結構な票を獲得しています。 体に良さそうな海藻や野菜、乳酸菌なんて回答もありますね。 「炭酸飲料でお腹が張る」という回答も多数いただいてたのですが趣旨が若干ズレるので除外させていただきました。 炭酸となるとゲップを出せるか出せないか?って話になっちゃうので。 それでは、それぞれコメントを頂いてるので紹介しますね。 食べ過ぎたのかと思ったけど、いつまでたってもお腹が張って苦しくて夜まで膨満感が続きました。 どうやら天然酵母が私のお腹には合わなかったみたい。 とても美味しいパンなのに、次食べるのをためらっています。 まとめ いかがでしたか?人それぞれお腹が張る食材には違いがあるって不思議ですよね。 たとえ家族であっても腸内フローラの組成は違うといいますが、その影響の大きさを物語っているようなアンケート結果でした。

次の