多重 録音 アプリ。 MixPad多重録音ソフト無料版(日本語) を入手

多重録音ができるアプリ「4XCAMERA」名前は難しいけど操作は超簡単

多重 録音 アプリ

この度、いかに低コスト 家にあるもの、無料アプリなど で多重録音できるか、実践してみましたので、私流の多重録音の仕方からYouTubeにUPするまでの過程を書いておこうと思います。 多重録音とは 多重録音とは、ひとり〜大規模なものだと数十人で、ある音源に対しそれを聴きながら次の音源を重ね録りする録音手法です。 オーバー・ダビング Over Dubbing とも呼ばれます。 厳密には、同一の人が同じ曲の他パートを多重録音する際はダブル・トラッキングと言います。 近年YouTubeなどでよくみかける、『全部ひとりで弾いてみた』系の動画はこれにあたります。 なにはともあれ、先日私が録音・録画した夫の演奏による多重録音動画をご覧ください。 おわかりいただけたかと思いますが、これ全部夫がひとりで弾いています。 今回の記事では、いかに低コストで多重録音ができるかを書いていきたいと思います。 ただし、多重録音アプリを使わない場合は動画編集アプリやDAWソフトなどが必要になります。 また今回はアコースティックな楽器なので全て生音を録音していますが、エレキ系の方は別途オーディオインターフェースなどが必要になってくると思います。 残念ながらエレキ系に関しては門外漢なので、ここでは生音を録音する場合について書かせていただきます。 私は上記のものすべてを使い録音・録画・編集・YouTubeへのUPを行いました。 順を追って説明していきます。 iPhone 映像や音声を録画・録音するのに必須です。 1台で構いません。 また、動画を編集する際にも必要になります。 私はiPhone7を使用しています。 iPhone用外付けマイク なくても構いませんが、少しでも高音質で撮るのであればあった方がいいです。 特に『弾いてみた』動画の場合、ここは少しこだわって奮発したいところです。 私はZOOMのiQ7というマイクを使っています。 音質もよく、持ち運びに便利な形状ですが、Lightningプラグに挿すので、録画中iPhoneの充電ができない点がデメリットです。 イヤホンまたはヘッドホン 多重録音では自分もしくは誰かの音を聴きながら別パートを重ね録りするので、別パートを録音している際、ベースとなる音まで録音してしまわないよう、ベース音はイヤホンまたはヘッドホンで聴きながら録音します。 上記の外付けマイクを使用する際は、マイクの横にイヤホンジャックが付いているのでそれを使用します。 外付けマイクを使用しない場合は、iPhoneのイヤホンジャックが使えますが、iPhone付属のイヤホンはマイクも同時に搭載されており、イヤホン接続時は自動的にそちらのマイクで音を拾ってしまうので、音質にこだわるのであれば、やはり外付けマイクを用意し、かつ、そこから音が聴こえるタイプのものを選ぶのが手っ取り早いと思います。 三脚 スマホスタンド 要はiPhoneを固定できればなんでも構いません。 最近は100均でもスマホスタンドが売られているのでコストを抑えたい方はそれでいいでしょう。 ちなみに私が使用しているのは、持ち運びにも便利な軽量型の三脚です。 三脚を購入する際は、必ず、スマホを固定する部分が付いているものを選んでください。 基本無料ですが、無料のままでは2パートしか録音・録画できません。 メトロノーム アプリでも可 というわけで、メトロノームが必要です。 チューナーに付属している場合もありますが、この場合は音が出るものを選びましょう。 無料のアプリもあります。 この場合はバックグラウンドでも音が鳴ることが重要です。 今回紹介した動画ではチューナーに付属のメトロノームを鳴らして撮影しましたが、メトロノームをお持ちでない方は以下のアプリ 無料 がおススメです。 バックグラウンドで再生でき、そのまま4XCAMERAで音を録音できます。 動画編集アプリ 撮った動画をそのままUPすることもできますが、画面にキャプションをつけたり音声のフェードアウトなどをつけたい場合はアプリを使います。 無料のものから有料のものまでたくさんあるので、まずは無料のものをお試しで使ってみるのがいいかと思います。 iPhoneには標準でiMovieがインストールされていると思うので、それで動画編集の基本を押さえるのもいいと思います。 またパソコンをお持ちの方なら付属のソフト Windowsなら『フォト』Macなら『iMovie』 を使うのがもっともコストがかからないと思います。 パソコン 正直なくても全然問題ないのですが、完成した動画をYouTubeにUPする際、細かな設定をさくっと済ませるにはパソコンからUPするのが便利です。 YouTubeアプリは簡単に動画をアップロードできますが、再生リストへの追加やカテゴリの変更は、YT Studioというアプリが別途必要です 多分。 このアプリも上の動画の最後の部分にある、チャンネル登録ボタンの設置や関連動画の紹介まではできません 多分。 その点パソコンからYouTubeにアクセスして動画をアップロードすると、これらの細かな設定が一度にできるので、お持ちの方は 面倒ですが パソコンを立ち上げておきましょう。 いざ録音 4XCAMERA ではいよいよ録音です。 よっしゃ!早速1パート目を録画・録音!といきたいところですが、ちょっと待ってください。 自分のテンポ感ほどアテにならないものはありません。 多重録音はテンポキープが命です。 1パート目はまずは弾きたい曲のテンポに合わせたメトロノームの音のみを録音します。 だいたいの曲の長さ分を録れば大丈夫です。 以下に簡単に4XCAMERAの使い方を書きながら、録音の手順を紹介します。 メトロノームの録音 まずはメトロノームのみの音を録ります。 この録音は最終的には結合させないので、背景とかはなんでも構いません。 音だけがしっかり入ればOKです。 ただメトロノームの音だけを録るのでは後のパートを録る際に曲の『入り』がわからないので、自分の声をかぶせて予備拍を入れておくのがコツです。 4拍子の曲ならメトロノームに合わせて『1、2、3、4』といった具合です。 曲の『入り』を録ったら曲の長さ分メトロノームのピコピコ音を録音しましょう。 4XCAMERAはアプリの上部に録音時間が表示されるので、それを参考にすると良いと思います。 1パート目の録音 メトロノームの録音が終わったら、1パート目を撮影します。 2パート目以降の録音 あとは同じ作業の繰り返しです。 メニューの右端からメトロノーム動画と1パート目を選び録画開始すると、メトロノームの上に1パート目が重なった音源が聴こえてくるので、2パート目以降を重ねて録音します。 ここでは動画の縦横比の比率や、レイアウトを決めることができます。 YouTubeに投稿するなら、縦横比を16:9にするのがいいでしょう。 また各パートの音量調整や位置調整もできます。 結合した動画はカメラロールに保存されます。 動画の編集 この作業は任意です。 映像にキャプションをつけたい、とか、音声にエフェクトをかけたい場合はこの時点で行います。 ちなみに最初に紹介した動画は軽くエコーをかけていますが、これもiPhoneのアプリでできます。 『ライブラリ』から4XCAMERAで結合し保存した動画を選び、『音声の編集』でエコーを選択 深いエコーはちょっとやりすぎ感あるかも。 写真・動画の項目でも先ほどの4XCAMERAで結合し保存した動画を選んだら、動画作成をタップ、ちょっと時間がかかりますが、これで動画に簡単にエコーをかけられます。 YouTubeにUP 完成した動画をいよいよYouTubeにUPします。 初めての方はGmailを用意したり、チャンネルを開設したりする必要があります。 YouTubeへのUP方法は以下の記事が詳しいです。 YouTubeアプリからUPする場合も、パソコンからブラウザ経由でUPする場合も、基本的には画面右上のビデオマークからUPします。 動画のタイトルや説明、を書き加えて、公開範囲を設定しアップロードすれば完了です。 最後に いかがだったでしょうか。 文字に起こすと長々となりわかりづらい部分もあったかもしれません 申し訳ありません。 多重録音、やってみたいけれど難しそうだな〜、と尻込みしている方がいたら、ぜひ、まず最初の一歩を踏み出してみてください。 意外と手軽にできるものですよ。 それでは、最後までお読みくださりありがとうございました。

次の

スマホアプリでひとり多重録音

多重 録音 アプリ

Acapella アカペラは歌手やミュージシャンが簡単にアカペラビデオを制作できるアプリです。 複数のハーモニーを使ったよりインパクトのある歌声や、複数の楽器を使った演奏など様々なアイディアに挑戦できるでしょう。 アカペラコミュニティーに参加して、他の歌手やミュージシャンの仲間入りをしよう。 アカペラ制作簡単3ステップ: 1 レイアウトを選択 2 動画の撮影 3 作品を共有! 以下の機能をアプリに搭載: — 友達とのコラボレーション! — メトロノーム — リアルタイムでの動画の撮影と動画の同期 — 音声出力調整(左右) — 文字のカスタマイズ — 最大9フレームの動画撮影 — 撮影された動画のプレイバック — iTunesライブラリーの曲の再生 — お気に入りのソーシャルネットワーク、Mixcord, Instagram, Facebook, Twitter, などへの共有 いろんなことができるみたいですが、今日は一人アンサンブルのやり方を紹介します。 いざひとりアンサンブルへ とりあえずダウンロードしてもろもろ設定するとこんな画面になります。 HOME画面みたいな感じかな。 一番下の2本のマイクをタッチ! 新規製作をタッチ! 枠組み選び。 お好きな方をどうぞ! たくさん選べますが今回は「クラシック」を選んで4分割の画面を選びます。 先に進むと録音する時間を選びます。 無料では1分まで。 1分をタッチ。 そしたら右上の「次へ」をクリック。 どの画面でもいいので「+」をポチッとな。 そうするともういつでも録れる状態になります。 メトロノームが大活躍 さっきの画面の左下をタッチするとメトロノームの設定にいけます。 これを使うとテンポを聞きながら録音できます。 一番遅いテンポが60なのがおしい。 もう少し遅いテンポをあるといいのにな。 このメトロノームは吹いてるときには鳴っているけど、再生したときには音が鳴らない優れもの。 いざひとりアンサンブルへ なんと。。。。 容量問題。。。 めげずに「続ける」をタップ! よし、やるぞ!と赤丸をタップするとこんなメッセージが。 あら親切。 イヤホンをつけて「続ける」(つけなくても大丈夫です) カウントダウン開始がはじまります。 順番に説明していきますね。 無料アプリのAcapellaで。 手軽すぎる。 すごい時代になったなあ。 一人アンサンブルやたら楽しい。 でも広いところじゃないと金管楽器は難しいかもなあ。 音よれてるとこはご愛嬌。。 楽しい。 このアプリがあれば一人で練習することの多い人でも、アンサンブルできちゃいます。 楽譜がないなあ、と思ったあなた!心配いりません。 自分のクセもわかりますしいいことだらけ。 おすすめです。

次の

パソコンで音楽を作成。使いやすい音楽作成・ミキシングソフト無料ダウンロード。WindowsとMacのどちらにも対応。

多重 録音 アプリ

演奏時だけクリックを聴けるような機能を作ってください。 他に以下の要望があります 課金もあり。 ・iPhoneを横向きにして録画すると出来上がりの動画の向きがおかしい。 ・うちで踊ろうとコラボしたいのでカメラロールから動画を取り込めるようにしたい。 ・単一の動画をカメラロールに吐き出したい。 他アプリでフィルタ加工してから1個上の要望機能で再度カメラロールから取り込めたら最高。 ・各動画の開始タイムの微調整機能。 時間制限なしの12パートまで録音可に惹かれて使い始めてみたものの、 RolandのGo:Mixer Proを使用したせいか?モニター音も一緒に録音されてしまう現象が起き、6パート目を録音する頃にはヘッドフォンからの返しは凄まじい音割れ!モニター音全部が重ねて録音されているために、書き出し時には消せないクリック音が、ズレもありケロケロいっていました。 クリック自体も、8拍括りでループされているようなんですが2〜3拍目くらいがヨレています。 音量調節も魅力的でしたが、調整前の1. 0という値から調整し保存した後、再調整しようとするとまた1. 0に戻っている 基準が動いちゃうの…? という感じで、すごくわかりづらいです。 半日が無駄になりました。

次の