籠 神社。 籠神社

籠神社:近畿エリア

籠 神社

『失われた天照大神の大預言「カゴメ唄」の謎』 (ムー・スーパーミステリー・ブックス) 以前も当連載で紹介した童唄「かごめかごめ」。 目隠しをしてしゃがんだ子供を中心に、数人が手をつないで輪になり、唄をうたいながら回る。 唄い終ったとき、目隠しをした子供が後ろの子供の名前を当てる。 民俗学では地蔵遊びとして知られ、全国でいろいろなバージョンが伝承されてきた。 だが、改めて唄の歌詞を見てみると、ちょっと無気味だ。 「かごめかごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に、鶴と亀がすべった、後ろの正面、だあれ」。 かごめかごめとは、籠の目、すなわち「カゴメ」のことなのか。 籠の中の鳥は、何かの象徴のようでもある。 夜明けの晩とは夜中なのか、それとも朝なのか。 鶴と亀がすべって転んだのか。 さらには、後ろの正面とは真後ろなのか、それとも後ろから見た正面なのか。 よくよく考えると矛盾というか、不可解な表現だらけだ。 民俗学的には、かごめかごめは 「囲め囲め」、もしくは 「かがめかがめ」ではないかとし、鳥という言葉から鶴が連想され、さらには縁起物としてセットの亀が加わったのではないかと考える。 最後の部分ができたのは、比較的最近のことだとも指摘する。 いかにも暗号めいた唄だが、そのために、これまで多くの異説が唱えられてきた。 江戸時代の黄表紙本には、 籠の中の鳥とは遊女のことだと記されている。 身売りされ、遊郭に閉じ込められた情婦が借金を返済し、自由の身になるのはいつの日なのかと、切ない思いをつづっているのだとか。 このほかに、有名な説としては 埋蔵金の暗号がある。 特に 徳川幕府の膨大な財宝の隠し場所が唄の中に暗号として記されているというのだ。 具体的な場所については、諸説あり、それを記した本やテレビ番組も少なくない。 しかし、こうした巷間の噂をよそに、「カゴメ唄」が暗号唄であると断言する方がいる。 丹後の元伊勢、籠神社の海部光彦宮司である。 海部宮司は「カゴメ唄」は、もともと籠神社に伝承された暗号唄であり、そこにはけっして表に出ることのない極秘伝が象徴として幾重にも組み込まれているという。 鍵となるのは 「籠」である。 唄の中に出てくる籠とは、まさに 籠神社のことを意味している。 よって、籠の中の鳥とは、 籠神社の祭神を示していることになる。 籠神社の祭神は天火明命と豊受大神だ。 極秘伝によると、豊受大神は丹後に伝わる羽衣伝説の天女であり、地上に降臨する際、籠の中に入っていたという。 つまり、籠の中の鳥とは、まさに 豊受大神だったことになる。 ご存じのとおり、 豊受大神は伊勢神宮の外宮の祭神である。 食べ物の神様で、お稲荷さんとして知られるウカノミタマと同一神だ。 伊勢神道では、豊受大神は天照大神と並ぶ神格をもっており、『古事記』の冒頭に現れる天之御中主神及び『日本書紀』の冒頭に現れる国常立尊とも同一神であると主張する。 最初に現れた神という意味では、まさに豊受大神は唯一神だともいえよう。 その豊受大神を祭神とする籠神社の社紋(神紋)、特に裏紋は、なんと 六芒星、すなわちカゴメ紋なのである。 「カゴメ唄」のかごめかごめとは、まさに 籠神社の裏社紋を意味していたのだ。 さらに、カゴメ紋は世界的にユダヤ人の象徴、ダビデの星として知られる。 ユダヤ教は一神教である。 唯一神の性格をもつ豊受大神を祭神とする籠神社はユダヤ教と関係があるのか。 「カゴメ唄」の謎を追っていった時、浮かびあがる驚愕の事実とは何か。 その答えは、この本にある。 ぜひ、ご覧になって、ご自身で確かめてほしい。 学研「ムー」の5代目編集長。 筑波大学を卒業後、学習研究社(現・学研)に入社。 「歴史群像」編集部を経て、入社1年目より「ムー」編集部に所属。

次の

籠神社|京都府のパワースポット/神社|パワースポット検索/神社検索。

籠 神社

写真:松縄 正彦 元伊勢籠神社(写真)は丹後の一宮で、主祭神は天照大神の孫のヒコホアカリノミコトです。 宮津は天橋立で有名ですが、もともと天橋立そのものが神社の参道であったといわれ、宮津も大きな宮(元伊勢籠神社)のある港を意味するといわれます。 主祭神が籠の船で竜宮に行かれたとの伝承があり籠神社と記されたのですが、古代、籠を「コ」と発音した事でこの名称になったとされます。 また、伊勢神宮に奉じられる前、宮中を出られた天照大神が、最初に移られたのが奥宮の眞名井神社でした。 これが元伊勢神社の由来です。 それでは早速、籠神社に参拝しましょう。 参拝時に、奥を見てください。 向かって左手に摂社・末社が並んでいますが、その先の境内出口に亀に乗った人物像があります。 これは「倭宿祢命」の銅像です。 ここで説明看板をお読みください。 実はこれが歴史ミステリーの1つに繫がるのです。 海部氏と天孫族 写真:松縄 正彦 この神社の宮司家は海部氏です。 倭宿祢は海部氏の祖先のお一人。 名前からわかるように海部氏は海人族です。 説明看板には、倭宿祢命 写真 は神武天皇が東征したときに亀に乗って現れ、天皇の水先案内をし、また大和建国の第一の功労者であったと記されています。 これは古事記・日本書紀(記・紀)の記載そのものです。 これによると、主祭神のヒコホアカリノミコトが海部氏の祖で、現在まで82代にわたり連綿と続いてきた事になっています。 天照大神の子孫が天孫(天皇)系ですから系図上、海部氏と天孫族は親戚筋となり、看板の説明となったのです。 また、記・紀ではニニギノミコトが九州に降臨されたと記されています。 これが今までの通説です。 しかし海部氏系図では、ヒコホアカリノミコトが九州ではなくここ丹波、それも籠神社の海の奥宮(冠島)に降臨されたと記されているのです。 さらに、ヒコホアカリノミコトの九世の孫として「日女命」の名が記されているのですが、この命の又の名が卑弥呼ともいわれるヤマトトビモモソヒメなのです(日女命の名は11世孫としても出てきます)。 天照大神がまず最初にこの神社にお移りになった理由が良く分かるお話ですが、記・紀と異なる天孫降臨、卑弥呼などすごい話が出てきます。 ワクワクするお話ですが、この辺で奥宮に行ってみましょう。 写真:松縄 正彦 海部氏の31代当主の娘に「厳子姫(いつこひめ)」という方がおられました。 天の眞名井の水(写真)を飲み、美しくしとやかな女性になられたといわれます。 姫は、皇太子(淳和天皇)の第4妃として入内(眞名井御前と称した)されましたが、その後、宮中を出て仏の道に入られました。 この時、灌頂を施したのが「空海」です。 眞名井御前は33才で亡くなられたのですが、空海のいる方向に向かい、合掌したまま亡くなったとされます。 しかし死の翌日には空海も亡くなっていたのです。 なんというタイミングでしょう。 お2人はどんな関係だったのでしょう? 「かぐや姫」の話をご存じでしょう。 ちなみに、海部氏系図によればヒコホアカリノミコトの子供は「天香語山命(アメノカゴヤマノミコト)」。 また空海は雨乞いの祈祷でも有名ですが、眞名井御前から与えられた、珠(たま)を雨乞いに用いたのではないかともいわれます。 海部氏が奉ずる海神の象徴である潮充珠潮干珠の二珠です。 そう、先の写真の龍や倭宿祢命も珠をもっていましたね。 空海と眞名井御前、お二人は信頼しあっていた事からこのような逸話が出てきたのでしょう。

次の

前漢鏡を伝世する籠神社は、北部九州とつながっていた : 地図を楽しむ・古代史の謎

籠 神社

『失われた天照大神の大預言「カゴメ唄」の謎』 (ムー・スーパーミステリー・ブックス) 以前も当連載で紹介した童唄「かごめかごめ」。 目隠しをしてしゃがんだ子供を中心に、数人が手をつないで輪になり、唄をうたいながら回る。 唄い終ったとき、目隠しをした子供が後ろの子供の名前を当てる。 民俗学では地蔵遊びとして知られ、全国でいろいろなバージョンが伝承されてきた。 だが、改めて唄の歌詞を見てみると、ちょっと無気味だ。 「かごめかごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に、鶴と亀がすべった、後ろの正面、だあれ」。 かごめかごめとは、籠の目、すなわち「カゴメ」のことなのか。 籠の中の鳥は、何かの象徴のようでもある。 夜明けの晩とは夜中なのか、それとも朝なのか。 鶴と亀がすべって転んだのか。 さらには、後ろの正面とは真後ろなのか、それとも後ろから見た正面なのか。 よくよく考えると矛盾というか、不可解な表現だらけだ。 民俗学的には、かごめかごめは 「囲め囲め」、もしくは 「かがめかがめ」ではないかとし、鳥という言葉から鶴が連想され、さらには縁起物としてセットの亀が加わったのではないかと考える。 最後の部分ができたのは、比較的最近のことだとも指摘する。 いかにも暗号めいた唄だが、そのために、これまで多くの異説が唱えられてきた。 江戸時代の黄表紙本には、 籠の中の鳥とは遊女のことだと記されている。 身売りされ、遊郭に閉じ込められた情婦が借金を返済し、自由の身になるのはいつの日なのかと、切ない思いをつづっているのだとか。 このほかに、有名な説としては 埋蔵金の暗号がある。 特に 徳川幕府の膨大な財宝の隠し場所が唄の中に暗号として記されているというのだ。 具体的な場所については、諸説あり、それを記した本やテレビ番組も少なくない。 しかし、こうした巷間の噂をよそに、「カゴメ唄」が暗号唄であると断言する方がいる。 丹後の元伊勢、籠神社の海部光彦宮司である。 海部宮司は「カゴメ唄」は、もともと籠神社に伝承された暗号唄であり、そこにはけっして表に出ることのない極秘伝が象徴として幾重にも組み込まれているという。 鍵となるのは 「籠」である。 唄の中に出てくる籠とは、まさに 籠神社のことを意味している。 よって、籠の中の鳥とは、 籠神社の祭神を示していることになる。 籠神社の祭神は天火明命と豊受大神だ。 極秘伝によると、豊受大神は丹後に伝わる羽衣伝説の天女であり、地上に降臨する際、籠の中に入っていたという。 つまり、籠の中の鳥とは、まさに 豊受大神だったことになる。 ご存じのとおり、 豊受大神は伊勢神宮の外宮の祭神である。 食べ物の神様で、お稲荷さんとして知られるウカノミタマと同一神だ。 伊勢神道では、豊受大神は天照大神と並ぶ神格をもっており、『古事記』の冒頭に現れる天之御中主神及び『日本書紀』の冒頭に現れる国常立尊とも同一神であると主張する。 最初に現れた神という意味では、まさに豊受大神は唯一神だともいえよう。 その豊受大神を祭神とする籠神社の社紋(神紋)、特に裏紋は、なんと 六芒星、すなわちカゴメ紋なのである。 「カゴメ唄」のかごめかごめとは、まさに 籠神社の裏社紋を意味していたのだ。 さらに、カゴメ紋は世界的にユダヤ人の象徴、ダビデの星として知られる。 ユダヤ教は一神教である。 唯一神の性格をもつ豊受大神を祭神とする籠神社はユダヤ教と関係があるのか。 「カゴメ唄」の謎を追っていった時、浮かびあがる驚愕の事実とは何か。 その答えは、この本にある。 ぜひ、ご覧になって、ご自身で確かめてほしい。 学研「ムー」の5代目編集長。 筑波大学を卒業後、学習研究社(現・学研)に入社。 「歴史群像」編集部を経て、入社1年目より「ムー」編集部に所属。

次の