横浜 学園 高等 学校。 横浜市内旧制中学・高校・専門学校 校名変遷(戦前創始編) 横浜市

アクセスマップ|学校紹介|神奈川学園中学・高等学校

横浜 学園 高等 学校

1897 明治30年4月21日開校 神奈川県尋常中学校1899 明治32年4月1日 神奈川県中学校1900 明治33年4月1日 神奈川県第一中学校1901 明治34年5月7日 神奈川県立第一中学校1913 大正2年4月1日 神奈川県立第一横浜中学校1923 大正12年4月1日 神奈川県立横浜第一中学校1948 昭和23年4月1日 神奈川県立横浜第一高等学校1950 昭和25年4月1日 神奈川県立希望ヶ丘高等学校 1925 大正14年4月13日開校 私立神中夜学校1937 昭和12年4月9日 神奈川県立神奈川中学1943 昭和18年4月1日 神奈川県立横浜第一中学校夜間部 神奈川県立横浜第一高等学校(定時制) 神奈川県立希望ヶ丘高等学校(定時制) 書名 出版者 横浜商業専門学校校友会 著編者 横浜商業専門学校校友会・横浜商業学校校友会 出版年 1933. 3 書誌番号 190484846 書名 出版者 横浜市立横浜商業高等学校 著編者 Y校八十周年記念誌編集委員会 出版年 1962. 10 書誌番号 190018240 書名 出版者 横浜市立横浜商業高等学校 著編者 Y校九十周年記念誌編集委員会 出版年 1972. 10 書誌番号 190018239 書名 出版者 Y校百年史編集委員会 著編者 Y校百年史編集委員会 出版年 1982. 10 書誌番号 190106836 書名 出版者 Y校百年史編集委員会 著編者 Y校百年史編集委員会 出版年 1983. 5 書誌番号 190112833 書名 出版者 横浜市立横浜商業高等学校 著編者 出版年 2002. 11 書誌番号 202077045 書名 出版者 横浜市立横浜商業高等学校定時制 著編者 Y校定時制創立120周年記念誌編集委員会 出版年 2002. 10 書誌番号 202077043 ・ 書名 出版者 横浜商業専門学校校友会 著編者 横浜商業専門学校校友会・横浜商業学校校友会 出版年 1933. 3 書誌番号 190484846 書名 出版者 横浜市立横浜商業高等学校 著編者 Y校八十周年記念誌編集委員会 出版年 1962. 10 書誌番号 190018240 書名 出版者 横浜市立横浜商業高等学校 著編者 Y校九十周年記念誌編集委員会 出版年 1972. 10 書誌番号 190018239 書名 出版者 Y校百年史編集委員会 著編者 Y校百年史編集委員会 出版年 1982. 10 書誌番号 190106836 書名 出版者 Y校百年史編集委員会 著編者 Y校百年史編集委員会 出版年 1983. 5 書誌番号 190112833 書名 出版者 横浜市立大学60周年記念事業実行委員会 著編者 横浜市立大学60年史編纂委員会 出版年 1991. 7 書誌番号 190401664 書名 出版者 横浜市立横浜商業高等学校 著編者 出版年 2002. 11 書誌番号 202077045 書名 出版者 捜真女学校 著編者 [曽根暁彦]/著 捜真女学校/編 出版年 1967. 3 書誌番号 190520070 書名 出版者 捜真女学校 著編者 捜真女学校 出版年 1966 書誌番号 190519560 書名 出版者 捜真女学校 著編者 曽根暁彦/執筆 出版年 1977. 10 書誌番号 190486576 書名 出版者 捜真女学校 著編者 捜真女学校「創立90周年グラビヤ」編集委員会 出版年 1976. 10 書誌番号 194073617 書名 出版者 捜真女学校 著編者 捜真女学校 出版年 1981. 9 書誌番号 190521855 書名 出版者 捜真女学校同窓会 著編者 捜真女学校同窓会 出版年 1991. 10 書誌番号 194073619 書名 出版者 捜真女学校同窓会 著編者 出版年 1997. 5 書誌番号 197052730 書名 出版者 捜真学院 著編者 出版年 1997. 12 書誌番号 199009265 書名 出版者 捜真学院 著編者 出版年 2007. 4 書誌番号 207040458 書名 出版者 鶴見第一女学校 著編者 鶴見第一女学校,鶴林校友会/編 出版年 1938. 10 書誌番号 190514859 書名 出版者 鶴見女子中学・高等学校 著編者 鶴見女子中学校,鶴見女子高等学校/編 出版年 1975. 10 書誌番号 190521606 書名 出版者 鶴見女子中学・高等学校 著編者 六十周年記念誌編集委員会/編 出版年 1984. 10 書誌番号 196049485 書名 出版者 総持学園 著編者 70周年記念誌編集委員会/編 出版年 1994. 10 書誌番号 194073057 書名 出版者 総持学園 著編者 総持学園80周年記念誌編纂委員会/編 出版年 2004. 10 書誌番号 205005450 記載は校名・通番、50音順 英和女学校 () 大倉山高等女学校 ( ) 神奈川県高等女学校 ( ) 神奈川県女子師範学校 ( ) 神奈川県尋常中学校 ( ) 神奈川県中学校 ( ) 神奈川裁縫女学校 ( ) 神奈川高等学校 ( ) 神奈川高等女学校 ( ) 神奈川師範学校 ( ) 神奈川女子商業学校 ( ) キダー塾 ( ) 京浜高等女学校 ( ) 京浜女子家政理学専門学校 ( ) 京浜女子高等学校 () 京浜女子大学高等部 ( ) 県立一中 ( ) 県立神奈川中学 ( ) 県立工業補習学校 ( ) 県立高等女学校 () 県立商工実習 ( ) 県立横浜一中 ( ) 県立横浜三中 ( ) 県立横浜第一高等学校 ( ) 県立横浜第一高等女学校 ( ) 県立横浜第二高等女学校 ( ) 県立横浜二中 ( ) 光華女学校 ( ) 紅蘭女学校 ( ) 児崎高等女学校 ( ) 潤光女学校 ( ) 商工実習 ( ) 市立大岡工業補習学校 ( ) 市立経済専門学校 () 市立高等家政女学校 ( ) 市立実科高等女学校 () 市立女子専修学校 ( ) 私立神中夜学校 ( ) 市立第一高等女学校 () 市立第一女子商業学校 ( ) 市立戸塚実科高等女学校 ( ) 市立保土ヶ谷家政女学校 ( ) 市立横浜商業専門学校 ( ) 神中 ( ) 臣道女学校 ( ) 成美学園 ( ) 第一号師範学校 ( ) 橘女子高等学校 ( ) 千歳高等家政学院 ( ) 鶴見高等女学校 ( ) 鶴見職業学校 ( ) 鶴見女子実業学校 ( ) 鶴見第一女学校 ( ) 東亜高等(女)学校 ( ) ドリーマス・スクール ( ) 中村青年学校美容専修科 ( ) 212番の学校 ( ) 日本婦女英学校 ( ) 日の(ノ)出女学校 ( ) 富士見丘高等学校 ( ) ブリテン女学校 ( ) 程谷町立実科高等女学校 ( ) ミッション・ホーム ( ) 明倫高等学校 ( ) メリー・L・コルビー・ホーム ( ) 横浜英和女学校 ( ) 横浜学院(神奈川大学) ( ) 横浜学院(横浜女学院) ( ) 横浜家政女学校 ( ) 横浜経済専門学校 ( ) 横浜工業専門学校 ( ) 横浜高等工業学校 ( ) 横浜高等商業学校 ( ) 横浜高等女学校 () 横浜紅蘭女学校 () 横浜実科女学校 ( ) 横浜師範学校 () 横浜商工高等学校 ( ) 横浜商法学校 ( ) 横浜女学校 ( ) 横浜女子高等学校 ( ) 横浜女子商業学校 ( ) 横浜専門学校 ( ) 横浜第一商業学校 ( ) 横浜第二女子高等学校 ( ) 横浜千歳女学校 ( ) 横浜中学校 ( ) 横浜山手女学院 ( ) Y校 ( ) Y専 () 凡例 1 収録学校 1945年7月までに創始し、当館所蔵学校記念誌 史 などにより明らかにできる学校としました。 市外に戦前から存在した学校でも、市内の設置が戦後のものは除きました。 分校は除きました。 2 配列 公立、私立の順とし、その中は創始順です。 3 記載事項 1 変遷 現学校名、現住所、同窓会名、創始年月日、校名、変遷としています。 2 参考資料 各校ごとに、書名、著編者、出版者、出版年月、書誌番号としています。 4 その他 1 学校の創始は、認可・告示・創立・開校と種々記載されていますが、典拠の資料に拠っています。 2 月日の記載のないものは、資料によります。 3 同窓会名は資料でわかるものとし、単なる「同窓会」は省略しました。 4 参考資料は記念誌 史 を基本とし、インターネット上の各学校のホームページ等も参考にしました。

次の

横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

横浜 学園 高等 学校

沿革 学園の歩み 横浜学園は明治32年、これからの時代は女子にも教育が必要と考えた田沼太右衛門翁によって創立されました。 以来100年に亘り優秀な人材を社会に輩出してまいりましたが、平成13年度より時代の要請に応え男女共学を実施いたしました。 輝かしい110年の伝統と田沼翁の高潔な理念を新体制に引き継ぎ邁進してまいります。 年号 年. 月 あゆみ 明治 32. 2 田沼太右衛門、横浜女学校創立 38. 4 神奈川県私立横浜高等女学校として認可される 42. 2 付属元町幼稚園設置 大正 12. 9 関東大震災のため校舎焼失 昭和 7. 3 田沼太右衛門逝去、田沼勝之助横浜高等女学校理事長、田沼志ん校長就任 20. 5 戦災のため全校舎焼失 22. 3 磯子区岡村に移転 学制改革により横浜学園中学校・高等学校設立 23. 11 創立50周年記念祝典挙行 26. 3 法人組織を変更し、学校法人横浜学園と改める 田沼勝之助理事長、田沼要人校長就任 32. 4 付属元町幼稚園再開 38. 3 田沼要人理事長就任、普通教室完備 46. 4 田沼智明校長就任 49. 1 田沼智明理事長就任 55. 11 創立80周年記念祝典を神奈川県民ホールにて挙行 平成 2. 2 新本館竣工(図書館、視聴覚室、放送室を含む地上4階地下1階) 5. 4 中学校再開 5. 6 中島敦記念コーナー、コンピュータ教室設置、理科実験教室改修 9. 9 フレカンテ・ププリエ(多目的ホール)、作法室、家庭科室、音楽室、調理室、美術室、ホール竣工、全教室冷暖房完備 12. 10 創立100周年記念祝典挙行 創立者田沼太右衛門翁生誕150年記念祝典挙行 13. 4 男女共学を実施 田沼智明学園長、田沼光明校長就任 17. 11 田沼光明 理事長就任 21. 11 創立110周年記念祝典を鎌倉芸術館にて挙行 29. 4 校舎改築(全校LED化) 30. 6 1号館リニューアル.

次の

横浜学園高校(神奈川県)の偏差値 2020年度最新版

横浜 学園 高等 学校

横浜山手212番地にあったアメリカン・ミッション・ホームとプライン、ピアソン、クロスビー から横浜に滞在していたの要請に応えた、 WUMS のらにより(4年)設立。 開港((6年))後の当時、西洋人と日本人の間に生まれた混血児を救うため、また、を支えキリスト教教育を認めない当時の国 への必要性を痛感し、バラの持ち家であった山手の48番館を借り、「アメリカン・ミッション・ホーム」が正式に開設。 しかし、キリシタン禁制の高札が撤去される2年前であり、当初は混血児も女子学生も来ず、母親を亡くしたイギリス人の二人の幼い姉妹の養育から始まったという。 その後(当時・教授)により日本初の「生徒募集・入学案内」がしたためられ、混血児や女子学生だけでなく、やキリスト教に関心のもつ者も多く現れ、彼らはのちに教育、伝道、実業など多様な分野で重要な働きをしたという。 (明治5年)10月、山手212番のロシア公使のために用意されていた、広い土地に移転、日本で最初の女子寄宿学校が作られた。 同年12月に「日本婦女英学校」と改組したが、相変わらず〈ミッション・ホーム〉と呼ばれたり、WUMS の初代会長の名に因んで〈ドリーマス・スクール〉などと呼ばれた。 1875年(明治8年)、プラインは健康を害しアメリカに帰国したが、この頃 Union を「共立」と表現して、〈共立女学校〉と改称し、現在に至る。 ((12年))では、共立女子神学校(1881年(明治14年)偕成伝道女学校として設立)の校舎を残して、校舎の全てが倒壊、または焼失したと記録されている。 学園創立60周年の(6年)、の設計により木造の校舎が竣工した。 これは現在本校舎として使用されており、1988年横浜市指定有形文化財第一号の指定を受けている。 (11年)、で初の制度()上の「中高一貫教育校(併設型)」となる。 これによりを弾力的に取り扱うことが法的に認められている。 沿革 [ ]• が来日。 バラが帰国し、プロテスタント関係者に支援を要請、3人の女性宣教師、、、を教育者として招くことに成功する。 バラの持ち家だった山手の48番館を借り、〈アメリカン・ミッション・ホーム〉を正式に開設する。 これが、現在の横浜共立学園の前身となる。 (なおこの頃は、宣教師は日本語が話せず、授業は英語で行われていたという。 10月 山手212番のロシア公使のために用意されていた土地に移転。 日本で最初の女子寄宿学校が作られる。 12月 〈日本婦女英学校〉と改組する。 依然、〈ミッション・ホーム〉と呼ばれたり、WUMS の初代会長の名に因み、〈ドリーマス・スクール〉などと呼ばれたりするようになる。 プラインが健康を害しアメリカに帰国。 この頃 Union を「共立」と表現して、〈共立女学校〉と改称する。 (この名称を考案したのは、教員だったとされる。 〈偕成伝道女学校〉設立。 により、共立女子神学校の校舎を残して、校舎の全てが倒壊、または焼失。 学園創立60周年の(昭和6年)、の設計により木造の校舎が竣工。 これは現在本校舎として使用されており、1988年横浜市指定有形文化財第一号の指定を受けている。 財団法人「横浜共立学園」設立。 4代目校長をクララ・ルーミス(の娘)が35年間に渡り務めていたが 、第5代目校長に日本人初のが就任する。 WUMS から経済的に独立する。 現校名となる。 で初の「中高一貫教育校(併設型)」に認定される。 校風 [ ] プロテスタント教育だが比較的校則が多く、鞄やコートなどは学校から指定されている。 服装規定や不定期の服装検査も存在する。 また、緊急時の連絡用に携帯電話などの持ち込みは許されているが、通常時は使用は禁止されている。 部活動はステージ系の活躍が見られている。 キリスト教教育も熱心である。 校舎 [ ] に建築された本校舎(設計)は、横浜市指定となっている。 著名な出身者 [ ]• (教育者、創立者)• (婦人運動家)• (教育者)• (元アナウンサー• (フリーランスライター)• (アナウンサー)• (、早稲田大学教授)• (社会学者、神学者、牧師) 交通 [ ].

次の