豪ドル 円 見通し。 オーストラリアドル為替レートこの先の見通しは?

【2020年 見通し/予想】豪ドル円の金利は上がる?豪ドル円は100円行く?

豪ドル 円 見通し

マーケットアウトルック - 豪州市場・豪ドル - 投資の視点は2020年6月15日に野村マンスリー投資会議で確認された内容に基づいています。 3%とマイナスに転じました。 4-6月期には、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う輸出の落ち込みや外出規制による個人消費の鈍化を背景にマイナス成長が続くと予想され、豪州経済は約30年振りに景気後退入り 2四半期連続で前期比マイナス成長 する見通しです。 中国景気持ち直しや鉄鉱石価格の上昇が豪ドルの押上げ材料となる一方、低金利政策の長期化が豪ドルの重しとなりやすいことには留意が必要です。 金融政策 豪州準備銀行 RBA は、4月から7月まで4会合連続で政策金利を過去最低の0. 25%に据え置くと同時に、3年物国債利回りが0. 25%程度で推移するように国債や政府機関債の買入れを実施しています。 野村證券では、政策金利は少なくとも2022年末まで現行水準に据え置かれると予想しています。 (出所)ブルームバーグより野村證券投資情報部作成(直近値は2020年7月9日) 豪ドルの注目点と今後の見通し 豪州政府が7月末までに経済活動の完全再開を目指す方針を示したことを受け、各州では6月より一段の規制解除が始められました。 豪ドルは、経済活動の再開に対する期待と主力輸出品である鉄鉱石など資源の価格上昇を追い風として、足元にかけて上昇基調を強めています。 ただし、一段の豪ドル高には、政府の景気対策とRBAの低金利・量的緩和政策によって豪州経済が持ち直し、金融緩和政策の解除期待が高まる必要があるとみられます。 豪ドルの市場動向 豪ドル相場は、3月初旬に主要産油国による協調減産協議の決裂を受けて原油価格が急落すると、軟化しました。 13日に世界的な株安が進むと、豪ドルは一段安となりました。 RBAが19日の緊急金融政策会合で追加利下げと量的緩和政策を打ち出すと、豪ドルは対円で59円台前半と、2009年2月下旬以来の低水準へ下落しました。 その後、22日に政府が追加的な景気支援策を発表すると豪ドルは持ち直しに転じました。 4月7日の金融政策会合で政策金利が据え置かれ、追加緩和観測が後退すると、豪ドルは上昇基調を強めました。 28日にはシドニーなど大都市で移動制限措置の一部緩和の方針が示されたことを受け、豪ドルは強含みに転じました。 モリソン首相が5月8日に経済活動を7月までに完全に再開する方針を示し、15日以降にシドニーなど大都市で公共施設やレストランの営業再開が認められると、豪ドルは上昇基調を強めました。 6月2日にRBAが景気判断を上方修正したことに加え、鉄鉱石など資源価格が回復したことも豪ドルの上昇を後押ししました。 しかし、豪州において新型コロナウイルスの感染第2波に対する懸念が強まる中、18日に失業率が7. 7月1日に豪州第2の都市メルボルンで外出規制が再導入され、豪ドルは一時軟化しました。 しかし、7日の金融政策会合でRBAが前回より楽観的な景気の見方を示したことや、鉄鉱石価格の上昇を背景に、豪ドルは底堅さを取り戻しました。 7月10日15時現在、対米ドルでは0. 69米ドル台前半、対円では74円台前半で推移しています。 (出所)ブルームバーグより野村證券投資情報部作成(直近値は2020年7月9日) 需給動向 シカゴ通貨先物市場における投機筋の豪ドル 対米ドル の持ち高は、売り持ち超過が続いています。 2010年6月30日現在、約6千枚 約450億円 の売り持ち超過となっています。 内容は、「野村マンスリー投資会議」で確認されたグローバルな各資産に関する見方や投資視点などに基づいて作成しております。 「野村マンスリー投資会議」は、グローバル・リサーチによる主要国・地域の景気、金利、為替、株価見通しを前提に、投資戦略を検討する月例の会議です。

次の

豪ドルの長期見通しは?今後の価格・金利やリスクを解説

豪ドル 円 見通し

今週の前半は、資源国通貨が若干強かったですね。 為替は、全体的には円高ドル安って感じだったので先週の前半とまた違った動きになりました。 日本では特に東京の感染者がなかなか減少せず自粛期間が延長されそうですね。 私も都民なんですが人の外出は、かなり減っていますが相変わらずスーパーとかはかなり人が多いです。 ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。 普段競馬はしないけどG1くらいはするよって方、良かったら私の競馬予想チャンネルも見てください。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 ドル円始値:106. 841円 ドル円高値:106. 892 投稿時点 ドル円安値:106. 744円 投稿時点 ドル円終値:106. 746円 投稿時点 トレンド:下降トレンド レート:106. 746~106. 748 RSI:24. 71 今後の為替見通し:今現在の日足を見ると、 下降トレンドですかね。 RSIは24. 71と日足レベルでは売りがかなり強まっていますね。 でドル円に関しては、「短期移動平均線に上値を抑えつけられていますし、108. 000円の抵抗線も超えられずに停滞しているので、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、108. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 」と書きましたので、ドル円に関しては、成功ですね。 今後のドル円ですが、107. 000円も割ってきましたし短期移動平均線にも上値を抑えつけられていますので、引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、108. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 ユーロドル始値:1. 08175ドル ユーロドル高値:1. 08308ドル 投稿時点 ユーロドル安値:1. 08129ドル 投稿時点 ユーロドル終値:1. 08299ドル 投稿時点 トレンド:レンジ相場 レート:1. 08299~1. 08303 RSI:38. 38 今後の為替見通し:今現在の日足は、 レンジ相場ですね。 RSIは38. 38と売りが強まってきましたね。 で、ユーロドルに関しては、「ドルも弱いしユーロも弱いですがどちらかというとややユーロのほうが弱いと思います。 短期移動平均線にも上値を抑えつけられていますしここは引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 09000ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 」と書きましたのでこちらも、トレード的にはほぼ動き無しでしたね。 今後のユーロドルですが、綺麗な下降トレンドを形成していますし、昨日も長い上髭をつけていますので、引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 09000ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 豪ドル円始値:69. 340円 豪ドル円高値:69. 453円 投稿時点 豪ドル円安値:69. 292円 投稿時点 豪ドル円終値:69. 435円 投稿時点 トレンド:上昇トレンド レート:69. 435~69. 442 RSI:57. 36 今後の為替見通し:今現在の日足は、 上昇トレンドですね。 RSIは57. 36と日足レベルでは買いが依然として強い状況ですね。 豪ドルに関しては、で、「69. 000円から70. 000円の間の窓を埋められるかどうかでしょうね。 再度、窓埋めにチャレンジしそうですが失敗に終わりそうなので、ここは引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、70. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 」と書きましたので、こちらは、トレード的には失敗でしたね。 今後の豪ドル円ですが、窓埋めの途中ですがキレイな上昇曲線を描いています。 上向きのトレンドラインにも支えられていますので、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、69. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 今週後半の見通しのまとめ ドル円に関しては、107・000円も割ってきましたし短期移動平均線にも上値を抑えつけられていますので、引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、108. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切り。 ユーロドルに関しては、綺麗な下降トレンドを形成していますし、昨日も長い上髭をつけていますので、引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 09000ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切り。 豪ドル円に関しては、窓埋めの途中ですがキレイな上昇曲線を描いています。 上向きのトレンドラインにも支えられていますので、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、69. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切り。 あくまで今週後半の為替予想ですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。 以上、今週後半の為替予想でした。 投資はすべて 自己責任でお願いします。 当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 のランキングに参加中です。 読者の方のランキング投票に感謝いたします。 ブログの更新をお知らせする メール購読機能 もちろん、無料です笑 もサイドバー スマホなら画面下部 にありますので是非、ご利用されてください。

次の

豪ドル円予想 2020、2021、2022

豪ドル 円 見通し

こんにちは。 為替研究所のです。 結論から言うと、• 今は1. 084を上限としたレンジ相場か、上昇基調が続くのかいまいち読みづらい• ただ、 1. 07を割ったあたりで買い、1. 08前後で利確、逆に1. 06前後で損切という戦略なら、リスクリターン的にも良さそう• 口座開設は、 からできます。 以下の順番で書いていきます。 かなり詳細に書いた記事が他にあるのでそれを引用します。 そして、豪ドルとNZドルは、• どちらもオセアニア諸国の通貨• どちらも中国経済の影響を大きく受ける• どちらも先進国の中では比較的高金利• どちらも緩やかに長期間経済成長が続いている• このように、 1. 0から1. 4の間で安定してレンジ相場を形成しております。 464 160. 32 107. 84 0. 88414 安値 1. 006 75. 29 54. 92 0. 391 差異 0. 458 85. 03 52. 92 0. 49314 差異率 45. 0を下回る(=ニュージーランドドル>豪ドルになる)可能性は低く、実際にコロナショックの時もワンタッチした後すぐ戻したことを考えると、 レンジを下方向に抜ける可能性は低いという点も、自動売買に向いているポイントです。 オーストラリアとニュージーランドを比べると、上記のような共通点はある反面、• 人口(2,499万人VS495万人)• GDP(13,379億ドルVS2,015億ドル• 0割れ)の可能性は高くないと言えます。 これが豪ドル円であれば、史上最安値は55円くらいで、 現在の71円から見てもまだかなり下落余地が大きく、さらに中国経済の停滞や、オーストラリアの金利がどんどん下がっていること、リスクオフがあった際には円高になることを考えると、 史上最安値割れがあってもおかしくないというように、豪ドル円では「レンジの下限をどうするか」というのも難しいです。 このように、中国経済や世界のリスクオン・オフといった「ノイズ」を取り除きつつ、1. 0という下値余地もあり、さらに通貨ペアとしても非常にレンジになりやすいという特徴があります。 結論から言うと、今は「 1. 084くらいを上限としたレンジなのか、まだ上昇トレンドが続いているのかいまいち分からないが、1. 07を割ったくらいでは買っても良い水準」と考えております。 このように、コロナショックで一時急落するもその後上昇トレンドに入り、ただ今はそのトレンドラインを少しだけ割り込み、今後どうなるか・・・・という状態です。 そして、今回も3月にはコロナショックで豪もNZもどちらも0. (実はNZの利下げ直後はほぼ反応なしでしたが、あの時は完全にコロナショックど真ん中の時で、どこの国の利下げにも為替相場は無反応だったので、タイムラグがあったものと考えております) では、それを踏まえて今がどうなのかを考えると、 今くらいの水準は、金利差から見るとそこまで違和感がない水準と考えております。 個人的には、• 基本的には 買い方向(売りは怖い)• 今はレンジなのか上昇継続なのか分からないので、 1. 07以下まで待って、そこから買い始めて、1. 08近辺で利確、1. 06近辺まで落ちれば損切• または 長期での買いのループイフダンを仕掛ける というのが良いかなと思っております。 0チャレンジをして、その後反発した局面とかなり似ており、その時は1. 15近くまで上昇したように、売ると大きく踏み上げられるリスクもあるのがその理由です。 また、ファンダメンタルズ的にも、コロナの第二波や、世界経済へのダメージ、さらには米中対立等リスク要因は山ほどあり、こういうリスク環境に対して、先にマイナス金利等の思い切ったことをしそうなのは豪よNZの方が可能性が高そうなので、 売ってしまうと踏みあげられて戻ってこないリスクもあるのかなと思っております(NZの中銀であるRBNZは、かなり思い切った政策をして、サプライズもよくあるところで、一方の豪の中銀のRBAは、政策変更がない時はただ単に前月のコピペなんじゃないかと思うような声明文を出すところです) なので、 基本的には買い方向が良いかなと思っております。 ただ、だからといってこのまま上昇していくのか、レンジに戻すのかはいまいち分かりづらい状況であり、あまり高値で買いたくないというのも事実で、そこで、買うとしたら1. 07割れくらいから買って、1. 08近辺で利確、1. 06近辺で損切というようなルールが一番やりやすいかなと思っております。 06前半まで見ておけば、下落トレンドに入らない限りはロスカットされる可能性は低く、一方で1. 08くらいであればレンジでも戻す可能性も高いので、リスクリターンを考えると悪くないかなと思っております。 また、こういう短期トレード以外だと、 長期での自動売買買いでの放置戦略がおすすめです。 0を割っても余裕で耐えられるという、かなり面白い設定があります。 口座開設は、 からできます。 今回は以上です。 筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。 ・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。 取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。 ・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

次の