新潟 地震。 新潟県の地震(津波)災害

UX新潟テレビ21 » 56年前の新潟地震発生日を前に消防が対応訓練

新潟 地震

全国からの義援金に支えられ… (2020年03月12日 11:37)• 鶴岡市の皆川治市長は9日、昨年6月に震度6弱を観測した地震で被害を受けた住宅の修理費補助事業の申請期限を延長する意向を示した。 当初は今月末までだったが、来年度… (2020年1月10日 11:30)• 震度6弱を観測した6月18日の山形県沖地震の発生からまもなく半年。 鶴岡市が6日に発表した被害のまとめによると、関連死を含めて死者はいないものの、負傷者は18人… (2019年12月17日 11:27)• 新潟市は30日、6月の新潟・山形地震で多くの避難所が開設されなかったことを受け、市指定の津波避難所や避難ビルの開設基準を引き下げ、津波注意報の段階から開くと発… (2019年10月1日 10:23)• 6月の新潟・山形地震で震度6強を観測した村上市山北地区で被害状況調査をした「チームにいがた」のメンバーらが28日、活動を振り返る意見交換会を新潟市中央区で開い… (2019年08月29日 10:26)• 6月の新潟・山形地震で柏崎刈羽原発に「異常あり」と東京電力が柏崎市などに伝達ミスした問題で、桜井雅浩市長は21日、「全所員が大きな責任を担っていることを自覚し… (2019年08月22日 10:58)• 6月の新潟・山形地震で東京電力柏崎刈羽原発に「異常あり」と東電が柏崎市などに伝達ミスした問題で、同原発の設楽親所長は8日、全所員が28日から店舗兼住宅を含む柏… (2019年8月9日 11:03)• 6月の新潟・山形地震で柏崎刈羽原発に「異常あり」と東京電力が柏崎市などに伝達ミスした問題で、同原発の設楽親所長は1日、桜井雅浩市長に改善策を提出した。 連絡用紙… (2019年08月02日 10:32)• 村上市の高橋邦芳市長は31日、6月18日に発生し、同市府屋で最大震度6強を観測した新潟・山形地震を受け、臨時の記者会見を開いた。 県内外から集まった義援金などの… (2019年08月01日 12:35)• 6月の新潟・山形地震で、柏崎刈羽原発を巡る東京電力の伝達ミス問題が混迷を深めている。 ミスをした東電だけでなく、問題を重視しない原子力規制委員会に対しても地元の… (2019年08月01日 12:35)• 山形県沖を震源とする6月の地震で大きな被害を受けた鶴岡市大山地区の蔵元を支援しようと、酒類小売店などでつくる「山形小売酒販組合青年会」(浅野隆志会長)は24日… (2019年07月29日 13:06)• 鶴岡市で震度6弱を観測した6月の地震について、山形大は25日、墓石が倒れた状況などから、震度6強や一部で震度7の揺れが起きていた可能性があるとする調査結果(速… (2019年07月26日 11:41).

次の

新潟県中越大震災の記録

新潟 地震

概要 [ ] で観測された最大震度は4であったが、県指定の文化財であるが完全に倒壊したのを始め、笹神村を中心に住家の全壊や半壊の被害が相次いだため、震度5に訂正された。 また、震源が浅かったことから、震央付近の狭い範囲(5. 震央地区上高田のでは、を超える震動を生じた痕跡が残されていた。 当時震源付近に観測点はなく、やや離れた気象庁の観測点(新潟地方気象台)による観測と解析により震央は、新潟県(加治川)沖に発生し内陸部の笹神村に被害を生じたと報道されたが、他の機関による観測データを合わせた解析によりとの中間にある笹神村上高田付近と求められた。 また、震源の深さを気象庁では16km としているが、10kmとする解析結果もある。 地震像 [ ] 震央はの余震域の南端にあたり 、これまで地震活動は活発ではなかったが、1994年10月頃から群発地震が起こるようになった。 1994年12月にはマグニチュード4〜5の地震が散発的に発生していたが、この地震はその群発地震の一連の活動の1つであることがその後の余震活動から明らかになっている。 震源断層は既知の断層の活動による地震ではなく、当時知られていなかった伏在断層の活動による地震で新潟市付近のに生じていたの東端で発生した地震であり、一部の研究者からは大地震の可能性を指摘されていた。 最大余震はのM 5. 2の地震である。 被害状況 [ ] 人的被害としては死者はゼロで負傷者は82名であった。 建物被害 [ ] 市町村名 住家被害 非住家 被害 合計 全壊 半壊 一部 損壊 計 合計 55 181 1,376 1,612 1,169 2,781 0 23 176 199 168 367 笹神村 52 98 364 514 536 1,050 1 48 289 338 58 396 2 11 534 547 391 938 0 1 7 8 6 14 新潟市 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 6 6 0 0 1 1 0 1 0 0 1 1 1 2 0 0 2 2 0 2 0 0 1 1 1 2 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 1 1 出所: 人的被害 [ ] 市町村名 重症 軽症 計 1 17 18 笹神村 2 40 42 1 5 6 1 7 8 1 1 2 0 2 2 0 1 1 0 2 2 0 1 1 出所: で消滅した町村もあるが、地震被害当時の市町村名で記することとする。 前兆現象 [ ] 群発地震以外の前兆現象としては、近くにあるでは湧出量の増加や井戸で自噴現象が観測されるなど、本地震前後に地下水・温泉の異常が報告されている。 脚注 [ ] 出典 [ ]• 2019年7月12日閲覧。 2013年9月3日閲覧。 35 1996 No. 3 P153-163• 地震予知情報課• - 国土地理院 - WayBack Machineによるアーカイブ• 関連項目 [ ]• (1964年に新潟市を襲った地震)• 1995年1月に新潟-神戸歪集中帯の西端で発生した地震。 外部リンク [ ]• 会報 第54巻• 日本雪工学会誌 Vol. 11 1995 No. 3 P172-176• (国土地理院)•

次の

新潟県の地震(津波)災害

新潟 地震

平成16年10月23日に発生した新潟県中越大震災は、新潟県中越地方を中心に大きな被害をもたらしました。 この記録は、中越大震災の発災からの被害の状況、県土木部が災害に立ち向かった初動から応急復旧そして本復旧・復興への取組等を幅広く取りまとめたものとなっております。 全国の防災関係者はもとより、一般の方々にも広く活用され、災害に強い安全・安心な社会づくりに貢献できれば幸いです。 あいさつ・目次• 写真「中越大震災による被害と復旧状況」 第1章~最大震度7、長引く余震~新潟県中越大震災の発生• 第2章~広範囲に及ぶ壊滅的な被害~初動対応編• 第3章~雪が降る前に~緊急(応急)対応編• 第4章~本格的な復旧に向けて~災害査定編• 第5章~一日も早い復旧・復興をめざして~復旧編• 編集後記.

次の