頂き たく 存じ ます。 「頂きたく存じます」の意味と使い方・由来や例文

履歴書に「存じます」「存じ上げます」はOK?知っておきたい敬語マナー【就活・転職】

頂き たく 存じ ます

まずは前半部分。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 お受け = 受けること• ご・お~いただきたく = 「〜してもらいたい」の意味の敬語(謙譲語)• 「商品を受け取る」とは違いますのでご注意を これらの単語を合体させて意味を考えます。 すると「お受けいただきたく存じます」の意味は… 「引き受けてもらいたいと思います」 であり、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「引き受けてください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。 ニュアンスとしては 「引き受けてもらいたいと思うのだけど…」みたいなイメージ。 あまりに堅苦しくて大げさかもしれませんが、とにかく目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズになります。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「お受けいただきたく存じます」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「受ける」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「お受けしていただきたく存じます」は間違い敬語となりますのでご注意を。 この場合、謙譲語「お(ご)」をなくして「引き受けていただきたく存じます」とすれば正しい敬語になります。 理由は長くなるので省きますが、あくまでも「お受けいただきたく存じます」をつかうことをオススメします。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「お受けいただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】引き受けてほしい!と伝えるビジネスメール 「お受けいただきたく存じます」の使い方 文字どおり何かしら「引き受けてほしい!」と言いたいときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】xxをお受けいただきたく存じます。 「商品を受け取る」とは違いますのでご注意を のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールに使われます。 ようするに「引き受けてほしい!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。 (株)転職にて総務を担当しておりますノマドと申します。 このたびは貴社HPを拝見し、下記条件にて価格見積をお願いしたく連絡いたしました。 記 施工内容: 価 格: お支払い: 納 期: その他 : 以上 ご無理申し上げますが上記内容でお受けいただきたく、お取り計らいのほどお願い申し上げます。 「お受け いただきたく存じます」でも十分に丁寧ではありますが… 「お受け いただければと存じます」とすると、より丁寧な敬語になります。 たとえば、• 【例文】xxをお受けいただければと存じます。 「商品を受け取る」とは違いますのでご注意を のようにして使います。 意味と違い・使い方 どちらも言いたいことは結局のところ「引き受けてほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 謙譲語「いただく」に仮定の「たら・れば」をくっつけると「 いただければ」という敬語になります。 したがって「お受け いただければと存じます」のニュアンスとしては「よかったら引き受けてもらえたらと思うのだけど」というような感じになります。 「お受け いただきたく存じます」でも遠回しにあなたの希望を伝える敬語なのですが… 「お受け いただければと存じます」だともっと大げさになります。 かな〜り遠回しにお願いをしているわけで、目上・上司・取引先への言葉づかいとしてはこの上なく丁寧ですね。 そんなに丁寧にする必要あるの?って思うくらい。 まぁ、ひとつのオプションとしてお好みでお使いください。 「お受け いただきたく存じます」「お受け いただければと存じます」だけでなく、 「お受け いただきたく、お願い致します」もあります。 言いたいことは結局のところ「引き受けてほしい」なのですが… たとえば、• 【例文】xxをお受けいただきたく、お願い致します。 【例文】xxをお受けいただきたく、お願い申し上げます。 のようにして使います。 あなたの意思が伝わらずぼんや〜りとしたメールになって「結局なにが言いたいの?」ということになりかねません。 そんなときに活躍するのが「お受け いただきたく、お願い致します」です。 「お受け いただきたく存じます」だと「引き受けてもらいたいと思います」という意味であり、 「お受け いただきたく、お願い致します」だと「引き受けてもらいたい、お願い!」というような意味になります。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 文章のバランスを考えてお好みでお使いください。 敬語の解説 一応「お受け いただきたく、お願い致します」の敬語の成り立ちをまとめておきます。 もとになる単語「受ける」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ほかにも使える丁寧な敬語 これまで紹介した例文のほかにも…• 大変ありがたいこと。 これまで紹介しきれなかった敬語もふくめ丁寧レベルごとにまとめておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 お受けください• お受けくださいませ• お受けいただけますか?• お受けください• お受けくださいませ• お受けいただけますか• お受けいただけますでしょうか• お受けいただきたく、お願い致します• お受けいただきたく存じます• お受けいただければと存じます• お受けくださいますようお願い申し上げます• お受けいただきますようお願い申し上げます• お受けくださいませ• お受けいただきたく、お願い致します• お受けいただきたく存じます• お受けいただければと存じます• お受けいただきますようお願い申し上げます• お受けいただけますようお願い申し上げます• お受けくださいますようお願い申し上げます• お受けいただければ幸いです• お受けいただければ幸甚に存じます• お受けいただけましたら幸いです• お受けいただけますと幸いです• お受けいただけますと幸甚に存じます• お受けいただけましたら幸甚でございます• お受けいただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。

次の

「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

頂き たく 存じ ます

「いただく」と「頂く」の違い 「いただきたく存じます」と「頂きたく存じます」ひらがなと漢字、この違いについて解説いたします。 漢字で「頂く」と書くのは「飲む」や「食べる」など、動詞として使うときだけです。 例えば出されたコーヒーを飲むときは「コーヒーを頂く」という表現になります。 また、もしお中元などでコーヒーをもらったときは「コーヒーを戴いた」と漢字が変わりますのであわせて覚えておくと良いでしょう。 ひらがなで「いただく」と表現するときは、何かをしてもらうときやさせてもらうとき、補助動詞として活用する場合です。 例えば、今回のテーマである「いただきたく存じます」も「連絡 して欲しい」または「調査 させて欲しい」など、連絡や調査、様々な動詞につく補助動詞としての「いただく」というと表現なので、漢字ではなくひらがなを使います。 「いただきたく存じます」の使い方 この表現は、目上の人やお客様などに対して敬意を示すためにつかう尊敬語のため、同僚や後輩などには使いません。 例えば「調査を進めて欲しいと思います」と伝えたいときは「調査を進めていただきたく存じます」という表現を使います。 もし、「調査を進めさせてもらいますが良いですか?」とお伺いを立てるときは「調査を進めさせていただきたく存じますが、よろしいでしょうか?」という表現を使うと良いですね。 「~をしていただきたく。 」という表現 メールなどで「~をしていただきたく」という表現をする人がいますが、これは間違いです。 社内の独特なルールとして使う会社もありますが、敬語を使うべき相手に対して言葉を省略したメールを送信するのはとても失礼なことです。 社内ルールで決まっている会社などでは仕方ないケースもあるかもしれませんが、相手が社外の人の場合は正式な表現を使いましょう。 「させていただきたく存じます」という表現 「~させていただく」という表現に関しては、そのほとんどの場合は「~いたします」など他の表現を使った方が自然です。 ただし、明らかに相手の意に反する結果になってしまったときや、相手の同意や許可が必要なときは「~させていただく」を使っても間違いではありません。 例えば、「早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は上司に許可を得るためなので正しい使い方です。 分かりやすくするために、一度「~させていただいてもよろしいでしょうか?」に置き換えてみましょう。 この場合は、「ご返信いたします」という表現が妥当です。 「~させていただく」という表現が多いと、へりくだった表現のつもりが逆に失礼に思われ、クドくなることもあるので注意してください。 「いただきたく存じます」の類義語や言い換え 次に、「いただきたく存じます」の類義語をいくつかご紹介します。 これは何かをして欲しいとお願いするための表現なので、.

次の

「いただきたく存じます」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

頂き たく 存じ ます

この表現は単純になにか物が欲しい時に使う表現です。 「お菓子を頂きたいと存じます」というような使い方は少ないかもしれませんが、このような使い方をすることで相手から何か物をいただきたいという意思表示ができる表現になっています。 頂きたいと存じますはこちらの意味合いで使われることの方が圧倒的に多くなっています。 ビジネスにおいて何かをしてもらいたいあるいはさせてもらいたいというシーンではまっさきにこの表現が頭をよぎることでしょう。 頂きたいと存じますという言葉は「頂きたい」と「存じます」の2つに分かれていますが下記の関連記事は「存じます」という表現に絞って内容を説明しています。 「存じます」という表現は「頂きたいと存じます」以外にも様々な言葉と組み合わせてビジネスで多用される表現なのでこちらもしっかりチェックしておきましょう。 「頂く」という表現が相手から何かをもらう謙譲語であり、その意味を表す時には「いただく」という言葉は漢字で表記をすることができます。 ただしここから説明する2つ目の意味でも漢字を使うのも、現在は許容されているようです。 「もらう」以外のいただくにはこのような意味があります。 「頂く」とここで説明する「いただく」は意味が違うので本来は漢字表記はNGなのですが、「もらう」という意味合いで使われることが限られていて意味の履き違いが起こりづらいため、今ではこちらの意味でも漢字を使うことがしばしばあります。 例文は説明会への参加を促している表現ですが、ビジネスのシーンにおいて参加を促す際に「ご参加いただきたいと存じます」という言い回しはよく使われます。 非常に丁寧で良い印象を与える表現になっています。 この表現に関しては本来であれば「していただきたくお願い申し上げます」という敬語表現を省略している表現にあたります。 また依頼は「していただけましたら幸いでございます」というような強制感のない言い回しがベターです。 ここまでで「させていただきたく」という表現をいくつか紹介しており、これが単独でNGではありません。 しかしながら「させていただきたく」を多用すると相手に身勝手な印象を与えるので多用はNGとされています。 この表現に関しては目上の人に使える類語表現の中でも、非常に相手への気遣いを感じる表現になっています。 強制感がなく相手に判断を委ね、引き受ければ「ありがとうございます」と感謝される言い回しだからです。 ビジネスにおいて相手に対して「お願いします」と言い切る場面はかなり限定されます。 言い切ってしまうとその依頼に強制感が出るからです。 しかし「お願い申し上げます」は丁寧さが強い表現なので強制感はやや薄れます。 頂きたいと存じますをビジネスで活用しよう! 頂きたいと存じますをビジネスで活用することで、何かを目上の人や取引先に依頼をする時に今までよりもスムーズに物事が運ぶようになることでしょう。 それはビジネスパーソンとしてのスキルアップを実感できる瞬間でもあります。 ここで紹介したことがいち早くあなたのビジネスで活用できる状況になればうれしいです!.

次の