坂本冬美 セーラー服。 坂本冬美:セーラー服のYoutube動画はどれ?17日に生配信ライブも開催!|ぐぐみた

ユーチューバー坂本冬美、“セーラー服姿”を披露して大反響!

坂本冬美 セーラー服

NHK紅白歌合戦出場31回を誇る歌手坂本冬美(53)のYouTubeでの弾けぶりが話題だ。 大物歌手にもかかわらず、セーラー服姿を披露したり、自撮り棒にGoProをつけて撮影するなど孤軍奮闘。 再生回数も40万回近くに達し、着物姿の演歌歌手のイメージとのギャップがファンの裾野を広げている。 新曲「俺でいいのか 追撃盤」も17日に発売され、この日は生配信ライブが予定されている。 加えてテレビの歌番組などスケジュールがぎっしりの坂本でも、新型コロナウイルスの前では無力だった。 活動がすべて止まり「俺でいいのか 追撃盤」のPRのためにスタジオで無観客ライブを開催する予定だったが、これも「密閉、密集、密接」の3密のため中止に。 「仕方なく」と書くと語弊があるが「できることをやろう」ということで、自宅での練習風景をYouTubeにアップしたのが、4月中旬だった。 着物ではなく体のラインが分かるカラフルなセーター姿。 もともとコメディエンヌの評価は高かったが、セーラー服姿まで披露するなど、トークもうまく、スナックの美人ママといったところだ。 坂本 普段の自分をさらしてしまいましたが、和服姿で真面目に歌う私とのギャップに大変驚いたようです。 面白いおばちゃんが、少し浸透したかな? あくまでも、ステージで会えないファンのためだった。 坂本 生の歌を届けられないので何とか届けようと、YouTubeでのライブ配信を予定したのですが、それもコロナの影響で延期となり、仕方なく自宅から普段練習している姿を皆さんに見て頂こうと思いました。 あんなおバカなところをお見せするなんて…。 今回のようなことがなければなかったことですね。 ステイホームでは、歌のレッスンはもちろんだが、映画を見たり読書するなど充電に務めたという。 中でも、地方の仕事が多いことからできなかったガーデニングにも目覚めたという。 坂本 時間に追われる生活をずっと続けてきたわけですが、いま与えられた時間をどう過ごすかを考えさせられました。 殺風景だったベランダにお花やお野菜を植えて育てようと思い、この3カ月でぬくもりのあるベランダになりました。 仕事だけに生きてきた感がある人生でしたが、もともと田舎者なので、ゆったりとした時を過ごすことが性に合っていると再認識しました。 正直、ブランド物を買ったり着飾る事も、面倒になったので、これからはシンプルに細やかな幸せを感じながら生きていきたいです。 それでも、今一番したいことは? との問いに「何をおいても生のステージ、コンサート」と答えた。 人の価値観も変えたコロナ禍後の坂本のステージが期待される。 坂本が歌うあでやかな男唄をギターバージョンでブラッシュアップ。 オリジナルのほか、ギターバージョン、男性キーバージョンを収録している。 坂本は「さらなるヒットを目指し、何かもうひと押しとスタッフと考えて、さらに哀愁のあるギターバージョンと男性にも歌って頂けるように、作曲の徳久広司先生に歌唱をお願いしました」。

次の

坂本冬美

坂本冬美 セーラー服

坂本冬美 6月17日 水 にニューシングル「俺でいいのか 追撃盤」をリリースした坂本は、同日、自身の公式YouTubeチャンネルでクラシックギターの伴奏による生配信トーク&ライブを開催。 外出自粛期間中に配信したYouTube動画では、坂本が自宅で自主練習する様子をはじめ、着物姿だけでなく普段着やセーラー服姿まで披露している。 この日、同番組に電話出演した坂本は、YouTuberデビューしたきっかけや、SNSでも大きな反響を呼んだYouTube動画について語った。 徳光:ここ最近はYouTuberとして脚光を浴びてますが、これまでのファンのみなさんの反応みたいなものはどうですか? 坂本:この3ヶ月のコンサートが中止や延期という中で、生でみなさんと接することができないというところから、実は2ヶ月前にレコーディングスタジオから生ライブ配信をやってみようっていうのがそもそものきっかけだったんですけれども。 徳光:うんうん。 坂本:スタジオが使えなくなりまして、でも、ファンの方からはリクエストを募っている、ガッカリさせたくないというところで、「自宅からやってみよう」と。 自宅ですから衣装を身につけることもできないですし、普段着で練習しているような雰囲気でお届けしようと。 徳光:より自然体ということ? 坂本:そうですね。 その中で、音響の設備もうちにはありませんので、本当に小さな3万円ぐらいのスピーカーに、いまだに私はiPadとかそういうのは使えませんので。 徳光:はい、私と一緒です。 坂本:アナログなので、昔でいうウォークマンにカラオケを入れてもらい、その操作をミスってしまったりですね、ドタバタ劇を繰り広げてしまいまして(笑)。 徳光:それも全部入ってるってわけですね? 坂本:それも編集することなく。 マネージャーと2人でやっているもんですから、編集もざっくりなんですね。 そこが意外と「素はこんな感じなんだ」と親近感を持っていただけたみたいですね。 徳光:そうか、いいねぇ。 セーラー服姿もですか! 坂本:セーラー服は、そもそも忌野清志郎さんと細野晴臣さんとの(音楽ユニット)『HIS』を若い頃にやらせていただいていて。 徳光:そうでしたよね! ありましたね。 坂本:たまたまその『HIS』の曲をリクエストいただいて。 「セーラー服を着てもらいたい」とリクエストがあったんですが、「それは無理です〜」なんて言ったら、マネージャーがしっかり用意していたんですよ(笑)。 徳光:あははは(笑)。 あのセーラー服は、冬美さんがかつて着たセーラー服とかそういうのじゃないんでしょ? 坂本:もちろんです(笑)。 徳光:そうですよね。 もしね、かつて着たセーラー服がありましたら、Yahoo! オークションに出してください。 ぜひ買いますんで、私(笑)。 坂本:こわいです、こわいです(笑)。 1991年に細野、忌野とともに結成された音楽ユニット「HIS」では、衣装としてセーラー服を着用していた坂本。 今回のYouTube動画で復活したセーラー服姿は、ファンの間でも大きな話題を集めたという。

次の

演歌

坂本冬美 セーラー服

この日、同番組に電話出演した坂本は、YouTuberデビューしたきっかけや、SNSでも大きな反響を呼んだYouTube動画について語った。 徳光:ここ最近はYouTuberとして脚光を浴びてますが、これまでのファンのみなさんの反応みたいなものはどうですか? 坂本:この3ヶ月のコンサートが中止や延期という中で、生でみなさんと接することができないというところから、実は2ヶ月前にレコーディングスタジオから生ライブ配信をやってみようっていうのがそもそものきっかけだったんですけれども。 徳光:うんうん。 坂本:スタジオが使えなくなりまして、でも、ファンの方からはリクエストを募っている、ガッカリさせたくないというところで、「自宅からやってみよう」と。 自宅ですから衣装を身につけることもできないですし、普段着で練習しているような雰囲気でお届けしようと。 徳光:より自然体ということ? 坂本:そうですね。 その中で、音響の設備もうちにはありませんので、本当に小さな3万円ぐらいのスピーカーに、いまだに私はiPadとかそういうのは使えませんので。 徳光:はい、私と一緒です。 坂本:アナログなので、昔でいうウォークマンにカラオケを入れてもらい、その操作をミスってしまったりですね、ドタバタ劇を繰り広げてしまいまして(笑)。 徳光:それも全部入ってるってわけですね? 坂本:それも編集することなく。 マネージャーと2人でやっているもんですから、編集もざっくりなんですね。 そこが意外と「素はこんな感じなんだ」と親近感を持っていただけたみたいですね。 徳光:そうか、いいねぇ。 セーラー服姿もですか! 坂本:セーラー服は、そもそも忌野清志郎さんと細野晴臣さんとの(音楽ユニット)『HIS』を若い頃にやらせていただいていて。 徳光:そうでしたよね! ありましたね。 坂本:たまたまその『HIS』の曲をリクエストいただいて。 「セーラー服を着てもらいたい」とリクエストがあったんですが、「それは無理です〜」なんて言ったら、マネージャーがしっかり用意していたんですよ(笑)。 徳光:あははは(笑)。 あのセーラー服は、冬美さんがかつて着たセーラー服とかそういうのじゃないんでしょ? 坂本:もちろんです(笑)。 徳光:そうですよね。 もしね、かつて着たセーラー服がありましたら、Yahoo! オークションに出してください。 ぜひ買いますんで、私(笑)。 坂本:こわいです、こわいです(笑)。 1991年に細野、忌野とともに結成された音楽ユニット「HIS」では、衣装としてセーラー服を着用していた坂本。 今回のYouTube動画で復活したセーラー服姿は、ファンの間でも大きな話題を集めたという。 「キチ4」とは、個性が群雄割拠するお笑い界においても、突出した強烈に奇天烈な個性を発揮する4名が集まり、とにかく自分たちが面白いと思ったことを存分にやってしまおうというオンラインイベント。 この日の20時30分~22時まで配信され、MCは粗品が担当していた。 せいや:キチ4(フォー)、出てましたね。 粗品:ははははは(笑) せいや:面白そうなイベントに出てましたね~。 あれは、4回目のキチ4ってことですか?じゃなくて、4人? 粗品:4人。 キチ4の初回。 せいや:面白いメンバーですよね。 普通に見に行きたかったわ。 粗品:面白かったですね。 で、キチ4で色んなコーナーをやったんですよ。 キチ大喜利とか。 秘密基地とかの基地かな。 あとは、キチ動画発表会とか。 色んなコーナーがあって、その中でキチ土産っていうのがあって(笑) せいや:キチ土産!?(笑) 粗品:僕に、キチ4の4人がお土産を持って来てくれたんですよ。 せいや:面白そう! 粗品:今、ライブ終わりなんで、それを持ってて。 せいや:あ! ホンマにもらえるんや! めっちゃ、ええやん! 粗品:ホンマにもらった。 うれしかったんでね……。 飯尾さん、面白い人やけど、あんまり喋る機会がないやんか? せいや:まあ、そうですね。 浅井企画さんで、あんまりライブとかも一緒にならないし。 大先輩ですから。 粗品:(物を袋から取り出しながら)飯尾さんにね、ファーストミットをもらいました!ありがとうございます! せいや:ははははは(笑)。 お前がファーストに入ること、ないやろ! いやいや、普通のグローブでいいのよ。 粗品:青いファーストミットを頂きました! せいや:普通のグローブか、まだキャッチャーミットじゃない? ファーストに入ることは一番ないから。 粗品:出川さんと草野球をやってるらしくて。 飯尾さんが。 で、ホンマにファーストがおらんかったらしい。 せいや:あ! じゃあ、誘われてるんや。 粗品:そう! ホンマに誘われた。 背が高い奴って。 あと、一番うれしかったのが、ザコシショウさん。 せいや:うわ、いいな~! 全員、いいメンバーよな~。 粗品:ザコシショウさんにもらったお土産、マジでうらやましいと思う。 コレをもらいました! せいや:うわ~!! ドキュメンタルでやってたやつや! 目の! 粗品:メガネかけて、目玉が……。 せいや:(目玉が)カチャカチャってなるやつや。 粗品:ペットボトルで頭を叩くたびに、(繋がっている紐を引っ張ると)瞬きするやつ。 コレをもらった。 めちゃくちゃ良くない? せいや:めっちゃ、ええやん! それ、どこでやったんですか……あ、あ~! 粗品:うわ~! ビックリした! キチ4や~! くっきー:(スタジオに入りながら)へ~ええやんか、ええやんか。 せいや:キチ4が来た! くっきー:お前、椅子いるんけ? せいや:いりますって! くっきー:お前、椅子はいらんやろ! 立っとけよ! 爆裂な先輩が来てるねんで! せいや:マジでそうですよ!(笑)。 爆裂な先輩が来たがな! ザコシショウ:(タイガーマスクのマスクを被りながら)どうも! 佐山サトルで~す! RG:いや、eスポーツで使う椅子! くっきー:うるせーわ!お前の粗品のモノマネはなんも似てないからやめろって言ったやろ! そしくんありがとうな。 ザコシショウ:そっしーな、優しーな! くっきー:お前、ええ相方を持ったな~。 せいや:いい相方でした? くっきー:そしくん、めちゃめちゃキチ4のメンツ入りやで、次から。 キチ5や。 飯尾:見て見ろ! もう、ザコシが苦しくてマスクを取っちゃったよ。 粗品・せいや:ははははは(笑)。 くっきー:早いよ! ザコシショウ:早いか!? 飯尾:早いよ~! 帰るまで、帰るまで! キチ4メンバーのサプライズ乱入に驚いた粗品とせいや。 その後、終始トークは脱線を続け、まとまりがないまま、キチ4メンバーは退出。 そんな4人に対してせいやが「愛のある先輩やね」と振り返ると、粗品は「僕が2時入りなんで。 直前まで次回に向けての打ち合わせをやってて。

次の