メルカリ 業者。 メルカリで業者認定されないためにも気をつけたいこととは?

株式会社メルカリについて調べてみた|創業者・事業内容・特徴

メルカリ 業者

メルカリの自動出品ツールで転売 自動出品ツールとはその名の通り、商品の予約出品、再出品、売上管理などを自動化する専用ソフトのこと。 メルカリの商品サムネイルは新着順に表示されるため、新しい商品ほど多くの人の目に止まり、売れやすい仕様になっています。 この表示順位を上げるために役立つのが、こうしたメルカリの自動出品ツールです。 またツールを使うことで複数のアプリに一括出品したり、同時に大量の商品を出品したりすることが可能。 多くの商品を効率的に捌く必要がある転売業者にとって、こうした自動出品ツールは必須でした。 ところが、2016年12月に転売業者たちを震撼させる出来事が起こります。 それが「メルカリショック」といわれる、大規模なツール規制。 アプリのアップデートによって、ほとんどの自動出品ツールが使用できなくなり、多くの転売業者がメルカリから撤退しました。 現在のメルカリは転売のチャンス それでは、メルカリで儲けることは既に難しくなってしまったのでしょうか。 答えはノーです。 小遣い稼ぎでちょっと転売してみたい人にとっては、現在のメルカリは絶好のチャンスといえます。 メルカリの最大の特徴はヤフオク! のような「オークション」ではなく「フリマ」であることです。 メルカリはオークションのような価格競争はなく、購入は早い者勝ち。 そのため人気の商品であれば、わずか数分で売れてしまうことも多いのです。 また、ユーザー層は30代以下の女性が多く、女性モノの衣類や小物が売れやすい傾向があります。 40代以上のユーザーが多いヤフオク! とは、全く異なる市場といえるでしょう。

次の

メルカリで偽物を買ってしまった!?返金を勝ち取る方法を解説する

メルカリ 業者

メルカリの「業者認定」とは メルカリは個人間で行うインターネット上でのフリーマーケットであるため、 業者が収入を得るために活用することは望ましくないと考えられている。 そのため業者が個人の中に割り込んで妨害するようなことがあれば、「業者認定」と呼ばれる措置を取られてしまうことになる。 どのようなものであるのか詳しくお伝えしよう。 業者認定とは 業者認定とは、メルカリを利用しているユーザーの中にいる「不適切な業者」を排除するために、商品の出品を取り消したり、アカウントを凍結したりすることを指している。 何度もお伝えするが、メルカリは原則的には 個人間での売買を行える場であり、インターネット上でのフリーマーケットなのだ。 業者が出しゃばって利益を上げるような行為は、 個人ユーザーを妨害してしまうことになってしまうこともあり不適切と判断されてしまう。 個人ユーザーを守るためにも「業者認定」が存在していると理解すればいいだろう。 しかし業者認定がどのような基準で行われているかについては、メルカリは公にしていない。 詳しくは次の章で利用規約について確認するが、メルカリ自体が「不適切」と判断してしまえば、出品している商品を削除することなどができるようになっているのだ。 メルカリを収入のかなめにしている業者もいると思うので、注意していただきたい。 利用規約から見た業者認定について そもそも「業者認定」という言葉があるくらいだから、「業者はメルカリに登録できない」とインターネット上においてハッキリ記載されている記事を見かけるが、これは少し違う。 メルカリの利用規約を見てみると、ユーザー登録できる基準として「個人」と「指定されている事業者」とはっきりと示されている。 つまり業者はすべて登録がダメで、 業者を見つけたら業者認定してしまうというものではないのだ。 そもそもメルカリの商品を見てみると、明らかに業者による出品だと分かるものもあるだろう。 業者でも出品して良いことはお分かりになるはずだ。 しかし少し視点を変えてみると、仮に業者による出品や購入がダメになってしまった場合でも、個人名で登録してしまうと業者とは分からない。 つまり、個人なのか業者なのか調べることなどできないから、グレーゾーンとして 「指定されている事業者」ならばOKとしているのだろう。 利用規約を読み進めていくと「業者認定」を連想させることも記載されている。 ユーザーの利用を妨害したり支障をきたす行為を行った場合には「 登録拒否」を行うことができるとし、また事前の通知なしにユーザー登録を取り消すこともあるとしているのだ。 この部分が「業者認定」の根拠となるものだろう。 ただし具体的な行為がどのようなものかについては示されていない。 要するにこの部分もグレーゾーンとして、内容に応じて柔軟に対応できるようにしているのだろう。 なぜ業者認定されてしまうとダメなのか リサイクルショップを運営している人であれば周知の事実であるが、中古品の売買によって収入を得続けることは、 古物商しかできない行為である。 古物商許可証を取得していない個人が中古品売買によって利益を得ることは 法律違反になってしまうのだ。 そのためメルカリは利用規約において「転売等の営利を目的とした商品の購入」は認めていない。 これを認めてしまうと、法律違反する人が増え、メルカリ自体が犯罪を助長しているともとられかねないからだ。 古物商許可証とは、警察署において申請・登録を行うものであるが、 盗品が多いといわれる中古市場を効果的に取り締まるためにこのようなルールになっている。 またアーティストのチケットなどを高値で転売する「ダフ屋」についても、 迷惑防止条例違反となることがある。 ただし中古品の売買について、単に個人がいらないものを処分するために出品することや安くてほしいものを購入することは対象外となっている。 犯罪を助長させないためにも、目に余る業者は取り締まっておかないといけないのだ。 業者認定されてしまった場合 出品者が業者認定されてしまうと、利用規約には「登録拒否」や「ユーザー登録の取り消し」を行うことができるとされている。 また 通知することなく行うことも可能となっている。 インターネットで調べてみると、実際に 業者認定によって出品が取り消されているケースは多くあるのが分かる。 事前通告されることなく業者認定されてしまうので、いきなり出品している商品が検索に上がってこない状態となる。 最近、商品の売れ行きがおかしい、「いいね」などの反応がなくなったということであれば、実際に自身で検索してみて調べてみることがいいだろう。 もしも業者認定を受けて、出品登録が削除されてしまった場合、 メルカリに問い合わせてみてもその内容に答えてくれることはない。 あくまで「利用規約に抵触している」というだけのことなのだ。 ではどのような場合に業者認定されるのか、実際に業者認定を受けた情報を集めてみたので読み進めてほしい。 メルカリには業者認定の基準はあるのか メルカリの利用規約をくまなく探してみても、 業者認定の基準については示されていない。 あくまでユーザーの利用を妨害したり、支障をきたす行為を行った場合に対処することがあると示されているだけだ。 このブラックボックス化している「業者認定」について調べてみたので参考にしてほしい。 同一商品や類似商品の大量出品 みなさんは、同じ写真を活用し、同じ文言で販売している商品を見かけたことはないだろうか。 同一商品や類似商品の大量出品は、 業者認定を受けるなかで一番多い理由であるといえる。 大量出品のために、そのジャンルにおいて販売したい個人が妨げられている行為になってしまうからだ。 この大量出品の基準は示されていないので分からない。 10なのか100なのか基準ははっきりしないが、メルカリは常に監視を行っているために確認できれば、それほど多くない出品としても登録拒否してしまう可能性は高い。 もちろん複数同一商品があって、 一つずつ販売するのであればこれは何も問題ではない。 そのように販売するのであれば業者の登録も認められる。 複数アカウントの作成 大量出品ができないのであれば、大量の人が少しずつ出品すればいいのではないかと思うだろう。 もちろん本当に複数の人がいるのであれば、1人1アカウントが認められるために問題なく出品できる。 しかし 個人が複数のアカウントを取得した場合は業者認定となってしまうことがある。 無在庫での転売 同一商品の大量出品や個人が複数のアカウントを持つことができないのであれば、様々な商品を販売しようと考える人もいるだろう。 もちろん常にその商品が きちんと所有されているものであれば何ら問題はない。 しかし中には「売れてから仕入れよう」と考える人もいるはずだ。 売れてから仕入れるのであれば商品を仕入れる必要がなく、余分な経費をかけることなく効率よく収入を得ることができるからだ。 しかしこの 無在庫での転売も業者認定になる一つである。 無在庫なのかどうかについてはメルカリも確認しようがないのだが、商品を自身で撮った画像ではなく、明らかに手元に在庫がないと思わせる内容であれば業者認定される可能性が高い。 いずれにしても「大量出品」は目を付けられるものなのが分かるだろう。 業者認定された場合の対応 業者認定されてしまった場合、どうすれば解除してもらえるのだろうか。 またアカウントの凍結はどのような場合にとられる措置なのだろうか。 その対応についてみてみよう。 業者認定からの回復 業者認定を実際に受けた人を調べてみたが、一時的な措置で不具合があるとみられる部分を改善したら、出品できるようになったというものが多い。 ただし、ある程度の期間は必要なようだ。 出品を行わずに ある程度の期間経過すると出品できるようになったという口コミが多い。 期間についてはまちまちで1週間という人もいれば数か月というものもある。 業者認定を受けた状況によってもこの対応は変わってくるものだと推測することができる。 アカウントの凍結 業者認定を受けたとしても反省して改善するのであれば、またそのアカウントを利用して出品することができるようになる。 しかしまた同じようなことを繰り返してしまうことで、アカウントが凍結されてしまうことがある。 また先に述べた大量出品などを発見した場合に、 一発でアカウントが凍結されたという口コミを見つけることもできた。 みなさんもご存じだろうが、メルカリの商品ページをみると「不適切な商品の報告」というボタンが存在する。 個人ユーザーはこのボタンでメルカリ側に通告することができるので、怪しい行為を行うことはメルカリだけではなく ユーザーからの厳しい目線もあることを理解しておこう。 新規アカウント登録 業者認定やアカウントが凍結されてしまうと、メルカリに問いあわせをしても定型文のメールしか返答がないので、 新規アカウントを取得したほうが早いという記事を見かける。 しかし新規アカウントを作成するには、携帯電話で SMS認証をさせる必要があるため、 同じ携帯番号であれば受け付けてもらうことはできない。 ある程度の期間が経過すれば利用できるとの情報もあるが確かではない。 知人などからアカウントを譲り受けるという情報も見つけたが、これはメルカリの 規約違反である。 なかなか発見されることはないかもしれないが、おすすめすることはできない。 まとめ メルカリの業者認定について詳しくお伝えした。 メルカリは基本的に個人間のサービスであるから、 業者が利用するということであれば個人の域を脱しないことが必要であろう。 あまり目立ったことをすると、メルカリだけではなくユーザーの目線も厳しいからだ。 ヒカカク!で効果的な集客を 買取事業を営んでいるならば、個人間でのやり取りを推奨するメルカリを積極的に利用するのは避けた方がいいだろう。 買取店情報や買取価格などはインターネットで簡単に検索できるため、ウェブサイトを活用して集客を行うのがおすすめだ。 当サイト、ヒカカク!は買取業者に特化した買取比較サイトである。 幅広い買取品目に対応しており、 売却意欲が高いユーザーが多く集まっている。 また、 口コミ評価によってさらなる集客を呼び込める仕組みが特徴だ。 効果的な広告活動を模索しているなら、ぜひをチェックしてみてほしい。

次の

メルカリで中古車売買の普及しない理由-要となる信頼と手数料問題

メルカリ 業者

副業もしくは本業としてせどりを営んでいる人は多く存在する。 その中でも メルカリを利用して収入を得ている人は少なくないだろう。 近年、スマホでのフリマアプリが増え、一般個人においても中古品の売買がとても容易になった。 専門の業者でなくとも、自宅にある不要なものを販売・購入することができるようになったのだ。 メルカリを始め、多くのフリマアプリが登場した際には、 別のオークションで買い取った商品をメリカリに転売するなど、「 せどり」で稼ぐことがとても話題となった。 フリマやオークションによっては、相場や価格に違いが出てしまうために、その差額に注目するとせどりで稼ぐことが可能なのだ。 しかし近年、メルカリでは 業者による出品は禁止されていると噂になっている。 本当のところはどうなのだろう。 詳しく調べてみたので参考にしてほしい。 メルカリとは メルカリは、フリーマーケットにわざわざ出かけなくとも、インターネット上やアプリにおいて商品の出品や売買をすることのできる フリマアプリである。 ひと昔前であれば、個人が参加できるオークションサイトといえば代表格が、「ヤフーオークション」といわれていた「ヤフオク」だ。 ヤフオクが注目され始めた時期に、自宅にあるものをヤフオクで処分したり、自分自身の商売のサポートとして活用した方は少なくないだろう。 また高くて購入できなかった商品を、オークションサイトで安いものを見つけて購入できたという人もおられるだろう。 メルカリとヤフオクの違い メルカリは「フリマアプリ」の一つだが、ヤフオクが代表格である「オークションアプリ(サイト)」とは機能的に違うところがいくつかある。 基本的に フリマアプリは「フリーマーケット」をイメージするものとなっており、出品者は価格を提示して出品をしているが、購入者が 値段交渉を行える商品もあり、最終的には 交渉を重ねたうえで購入することができる。 ヤフオクなどの オークションでは、 最低価格を提示して出品しオークションが開始される。 商品によっては、価格がどんどん高騰していくこともある。 このように購入方法が違うために、同じ商品であるとしてもその時の状況によっては価格に差が出てしまう。 時には大きな差となることもあり、価格差に注目してせどりを行う人が増えることも当然のことであると考えられる。 メルカリとヤフオクを活用したせどりとは メルカリが登場し始めた際には、ヤフオクやアマゾンなどとの価格差に目を付けたユーザーがせどりを行うようになった。 ヤフオクはすでにオークションでの長い歴史があり、目の肥えたヘビーユーザーであれば、価格に対してシビアになっているといえる。 そのような中で現れたメルカリだが、歴史の浅いメルカリではまだまだ慣れていないユーザーには価格差を意識することなく取引される傾向にあったのだ。 別のサイトで安く購入しメルカリで高く販売する、あるいは メルカリで安く購入し別のサイトで販売するというせどりを行う人が増えた。 その中で 業者も参入するようにもなったのだ。 メルカリに出品するルールは メルカリに出品されている商品をみると、個人で出品されていると思われる商品も多いが、業者による出品だと思われる商品も少なくない。 メルカリに出品するためのルールは存在するのだろうか。 詳しく調べてみたのでお伝えしよう。 個人間売買が中心 メルカリに出品するためのルールについて、「メルカリ利用規約」について確認してみた。 利用実態としては個人だけではなく、業者と思われる出品も多数あることは確認できる。 ルールについては以下のように記載されている。 第1条 本サービスはオンラインフリーマーケットサービスです。 ユーザー間の物品の売買又機会を提供するもので・・・ 略• 第2条 1、定義(4)「ユーザー」とは、 中略 本サービスを利用される日本在住の個人及び弊社の指定する事業者を指します。 (メルカリより抜粋) つまり 「個人」や「指定されている事業者」が行う、物品売買の場であると解釈できる。 「指定されている事業者」とは、どのような業者を指しているのかは分からないが、原則的に禁止されているわけではないということがいえるだろう。 法人の利用は禁止という口コミが多いが・・・ インターネットで検索してみると、「メルカリは業者の出品を禁止している」という口コミが多くみられる。 しかし先ほども申し上げた通り、指定されれば業者であっても出店することはできる。 先ほど紹介したメルカリ利用規約をもう少し深く読み込んでみると、このようなことも記載されている。 第4条(ユーザー登録及びアカウント情報)の「登録拒否」には、ユーザー登録の申請を承認しない理由として、「運営・サービス提供または他のユーザーの利用を妨害、支障をきたす行為を行った場合やそのおそれがあると弊社が判断した場合」と記されている。 また ユーザー登録の取り消しについては、第5条の 違反や不正行為、メルカリの判断によって、事前の通知なしにユーザー登録を取り消すことがあるとされている。 法を犯すようなことはもちろん駄目であることは分かるが、それ以外の判断はすべてメルカリが判断し、しかも通知などなく登録の取り消しを行うと記されている。 つまりメルカリ自体には、登録の取り消しにかかる要件をある程度持っており、その基準内の登録者はやむを得なく取り消しを行っているのだ。 メルカリに「業者認定」されてしまう基準とは メルカリには、個人および指定された業者が出品することができる。 ただし サービス運営を妨げるような出品者には登録取り消しという厳しい対処を行っていることが分かった。 さらに調べてみると、個人で利用している人を妨害するようなことをしていると登録取り消しされることがあるとの情報を得ることができた。 この取り消しの流れを一般的に「 業者認定」と呼ばれている。 この業者認定には明確な基準があるのだろうか。 明確な判断基準は示されていない そもそも「業者認定」とはどのようなケースを指すのか調べてみたが、メルカリ自身が登録の取り消し基準について明確に答えてはいない。 これにはいくつか考えられることがある。 明確に答えないことで、ケースバイケースで対応することができるということがいえる。 明確に答えてしまうと、そのギリギリの範囲で利用する輩も当然出てくるだろう。 それで規約の見直しをしてもまた別のタイプも出てくるかもしれない。 いたちごっこになる前に、「 メルカリの判断」という絶対的なものを掲げ、 どのような行為にも対応できるようにしているのだ。 また基本的には業者が稼ぐための場ではないということだ。 メルカリは基本的にフリーマーケットであるために、個人の売買が想定されているのだろう。 ただし 健全に利用するのであれば 業者であっても利用を認めるというものだ。 いわれてみれば一般のフリーマーケットでも業者が参加していることはある。 でも業者ばっかりが優遇されてしまうと個人での出品者が阻害されてしまい、利用しにくくなってしまうということがいえる。 個人も業者も公平に出品し購入できるのがフリーマーケットの良さと考えられるだろう。 過去の業者認定を受けたケースを紹介 メルカリを「一般のフリーマーケット」と考えてみれば理解しやすい。 フリーマーケットの場でしてはならないことはメルカリでも許されないからだ。 過去、実際に「業者認定」として登録を取り消されたケースを調べてみると、おおむね次の内容であった。 1、在庫を持っていない 在庫なく転売できるのかとお思いかもしれないが、とりあえず出品しておいて購入されれば仕入れを行うということができなくはない。 しかしこの行為は一般的にどのフリマアプリ、オークションサイトでも 禁止されている行為だ。 この場合、実際に商品がないために、公式サイトからの画像を転用していることが多く、著作権などの侵害を犯していることも少なくないだろう。 2、同じ商品を大量に出品する 例えば同じ商品を1000個持っているとして、それを1ページずつ出品されてしまうと、 同じように販売したい個人が妨げられることになる。 調べてみると個人が妨げられる行為をメルカリはとても嫌っているように思える。 この「大量出品」がどの程度であるかは明確なことは分からないが、目に余るようなことをすると確実に業者認定となるだろう。 3、コピー商品など規約法律違反の商品 コピー商品は法律違反なのでこれは当然のことだ。 規約法律違反の商品としては、虚偽内容のものや盗品などの不正行為によるものなども含まれる。 疑わしい場合だけでも、登録取り消しされているケースもある。 4、複数アカウントの作成 別人になりすまし、大量に出品する輩が出ている。 1人1アカウントが原則だ。 業者判定されると受けるペナルティとは 規約にも記されているが、仮に業者認定を受け登録を取り消しされたとしても、 メルカリから通知を受けることはない。 つまりしらずのうちに取り消されているといえるのだ。 では、登録取り消しを受けたことをどのように確認すればいいのだろうか。 検索結果に出なくなってしまう 当然ながら登録の取り消しをされてしまうと、出品した商品を検索しても結果に反映されなくなる。 この時点で、びっくりしてメルカリに連絡される人もいるが、メルカリはその理由については答えてくれない。 メルカリの規約にもある通り、メルカリの判断で許可なく登録を取り消すことができるのだ。 急に商品が売れなくなったり、「いいね」が付かなくなった場合であれば、 まず商品検索してみることをおすすめする。 まとめ メルカリに業者として出品は禁止されているのか調べてみた。 メルカリに出品されている商品をみても分かる通り、明らかに業者による出品は多い。 メルカリ自体も 業者による出品を拒んでいるわけではないのだ。 ただしあくまで個人が楽しむフリーマーケットであるため、その場を壊すようなことは慎まねばならない。 それさえ守ることができれば、うまく転売することができ、収入を得る場となるだろう。

次の