藤利食品 オオサンショウウオ。 かかしの町・湯来のオオサンショウウオこんにゃく?「ナニコレ珍百景」

キモかわいい!オオサンショウウオこんにゃく人気 広島の高校生が開発、SNS発で特産品に

藤利食品 オオサンショウウオ

2020年3月1日(日)18時30分~19時58分放送のテレビ朝日「ナニコレ珍百景」に、広島県湯来町「かかしの町で女子高生発案の仰天こんにゃくが大人気商品化!珍こんにゃくで町が活性化」が登場するようですよ! 今回「高校生が考えた大ヒットこんにゃく」として紹介されたのは、広島県佐伯区湯来町の地元高校の家庭科クラブの生徒が町おこしのために3年かけて開発した国の天然記念物オオサンショウウオの形にした「オオサンショウウオこんにゃく」(大580円・小200円)。 珍百景登録されました。 オオサンショウウオこんにゃくは、(広島市佐伯区湯来町菅沢740)と地元、広島県立湯来南高校の生徒が国の天然記念物のオオサンショウウオの形をしたこんにゃくを商品化したものです。 シシャモの卵を練り込み味付けはしょうゆ出汁でさっぱり風。 独自の製法によりじっくりと味付けされたこんにゃくですので水洗いはせず、良く冷やしてたべると美味しいそうです。 在庫数等によって発送までにお時間を頂く場合があるそうです。 現在、多数の御注文を頂き出荷までに約2週間前後のお時間を頂いております。 商品の完成次第、順次発送とのこと。 広島 新名物「オオサンショウウオこんにゃく」買える場所 「オオサンショウウオこんにゃく」は通販または、ゆき乃庵まえにある「湯来特産市場館」で購入できる 湯来特産品市場館 営業情報• 住所:広島県広島市佐伯区湯来町多田 湯来ロッジ• 営業時間: ・平日:8:00~17:30 ・土日祝:7:30~17:30• 定休日:月曜日• アクセス:JR広島駅より車で約60分 ゆき乃庵 営業情報• 住所:広島県広島市佐伯区湯来町大字多田2576-3• 営業時間: ・平日:10:00~16:00 ・土日祝:10:00~17:00• 定休日:水曜日• アクセス:JR広島駅より車で約60分• 電話:0829-85-0551 リアルかかしの里山 テレビ朝日「ナニコレ珍百景」番組データ.

次の

オオサンショウウオこんにゃくがキモかわいい!購入方法は?

藤利食品 オオサンショウウオ

広島市の高校生が開発した「オオサンショウウオこんにゃく」は、商品を買った人のSNSへの投稿から人気に火が付き、今や地域を代表する特産品だ。 高校生のアイデアが地域の活性化につながっている。 (共同通信=高野和俊) 商品を開発したのは広島市佐伯区の湯来町(ゆきちょう)地区にある県立湯来南高校の家庭クラブの生徒ら。 高齢化と過疎化が進む地元を活性化しようと、同高が取り組む「湯来温泉同好会プロジェクト」の一環で、2015年ごろから新たな特産品の開発に取り組んだ。 生徒らは地元特産のこんにゃくと近くの川にすむオオサンショウウオに着目。 最初の試作ではオオサンショウウオの型の細部にまでこんにゃくを入れるのが難しく、歯ごたえにむらが出る課題もあったが、商品化に向け、地元のこんにゃく業者「藤利(ふじとし)食品」に協力を仰ぎながら、打ち合わせを重ねた。 試作の段階でイカスミ入りのこんにゃくでもオオサンショウウオこんにゃくを作ったが、「黒すぎて気持ち悪い」としてボツに。 シシャモの卵が入った「子持ちこんにゃく」で作ってみると見た目もかわいく、味も好評だった。 浮遊感を出したいという生徒の案も取り入れ、パックにだしを同封し、商品化にこぎ着けた。 試作を経て商品は17年6月の同高の文化祭や地元のイベントで販売。 文化祭では「リアル」「どこから食べて良いか分からない」などの反響があり、用意した100個が完売した。 その後、地元の特産品を扱う湯来特産品市場館でも販売するようになったが、週に20個程度の売り上げにとどまっていた。 開発に協力し、製造を担う藤利食品代表の伊藤剛(いとう・つよし)さん(50)も当初は「売れるかどうかは別にして、地元の高校生に協力できるなら」と考えていた。 こんにゃくの製造はオートメーション化する業者が多い中、オオサンショウウオこんにゃくはその形から手作業の工程も。 「手作業で作ってきた藤利食品だからこそ引き受けられた。 ほそぼそとでも作り続けた」と伊藤さんは笑って振り返る。

次の

オオサンショウウオこんにゃくがキモかわいい!購入方法は?

藤利食品 オオサンショウウオ

スポンサーリンク こんにちは!わたろうです。 ツイッターをみてると、なんか オオサンショウウオこんにゃくが 欲しいって呟いていますね。 このオオサンショウウオこんにゃくは広島で売られているのですが、キモいけど売れてるんですって。 ツイッターでオオサンショウウオこんにゃくを買った人がツイートすると、あっという間に8万以上の「いいね」をされています。 地元の高校生が発案したアイデア商品らしい。 お店の人がキモいのにすげー売れるって言ってた。 — 謎の中年ボーダーX bearking110581 ええ、まじか!これが、こんにゃくなの? 見た目はそうとうキモいですね。 高校生が発案したという、このオオサンショウウオこんにゃくですが、不思議な感じがします。 ツイッターでは「オオサンショウウオこんにゃくが欲しい」というツイートが多かったので、通販あるのか?販売場所はどこ?についてと、どこの高校生が発案したのか?について調べていきたいと思います。 それでは今日も行ってみましょう!!! Contents• みるからに、本物っぽいですね。 生産されているところは、広島県の湯来町(ゆきちょう)です。 その湯来町は、その町を流れる水内川(みのちかわ)にオオサンショウウオが生息しているとのこと。 湯来町の特産品のこんにゃくと、オオサンショウウオが生息している地域をとのいうのを合わせて誕生した商品です。 普通、こんにゃくは、味がついていないのですが、このオオサンショウウオこんにゃくは、、下味がついているので、そのまま食べても美味しいとのこと。 オオサンショウウオこんにゃくは、魚の子、しょうゆ、食塩などが原材料となっています。 味は、「子持ちこんにゃく」と呼ばれるものと同じ味だそうです。 この子持ちこんにゃくは、広島県湯来町(ゆきちょう)の特産品だと。 そしてこれのオオサンショウウオこんにゃくを発案し、試作したのが、高校生が行ったということでも話題になっています。 スポンサーリンク オオサンショウウオこんにゃくを発案した高校生はどこの高校? 広島の新名物?! 「オオサンショウウオこんにゃく」がかなりリアルで可愛い。 シシャモの卵を練り込み、味付けはしょうゆだしでさっぱり風とのこと。 — 九月の蛙 kugatunokaeru このオオサンショウウオこんにゃくは、今できたものではなく、2018年3月19日に朝日新聞で「オオサンショウウオこんにゃく」のニュースが流れています。 どこの高校が発案したのかというと、 広島県の湯来南(ゆきみなみ)高校(広島市佐伯区湯来町)の高校生らが、「 オオサンショウウオこんにゃく」を作ったとのこと。 このオオサンショウウオこんにゃくが生まれたのは、2017年の6月に行われた湯来南高校の文化祭で、初めて売られていたそうです。 発案してつくり始めたのは、その2年前に卒業生から提案があり、それを科学部と家庭クラブが共同で開発しています。 これは、湯来南高校が2014年から取り組んでいる湯来町を活性化させようと取り組んでいる「湯来町温泉同好会プロジェクト」の一環で行われています。 オオサンショウウオこんにゃくのデザインは、湯来南高校の科学部が広島県安佐北区の安佐動物園に行って、観察してできています。 こんにゃくの型は、広島市立広島工場高校が作っています。 業者にたのまずに高校生のみで作っているのは、すごいですね。 販売場所や通販は? オオサンショウウオこんにゃくが話題になっていますが、どこで販売しているのか、またネット通販があるのか気になりますね。 調べてみると、 オオサンショウウオこんにゃくを販売している場所は、今のところ 湯来町特産市場館のみでの販売になっているようです。 ネット通販はおこなれていないようですね。 販売されている湯来町特産市場館はどこかというと。 住所:〒738-0721 広島県広島市佐伯区湯来町大字多田• 【営業時間】平日8:00~17:30 土日祝日7:30~17:30• 【休館日】月曜日 オオサンショウウオこんにゃくの価格は、200円です。 大きさは12cmくらいで、重さは80gほどです。 お土産にいいかもしれませんね。 見た人はおどろくかも! ブツブツって何? ツイッターの反応をみていると、「あのブツブツは何?」っていうツイートがありました。 ブツブツの正体は、ししゃものたまごですって。 ししゃもってそのまままるごと食べるのでブツブツってよくわからないですよね。 オオサンショウウオこんにゃくでは、加工しているので、ブツブツ感をだしているいるのですね。

次の