サイレント ブラス。 PCでの録音方法について。

PCでの録音方法について。

サイレント ブラス

ヤマハ・サイレントブラス~新型 vs 旧型の比較 このサイレントブラス、現在は2代目で、旧型よりもかなり軽量コンパクトになりました。 左が新型、右が旧型。 上が新型、下が旧型。 (写真出典:) 私がトランペットを再開しようとした時、もしまだ旧型のままだったら、再開を断念していたと思います。 さて、これを買う時、もう一つのミュートと比較検討しました。 それが、ベストブラスのイーブラスです。 当時は3代目のイーブラスIIIでした。 ベストブラス・イーブラスとどっちがいいの? ベストブラスは、ヤマハの金管楽器のチーフデザイナーだった濱永晋二氏が1999年に創業した会社です。 そして濱永氏はサイレントブラスの開発者でもあります。 なので、時々車中などでオープン(ミュートなし)で練習しています。 オープンで練習しているとわかるのですが、サイレントブラスは、ヤマハの言うとおり、オープンに近い音質に聞こえます。 巷で言われている抵抗感ですが、私はそんなに抵抗感が強いとは思わず、オープンとの相違感、違和感はあまり感じません。 ピッチについては、確かにオープンよりも悪いですが、巷で言われているほどひどいものではなく、私には全く許容範囲内です。 音量は、演奏者以外にはささやき声程度にしか聞こえず、テレビやラジオの音よりも小さいので、夜中でも家で練習することができます。 サインレントブラスの問題点はただ一つ、使うのが面倒くさいことです。 まずピックアップミュートという本体をトランペットのベル内に装着し、これとパーソナルスタジオというアンプにコードで接続、さらにこのパーソナルスタジオにイヤホンを接続して使用します。 このセットアップ(配線)がまず面倒。 パーソナルスタジオは、演奏時はポケットなどに入れなければならず、演奏の途中で休憩して楽器を置く時などに、一緒にポケットから出さなければなりません。 これがまた面倒なのです。 イーブラスIVを購入! この面倒くささがあるがゆえに、トランペットを練習する意欲が半減してしまうので、何とかならないものかなぁ?と思っていたところ、最近になってベストブラスの新型が発売になったことを知りました。 イーブラスはサイレントブラスに比べて、配線が単純なので、使いやすいと思われました。 さすが、ヤマハと言ったところ。 対するベストブラス・イーブラスは質素なダンボール箱です。 この方向から見ると、デザイン以外の違いがよくわかりません。 ミュートですから、同じような形をしています。 左がサイレントブラス、右がイーブラスIV。 全長はイーブラスIVの方が短いです。 ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積は、イーブラスIVの方が広くなっています。 外観だけでは甲乙つけがたいです。 配線 サイレントブラスは、ミュート本体(ピックアップミュート)にアンプ(パーソナルスタジオ)を接続し、そこにイヤホンを接続します。 この配線が面倒くさいです。 電池は単3電池2本をパーソナルスタジオ内に入れて使用します。 対するイーブラスIVは、ミュート本体にアンプが内蔵されており、直接イヤホンを接続します。 非常に単純な配線となっており、使いやすいです。 電池は単4電池2本をミュート内に入れて使用します。 ミュートを付けたままケースに収納することが可能です。 ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積がやや小さいので、ギュッと押し込まないと、演奏中に外れやすいです。 これに対し、イーブラスIVの方は、本体がベルの先端から飛び出しています。 ミュートを付けたままケースに収納することはできません。 ただ、ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積が大きいので、摩擦係数が大きく、外れづらいです。 ミュートを付けたままケースに収納することは、錆の原因になりかねないので、私はしていません。 見た目はサイレントブラスですが、演奏している側からすれば、外れづらい方がいいので、イーブラスIVの勝ちですかね? 重さ サイレントブラスの重量は68gです。 これはBachの一般的なマウスピースよりも軽いです。 楽器に装着しても、あまり重さを感じません。 対するイーブラスIVの重量は106gです。 これは単4電池2本を入れた状態での重さです。 Bachの一般的なマウスピースよりも重く、楽器に装着すると重さを感じます。 ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積が大きいのは、重さで外れやすくなるのを防ぐためかもしれませんね。 さすが、サイレント楽器を数多く手掛けているヤマハといった感じです。 ピッチ(音程)が悪くなるのは、ミュートの特性上仕方ないと思いますが、よくコントロールされていて、私には許容範囲です。 (具体的には、低音のピッチが上ずり、逆に高音が下がり気味に感じます) 対するイーブラスIVは、驚いたことに、ヤマハ以上にピッチが悪いです。 特に低音では1音(2度)くらい上がっているのではないかと思うくらい、音が高くなります。 音質はヤマハほど洗練されておらず、こもった音、かすれた音がします。 音量やエコーを調整しても、求める音になりません。 本来のトランペットの音ではありません。 演奏していて不快になります。 取り回しが非常に楽なだけに、非常に残念です。 ヤマハ・サイレントブラスがおすすめ! 当たり前のことですが、ミュートなんて付けないで練習するのが上達への近道です。 しかし、住宅事情等でオープンでは演奏できない人は多いでしょうから、どうしても練習用ミュートが必要な時は、私はヤマハ・サイレントブラスをお勧めします。 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の

YAMAHA ( ヤマハ ) >SB7X サイレントブラス トランペット 送料無料

サイレント ブラス

出版の経緯 [ ] の春に、著者の南による「境訪問クリニック」と題した長編小説の原稿が人を介して編集者のもとに届けられる。 現役医師が執筆した「看取り専門の女性医師」を主人公とする作品という点に興味を抱いて手に取った編集者は、医師ならではのディテールのリアルさ、面白さと文章の上手さから読み進め、著者が訴えたい「」の在り方への強いメッセージに胸打たれて本作の出版を決意する。 同年6月からおよそ2年かけて打ち合わせが行われ、連作形式にしたり要素を入れたりするといった改稿が施される。 当初から「看取りのカルテ」という仮タイトルがつけられていたが、南のメッセージをオリジナルに表現するものとして、「サイレント・ブレス」というタイトルに決まる。 9月8日に単行本がよりで刊行される。 単行本の装丁は、印南貴行による。 6月21日、南がの『』に出演し、人生の最期の迎え方について語ったところ、大きな反響があったことから文庫化が決まる。 2018年7月12日に『 サイレント・ブレス 看取りのカルテ』と改題し、文庫版がより刊行される。 文庫版の装画は、坂内拓による。 著者の南は、「死は『負け』であるとする考え方のもとで医療に携わっていた時期もあるが、終末期の患者と向かい合う中で徐々に考え方が変わり、その間に学んだことをミステリーも交えて描いたのが本作である」との旨を語っている。 あらすじ [ ] 新宿医科大学病院ので10年間勤務してきた水戸倫子は、ある日、「むさし訪問クリニック」という、在宅で最期を迎える患者を専門としているへの異動を言い渡される。 の近くにあるその診療所に在籍して働き始めた倫子は、初めのうちは、余命いくばくもない患者たちと向き合うことの無力感に苛まれていた。 しかし、による治療を頑として拒絶する患者である知守綾子や、無理に生かされたくはないとチューブを使って流動食を胃に直接流し込む方法であるを拒否する老人、古賀芙美江の他に、の麓にあるの付近で保護された、が疑われる身元不明の少女や、22歳の患者、天野保など、さまざまな患者と向き合っているうちに、を行うことの重要性に気付いてゆく。 ブレス1 スピリチュアル・ペイン 知守綾子(45歳) 乳癌末期 この節のが望まれています。 水戸倫子(みと りんこ) 医師。 37歳。 大河内仁(おおこううち ひとし)。 むさし訪問クリニックの管理責任者(スーパーバイザー)。 亀井純子(かめい じゅんこ) むさし訪問クリニックの医療事務スタッフ。 「亀ちゃん」と呼ばれている。 武田康介(たけだ こうすけ) むさし訪問クリニックの。 「コースケ」と呼ばれている。 書評 [ ] 小説家のは、「一読して、瞠目すべき作家が出現したものだと唸った」 と評価している。 書評家の吉田伸子は、「生とは、死とは、そして医療とは何か。 大きなテーマと真摯に向き合った、骨太な一冊である」 と評価している。 書評家のは、「エピソードの積み重ねにより、誰もが考えなければならない主題の方へと読者を誘導していく技法が卓越しており、物語としても楽しめた。 新人らしからぬ筆力に脱帽である」 と評価している。 ノンフィクション作家のは、「死という重いテーマがやさしく説得力のある文章で書かれたことで、より深く死を考えさせる」 と評価している。 書評家のは、「『デビュー作としては』という前置きなしで、読み応えがあり、『面白い』とも断言できる」 と評価している。 書評家の東えりかは、「生きている時間を大事にする、そのことをこの小説は教えてくれた」 と評価している。 ダ・ヴィンチニュースには、「多くの患者に向き合い、その生死を見つめてきたからこそ、デビュー作にして心を深く揺さぶる作品が書けたのだろう」「終末期医療を描きつつも、ミステリー仕立てになっているのが面白い」 との書評が掲載されている。 書誌情報 [ ]• サイレント・ブレス(2016年9月8日、、)• サイレント・ブレス 看取りのカルテ(2018年7月12日、、) 脚注 [ ] []• 2016年9月18日. 2018年12月2日閲覧。 編集部 2016年10月27日. 2018年12月2日閲覧。 2018年1月27日. 2018年12月2日閲覧。 幻冬舎. 2018年12月2日閲覧。 幻冬舎plus 2018年7月4日. 2018年12月2日閲覧。 幻冬舎. 2018年12月2日閲覧。 坂内拓. 2018年12月2日閲覧。 幻冬舎plus 2018年7月10日. 2018年12月2日閲覧。 幻冬舎plus 2015年9月. 2018年12月2日閲覧。 2016年10月. ブックバン. 2018年12月2日閲覧。 2016年11月8日. 2018年12月2日閲覧。 2015年9月. 幻冬舎plus. 2018年12月2日閲覧。 東えりか 2015年9月. 幻冬舎plus. 2018年12月2日閲覧。 野本由起 2016年9月14日. ダ・ヴィンチニュース. 2018年12月2日閲覧。 外部リンク [ ]• - (単行本)• - (文庫本) この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

サイレントブラスの使い方と使用した感想

サイレント ブラス

ヤマハ・サイレントブラス~新型 vs 旧型の比較 このサイレントブラス、現在は2代目で、旧型よりもかなり軽量コンパクトになりました。 左が新型、右が旧型。 上が新型、下が旧型。 (写真出典:) 私がトランペットを再開しようとした時、もしまだ旧型のままだったら、再開を断念していたと思います。 さて、これを買う時、もう一つのミュートと比較検討しました。 それが、ベストブラスのイーブラスです。 当時は3代目のイーブラスIIIでした。 ベストブラス・イーブラスとどっちがいいの? ベストブラスは、ヤマハの金管楽器のチーフデザイナーだった濱永晋二氏が1999年に創業した会社です。 そして濱永氏はサイレントブラスの開発者でもあります。 なので、時々車中などでオープン(ミュートなし)で練習しています。 オープンで練習しているとわかるのですが、サイレントブラスは、ヤマハの言うとおり、オープンに近い音質に聞こえます。 巷で言われている抵抗感ですが、私はそんなに抵抗感が強いとは思わず、オープンとの相違感、違和感はあまり感じません。 ピッチについては、確かにオープンよりも悪いですが、巷で言われているほどひどいものではなく、私には全く許容範囲内です。 音量は、演奏者以外にはささやき声程度にしか聞こえず、テレビやラジオの音よりも小さいので、夜中でも家で練習することができます。 サインレントブラスの問題点はただ一つ、使うのが面倒くさいことです。 まずピックアップミュートという本体をトランペットのベル内に装着し、これとパーソナルスタジオというアンプにコードで接続、さらにこのパーソナルスタジオにイヤホンを接続して使用します。 このセットアップ(配線)がまず面倒。 パーソナルスタジオは、演奏時はポケットなどに入れなければならず、演奏の途中で休憩して楽器を置く時などに、一緒にポケットから出さなければなりません。 これがまた面倒なのです。 イーブラスIVを購入! この面倒くささがあるがゆえに、トランペットを練習する意欲が半減してしまうので、何とかならないものかなぁ?と思っていたところ、最近になってベストブラスの新型が発売になったことを知りました。 イーブラスはサイレントブラスに比べて、配線が単純なので、使いやすいと思われました。 さすが、ヤマハと言ったところ。 対するベストブラス・イーブラスは質素なダンボール箱です。 この方向から見ると、デザイン以外の違いがよくわかりません。 ミュートですから、同じような形をしています。 左がサイレントブラス、右がイーブラスIV。 全長はイーブラスIVの方が短いです。 ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積は、イーブラスIVの方が広くなっています。 外観だけでは甲乙つけがたいです。 配線 サイレントブラスは、ミュート本体(ピックアップミュート)にアンプ(パーソナルスタジオ)を接続し、そこにイヤホンを接続します。 この配線が面倒くさいです。 電池は単3電池2本をパーソナルスタジオ内に入れて使用します。 対するイーブラスIVは、ミュート本体にアンプが内蔵されており、直接イヤホンを接続します。 非常に単純な配線となっており、使いやすいです。 電池は単4電池2本をミュート内に入れて使用します。 ミュートを付けたままケースに収納することが可能です。 ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積がやや小さいので、ギュッと押し込まないと、演奏中に外れやすいです。 これに対し、イーブラスIVの方は、本体がベルの先端から飛び出しています。 ミュートを付けたままケースに収納することはできません。 ただ、ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積が大きいので、摩擦係数が大きく、外れづらいです。 ミュートを付けたままケースに収納することは、錆の原因になりかねないので、私はしていません。 見た目はサイレントブラスですが、演奏している側からすれば、外れづらい方がいいので、イーブラスIVの勝ちですかね? 重さ サイレントブラスの重量は68gです。 これはBachの一般的なマウスピースよりも軽いです。 楽器に装着しても、あまり重さを感じません。 対するイーブラスIVの重量は106gです。 これは単4電池2本を入れた状態での重さです。 Bachの一般的なマウスピースよりも重く、楽器に装着すると重さを感じます。 ベルの内側に接する部分(スポンジ)の面積が大きいのは、重さで外れやすくなるのを防ぐためかもしれませんね。 さすが、サイレント楽器を数多く手掛けているヤマハといった感じです。 ピッチ(音程)が悪くなるのは、ミュートの特性上仕方ないと思いますが、よくコントロールされていて、私には許容範囲です。 (具体的には、低音のピッチが上ずり、逆に高音が下がり気味に感じます) 対するイーブラスIVは、驚いたことに、ヤマハ以上にピッチが悪いです。 特に低音では1音(2度)くらい上がっているのではないかと思うくらい、音が高くなります。 音質はヤマハほど洗練されておらず、こもった音、かすれた音がします。 音量やエコーを調整しても、求める音になりません。 本来のトランペットの音ではありません。 演奏していて不快になります。 取り回しが非常に楽なだけに、非常に残念です。 ヤマハ・サイレントブラスがおすすめ! 当たり前のことですが、ミュートなんて付けないで練習するのが上達への近道です。 しかし、住宅事情等でオープンでは演奏できない人は多いでしょうから、どうしても練習用ミュートが必要な時は、私はヤマハ・サイレントブラスをお勧めします。 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の