真面目屋。 真面目な頑張り屋さんほど要注意!「認めてもらえない」悩みがWithコロナで加速する

料理写真 : 真面目屋

真面目屋

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。 は、コロナによってずっと外出自粛という社会の流れに沿い、仕事も出勤からテレワークなどに変化したことで、外部からの指示のため選択の意思を失ってしまう「学習性無力感」についてお話させていただきました。 今回は、より意欲的に行動をしていた人が陥る、 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」というメンタル不調についてお話させていただきます。 真面目な人ほどかかりやすい「燃え尽き症候群」 「燃え尽き症候群」という言葉は、皆さんどこかで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 一般的に広まっている認識は、自身の課題や目標を達成した方が次の目標を見つけることができずに無気力になってしまう、というものだと思います。 しかし、今は社会人のメンタル不調として「燃え尽き症候群」は心理学の中では周知されています。 今の「Withコロナ」、または「Afterコロナ」では、この「燃え尽き症候群」を患う方が増えると予想されているからです。 今までずっと仕事を意欲的に続けた人にとって、コロナ禍での自粛生活は大きな壁となります。 環境的要因(コロナが原因の経営不振による業務縮小、通勤からリモートワークなど、職場環境の変化)によって、以前の自分の場所が奪われてしまったり、評価が見えにくくなったことがきっかけだと考えられます。 「もう自分ができることはない」といった諦めが芽生えてしまうのです。 そして、その諦めは「無力感」につながり、放置してしまうと状態は悪化していきます。 進行度合いが強くなると絶望感が芽生え、仕事を手放してしまうことを選択する人も出てきます。 仕事の変化はあなたのせいではない 今までの居場所、やる気の源になっていたものを失ってしまったと思い込んでいる方に、考えてほしいことがあります。 それは、 あなたのせいではない、ということ。 コロナという環境要因によって、見えにくくなってしまっただけなのです。 人は気分が沈んでいる時ほど、さまざまなことをネガティブに考えてしまい、物事の捉え方を一方向からしか見えなくなってしまっています。 そんな時は 「リフレーミング」という、視点を変えて物事を見直すことを実践してみてください。 「リフレーミング」は実際に心理カウンセリングで使われている方法のひとつ。 今の物事を見る枠組み(フレーム)を、別の枠組みで見直すこと(リフレーム)を意味します。

次の

(COMIC1☆13) [真面目屋 (isao)] 月火水木金土日 11 (美少女戦士セーラームーン)

真面目屋

1 丷• 4,860 views• 3,770 views• 3,340 views• 2,350 views• 2,200 views• 2,030 views• 1,870 views• 1,860 views• 1,790 views• 1,750 views• 1,670 views• 1,520 views• 1,480 views• 1,470 views• 1,420 views• 1,350 views• 1,340 views• 1,330 views• 1,300 views• 1,180 views• 1,120 views• 1,100 views• 1,090 views• 1,080 views• 1,070 views• 1,060 views• 1,040 views• 1,040 views• 1,000 views• 960 views• 950 views• 940 views• 860 views• 800 views• 780 views• 770 views• 760 views• 750 views• 750 views• 750 views• 730 views• 710 views• 700 views• 700 views• 700 views• 690 views• 690 views• 660 views• 660 views• 660 views•

次の

(COMIC1☆13) [真面目屋 (isao)] 月火水木金土日 11 (美少女戦士セーラームーン)

真面目屋

【結論】もう充分あなたは価値のあるすばらしい人ですよ ボクらはどうしても『まだまだダメだ』『もっと上手くならないと』『もっともっと、、、』というように向上していくことが人生の目的になってしまいがちですよね。 もちろんそれはとても大切なものでもあるのですが、心屋さんは書籍の中で『前提』を変えましょうと言っています。 つまり『ダメなやつ』のではなくて『すごいやつ』にする。 欠乏感からがんばるんじゃなくて、自己肯定感からがんばるイメージ。 自分はこのままでもすごいんだと決めてしまうということ がんばらなくても自分には価値がある 自分の評価は誰かが決めるものじゃない 自分の評価は自分で決めていい (参考書籍:心屋仁之助『がんばっても報われない本当の理由』) ボクはこれまで評価というのは『誰か』にされてはじめて評価だと思っていました。 もちろんそのようなものもありますが、自分に対する内面的評価については自分で決めていいわけですね。 要は『自分はすごいと思ってるから自分はすごいんだ』 これでいいってこと。 これが内面的評価の前提が『自分はダメなやつだ』だとどうしても他者に評価を求めてしまいますよね。 「私ってすごいですかね?」なんて具合に。 そうじゃなくて自分で自分の価値を決めてしまう。 自分を自分ですごいと思えるから、もう人からすごいと思われる必要もない。 卑屈になる必要もない。 偽物の謙虚もいらない。 (参考書籍:心屋仁之助『がんばっても報われない本当の理由』) 注意点:努力するのをやめるって話ではない これはボクの意見なのですが『自分はすごいんだ』ってなって、だから何もしなくてもいいんだーは違うのかなって思ってます。 やっぱり努力はある程度必要なのかなと。 ただし、『ダメだから努力する』を『充分すごいからさらに良くなろう』ということなのかなと感じました! なぜがんばり続けるしかなくなってしまったのか? ではなぜボクも含めて真面目な人はがんばり続けるしかなくなってしまったのでしょうか? 心屋さんは書籍の中でこう解説してくれています。 頑張っても頑張らなくても、失敗しても問題を起こしても、親が無条件で自分の存在を認めてくれていたら、ボクたちはこんなにヘトヘトになるまでがんばり続けなくても良かったのかもしれません。 (引用元:心屋仁之助『がんばっても報われない本当の理由』) つまりボクたちはもしかすると小さい頃に親から条件付きでしか褒めてもらえなかった。 努力を評価してもらえなかった。 結果しか評価してもらえなかった。 失敗をしたり問題を起こすと人格を否定されてきた。 親に認めてもらいたくて、褒めてもらいたくてがんばり続けてきた。 親に拒絶されるのが怖くてがんばることをやめることができなくなってしまった。 真面目で成長意欲の高い人が陥りやすいパターンとは? 真面目で成長意欲の高い人は自分で自分の欠点をみつけ、改善しようとがんばり続けてしまう (引用元:心屋仁之助『がんばっても報われない本当の理由』) もしかするとボクらは自分の欠点を探す達人になってしまっていたのかもしれません。 良い部分がたくさんあるのに、そこには目を向けず、自分の欠点を自分で探してきて「あーここもだめだよ私は」ってなって「もっとがんばらないと」ってなってた。 もっとがんばって欠点のない人間にならないとと躍起になっていた。 sponsored links なぜ『自分には悪いことばかり起こる」となってしまうのか? それはきっと全章でお伝えした『自分の欠点探し』の延長の問題ではないかなと思うんです。 自分の欠点を探してるという行動は『ネガティブ探し』の側面もあると思います。 自分の良い面は目もくれず必死に悪い部分を探してしまうわけです。 この思考パターンが『日常の悪いことにフォーカスする力』をアップさせてしまっていたのではないかと思うんです。 悩みの多い人は、別に人より不幸の数が多いわけではない。 単に、悩みやすい思考パターンを持っているだけだ。 (引用元:藤屋伸二『D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」』宝島社) だから「自分には悪いことばかり起こる」ってなってしまう。 自信は引き算でつくるもの じゃーボクらはどうすればいいのか?その答えはこちら。 自分を好きになる方法は誇れる自分になることと考えてしまう。 だからがんばってがんばって努力する。 けどどんなに頑張っても上には上がいるからいつまでも自信がつかない。 自信は足し算ではつかないのです。 むしろ引き算でつける。 資格もない、長所もない、弱い自分、ダメな自分でもそれでいいんだと思う。 条件のない自信を持つ。 こんな自分でもすごいんだというところで自信がつくのです。 (参考書籍:心屋仁之助『がんばっても報われない本当の理由』) 自己肯定感とは自分の弱い部分も含めて自分を好きになること。 心屋さんが言っていることはこれに近いなって思いました。 『今のままでも充分すごいんだ』 ダメな自分でも充分すごいんだ。 評価のためではなく自分のためにがんばれる! 『今のままでも充分すごいんだ』 そう思うことができるようになれば冒頭でも紹介したように、自分で自分を評価できるようになる。 すると『誰か』からの評価が必要なくなる。 するとどうなるか? ボクはこう感じました。 評価のためではなく、純粋に自分のためにがんばれるようになる これはいわば自己満足の世界かもしれません。 けどそれでもいいのではないかと思うんです。 好きなことを純粋に自分のために没入してやる。 評価されることが目的ではなく、自分のためにがんばりつづけることができる。 この能力をボクも今後つけていきたいなと思いました。 まとめ:自分はすごいよね 『自分はすごいんだ』 ボクらは頑張ってきた。 一生懸命自分の欠点を見つけてきて 頑張ってなくそうなくそうと自分にダメ出しをし続けてきた。。 けどもしかしたらそれは誰かに評価されるためだったのかもしれません。 もちろんそれも大事なことですが、これからは『誰かに評価されるため』よりも『純粋に自分のため』に頑張れるようになりたいなって思いました。

次の