ホクナリン テープ 添付 文書。 貼付について

ホクナリンテープ(ツロブテロールテープ)とビソノテープ(ビソプロロール)の関係

ホクナリン テープ 添付 文書

エストラーナテープとは? エストラーナテープとは、女性ホルモン(エストロゲン)を皮膚から吸収させる事で、低下した女性ホルモンを補う薬です。 名称の由来は、 Estra(エストラジオール)+rana(女性らしい響きの語尾、造語)です。 適応症としては以下になります。 更年期障害、卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状(ホットフラッシュ・発汗)、泌尿生殖器の萎縮症状• 閉経後骨粗鬆症• 性腺機能低下症、性腺摘出又は原発性卵巣不全による低エストロゲン症 基本的に成人では通常、エストラジオール0. 72mgを 下腹部、臀部のいずれかに貼付し、 2日毎に貼り替えます。 出典: 添付文書にも 下腹部か臀部に貼るように指示があります、そしてその理由も添付文書に書いてありました。 添付文書の記載内容には? 適用上の注意を見てみましょう。 薬剤交付時の注意、貼付部位(1)と(2)の記載内容にありました。 (1)本剤を背部に貼付した場合、下腹部に比べてエストラジオールの 血中濃度が高くなることがある。 (2)衣服との摩擦ではがれるおそれがあるため、ベルトラインを避けること。 また、胸部に貼付しないこと。 背部の場合、血中濃度が高くなるのでダメなようです、胸部の理由は書いてありません。 ホルモン補充療法(HRT)により、女性ホルモンの血中濃度が必要以上に高くなると、どんな危険性が増えるのでしょうか? その他の注意を見てみます。 ホルモン補充療法(HRT)と様々な疾患は、使用期間や黄体ホルモンとの併用により危険性の度合いが変わってくる事が疫学調査によって報告されています。 添付文書より一部抜粋 ホルモン補充療法(HRT)と子宮内膜癌の危険性 使用期間に相関して上昇し(1~5年間で2. 8倍、10年以上で9. 5倍)、黄体ホルモン剤の併用により抑えられる(対照群の女性と比較して0. 8倍) ホルモン補充療法(HRT)と乳癌の危険性 結合型エストロゲン・黄体ホルモン配合剤投与群では、乳癌になる危険性がプラセボ投与群と比較して有意に高くなる(ハザード比:1. 24)子宮摘出者に対する試験の結果、結合型エストロゲン単独投与群では、乳癌になる危険性がプラセボ投与群と比較して有意差はない(ハザード比:0. 80)卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤を併用している女性では、乳癌になる危険性が対照群と比較して有意に高くなり(2. 00倍)、この危険性は、併用期間が長期になるに従って高くなる(1年未満:1. 45倍、1~4年:1. 74倍、5~9年:2. 17倍、10年以上:2. 31倍) ホルモン補充療法(HRT)と冠動脈性心疾患の危険性 結合型エストロゲン・黄体ホルモン配合剤投与群では、冠動脈性心疾患の危険性がプラセボ投与群と比較して高い傾向にあり、特に服用開始1年後では有意に高くなる(ハザード比:1. 81)子宮摘出者に対する試験の結果、結合型エストロゲン単独投与群では、冠動脈性心疾患の危険性がプラセボ投与群と比較して有意差はない(ハザード比:0. 91) ホルモン補充療法(HRT)と脳卒中の危険性 結合型エストロゲン・黄体ホルモン配合剤投与群では、脳卒中(主として脳梗塞)の危険性がプラセボ投与群と比較して有意に高くなる(ハザード比:1. 31)子宮摘出者に対する試験の結果、結合型エストロゲン単独投与群では、脳卒中(主として脳梗塞)の危険性がプラセボ投与群と比較して有意に高くなる(ハザード比:1. 37) ホルモン補充療法(HRT)と認知症の危険性 結合型エストロゲン・黄体ホルモン配合剤投与群では、アルツハイマーを含む認知症の危険性がプラセボ投与群と比較して有意に高くなる(ハザード比:2. 05) 子宮摘出者に対する試験の結果、結合型エストロゲン単独投与群では、アルツハイマーを含む認知症の危険性がプラセボ投与群と比較して有意ではないが、高い傾向がみられた(ハザード比:1. 49) ホルモン補充療法(HRT)と卵巣癌の危険性 卵胞ホルモン剤を長期間使用した閉経期以降の女性では、卵巣癌になる危険性が対照群の女性に比較して高くなるとの疫学調査の結果が報告されている。 結合型エストロゲン・黄体ホルモン配合剤投与群において、卵巣癌になる危険性がプラセボ投与群と比較して有意ではないが、高い傾向がみられた(ハザード比:1. 58) ホルモン補充療法(HRT)と胆嚢疾患の危険性 結合型エストロゲン・黄体ホルモン配合剤投与群において、胆嚢疾患になる危険性がプラセボ投与群と比較して有意に高くなる(ハザード比:1. 59) 子宮摘出者に対する試験の結果、結合型エストロゲン単独投与群では、胆嚢疾患になる危険性がプラセボ投与群と比較して有意に高くなる(ハザード比:1. 67) 卵胞ホルモン剤投与と乳癌発生との因果関係 未だ明らかではないが、使用期間と相関性があることを示唆する疫学調査の結果が報告されている。 卵胞ホルモン剤の長期投与により、ヒトで肝腫瘍が発生したとの報告がある。 添付文書には、HRTと様々な疾患との相関性について記載がありました。 次にインタビューフォームを調べてみました。 インタビューフォームの記載内容には? 薬剤交付時の注意、貼付部位(1)と(2)の記載内容の(解説)がありました。 (1)貼付部位の検討においては、背部、下腹部、臀部に48時間貼付してエストラジオール濃度を比較していました。 すると薬物動態学的パラメータが、 背部に貼付した場合は下腹部より有意に高く、 下腹部と臀部では有意差が認められませんでした。 皮膚刺激性については下腹部、背部及び臀部で有意差が認められませんでしたが、貼りやすさという観点から 下腹部、臀部が適当と判断されました。 2 米国のエストラジオール貼付剤の添付文書にも胸部への貼付を避ける旨の記載があるそうです。 理由としてはエストラジオールが乳房局所の細胞に高濃度で到達した場合、 細胞増殖を刺激するおそれがあるとの事でした。 つまり貼付部位により必要以上に血中濃度が高くなると、細胞増殖が刺激され様々な疾患の危険性が高くなる可能性が否定できないようです。 よって皆さんの想定通りの答えとなりましたが、エストラーナテープの服薬指導時には「テープは必ず下腹部か臀部に張り付けてください」と忘れずにお伝えください。 ホクナリンテープのように、胸部・背部・上腕と理解している患者さんがいないとも言えませんので、皆様どうぞ宜しくお願いいたします。 医療情報を検索するときのテクニックを読みやすくまとめた書籍「医療情報検索テクニック」(著:児島 悠史)はこちら。

次の

【知っておこう】適宜増減とは?【範囲や上限を考える】

ホクナリン テープ 添付 文書

リストからご覧になりたい国を選択してください。 アフリカ• 南アフリカ• アメリカ• カナダ• ブラジル• アジア• インド• ヨーロッパ• アイルランド• イタリア• オーストリア• オランダ• ギリシャ• スイス• スウェーデン• スペイン• スロベニア• スロベニア• セルビア• チェコ共和国• デンマーク• ドイツ• ノルウェイ• ハンガリー• フィンランド• フランス• ブルガリア• ベルギー• ポーランド• ポルトガル• ルーマニア• 太平洋• オーストラリア• ニュージーランド• 包装変更等のお知らせ 2020年6月 ハイトラシン錠0. 25mg ハイトラシン錠0. 1%小児用 ホクナリンテープ0. 3mg 供給回復のお知らせ 2018年11月 アミティーザカプセル12? 15mg エピペン注射液0. 3mg 供給不安に関する経過報告 2018年5月 デュファストン錠5mg 適正使用に関するお願い 2018年5月 フスコデ配合錠 フスコデ配合シロップ 添付文書改訂のお知らせ 2018年4月 トスキサシン錠75mg トスキサシン錠150mg 使用上の注意改訂のお知らせ 2018年4月 エピペン注射液0. 15mg エピペン注射液0. 3mg 使用上の注意改訂のお知らせ 2018年4月 リパクレオンカプセル150mg リパクレオン顆粒300mg分包 販売元移管のご案内 2018年2月 エピペン注射液0. 15mg エピペン注射液0. 3mg 一時的な供給不足のお知らせ 2018年1月 リパクレオンカプセル150mg リパクレオン顆粒300mg分包 販売移管及び表示変更のご案内 2018年1月 エピペン注射液0. 15mg エピペン注射液0. 3mg 製造販売承認の承継について 2017年12月 エピペン注射液0. 15mg エピペン注射液0. 5mg ホクナリンテープ1mg ホクナリンテープ2mg ホクナリンテープ日本薬局方名追加品の初回出荷予定のお知らせ 2017年9月 球形吸着炭細粒「マイラン」、球形吸着炭カプセル「マイラン」、ニシスタゴンカプセル50mg、ニシスタゴンカプセル150mg、ミルラーム、ミルラーム(アワ状) 製造販売元・発売元の住所変更等の変更品の初回出荷予定のお知らせ 2017年7月 全製品 製造販売元・発売元の住所変更等の変更品の初回出荷予定のお知らせ 2017年7月 フスコデ配合錠 フスコデ配合シロップ 使用上の注意改訂のお知らせ 2017年6月 アンヒバ坐剤小児用50mg アンヒバ坐剤小児用100mg アンヒバ坐剤小児用200mg お知らせとお願い 2017年6月 ジエノゲスト錠1mg「MYL」 適正使用のお願い 2017年6月 ジエノゲスト錠1mg「MYL」 新発売のご案内 2017年5月 ホクナリンテープ0. 15mg エピペン注射液0. 3mg のご案内 エピペン講習・医師登録、特約店流通管理品目担当者様及び薬剤師様 専用コンテンツの利用を 希望の先生は をご利用ください。 3mg トライコア錠80mg ナ 製品名 添付文書 製剤写真 くすりの しおり インタビュー フォーム 各種コード その他 資材 ニシスタゴンカプセル50mg ニシスタゴンカプセル150mg ハ 製品名 添付文書 製剤写真 くすりの しおり インタビュー フォーム 各種コード その他 資材 ハイトラシン錠0. 25mg ハイトラシン錠0. 5mg ハイトラシン錠1mg ハイトラシン錠2mg バレオンカプセル100mg バレオン錠200mg フエナゾールクリーム5% フエナゾール軟膏5% フェロ・グラデュメット錠105mg フスコデ配合錠 フスコデ配合シロップ ブデホル吸入粉末剤30吸入 ブデホル吸入粉末剤60吸入 ホクナリン錠1mg ホクナリンテープ0. 5mg ホクナリンテープ1mg ホクナリンテープ2mg ホクナリンドライシロップ0. 1%小児用 ポリフル錠500mg ポリフル細粒83. 3% マ 製品名 添付文書 製剤写真 くすりの しおり インタビュー フォーム 各種コード その他 資材 メンドンカプセル7. マイラン製薬株式会社の製品は含まれておりません。 またここでご提供しております情報は、患者・一般の皆様に対する情報提供を目的としたものではありません。 医療用医薬品は、患者様独自の判断で服用(使用)を中止したり用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)されている医療用医薬品に関して疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師または調剤された薬剤師の方々に必ずご相談ください。 記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。 医療用医薬品の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。 もし日本以外の地域にお住まいの場合は、Mylan. comから居住されているMylanサイトをご確認いただくか、Mylanの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。 あなたは医療関係者ですか?.

次の

ホクナリンテープ むやみにジェネリックに変えちゃいかんよ?

ホクナリン テープ 添付 文書

気管支喘息や急性・慢性気管支炎、肺気腫に適応があります。 出典:TOA EIYO LTD. 5倍強かった。 6倍高いと考えられている。 テノーミン(アテノロール)• メインテート、ビゾノテープ(ビソプロロール)• ケルロング(ベタキソロール)• セロケン、ロプレソール(メトプロロール)• セレクトール(セリプロロール)• インデラル(プロプラノロール)• ミケラン(カルテオロール)• 気管支喘息の患者には 禁忌となっている。 点眼薬のミケラン(カルテオロール)、ハイパジール(ニプラジロール)も、チモプトール(チモロールマレイン酸)などと同じように 気管支喘息の患者には 禁忌となっている。 気管支喘息の患者には禁忌ではありません。 本剤の単独投与で,明らかな気管支拡張作用がみられた. 本剤の気管支拡張効果は,末梢気道にも認められることが示唆された. より引用.

次の