ディープ インパクト 骨折。 無敗の三冠馬・ディープインパクト死す 頸椎骨折で安楽死処置 「痛恨の極み」/競馬・レース/デイリースポーツ online

ディープインパクトが頸椎骨折したのはなぜ?安楽死の理由はなに?

ディープ インパクト 骨折

長い競馬史の中で史上2頭目の無敗の三冠馬(1頭目は1984年シンボリルドルフ)となったディープインパクト(2002年3月25日生まれ・父サンデーサイレンス、母 ウインドインハーヘア)が2019年7月30日、安楽死となったことが報じられました。 ディープインパクトは日本を代表する名馬で、2006年に現役を引退してからも種牡馬として数多くの活躍馬を輩出しており、種付け料もかなりの高額。 これからの競馬の発展にも大きく関わっていくだろうとされていたディープインパクトの突然の訃報には大きな衝撃が走りました。 ディープインパクトの安楽死の原因は? 主な勝ち鞍は皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念というディープインパクト。 17歳になった今も種牡馬として活躍していたディープインパクトが急逝したというニュースは競馬界に大きな衝撃を与えました。 原因は頸椎骨折が判明したためとのことですが、一体どうして頸椎を骨折してしまったのでしょうか?ディープインパクトのけい養先の社台スタリオンステーションがホームページで詳しく詳細を記載しています。 弊社にて繋養しておりましたディープインパクト号ですが、 かねてより治療しておりました頸部の手術を7月28日に受けました。 手術は無事に終了して術後の経過も安定しておりましたが、 翌29日の午前中に突然起立不能になったため懸命の治療を試みました。 30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、 回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られました。 突然の出来事で誠に痛恨の極みではございますが、謹んでお知らせいたします。 引用元: 実はディープインパクトは以前から首の不調が報じられ話題になっていました。 2019年4月のニュースでは、2月から順調に種付けをこなしていたものの、3月に入って中止。 日々の運動はしているものの立ち上がる時に痛みがあるということで、大事を取って残りシーズンの種付けは取りやめに。 ディープインパクトの種付け料はかなり高額のため、これは大変なことです。 「命に関わることではありません」と症状は重篤なものではないと社台スタリオンステーションの事務局は強調していましたが、今思ってみればそれだけディープインパクトの体調がよくなかったということなのかもしれません。 とはいえ、ディープインパクトほどの種牡馬となれば管理している側も簡単に安楽死をさせることはないはず。 それを踏まえて考えてみると、もうどうすることも出来ないほど絶望的な状態になってしまっていたため手術に踏み切ったものの、改善することはなかった…ということなのかもしれません。 競馬関係者・芸能界からのコメント 日本競馬界を代表する偉大な名馬であるディープインパクトの突然の訃報には早くも沢山のコメントが寄せられています。 競馬関係者の方はもちろんのこと、芸能界からも悲しみの声が殺到。 競馬好きで知られるお笑い芸人の麒麟・川島明さん、カンニング竹山さん、歌手のSEAMOさん、俳優の中野英雄さん、でんぱ組. incの古川未鈴さんらがTwitterでディープインパクトとの別れを惜しんでいます。 芸能界からのコメント 芸能界にも競馬ファンは数多く存在しています。 ディープインパクトの訃報についてツイートしている芸能界の方たちのツイートをいくつかご紹介させていただきます。 ディープインパクトが天国へ旅立ったとの報せ。 次元の違う走りで衝撃をあたえ続けた日本最高の名馬でした。 産駒にもその強さは受け継がれ今もなお競馬界を創造し続ける偉大すぎる血統です。 天国で名馬たちとのんびり走ってくださいね。 本当にお疲れ様でした。 そしてありがとうございました。 — 川島明 akira5423 麒麟の川島さんは「産駒にもその強さは受け継がれ今もなお競馬界を創造し続ける偉大すぎる血統」とディープインパクトを称えるコメントをツイート。 ディープインパクトを認めていなかった。 完全に僻みであった。 グラスワンダー、ナリタブライアン、オルフェーヴルと自分の好きだった馬の方が強いと意地を張り続けた。 しかし突然の訃報。 悲しくたまらない。 だから本当の事を言います。 あなたが日本競馬史上最強で最高の馬でした。 感謝そして謝罪します — カンニング竹山 takeyama0330 対する、カンニング竹山さんは実はディープインパクトを今まで認めていなかったという自分の気持ちを告白。 強すぎるディープインパクトに抱えていた気持ちを吐露しながらも最後は「なたが日本競馬史上最強で最高の馬でした。 感謝そして謝罪します」とその死を哀悼しました。 その他にも数多くの芸能人の方々が悲しみの声をツイートしています。 ディープインパクトの悲報に言葉を失った…。 ご冥福をお祈りします。 そして、沢山の夢をありがとう!残してくれた子供達がきっと夢を繋いでくれるでしょう。 — SEAMO シーモ SEAMOjyukucho 歌手のSEAMOさんはディープインパクトの訃報を悲しみつつ、今もなお活躍しているディープインパクトの子供や孫たちの活躍に期待を寄せるコメントをツイート。 競走馬として成功したからと言って種牡馬としても必ずしも成功する訳ではありませんが、ディープインパクトは種牡馬としても大きな功績を残しています。 今も現役で活躍しているディープインパクトの子供や孫たちの活躍をこれからは見守っていきたいものです。 さよなら スーパーホース ディープインパクトが死んじゃった! 残念ですね — 中野英雄 bugsyinc 俳優の中野英雄さんは写真付きでディープインパクトの死を悲しむコメントをツイート。 あまりにも突然過ぎる名馬の死を悼みました。 incの古川未鈴さんは顔文字で悲しみを表現。 ディープインパクトは年齢性別問わず多くの人に愛されていた名馬だということがよくわかりますね。 池江泰郎元調教師と市川明彦厩務員のコメント 現役時代のディープインパクトを管理していた池江泰郎元調教師と市川明彦厩務員もディープインパクトの訃報について以下のようにコメントしています。 池江泰郎元調教師 「けさ、連絡を受けました。 今年は20頭くらいしか種付けをせず、その後も大事にしてもらっていたと聞いたのですが…。 まさか、こんなに早く逝くとは」 「思い出はたくさんあって、何をしゃべっていいのか分からない。 この馬にはいろんなものをもらった」 「ぼくにとっては宝だったね。 競走馬としても種馬としても、最高の成績を収めていた。 今は冥福を祈るだけ。 もう少し長生きしてほしかった」 市川明彦厩務員 「種牡馬として日本の競馬界をリードしてくれましたし、日本の競馬を変えてくれた馬。 ちょっと早過ぎますね。 長生きしてほしかったです。 残念です」 引用元: ディープインパクトの死の影響は? ディープインパクトは現在でも種付け料4000万円とかなり高額で種付けを行っていました。 そこまで高額になるのは優秀な血統だからこそ。 ブラッド・スポーツである競馬は血統が大切です。 ディープインパクトほどの種牡馬はなかなか現れないと言われており、「競馬ファンの中にはサンデーサイレンスレベルの衝撃」と話す人も。 偉大な種牡馬が死んでしまった影響は大きく、生産界にとっては大きな痛手となりそうです。 同じく種牡馬として大きな活躍を見せていたキングカメハメハも2019年、体調不良により種付けが見送りされ、その後も状態が改善しなかったため種牡馬引退が発表されました。 キングカメハメハは現在も社台スタリオンステーションでけい養されていますが、ディープインパクトも本当なら元気に暮らしているはずだったのかと思うと胸が痛みます。 現役を引退してから種牡馬となるわけですが、ディープインパクトのような人気の種牡馬はかなりハード。 人気種牡馬は多い場合で1日に数頭の牝馬と交配しなければならず、これは種牡馬にとって大きな負担になります。 このような種牡馬としての生活ももしかしたらディープインパクトの負担になっていたのかもしれません。 まとめ 偉大な名馬であるディープインパクトの死のニュースは世間に大きな衝撃を与えました。 2019年のダービー馬ロジャーバローズは凱旋門賞に出走予定ですが、偉大な父も、歴代の日本の名馬たちも成し得なかった凱旋門賞制覇をしてくれるんじゃないか…そんな夢を見ずにはいられません。 これからはディープインパクトの子供や孫たちが日本の競馬界を引っ張っていくことになるでしょう。 そしてディープインパクトの名前は競馬史に残る伝説の1つとなっていくのではないでしょうか。

次の

ディープインパクト死去【死因は安楽死】馬主は金子真人氏、職業と経歴は | アラ還おやじの備忘録

ディープ インパクト 骨折

— 2016年 5月月19日午後10時34分PDT また、馬は産まれた瞬間からレースで走れるわけではないので、まだデビューしていない馬で今後最強馬として活躍するディープインパクトの子供がいるかもしれませんよね! 【関連記事】 スポンサーリンク ディープインパクトの子供 産駒 の値段はいくら? ディープインパクトの子供の種付け費用は年によって違いますが、 最初は一頭1200万円から始まったようです。 そして一匹目のディープインパクトの子供 産駒 がデビューした2010年からも同じような金額でした。 しかしジェンティルドンナが活躍した 2012年からは急激に高騰していき、2016年には一頭3000万円まで上がりました。 これは世界的に見ても高額なようで、非公開の馬もいますが5本の指に入るらしいです。 ディープインパクトの 種付け費用はトータルでは556億円にも及びます。 556億円ってもうなにがなにやら分からない額ですよね! ディープインパクトは海外からも注目を浴びていた馬で、海外から種付けのために馬を連れて訪れていた馬主もいるようです。 スポンサーリンク ディープインパクトの凄さとは? ディープインパクトが天国へと旅立つ。 現役時代は無敗の三冠制覇、GI7勝など数々の金字塔を打ち立て、顕彰馬に選出されました。 父としても数々の名馬を輩出し、日本競馬界に偉大な功績を残しました。 心よりご冥福をお祈りいたします。 競馬に詳しい人からすれば前代未聞の凄さのようです。 ディープインパクトの券を買っていたが「ああ、今日は負けたな…」と思いながらふと見ると2着とかなりの差を開けてゴールしている…そんな馬だったようです。 途中で騎手が落ちたにも関わらず1着でゴールする…そんな馬はなかなかいないですよね! レースで活躍していたディープインパクトですが引退して種牡馬になってからも 7年連続で種付け金額が1位でした。 現役時代だけでなく引退してからも皆から愛され伝説を残していたディープインパクトですが、馬平均寿命を残して亡くなってしまいました。 ディープインパクトの騎手として有名な武豊さんは「ディープインパクトは乗った瞬間から他の馬とは違うかった」と語っています。 武豊さんいわく乗り心地が良く、まるで人の気持ちが分かるかのように競馬を盛り上げる走りを見せていたディープインパクト。 今後もその伝説は語り継がれていくでしょう。 スポンサーリンク ディープインパクトの子供の数は何頭?最強馬や値段についてまとめ ディープインパクトは現役時代に残した記録やその子供 産駒 も活躍したことから2867頭もの種付けもこなし、ジェンティルドンナという最強馬を産みだしました。 現役時代にディープインパクトが動かしたお金も相当な金額ですが、引退後に556億円ものお金を動かしていることもすごいですよね! 数々の伝説を残したディープインパクトが亡くなったことは大ニュースですが無理をしていたことも事実なので天国では少しゆっくりと過ごしてほしいものです。 ちなみに、競馬予想サイトは多数ありますよね!なので、どのサイトを選ぶと当たりやすいのか?どれが本物のサイトなのか良くわからないことが多いです。 なので、厳選してみました! 中でも、 本物と言えるのが、競馬界最高峰の人物と称される大川慶次郎氏の「競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド」です。 大川慶次郎氏は「競馬の神様」と呼ばれるほどの人物で、なんと、 1日12レースを全て的中させた人物として今日まで伝説になっています。 そんな、 大川慶次郎氏の 「今週の勝負レースの的中予想」を無料で受け取りたい方はこちらをクリック。 sponichi. html.

次の

種牡馬ディープインパクトの後継問題。奇跡の種を持つ馬は現れるか|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ディープ インパクト 骨折

長い競馬史の中で史上2頭目の無敗の三冠馬(1頭目は1984年シンボリルドルフ)となったディープインパクト(2002年3月25日生まれ・父サンデーサイレンス、母 ウインドインハーヘア)が2019年7月30日、安楽死となったことが報じられました。 ディープインパクトは日本を代表する名馬で、2006年に現役を引退してからも種牡馬として数多くの活躍馬を輩出しており、種付け料もかなりの高額。 これからの競馬の発展にも大きく関わっていくだろうとされていたディープインパクトの突然の訃報には大きな衝撃が走りました。 ディープインパクトの安楽死の原因は? 主な勝ち鞍は皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念というディープインパクト。 17歳になった今も種牡馬として活躍していたディープインパクトが急逝したというニュースは競馬界に大きな衝撃を与えました。 原因は頸椎骨折が判明したためとのことですが、一体どうして頸椎を骨折してしまったのでしょうか?ディープインパクトのけい養先の社台スタリオンステーションがホームページで詳しく詳細を記載しています。 弊社にて繋養しておりましたディープインパクト号ですが、 かねてより治療しておりました頸部の手術を7月28日に受けました。 手術は無事に終了して術後の経過も安定しておりましたが、 翌29日の午前中に突然起立不能になったため懸命の治療を試みました。 30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、 回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られました。 突然の出来事で誠に痛恨の極みではございますが、謹んでお知らせいたします。 引用元: 実はディープインパクトは以前から首の不調が報じられ話題になっていました。 2019年4月のニュースでは、2月から順調に種付けをこなしていたものの、3月に入って中止。 日々の運動はしているものの立ち上がる時に痛みがあるということで、大事を取って残りシーズンの種付けは取りやめに。 ディープインパクトの種付け料はかなり高額のため、これは大変なことです。 「命に関わることではありません」と症状は重篤なものではないと社台スタリオンステーションの事務局は強調していましたが、今思ってみればそれだけディープインパクトの体調がよくなかったということなのかもしれません。 とはいえ、ディープインパクトほどの種牡馬となれば管理している側も簡単に安楽死をさせることはないはず。 それを踏まえて考えてみると、もうどうすることも出来ないほど絶望的な状態になってしまっていたため手術に踏み切ったものの、改善することはなかった…ということなのかもしれません。 競馬関係者・芸能界からのコメント 日本競馬界を代表する偉大な名馬であるディープインパクトの突然の訃報には早くも沢山のコメントが寄せられています。 競馬関係者の方はもちろんのこと、芸能界からも悲しみの声が殺到。 競馬好きで知られるお笑い芸人の麒麟・川島明さん、カンニング竹山さん、歌手のSEAMOさん、俳優の中野英雄さん、でんぱ組. incの古川未鈴さんらがTwitterでディープインパクトとの別れを惜しんでいます。 芸能界からのコメント 芸能界にも競馬ファンは数多く存在しています。 ディープインパクトの訃報についてツイートしている芸能界の方たちのツイートをいくつかご紹介させていただきます。 ディープインパクトが天国へ旅立ったとの報せ。 次元の違う走りで衝撃をあたえ続けた日本最高の名馬でした。 産駒にもその強さは受け継がれ今もなお競馬界を創造し続ける偉大すぎる血統です。 天国で名馬たちとのんびり走ってくださいね。 本当にお疲れ様でした。 そしてありがとうございました。 — 川島明 akira5423 麒麟の川島さんは「産駒にもその強さは受け継がれ今もなお競馬界を創造し続ける偉大すぎる血統」とディープインパクトを称えるコメントをツイート。 ディープインパクトを認めていなかった。 完全に僻みであった。 グラスワンダー、ナリタブライアン、オルフェーヴルと自分の好きだった馬の方が強いと意地を張り続けた。 しかし突然の訃報。 悲しくたまらない。 だから本当の事を言います。 あなたが日本競馬史上最強で最高の馬でした。 感謝そして謝罪します — カンニング竹山 takeyama0330 対する、カンニング竹山さんは実はディープインパクトを今まで認めていなかったという自分の気持ちを告白。 強すぎるディープインパクトに抱えていた気持ちを吐露しながらも最後は「なたが日本競馬史上最強で最高の馬でした。 感謝そして謝罪します」とその死を哀悼しました。 その他にも数多くの芸能人の方々が悲しみの声をツイートしています。 ディープインパクトの悲報に言葉を失った…。 ご冥福をお祈りします。 そして、沢山の夢をありがとう!残してくれた子供達がきっと夢を繋いでくれるでしょう。 — SEAMO シーモ SEAMOjyukucho 歌手のSEAMOさんはディープインパクトの訃報を悲しみつつ、今もなお活躍しているディープインパクトの子供や孫たちの活躍に期待を寄せるコメントをツイート。 競走馬として成功したからと言って種牡馬としても必ずしも成功する訳ではありませんが、ディープインパクトは種牡馬としても大きな功績を残しています。 今も現役で活躍しているディープインパクトの子供や孫たちの活躍をこれからは見守っていきたいものです。 さよなら スーパーホース ディープインパクトが死んじゃった! 残念ですね — 中野英雄 bugsyinc 俳優の中野英雄さんは写真付きでディープインパクトの死を悲しむコメントをツイート。 あまりにも突然過ぎる名馬の死を悼みました。 incの古川未鈴さんは顔文字で悲しみを表現。 ディープインパクトは年齢性別問わず多くの人に愛されていた名馬だということがよくわかりますね。 池江泰郎元調教師と市川明彦厩務員のコメント 現役時代のディープインパクトを管理していた池江泰郎元調教師と市川明彦厩務員もディープインパクトの訃報について以下のようにコメントしています。 池江泰郎元調教師 「けさ、連絡を受けました。 今年は20頭くらいしか種付けをせず、その後も大事にしてもらっていたと聞いたのですが…。 まさか、こんなに早く逝くとは」 「思い出はたくさんあって、何をしゃべっていいのか分からない。 この馬にはいろんなものをもらった」 「ぼくにとっては宝だったね。 競走馬としても種馬としても、最高の成績を収めていた。 今は冥福を祈るだけ。 もう少し長生きしてほしかった」 市川明彦厩務員 「種牡馬として日本の競馬界をリードしてくれましたし、日本の競馬を変えてくれた馬。 ちょっと早過ぎますね。 長生きしてほしかったです。 残念です」 引用元: ディープインパクトの死の影響は? ディープインパクトは現在でも種付け料4000万円とかなり高額で種付けを行っていました。 そこまで高額になるのは優秀な血統だからこそ。 ブラッド・スポーツである競馬は血統が大切です。 ディープインパクトほどの種牡馬はなかなか現れないと言われており、「競馬ファンの中にはサンデーサイレンスレベルの衝撃」と話す人も。 偉大な種牡馬が死んでしまった影響は大きく、生産界にとっては大きな痛手となりそうです。 同じく種牡馬として大きな活躍を見せていたキングカメハメハも2019年、体調不良により種付けが見送りされ、その後も状態が改善しなかったため種牡馬引退が発表されました。 キングカメハメハは現在も社台スタリオンステーションでけい養されていますが、ディープインパクトも本当なら元気に暮らしているはずだったのかと思うと胸が痛みます。 現役を引退してから種牡馬となるわけですが、ディープインパクトのような人気の種牡馬はかなりハード。 人気種牡馬は多い場合で1日に数頭の牝馬と交配しなければならず、これは種牡馬にとって大きな負担になります。 このような種牡馬としての生活ももしかしたらディープインパクトの負担になっていたのかもしれません。 まとめ 偉大な名馬であるディープインパクトの死のニュースは世間に大きな衝撃を与えました。 2019年のダービー馬ロジャーバローズは凱旋門賞に出走予定ですが、偉大な父も、歴代の日本の名馬たちも成し得なかった凱旋門賞制覇をしてくれるんじゃないか…そんな夢を見ずにはいられません。 これからはディープインパクトの子供や孫たちが日本の競馬界を引っ張っていくことになるでしょう。 そしてディープインパクトの名前は競馬史に残る伝説の1つとなっていくのではないでしょうか。

次の