マジック ザ ギャザリング 高額 カード。 MTGモダンを代表する高額カード徹底まとめ

MTGモダンを代表する高額カード徹底まとめ

マジック ザ ギャザリング 高額 カード

・実際なにが高く売れるの?• ・持ってるカードを売りたいけど価格はどれくらい?• ・最新の買取価格の上位が知りたい! など、カードが高いのか安いのかは気になりますよね。 ここでは MTG マジック:ザ・ギャザリング の買取価格ランキングを紹介していきます。 当社調べ2020年1月時点 現時点で 査定額10,000円以上のカードとなっています。 MTG マジック:ザ・ギャザリング をプロの査定士が買取を行っているお店が公開する最新のランキングになります。 もし、手元にあるならば一度査定をしてみるのもいいかもしれません。 【今回の記事の内容】• ・MTG マジック:ザ・ギャザリング の買取価格ランキング トレトクでは プロの査定士がMTGの査定しています。 ・高価なカード1枚でも• ・価格がつくかわからないカードをまとめて どちらも 仕分けの必要なく一緒に送ることができます。 収録されたパックは下記の3つですが、ワールドウェイク版が1番高額です。 英語版はもちろん2016年に『エターナル・マスターズ』で登場した正式な日本語版も高額カードとして取引されています。 「都、トレーター」の名で親しまれています。 このカードが 高値で取引されている理由は、再録禁止カードであることや、優秀なマナ加速手段として用いられているからです。 日本語版、英語版どちらも高値で買取されるでしょう。 このカードは MTG史上最強クラスの打ち消し呪文といわれ、マナを支払う必要がないので超強力なカードです。 2016年6月10日発売の『エターナルマスターズ』で日本語版が初めて登場しましたが、英語版、日本語版どちらも高値で買取されること間違いないでしょう。 このカードが 高額で取引される理由としては、0マナで出せるお手軽なマナ加速手段であり、コンボパーツとして非常に優秀である点が挙げられるでしょう。 基本的には高額で買取されますが、スリーブを使っていない状態も多々あるカードなので状態がいいとかなりの買取価格が期待されるカードになります。 トレトクでは プロの査定士がMTGの査定しています。 ・高価なカード1枚でも• ・価格がつくかわからないカードをまとめて どちらも 仕分けの必要なく一緒に送ることができます。 なんといっても マナ加速能力が最大の強さであります。 また、再録禁止カードでもあるので自ずと高額なカードになっています。 モックスと名のつくカードは全てで5枚あり主にマナ加速目的の強力なカードとして知られていますが、なかでもこのカードは別格の性能を誇っています。 また、 大会で使用され実績を残したことで、さらに値段が高騰しているので値段はかなり期待できるでしょう。 あまりにも強すぎるため翌年に発売された「リバイズド」を最後に再録禁止となったかなり貴重なカードになります。 デュアル・ランドが収録されたパックは下記4つのみです。 ・アルファ 1993年8月• ・ベータ 1993年10月• ・アンリミテッド 1993年11月• ・リバイズド 1994年4月 古くなればなるほど希少性が高いので高くなりますが、 リバイズドに収録されたカードでもかなり高額となっています。 レガシーでは禁止カード、ヴィンテージでは制限カードになりはしましたが、 希少性が高くデュアル・ランドと同様かなり高額なカードになっています。 まとめ いかがでしたか? MTG マジック:ザ・ギャザリング は基本的に 再録が少ないため、需要のあるカードはすぐに高額になっていきます。 特に マナ加速系のカードはかなり貴重なので、高額で取引される印象です。 また、ここで紹介したカードは高額カードの一部になります。 その他にも高額カードがありますので、専門店に査定を依頼してみてはいかがでしょうか?.

次の

【2020年最新版】マジックザギャザリング(MTG)買取情報まとめ!高額カードとおすすめ買取店もご紹介

マジック ザ ギャザリング 高額 カード

でも好きか嫌いかで言ったら好きと思います。 お金が好きならマジック:ザ・ギャザリングに興味が持てるはず!絶対。 大抵の人はお金に興味があるはずなので、大抵の人はマジック:ザ・ギャザリングに興味を持つ説を水曜日の某番組で取り上げて欲しいと思います(他力本願) お金とマジック:ザ・ギャザリングがイコールというわけではありませんが、興味を持つ1つの指標になって欲しいと思ってこの記事を書きます。 マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)というカードゲームをご存じでしょうか? 1993年に初めて世界に出現したトレーディングカードの原点、それがMTGです。 このMTGのカードには超がつくほど高額なカードが存在します。 プレミアがついてるものが、高額カードに良くなりやすいですよね。 例えば、 世界大会の優勝者に送られるカードとか 何かのイベントで限定配布されたカードとか こんな感じで、特別なアクションがないと入手できないカードが高額になります。 MTGにもそういったカードもあります。 しかし! そんな特別なイベントをクリアするわけでもなく、ただ普通のブースターパックに入っていたカードが超高額になっているのがMTGです。 もちろん、パックから出る高額レアカードって色々なトレーディングカードゲームでも多数存在します。 その値段は大抵1万円から5万円くらいだと思います。 これくらいの値段でも 「え?カードってこんなすんの!?」って思うかもしれません。 ですが、MTGはこれを遥かに上回ります。 今から紹介するカードの値段を見たらびっくりすると思います。 この値段だけで、興味が湧くこと間違いなしです! しかも、 紹介している値段から今後もさらに値上がりする可能性が大いにある! このポイントがあることを踏まえて見ていって下さい。 パワー9ってカード名じゃないんかい! 違うんです、9枚のカードを称してパワー9とMTG界では呼んでいます。 じゃあ、9枚揃ったら高額なのかな?と思うじゃないですか。 違うんです。 エクゾディアみたいな効果ではありません(遊戯王のカードで5枚揃うと勝つやつ) そう、1枚1枚が高額なのです。 この9種類のカードは、MTGが発売された最初のパックに入っていました。 1993年に「アルファ版」として最初のパックが発売されて302枚のカードが収録されています。 あまりにも人気ですぐに売り切れ続出、全く同じ内容で「ベータ版」が発売されました。 その後も同じ内容ですが、カードの枠が白色になって「アンリミテッド」というパックで発売されました。 このパワー9は、1枚につき「アルファ版」「ベータ版」「アンリミテッド版」の3種類が存在します。 3種類のうち価格はもちろん アルファ版 > ベータ版 > アンリミテッド版 となります。 さぁ、今からその9枚の価格を紹介していきます。 Mox Emerald 召喚コスト(0) (T 緑マナを1つ加える マナなしで唱えられるカードです。 タップしたら緑マナを生み出します。 シンプルですがとても強いんです。 強いというか凄く使えるカードで、使い易いカードに部類します。 MTGをプレイするにあたって、呪文を唱える時にはマナというものが基本的に必要となります。 手順としてマナを生み出す土地カードを1ターンに1枚出せるルールなのですが、このカードは土地ではない種類になります。 なので、1ターンに何枚でも出して良いカードです。 要するにマナを生み出すカードを1ターンに1枚以上出せるということです。 基本ルールをぶっ飛ばしたカードなのでとても強力なのです。 MTGはカードが色分けされていて、その色に対して専用のマナが必要です。 このカードは緑のカードを出すために必要なマナを生み出すことができます。 その他に、色は赤、青、黒、白とあります。 その色それぞれにMoxは存在します。 Mox Pearl(モックスパール) 参考販売価格 ・130万円 (アルファ版) ・90万円 (ベータ版) ・45万円 (アンリミテッド版) 130万!上がりましたね~。 やっぱり魅惑の黒は高いんでしょうか。 というわけではないのですが、このカードは黒のマナを生み出す効果です。 黒のカードは、このカードが使われるルールでは他の色に比べて頻度が高いことから少し値段が上がってると思います。 例えば、「暗黒の儀式」という1マナでターン終了まで黒3マナを出すカードがあります。 このカードを組み合わせれば、1ターン大量マナが生み出すことが可能になりゲーム展開がかなり有利になるのです。 やっぱり貴重の中でも、需要がある方が高いんですね。 そのプレイヤーはカードを3枚引く。 カードゲームにおいて手札を増やす、ドローをすることは非常に大事になってきます。 手札が潤っていた方が、戦術が広がるじゃないですか。 そう考えると3枚カードを引くというシンプルな効果がとても強いことが分かります。 しかも、これ1マナで使えるのがヤバイんです。 このシンプルなカード効果を超えるカードは現在まで出てきていません。 同じようなカードでもすべて、このカードに劣るように作られています。 それだけ強力過ぎたカードということです。 さて、次がパワー9最後のカードとなります。 これまでのパワー9はいわば前座みたいなものだったかもしれません。 100万から160万が前座・・・ なんか1枚だけ飛び抜けているのがパワー9の中にあります。 それが、今から紹介するカードです! Black Lotus 参考販売価格 ・600万円 (アルファ版) ・400万円 (ベータ版) ・200万円 (アンリミテッド版) ・・・やばくない? 600万ですよ?このカード、普通に販売されていたパックに入っていたんですよ? めっちゃ夢があると思いませんか? MTG興味ない人でも、この価格見たら凄いと思いますよね。 ブラックロータスは全MTGプレイヤーの憧れのカードです。 (おそらく) ちなみに、このブラックロータスの原画が以前に7億円で取引きされていました(笑) 7億円!! 宝くじかよ。 ここまで、値段がつくのはやっぱり欲しい人がいるということですね。 そして、その値段でも買ってしまう人がいるということだと思います。 さすが世界規模のトレーディングカードゲームです。 0マナで召喚できて、1度だけ好きな色のマナを3つ出せるぶっ壊れ性能なカードです。 好きな色なのでどのデッキにも採用できる点が、このカードの良さを引き立てます。 MTGにおいてマナはゲーム上無くてはならないものです。 それがノーリスクで3つも出せることは、おかしな出来事なのです。 パワー9という高額カードがあるMTGに、興味持ってくれたことに感謝 ここまで読んで頂きありがとうございました。 それがここまで高騰しちゃっているんです。 もう骨董品みたいな扱いになっちゃいますね。 将来の資産投資として、今から購入できるのであればした方が良いカードたちです。 一般的には手が出せない金額ですけどね。 しかし、MTGのカードはパワー9だけではありません。 まだまだ手に入る値段で、パワー9のように高騰していくカードはたくさんあると思います。 どうですか? この高騰の可能性が高いカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリング。 楽しく遊べるだけではなく、将来高騰するかもしれない楽しみまでついてくるんですよ? 遊んでみる価値はあると思います! 興味を持っちゃった人はやってみて下さい! MTGを扱っているカードショップに行くと無料でデッキを貰えます。 公式サイトでもMTGの始め方やデッキが貰える店舗など紹介されています。 カードコレクションに必須アイテム!サプライ製品まとめ記事 パワー9 一覧表 9枚まとめちゃいます!一覧で見たい人もいると思ったので! Black Lotus ・600万円 (アルファ版) ・400万円 (ベータ版) ・200万円 ( アンリミテッド版) Ancestral Recall ・150万円 (アルファ版) ・90万円 (ベータ版) ・55万円 (アンリミテッド版) Time Walk ・120万円 (アルファ版) ・90万円 (ベータ版) ・50万円 (アンリミテッド版) Timetwister ・100万円 (アルファ版) ・80万円 (ベータ版) ・55万円 (アンリミテッド版) Mox Sapphire ・160万円 (アルファ版) ・110万円 (ベータ版) ・55万円 (アンリミテッド版) Mox Jet ・130万円 (アルファ版) ・90万円 (ベータ版) ・45万円 (アンリミテッド版) Mox Ruby ・110万円 (アルファ版) ・80万円 (ベータ版) ・40万円 (アンリミテッド版) Mox Pearl ・110万円 (アルファ版) ・80万円 (ベータ版) ・40万円 (アンリミテッド版) Mox Emerald ・110万円 (アルファ版) ・80万円 (ベータ版) ・40万円 (アンリミテッド版).

次の

【ブラックロータス事件】BIGMAGIC秋葉原店によるMTG高額カード誤販売の真相

マジック ザ ギャザリング 高額 カード

<MENU>• マジックザギャザリング(MTG)最強の「パワー9」とは? パワー9とは、マジックザギャザリングがスタートした頃から存在する、他のカードを圧倒する強さを持つ最強カードの総称です。 MTGの最強カードと呼ばれるこのパワー9は名前の通り 9種類存在し、• 【Black Lotus】ブラックロータス• 【Ancestral Recall】アンシェストラルリコール• 【Time Walk】タイムウォーク• 【Timetwister】タイムツイスター の4枚と• 【Mox Pearl】モックスパール• 【Mox Sapphire】モックスサファイア• 【Mox Jet】モックスジェット• 【Mox Ruby】モックスルビー• 【Mox Emerald】モックスエメラルド のMOX(モックス)と呼ばれるカード5枚の計9枚となっております。 それぞれがMTGファンの中ではとてつもなく魅力的なカードとして知られていますが、 今回はそんなパワー9の魅力に迫っていきたいと思います。 また、パワー9のうちMOX(モックス)と呼ばれるカードについては そのあまりの強さを調整した「調整版」カードもいくつか登場しています。 下記の記事にて詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。 当初はゲームバランスもまだまだ調整不足であり、パワー9は目立ったカードとはなってはいませんでしたが、 カードの枚数も増え始めた頃から少しづつパワー9の強さが明確になり、今では 再録禁止リストに掲載されるほどの最強カードに。 現在使用できるは最も制限の緩い「ヴィンテージ」のみで、それでも一枚しかデッキに入れることはできません。 現在でもその希少さからカードの人気は非常に高く金額も上がり続けており、パワー9の中の1つ「ブラックロータス」は 1000万円以上の金額で取引されることもあります。 また、パワー9はその後のベータ版、アンリミテッド版でも収録されましたが、一番価値があるのは最も古い「アルファ版」に収録されたものとなります。 パワー9のカードの状態と買取価格について パワー9の多くは、初期カードまたは再録禁止カードになっているため、カードの状態がニアミント以上(ニアミント、ミント、ジェムミント)なら数万円以上の値段がつきます。 未使用であれば数百万円の値段がつくこともあり、中でもブラックロータスは1000万円を超える値段が付いた例もあります。 ニアミントとはカードの状態を表したマジックザギャザリングの用語の1つで、カード状態をすべて下記したので、参考にしてください。 ジェムミント 最高の状態。 基本的に鑑定済みのカードに対してのみ用いられ、パック開封直後であってもこの状態に該当するものは少ない。 そのため非常に価値が高い。 海外ではPristine 無垢 と呼ばれることもある。• ミント ほぼ最高の状態。 トラブルを避けるため、基本的に鑑定済みのカードに対してのみ用いられる。 これによってミントと考えられるカードでもニアミントとして扱われることがある。• ニアミント パック開封直後のカードの多くはこの状態。 僅かな傷やスレあるいはセンタリングや印刷のむらがある。 店で売られているシングルカードはこの状態に該当するものが多い。 透明スリーブに入れてゲームに使用することも可能である。• エクセレント 目立つ傷、スレが存在する状態。 ゲームに使用したカードの多くはこの状態に該当する。 ゲームに使用する場合はカラースリーブの使用が推奨される。• ベリーグッド 目立つ傷、スレが存在する状態。 エクセレントより状態が悪い。• グッド 傷、スレがかなり存在する、日焼け等で色味が失われている、極端にセンタリングがずれているカード等が該当する。 トレードにはあまり向かない。 ゲームに使用する場合、カラースリーブの使用が必須である。• プア 折れている、破れているなどの最悪の状態。 カラースリーブを用いてもゲームでの使用に支障がある場合もある。 また、MTGのカード状態による価値の変動については、下記の記事をご参照下さい。 パワー9【四天王】 【Black Lotus】ブラックロータス テキスト: T ,Black Lotusを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ3点を加える。 まずはMTG界の象徴と言っても過言ではないカード「ブラックロータス」。 0マナから3点もの好きな色のマナを生み出せる、まさに 最強のアーティファクトカードです。 そのデザインにも人気はあり価格は 数百万、状態の良い物であれば数千万円の価格でやりとりされることもあるほど。 プレイヤー、コレクターに関わらず多くの人を魅了していることから、その価値は今も上がり続けています。 アルファ版参考価格 ベータ版参考価格 アンリミテッド版参考価格 1800万 500万 100万 また、ブラックロータスについては下記の記事でも詳しく解説しておりますので、参考にして下さい。 そのプレイヤーはカードを3枚引く。 2つ目は青のパワー9。 たったの1マナで3ドローでき、しかもインスタントというずば抜けた性能を誇るカードです。 MTGはどんなに強いデッキを構築しても手札にカードがなければゲームを有利に進めることはできないので、ドロー系のカードはコストが高いことが多いですが、 コストの低いこのカードはとても強力。 対象もプレイヤー1人なので相手に使うことでライブラリー破壊にも使えるので 、当時の青を含むデッキにはまず入れないと勝てないとまで言わしめるパワー9です。 アルファ版参考価格 ベータ版参考価格 アンリミテッド版参考価格 130万 70万 30万 【Time Walk】タイムウォーク ソーサリー 各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。 その後、カードを7枚引く。 (その後、Timetwisterをそのオーナーの墓地に置く。 ) 手札補充と墓地の再利用ができるパワー9。 自分の手札を回復できるのも大きなメリットですが、 対戦相手の手札をリセットできる事も非常に強力。 相手の戦略を一気に崩すこともできるので、その応用性は多岐に渡ります。 しかし対戦相手と自分の両方に効果が作用してしまいますので、デッキによっては採用されない場合もあったようです。 アルファ版参考価格 ベータ版参考価格 アンリミテッド版参考価格 110万 60万 30万 パワー9【MOXシリーズ】 下記に紹介するのはMOXと呼ばれるシリーズのものです。 0マナでカード毎にそれぞれの色のマナを生み出せるアーティファクトカードであり、 土地ではないので1ターンに場に出せる枚数に制限はないことから爆発的な加速を生み出します。 【Mox Pearl】モックスパール T : 緑 を加える。 アルファ版参考価格 ベータ版参考価格 アンリミテッド版参考価格 120万 80万 40万 パワー9の他にこんなユニークなカードも? 実は、マジックザギャザリングは累計で 10,000種類以上のカードが存在しているといわれ、その頂点を極めたのがパワー9です。 それと、10,000種類あるということは、それだけユニークなカードも多いことを意味しています。 ) _____ クリーチャー多相の戦士 このカードのカード名は、あなたが選んだ名前になる。 この能力はいつでも、どこでも使用できる。 そのプレイヤーは、そのドリンクをあなたのために取ってくる。 エラッタ:あなたはそのドリンクに必要なあらゆるコストを支払う。 Gleemax 1000000 伝説のアーティファクト あなたはすべての呪文や能力のすべての対象を選ぶ。 欲しがる人が非常に多いのに市場に出てこないカードは業者としてものどから手が出るほど欲しいので、買取価格リストにいくら以上で買い取るかを明言している例がよく見られます。 もちろんカードの状態にもよりますが 、数万円以上で買い取ってもらえるものもあるので、チェックしてみるとよいでしょう。 MTG高額カードの買取を依頼するなら? MTGのカード買取の依頼をするならトレトクがおすすめ。 トレトクは利用者数は160万人を超えるMTGを含めたトレカ買取の専門店で、トレカの高額買取に力を入れています。 またトレトクには、• 査定料・送料・梱包キットが無料• 申込み方法が簡単で手間がかからない• スリーブやバインダーに入れた状態で買取出せる といった特徴があり非常に使いやすいです。 買取に出したいMTGカードがある!という方はぜひ利用してみて下さい! また、下記記事にはトレトクの買取を実際に利用してみた体験談も記載されていますので、参考にして下さい。 MTGカードには他にも魅力的なカードがたくさん存在するので、皆さんもぜひ探してみてくださいね!.

次の