ルアー 動画。 ルアーの投げ方!軽いルアーを遠くまで飛ばすキャスティング方法 [ルアーフィッシング] All About

シーバスルアー超完全ガイド!確実に釣れる一軍ルアーを大公開!

ルアー 動画

ダイワのモアザングルービンは、65mm・12. 2gと小さな仕上がりにもかかわらず、飛距離を出すことが可能です。 デイゲームに最適とダイワの公式HPには書かれていますが、ナイトゲームでも威力を発揮します。 ルアーを動かす速度によって動きに変化をつけることが出来ます。 ゆっくり巻ではシンペンのように、早巻きでバイブレーションのように動かすことが出来ます。 シーバスルアーとして一軍に置いておきたいルアーです! カラーも豊富ですが、シーバス春のイナッコパターンで使うなら3Dイナッコやライブイワシのカラーがおすすめですよ! ルアーのカラーの名称になっている「イナッコ」とは、ボラの稚魚のことを指しています。 ボラの稚魚は、イナッコやハクと呼ばれます。 千葉のシャローマスター山内勝己監修。 干潟等シャローのデイゲームに最適。 リトリーブ速度で変わる可変アクション&高比重コンパクトシンキングミノー。 リップ付きのため、流れにも揉まれ難い、レンジキープさせ易く、シャローでも根掛かりにしにくい。 バイブレーションに匹敵するキャスタビリテイ デビュー以来、バチ抜けルアーとして結果を出し続けてきた「にょろにょろ」。 その不思議な生命感と唯一無二のポテンシャルは、バス、トラウト、メバルなどジャンルの垣根を越えて活躍の場を広げている。 極端に細身のシルエットはバチに限らず、サヨリやシラスなどの細身のベイトフィッシュをも演出可能。 意外と難しいと言われるサヨリパターンでは、絶妙なシルエットがマッチザベイトでシーバスを魅了する。 また、昨今よく聞かれるイカパターンでは、イカの動きの特徴である上下左右の平行移動を、平行フォール&タイトアクションでコイカを演出。 アイデア次第で様々なベイトを演出しオールシーズンで「使える」ルアーと言えよう。 基本設計は中空ボディ底面部に専用設計の極細ウエイトを搭載し、ボディの空気抵抗の少なさと低重心化の両立で、美しい飛行姿勢をキープ。 フォール姿勢は細かなロールアクションを加えた水平フォール。 ローリングアクションとヘッドを支点にした緩やかなウォブリングアクションがミックスされた独自の「にょろにょろアクション」は、余計な動きを排除することでハイプレッシャー下でも多くのバイトを誘発する。 トゥイッチ、ジャークなどのロッドワーク次第で足の長いダートが可能で、逃避するベイトをリアルに再現。 昼間のシーバス釣りを成立させるのに重宝する、ブレードスピンジグです。 水深のあるエリアもこれさえあれば、広い範囲を探ることが可能です! イワシ・コノシロ・サヨリパターン・ディゲームに幅広く使えるので、1つは持っておきたいシーバスルアーの一つです。 メジャークラフトが開発したシーバス攻略にオススメのカラーは、どれもシーバス秋パターンに効果的なルアーに仕上がっています。 天気の良いデイゲーム・ベイトがイワシやコノシロの時はこのルアーで決まりです。 秋のシーバスルアーとしてご紹介したジグパラスピンですが、シーバス効力用の新色#キビナゴは夏のキビナゴパターンで最大の威力を発揮します! スピンテールジグは、基本的にどのシーズン・パターンでもシーバス攻略・サーチに必須のシーバスルアーです。 水深80~100cmがフィーディングレンジ。 ボトム変化に柔軟に対応して攻略していく。 「サイレントアサシンは自分のシーバスゲームのなかで核になるミノーです。 飛距離が抜群なので、サーチベイトとしての役割を担ってくれるルアーでもありますね」 辺見氏のお気に入りは99F。 とりわけ活躍する状況として一例を挙げてくれたのが、干潟の河川内における中州攻略だ。 干潟の河川内では中州が出来やすく、この水深変化の大きい中州に対して、なめるようなライン取りで攻略できるのがサイレントアサシンの魅力、という。 「日中の干潟を前提にした場合、シーバスのフィーディングレンジとして80~100㎝を強く意識することが大切です。 使い方としては、流れに対してダウンクロス気味に、そして中州を越すようにキャストします。 そうすると最初は深く、中州のトップでいったん浅くなりまた深くなる。 サイレントアサシンならこうした水深変化に対応して綺麗になめるようなトレースが可能です。 シャローミノーでは上っ面しか引けないですから。 また、浮力があるので、リトリーブを止めてもルアーにはしっかり水の抵抗がかかる。 こうしたテンションの掛け具合とロッドの角度の調節で、レンジを攻め分けていくことが出来るんです」 アクション法は大きく3つ。 最もベーシックなのはただ巻き。 これに加えてジャークパターン2つが存在する。 ここぞというタイミングで加える単発ジャーク、そして連続ジャーク。 単発から連続へと移行するのが基本パターンだ。

次の

ルアーの投げ方!軽いルアーを遠くまで飛ばすキャスティング方法 [ルアーフィッシング] All About

ルアー 動画

山田祐五 やまだ・ゆうご。 デプスプロスタッフで琵琶湖湖北、ファイブオーシャンマリーナに所属するプロフェッショナルガイド。 常にでかバスを本気で追い求めるその姿勢からついた異名が「北の鉄人」。 驚異のビッグバス捕獲率は多くの釣り人を魅了し、ガイドは半年先まで予約いっぱい。 自己記録は6700グラム、ヒットルアーはキンクー13インチ。 そんな北の鉄人こと、山田祐五さんがルアーマガジン本誌の巻頭実釣に遅ればせながら初登場! ジャイアントベイトや巨大なワームででかバス釣りまくるイメージが強い山田さんですが、誌面では"いろんな釣りで釣ってほしい"というテーマに沿って、ビッグベイト~ライトリグまで、強弱織り交ぜた様々な釣りで琵琶湖を攻略してくれました。 琵琶湖だけでなく、関東のオカッパリでも通用するようなテクも満載なので、ぜひ誌面の方もご覧いただけたらと思います。 youtube. 「あのルアーで記録級を狙う!」という強い気持ちは必要ですが、それだけでは投げれられません。 もし、この記事をご覧いただいて、ジャイアントベイトの道を目指したいという方がいらっしゃいましたら、ひとつアドバイスを。 ストロングマインドだけに、「強い気持ち」を持って日々の筋トレも忘れずにしましょう! 【番外編】編集部・フルカワの雑は矯正されたのか? ここからは番外編です。 私が山田さんに初めてお会いしたのは2013年。 私がまだ、ロッド&リール誌(出版元:地球丸)の編集をしていた時の話です。 釣りが雑な私を矯正すべく、山田さんに教えを乞うという企画でした。 結果・・・、私は1尾も釣れず雑の汚名を払拭できないまま取材は終了。 「モデルとしては最適」と周囲に笑われたことが懐かしい(苦笑)。 そして、あれから3年の時が経ったいま! 山田さんの教えを従い続けたフルカワの「雑」は果たして直ったのか? 山田「じゃぁ、まずはダウンショットやってみましょうか。 ちょっと投げて、シェイクしながらズル引きしてください」 フルカワ「いいんですか~、わりと自信ありますよ?今の僕は昔と違いますから~」 山田「まぁまぁっすね、やっぱいろんな人の釣りを取材で見てるから上手くなるんすね」 フルカワ「おっ、アタった!・・・・送りこんで、糸フケ回収して、そーれっ!!」 山田「あかん!!」 フルカワ「あ、抜けた・・・」 山田「全然ダメ。 抜けたからいいものの、10ポンドラインであんなに強くアワせたら切られますわ」 フルカワ「え、だって距離もあるし、レンジも深いから強くアワせないとフックアップしないかと思って・・・」 山田「フッキングは『引く』ことが重要なんです。 だから、今の場合は巻きアワセ十分ですよ。 ガイドのお客さんなら怒ってましたわ」 フルカワ「すいません・・・」 山田「じゃぁ、もっとかんたんな釣りしましょう。 トップウォーター」 フルカワ「はい。 先生、これはどうすれば?」 山田「テキトーに投げて、連続トゥイッチでいいです」 フルカワ「(ホントにかんたんじゃないか…)あ、追ってきてる! 食えっ!(ピタ・・・)」 山田「なにやってんすか、止めたらあかん。 見切られますよ」 フルカワ「はい・・・(やばいまた釣れないかも)」 バシャッ!!!! フルカワ「あっ!!」.

次の

ルアーの投げ方!軽いルアーを遠くまで飛ばすキャスティング方法 [ルアーフィッシング] All About

ルアー 動画

lure-nezakana-sikake リグ ジグヘッドリグ…ジグヘッド3~5g テキサスリグ…バレットシンカー5~10g+オフセットフック lure-nezakana-sikake-rig ポイント 防波堤、ゴロタ浜、磯場。 防波堤のヘチ際、ケーソンの継ぎ目、消波ブロック・テトラポッドの隙間、捨て石周り。 時間帯 日中。 釣り方 根魚の釣り方は、根魚が潜んでいる障害物の隙間など足下にあるポイントを探っていく方法と、遠くにキャストして沖の捨て石や根まわりを探っていく方法があります。 手前のポイントを探る場合は、仕掛けをすきまに落とし込んだあとロッドを軽く上下させて誘いをかけます。 大きめの石や岩が海底がゴロゴロしているポイントは、ひざ下ぐらいの水深でも根魚が潜んでいる可能性があるので、くまなく探っていきましょう。 lure-nezakana-turikata-temae 沖のポイントを探る場合は、ルアーをキャストし底まで落としたら、リフト&フォールで底を探っていくのが基本。 まずルアーを少し浮かせるようにロッドを軽くあおり、その後ラインを張ったままルアーを底まで落とします。 この動作を繰り返して探っていきます。 根魚がいるポイントは根掛かりしやすいことが多いので、テキサスリグを使って探っていくとよいでしょう。 lure-nezakana-turikata-liftandfall アタリがあったら一呼吸置いてからロッドを大きくあおってアワセを入れます。 その後、魚に根に潜られないように多少強引に巻き寄せるようにしましょう。 根がかりしやすい釣りなので、状況に応じてラインをもっと太くしたり、フックを軸が細めのものに変えたりするとよいでしょう。 関連記事 根魚・ロックフィッシュ用のタックルをそろえる• ルアー•

次の