インスタ質問箱写真。 スイスのチーズフォンデュ(海外旅行インスタ質問箱)|あおいとりっぷ|note

質問箱「Peing」の作り方とインスタでの効果的な使い方!URLを貼る方法、ストーリーズ活用、匿名質問作成の仕方 | インスタグラムの使い方&集客方法!投稿とストーリー解説♪

インスタ質問箱写真

24時間で自動削除される「ストーリーズ」 Instagramの基本的な使い方は、自分が撮影した画像や動画を投稿したり、ほかのユーザーが投稿したものをチェックしたりすること。 通常の投稿(タイムラインへのポスト)であれば、何らかの理由で削除しないかぎりは、投稿したユーザーのホーム画面でいつでも見ることができます。 それに対して、Instagramアプリのホーム画面上部に表示されている「ストーリーズ」というものは、投稿後24時間経過すると自動的に削除される機能です。 通常投稿するほどではない、もしくは一時的に誰かに見てもらいたいなどといったときに活用できるのがポイント。 「ストーリーズ」の機能 そんな「ストーリーズ」には、フォロワーなどにアンケートを実施できる「アンケート」機能やリアルタイム配信を行える「ライブ」機能など、充実したコミュニケーション機能があります。 そのなかのひとつとして、フォロワーなどに気軽に質問できる「質問」機能があるのです。 何か教えてもらいたいときなどに「質問」を使えば、フォロワーから返答を得ることができ、その返答を自分の「ストーリーズ」でシェアすることもできるという優れもの。 質問をする方法は? では、この「質問」はどのように使えばいいのでしょう? ここではAndroidのスマートフォンを使って、「質問」の投稿方法から返答を「ストーリーズ」にシェアするまでの手順を紹介します。 また、OSやアプリのバージョンによって、画面が異なる場合があります。 「ストーリーズ」の投稿画面を開く まずは、Instagramアプリで自分のホーム画面を開いて、画面左上の自分のアイコンをタップ。 またはホーム画面上で左から右にスワイプして、「ストーリーズ」の投稿画面を開きます。 「質問」に使いたい画像を選ぶ 「質問」を使うためには、最初に「ストーリーズ」に投稿する画像などを設定しなければなりません。 画面左下の画像をタップし、スマートフォンに保存してある画像を使ったり、「ストーリーズ」画面で直接撮影したりしてもOK。 ほかにも、「ストーリーズ」投稿タイプのひとつ「タイプ」を使って、文字を入力した画面などに「質問」をつけることもできるので、自由度は高いです。 「質問」を選んで投稿する ベースとなる画像を設定できたら、画面右上に5つのアイコンが表示されます。 そのなかから真ん中の笑顔のスタンプのようなアイコンをタップ。 「地域」や「 メンション」など、さまざまな機能が出てくるので、「質問」を選択します。 「ストーリーズ」に「質問」を投稿したら、フォロワーのホーム画面上部に表示され、閲覧されます。 あとは、返答が集まるのを待つだけ。 余談ですが、「質問はありますか?」という文章のまま投稿すれば、フォロワーからいろんな質問が送られてきて、その質問に対して回答するといった使い方もできます。 筆者の友人たちの投稿を見る限りでは、こういった使い方のほうが一般的かも(?)。 返答を「ストーリーズ」にシェアする方法 フォロワーから寄せられた返答をチェックするには、投稿した「質問」画面上で下から上にスワイプすれば確認できます。 返答をタップすると、「返答をシェア」と「メッセージを送信」、「削除」の3つのアクションが出てくるので、返答を「ストーリーズ」でシェアするためには、「返答をシェア」を選びましょう。 そうすると、返答が表示された状態で「ストーリーズ」の投稿ができるようになり、前述の投稿手順と同じように画像を設定すればシェアできます。 でも、それだけだと味気ないので、画像設定後に右上に表示されるアイコンのなかから、「Aa」というものを選び、返答に対するお礼などを書き加えてから投稿するのがベターです。 ちなみに「メッセージを送信」を選ぶと、ダイレクトメッセージで返答者にだけメッセージを送れるから、上手に使い分けてくださいね。 アイデア次第でいろんな使い方ができるInstagram。 最近フォロワーさんたちとコミュニケーション不足だなと感じているなら、「質問」を使って気軽な会話を楽しむのがおすすめですよ。

次の

質問箱PeingのURLリンクをインスタグラムのプロフィールに記載する方法

インスタ質問箱写真

『Peing-質問箱-』のアカウントを作成する アプリのインストールが完了したら早速アプリを起動してみましょう。 主にPush通知の受信タイミングを調整することができます。 そして上記の 設定するをタップすると、Peing側の登録・設定作業は終了です。 そして事実上、Peingというサービス上にあなたの質問箱を作成することができました! では、次の項より作成した質問箱を自分のInstagramアカウントのプロフィール画面に貼り付けて見ましょう。 目には見えませんが、これにて自分以外のユーザーが質問を投稿するためのページへのURLをクリップボードにコピーすることができました。 【注意】URLはプロフィール欄に貼り付けてもリンクにならない もし、ウェブサイト欄にすでに自分のホームページなど既存のサイトURLを掲載している場合は、プロフィール欄に質問箱へのURLを貼り付けたくなります。 このようにプロフィール欄にURLを掲載しても「リンク化」されませんので、より多くの質問を受け付けたい人は「ウェブサイト」の欄にPeingのURLを掲載するようにしましょう。 Instagramから受け取った質問に回答する方法 さて、ここからは、実際に他ユーザーから質問が飛んできた場合、どのような見え方でどのようにInstagram上で回答したら良いのか、をいくつかパターン分けしてご紹介いたします。 届いている質問への回答を記入するには 回答を入力と表示されているテキストボックス内に回答を記入していきます。 ここからは通常のストーリーの投稿と同様に、• 画面右下の ストーリーズをタップすると、全体公開• 親しい友達をタップすると親しい友達のみへの公開 を行うことが出来ます。 そんな方には以下の方法で、回答行うことがおすすめです。 これにてこの質問画像を端末内に保存することが出来ました。 Tips実際には、画像ファイルではなく、動画ファイル(movファイル)として保存されます。 こうして保存された回答画像を通常投稿することでタイムラインに表示されるフィードとして回答画像を投稿することができます。 Instagramの質問箱に質問を投稿する方法 ここまでは質問箱を「設置する側」の人向けの解説になりましたが、あなたがいつもフォローしているユーザーが質問箱を設置していて、それに質問したい場合、どのようにしたら良いのか?を解説していきます。 この段階で既にこの質問箱の持ち主には匿名での質問の送付が完了しています。 これで質問の送信は完了しました! あとは、この質問を受け取ったユーザーがPeing上で確認し、Instagramのタイムラインで回答アクションをしてくれることを待ちましょう。 こちらから退会処理を行うことで質問箱自体の消去を行うことができます。 InstagramのPeingで「質問が送れない!?」時の対処法 InstagramのPeingで「質問が送れない」原因として考えられるのは、• 電波・通信状況• Instagramのアプリバージョン の2点です。 電波状況は通信キャリアの接続状態の懸念もありますが、よく起こりがちなのが、公共のWi-Fiを利用して通信が行えなくなる状態です。 公共のWi-Fiは無料で利用できるものの極端に遅い場合が多く、送信ボタンを押しても中々送信が完了しない、という事態も度々あります。 そのような状態が続いた時は、一度Wi-Fiをオフにし、他のアプリ等で接続状態を確認した上で、再度質問送付をトライしてみましょう。 InstagramでPeing利用時、bot質問を来ないようにする設定 Peing-質問箱-を利用していて、時折サービス運営より質問が到着する時があります。 まとめ いかがだったでしょうか? 若干操作が多いものの、Instagramではフォロワー向けにPeingの質問箱のURLを張り付けたり、彼らから寄せられた質問への回答なども行うことが可能です。

次の

Twitterの質問箱(Peing)の送り主特定方法は?IPアドレスでバレる?

インスタ質問箱写真

インスタライブって何? インスタライブとは、誰でも無料で登録できる有名SNS、 インスタグラムの機能の1つ。 事前に録画や撮影したものでなく、リアルタイムで今していることを手軽に発信することができます。 芸能人などの有名人に限らず一般人も配信可能で テレビ番組で言うと生放送、youtubeで言うとライブ配信がインスタライブに当たります。 生配信中にコメントを送る機能もあり、場合によってはそのコメントに発信者からそのまま返事をしてもらえることもあるので、好きな芸能人や人気インスタグラマーなどと身近に繋がっている感覚を味わえるのも魅力の1つです。 インスタライブを見る インスタライブを見てみよう 見る方法は、ライブ動画を配信しているアイコンをタップするだけで視聴することが可能で とても簡単です。 それでは詳しく基本操作を説明していきます。 まず、インスタグラムのアプリを起動し、ホーム画面を開きましょう。 上部にフォロー中の人が載せているストーリーズがアイコンとなってずらっと並んでいると思います。 その中に、赤や紫のカラフルな丸で囲まれ『ライブ動画』と文字が書かれているもの、これが「インスタライブ中です」という目印。 そのアイコンをタップしてください。 そうするとすぐにライブ配信の画面に切り替わります。 コメント機能を使おう 冒頭でもお伝えしましたが、インスタライブは視聴者がコメントをすることができます。 そのコメントはライブ動画の画面左下に表示され、自分のものだけでなく閲覧しているすべての人のコメントが流れ、チャット感覚で楽しむことができるのです。 やり方は画面下に出ている「コメントする」と書かれている欄に好きな言葉を打ち込むだけ。 とっても簡単に相手に言葉を投げかけることができます。 ただし、一度コメントをすると消すことができないので注意が必要です。 たくさんの人からコメントがきている場合はすぐに上に消えていきますが少ない場合は画面上に残ってしまいます。 画面右下にハートマークがあるので、そこを押すだけでふわっとハートが上に向かって浮かんでいき「いいね!」と言う役割を果たしてくれます。 見てるよ!と挨拶のように気軽に押せるものです。 気に入ったライブ配信をシェアしよう 気に入ったライブ動画を誰かに送ってシェアしたい。 そんなことも簡単にできます。 ハートマークの左にある紙飛行機マークをタップ。 そうすると、自分がフォローしているアカウントが表示されます。 送りたい人を選択し送ると、送られた人は送られてきたライブ動画をタップするだけでダイレクトに参加可能。 ちなみにですが、非公開アカウントの場合は配信者のフォロワーでないとシェアすることはできません。 「?の箱」があれば質問もできちゃう コメントスペースの横に?が入った四角いイラストがある場合、配信者に質問することができます。 ただし、質問機能をつけるかどうかは配信者が決めるので、あるとは限りません。 やり方は、まず?の箱をタップ!「質問を入力」と書いてあるスペースに質問を入力し送信するだけ。 質問を送信しただけでは他の閲覧者に共有されませんが、配信者が自分が送った質問を選択すると画面に表示されるので、自分のユーザー名も出ることを頭に入れておきましょう。 インスタライブへの参加リクエストとは? 参加することで、配信者と一緒にインスタライブを配信することができる機能です。 画面が分割され、配信者と参加者2人の顔が画面上に表示されます。 もちろん勝手に誰でも参加できるのではなく、配信者への申請が必要。 まず、インスタライブの画面に入るとコメント欄に「〇〇 配信者のユーザー名 さんのライブ動画への参加リクエストを送信する」と流れます。 文章の右側に「リクエスト」と書かれたボタンも一緒に出てくるのでタップ。 そうすると、「リクエストを送信」と確認画面が出てくるので、そちらをタップすると配信者にリクエストが送信されます。 配信者から許可がおりると、無事に成立しコラボ動画を配信開始です。。 インスタライブは保存できるの? 基本的にはできません。 インスタグラムには現在、ライブ配信の保存機能が存在しないのです。 それでも保存したいという方は、画面収録機能 iPhone を使用する方法や アプリをダウンロード Android し録画する方法をとる人もいます。 ですが、あくまでも自己責任という形になるので注意が必要。 ライブ動画を見逃さないように通知はONに! 見逃したくないライブ配信、ありますよね。 そんな時は配信の通知が入る設定を忘れずにしておきましょう。 設定方法ですが、自分のプロフィールページの画面右上の3本線のメニューを開きます。 これで完了です。 インスタライブが始まると通知されるようになります。 ライブ配信終了後24時間であれば見直すことができます。 見る方法は簡単です。 自分のホーム画面にいき、ストーリーズに並んでいる再生マークのついたアイコンをタップするだけ。 その時流れたコメントなども一緒に見ることが可能になります。 ただし、配信者がリプレイ機能を使いシェアし、ストーリーズに残していない場合は残念ながらもう一度見ることはできません。 youtubeやTwitterなどの他のSNSに載せている配信者もいるようですのでチェックしてみてもいいかもしれませんね。 インスタライブを配信する インスタライブを配信しよう 次に説明するのは配信する側の方法です。 ライブ配信は、ストーリーを上げる方法に少しだけ手を加える簡単なもの。 インスタグラムのホーム画面をタップ。 画面を右方向にスワイプするとストーリー投稿用のカメラが起動されます。 画面下中央の「通常」というモードが選択されて起動されるかと思いますが、その文字を右にスワイプし「ライブ」という文字に合わせモードを変えます。 画面が変わったら真ん中の配信ボタンをタップ。 これで、ライブ配信開始です。 【一部のフォロワーにライブ配信を非公開にする方法】 ストーリーズ用カメラを起動した後、ライブモードに切り替えます。 左上に設定ボタンがあるのでタップ。 「ストーリーズを表示しない人」を選択し、表示してほしくないフォロワーを決めます。 【フォロワー以外の人全員にライブ配信を非公開にする方法】 自分のプロフィール画面を表示し右上の3本線をタップ。 目のマークをタップすると閲覧中のユーザー名を確認することもも可能です。 閲覧者のユーザー名も画面左下に「〇〇 ユーザー名 さんが視聴し始めました」と、その都度表示され、コメントも同じ場所に流れます。 ウェーブってどう使うの? 視聴者が使用するハートマークのいいね!ボタンのようなもの。 お手軽な挨拶と考えていいでしょう。 ですが、いいね!ボタンと違うのは、1度しか送ることができません。 ウェーブを送る方法としては、「〇〇 ユーザー名 さんが視聴し始めました」と表示された右手に手のひらのウェーブボタンがあるのでタップします。 視聴者と一緒にコラボ配信をしよう 視聴者側が参加リクエストを送ることができるように、配信者も視聴者を自分のライブ配信に誘うことができます。 ライブ配信中の画面下に顔が2つ重なったイラストがあります。 タップすると、現在視聴中のユーザー名が並びますので、選択し「追加する」を押す。 そうすると、相手に申請が届きますので許可されればコラボ配信が開始されます。 【受ける場合】 視聴者がリクエストボタンを押すと、アイコンが2つ重なった通知が表示されます。 【受けない場合】 コメント入力欄の右手に3つの点がならんでいるので、タップ。 「ライブ配信リクエストをオフにする」を選択すると視聴者がライブ配信のリクエストをすることができなくなります。 エフェクト効果で加工をして配信しよう 写真を撮るように、ライブ動画でも顔や画面に加工を施して配信することが可能です。 顔に動物のイラストをつけることや、画面にキラキラと光った加工などをし楽しむことができます。 画面下の顔が1つのイラストをタップし好きな加工を選択するだけです。 ライブ配信中に画像を掲示しよう ライブ配信中に事前に撮影・保存したカメラロールの写真を表示することが可能です。 写真を共有したい時や、資料を見せて説明したい場合など活躍する機能です。 方法はライブ画面右下のカメラロールをタップし選択するだけ。 掲示を止めたい場合は画像一覧、1番左のバツ印を押すだけで解除されます。 視聴者からの質問を選んで答えてみよう コメント欄に質問があると、そのまま上に流れ配信者は見逃してしまいます。 そんな時に活躍する機能です。 やり方ですが、通常のストーリーズ用のカメラ画面に切り替えます。 写真や動画を張り付けた後、スタンプアイコンをタップ。 スタンプ一覧の中から「質問」と書かれたボックスを選び、設置完了です。 「質問はありますか?」と表示されている文字を選択すると質問内容を変更することも可能となります。 ?をタップ。 すると、質問が一覧となって並ぶので画面に表示して答えたいものを選択します。 質問ボックスが画面上に表示され、視聴者も質問内容を読むことができるようになります。 何の質問に答えているのか分かりやすくなりますね。 コメントを受け付けない ライブ配信中に視聴者からのコメントは受けないようにすることもできます。 コメント入力欄の右手に3つの点がならんでいますので、そちらをタップ。 「コメントをオフにする」を選択するとコメントを入力することができなくなります。 インスタライブを終了と動画の保存 ライブ配信を終了したい場合、右上にある「終了する」をタップした後「今すぐ終了」を選択することで終了作業は完了します。 また、配信者のみライブ動画の保存をすることができ、方法としては終了画面右上の下矢印をタップするだけです。 終了画面の画面下に「ストーリーズでシェア」と表示されるので選択してください。 そうすると、ストーリートレイに載ることが分かります。 注意点とよくある疑問 視聴したことが配信している人に分かるのか? わかります。 ライブ配信をしている画面に切り替わった瞬間に、画面左下のコメント欄で「〇〇〇 ユーザー名 さんが視聴し始めました」と表示されます。 多くの人が視聴している人気アカウントであれば、コメントに紛れすぐに流れて表示されなくなりますが友人・知人で視聴したことがばれたくなければ注意が必要です。 ライブ配信中に写真を撮りたい! スクリーンショット機能を使用し写真を撮ることが可能です。 芸能人によっては、写真を撮ることができるように ライブ配信中に静止し、わざとその時間を設けてくれることもあります。 自分の携帯のスクショ方法を事前に確認しそのチャンスを逃さないようにしましょう! まとめ たくさんの機能がありますが、1度チャレンジし流れを見ると案外すぐに慣れてくるようです。 ぜひ、インスタライブをオリジナルの活用方法で取り入れてみてくださいね。

次の