ウルトラ先得 キャンセル 手数料。 JAL ウルトラ先得 キャンセルの注意点

JAL航空券の予約をキャンセルする方法!キャンセル料を安く済ますコツも!

ウルトラ先得 キャンセル 手数料

JALの早割運賃「先得」の種類• ウルトラ先得: 75日前までの予約• スーパー先得: 55日前までの予約• 先得割引タイプB: 45日前までの予約• 先得割引タイプA: 28日前までの予約 先得の割引率の違い。 どれくらい安くなるのか? 予約する日が早ければ、割引率も高くなるので、 スーパー先得よりも、ウルトラ先得が安い。 実際、どれくらい安くなるのか?調べてみます。 スーパー先得、ウルトラ先得を利用して、適当に探してみると・・・ 先得割引で 9,790円、スーパー先得で 9,290円、ウルトラ先得で 8,7 90円となりました。 同じ日でも、人気の無い時間帯ほど安くなってます。 ただ、先得の割引率は一律ではなく、 日や時間帯によって異なるという事。 夏休みとか春休みとか、 繁忙期だと同じ先得でも料金は高くなります。 また、区間により割引率も異なり、長距離運航の高額便ほど割安感が有ります。 先得の販売座席数には限りが有る。 繁忙期は早く埋まる。 先得で販売される座席数は公開されていないのですが、少ないのは間違い無い。 人気のシーズンほど早いタイミングで残席なしとなってしまいます。 販売座席数に限りがございます。 また、便によっては設定がない場合がございます。 人気のシーズン&人気の時間帯だと、先得キャンペーン開始とともに即予約不可能。 割引率の高い、 ウルトラ先得が一番早く埋まりがちです。 逆に、早朝便とか、平日の日中とかは割と空いてます。 オフシーズンの閑散期だと、先得の時点で割引率も高いので・・・ スーパー先得も、ウルトラ先得も大して料金変わらないんだね。 先得の発売日。 いつから予約できるのか? 先得で人気の座席は即埋まるので、 いつから先得予約ができるのか?ってのは重要。 毎年1月に、3月末~10月末分まで。 毎年8月に、10月末~3月末分まで。 年2回に分けて、半年分の先得チケットが販売開始となってます。 JALカード会員&上級会員には先行予約特典が有る。 先得は、JAL会員が優遇され、販売開始日が異なり、 会員ステータスによって、更に販売時刻も異なります。 JGC会員とFLY ONステイタス会員は、 2日前の午前11時から販売開始、 JALカード会員は、 2日前の午後2時から販売開始、 JALマイレージバンク会員は 前日の午前11時から販売開始となってます。 JAL先得の販売開始時刻(2017年8月度)• JGC会員、FLY ONステイタス会員: 8月27日 11:00~• JALカード会員: 8月27日 14:00~• JMB会員: 8月28日 11:00~• 一般販売(JMB非会員): 8月29日 9:30~ JAL先得の販売開始時刻(2018年1月度)• JGC会員、FLY ONステイタス会員: 1月23日 11:00~• JALカード会員: 1月23日 14:00~• JMB会員: 1月24日 11:00~• 一般販売(JMB非会員): 1月25日 9:30~ JAL先得の販売開始時刻(2018年8月度)• JGC会員、FLY ONステイタス会員: 8月26日 11:00~• JALカード会員: 8月26日 14:00~• JMB会員: 8月27日 11:00~• 一般販売(JMB非会員): 8月28日 9:30~ JAL先得の販売開始時刻(2019年1月度)• JGC会員、FLY ONステイタス会員: 1月29日 11:00~• JALカード会員: 1月29日 14:00~• JMB会員: 1月30日 11:00~• 一般販売(JMB非会員): 1月31日 9:30~ JAL先得の販売開始時刻(2019年8月度)• JGC会員、FLY ONステイタス会員: 8月25日 11:00~• JALカード会員: 8月25日 14:00~• JMB会員: 8月26日 11:00~• 一般販売(JMB非会員): 8月27日 9:30~ 2日前に購入できる JALカード会員とステイタス会員が、断然有利なワケ。 FLY ONステイタス会員ってのは、JMBクリスタル以上なので、 前年の FLY ON 30,000ポイント以上の方々・・・ JAL便をそんなに乗らない人は、JALカード会員が手っ取り早い。 ステイタス会員同様2日前から購入可能で、その差もたった 3時間。 って 年会費2000円で発行できるので、先得の為に発行するのも悪くないかと。 先得のデメリット。 利用する際の注意点。 先得は非常に格安にJALの航空券が購入できますが、 安い故のデメリットも存在します。 クラスJは、ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引タイプBで予約不可能。 2018年3月24日以降、 ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引タイプBでは、 クラスJの予約が不可能となりました。 先得でクラスJが予約できるのは、 先得割引タイプA(28日前)のみとなります。 クラスJが予約できる運賃• 大人普通運賃• 小児普通運賃• 往復割引• 身体障がい者割引• JALビジネスきっぷ• eビジネス6• 特便割引1・3・7・21• 先得割引タイプA• 株主割引• おともdeマイル割引• 介護帰省割引• 特別乗継割引• 乗継割引7・28• 特便割引なら400FOPボーナスも貰えますからね。 まぁ、ただファーストクラスは路線も本数も少ないので、 特便割引開始の時点で、埋まってる可能性のが高いですけど。 特便割引でも先得でも、当日アップグレードは早い者勝ちとなってますので、 クラスJ、ファーストクラスを狙うなら、 ウルトラ先得で安く買って、当日アップグレードがコスパ最高になるんじゃないかと。 マイル積算率75%、FLY ONボーナスも貰えない。 マイルを貯めるだけなら、「JAL カードツアープレミアム加入」で、 マイナス25%分をボーナスマイルで補填する事も可能ですが、 フライトマイルを元に換算される「FLY ONポイント」は75%のままとなります。 JALカード会員限定の特典で、JALカード ツアープレミアム( 年会費2000円+税)が有ります。 年間2000円+税を払うだけで、区間マイルの100%マイルが貯まる。 ただ、ツアープレミアムで付与される部分は、ボーナスマイルとなる為、 FLY ONポイントは対象外となります。 JGC修行中の私には、ちょっと痛い。 FLY ON ポイント狙いなら、クラスJが良さそうですね。 クラスJ: 区間マイル積算率+10% 先得は予約変更不可能。 キャンセル手数料(取消手数料)が高額。 先得の最大のデメリットは、 購入後の予約変更が不可能であり、 キャンセル料も非常に高いという事。 先得をキャンセルした場合の手数料(55日前まで)• 払い戻し手数料: 航空券1枚(1区間)につき430円• 払い戻し手数料: 航空券1枚(1区間)につき430円• 取消手数料: 運賃の50%相当 2019年3月31日以降からは、 チケット予約から3日以内の購入も必須となりましたから、 とりあえず先得で予約しておくって方法も使えなくなりました。 早く購入しても、予定が駄目になったらアウト。 1カ月以上先の予約・・・確実な予定でなければ使えないって事です。 先得まとめ より早く予約する事により、割引率が高くなる「先得」。 最大80%以上の割引率となりますが、 運賃50%相当のキャンセル手数料も痛いです。 予約が一切の変更が効かないとなると、そのリスクも考えておいた方が良い。 だからこその割引率、リスクが有るからこそ得します。 使える人は、上手いこと活用していきましょう。 「先得」使うなら、 は確実に有った方が良いです。 先得の割引率なら、カード年会費の元も簡単に獲れますし、 搭乗マイルボーナスを考えたら、絶対持ってた方が得。 普通カードの初回搭乗ボーナスだけで 1000マイルも貰えますから。 航空会社クレジットカードの中でもダントツのスペックですから。 コスパという面でも国内線のJクラスは有利。 快適なだけじゃなく、FOP単価も下げられます。 JALはANAとは違い、特典航空券の マイル利用時にも「JALカード割引」が有ります。 まぁ、基本的には割引率が高い「先得」の方が得なんで、 難しく考えてしまうなら、「先得」を頑張るだけで良いんじゃないかな。 なんにせよ「先得」です。

次の

裁判の影響?旅割の取消手数料が無料になった話

ウルトラ先得 キャンセル 手数料

はこちらです。 の確認やも可能です。 格安航空券を購入したはいいけど、病気や事故などでどうしても格安航空券のキャンセルをしたいといったケースに遭遇することもあるでしょう。 格安航空券は早期割引やLCCなど、安く販売するために各種条件を付けている場合が多く、キャンセルする場合には通常の航空券を購入した時よりキャンセル料金が高めにかかってしまいます。 今回は、ANAの旅割やJALの先得で購入した格安航空券をはじめ、航空系株主優待券やLCC、格安航空券比較サイトで購入した格安航空券をキャンセルした場合に手数料や返金がどうなるか?条件はどのようなものになるか?などをまとめています。 格安航空券を購入する際のリスクとして認識していただければ幸いです。 このページをご覧の方には「」もおすすめです。 格安航空券ならもおすすめです。 つまり、 旅割75以外で購入した格安航空券は購入した瞬間からキャンセル料金がかかるようになっているということです。 具体的なキャンセル料金は上記のようになっています。 ANAとしても旅割というシステムで早く販売していますから、後の利用者は予約ができなくなってしまっている場合もあります。 この機会損失に相当した金額をキャンセル料金としているようです。 ANAの旅割で格安航空券を購入する方法については「」を参照ください。 JALの先得で購入した格安航空券 次にJALの先得を利用して購入した格安航空券をキャンセルしたい場合の払い戻し手数料や払い戻しの条件について説明します。 JALはキャンセル料金はANAよりはっきりしていて分かりやすく、 一律で約50%相当額と定められています。 ANAの旅割でもそうですが、JALの先得では早期割引であるからこそのキャンセル料金となっている印象があります。 ただし、 JALの先得は便出発以降の取り消しも可能であり、その場合も手数料は一律で約50%相当額となっているのが特徴的です。 キャンセルすることを想定して格安航空券を購入するというのも変な話ですが、急病や突発的な事故などの急な予定変更は誰にでも起こり得る潜在リスクですから、その点を踏まえればJALの先得の方がよりリスクの低い格安航空券になるかもしれません。 JALの先得で格安航空券を購入する方法については「」を参照ください。 LCCで購入した格安航空券のキャンセル料金とキャンセル条件 LCCを利用して購入した格安航空券をキャンセルしたい場合の払い戻し手数料や払い戻しの条件についてそれぞれの会社ごとに説明していきます。 格安航空券を販売することを目的として設立されているLCCでは、基本的にキャンセル・返金には対応しないようになっています。 ほとんどのLCCでは キャンセルや返金が可能なのは最上位(1番高い金額)のプランだけで、 プランによっては悪天候(台風など)による欠航の場合でも返金対応をしていない場合もあります。 ピーチ・アビエーションの場合 ANAを母体とするLCCとして有名なピーチでは最上位プランであるハッピーピーチプラスの場合のみ、出航時間の1時間前までの申請に限りキャンセル・返金が可能となっているようです。 ただし、 返金はピーチポイントというピーチで利用できる ポイント返還となるため、 現金やクレジットカードへの返金にはなりません。 また、 運賃以外の手荷物料金や座席指定料金などもポイント返還の対象外となるようです。 条件が色々と複雑なので、詳しくはを確認ください。 バニラ・エアの場合 LCCの中でも格安航空券の価格メリットの大きいバニラ・エアでも、ピーチとほぼ同条件での返金対応が可能になるようです。 基本的には最上位プランのコミコミバニラ運賃でのみ返金対応が可能となっていて、条件は国内線は90分前まで、国際線は120分前までとなっています。 ピーチと同様に 運賃以外の手荷物料金や座席指定料金などは返金の対象外となるようです。 最上位プラン以外でも返金が可能なようですが、 所定の手数料がかかるようなので、航空券の料金を考えれば 戻ってくる金額はほとんどないと思っておいた方がよさそうです。 こちらも条件が色々と複雑なので、詳しくはを確認ください。 ジェットスター・ジャパンの場合 JALを母体とするLCCとして有名なジェットスター・ジャパンでは返金対応が可能となっているようです。 ただし、 国内線では一律3,090円の手数料となるため、もともとの格安航空券の金額から考えれば ほとんど戻ってこないと考えられます。 こちらも条件が色々と複雑なので、詳しくはを確認ください。 春秋航空日本の場合 中国・上海市に拠点を置くLCCの春秋航空日本ではキャンセル料金が以下のように定められています。 こちらも条件が色々と複雑なので、詳しくはを確認ください。 エアアジア・ジャパンの場合 マレーシアを本拠地とするLCCであるエアアジア・ジャパンでは 予約確定後のキャンセル・返金は一切行っていないようです。 恐らく悪天候でも払い戻しは行われないので、エアアジア・ジャパンを利用する際には注意が必要になります。 唯一払い戻しが可能な料金として空港税があるのですが、手数料や手間を考えたら諦めてしまった方が安上がりな気もします。 以前の記事「」で成田空港発のサンプルがありませんでした。 この原因は日本進出の際に一度失敗していることのようです。 エアアジア・ジャパンは現時点で成田空港を拠点とする格安航空機は取り扱わないと経営者が明言しているそうです。 ちなみに、この会社は春秋航空と同じようにANAやJALと提携を行っていないLCCとしても有名です。 航空系株主優待券を使って購入した格安航空券のキャンセル料金とキャンセル条件 ANAやJALの航空系株主優待券を利用して購入した格安航空券をキャンセルする場合は、ANAの旅割やJALの先得と比べて 大幅にキャンセル手数料が優遇されています。 ANA株主優待券を使って購入した格安航空券 航空系株主優待券のANA株主優待券を利用して購入した格安航空券をキャンセルしたい場合の払い戻し手数料や払い戻しの条件は下記の通りです。 ANA株主優待割引キャンセル手数料 解約日時 取消手数料 航空券購入後~出発時刻前 取消手数料はかかりません 出発時刻以降 運賃の約20%相当額 ANA公式サイト「」より抜粋 出発時刻移行でもキャンセルができて、さらに手数料が運賃の約20%相当額となっているのは株主をかなり優遇しているからこそだと考えられます。 なお、ANA株主優待券を利用して予約した格安航空券をキャンセルした場合、利用したANA株主優待券のコードは再利用できるようになるので、仮にキャンセルするつもりがなくてもANA株主優待券は航空券の予約や支払いが終わっても破棄しないよう注意しておくのが無難です。 関連記事: JAL株主優待券を使って購入した格安航空券 航空系株主優待券のJAL株主優待券を利用して購入した格安航空券をキャンセルしたい場合の払い戻し手数料や払い戻しの条件は下記の通りです。 JALL株主優待割引キャンセル手数料 解約日時 取消手数料 航空券購入後~出発時刻前 無料 出発時刻以降 便により2,000円~8,000円 JAL公式サイト「」より引用(一部編集・削除) ANAと同じように出発時刻移行もキャンセルができるのですが、便によって手数料が変わってくるようです。 手数料に関しては大体ANAと同じくらいになる計算と思っておけばいいと思います。 なお、JAL株主優待券を利用して予約した格安航空券をキャンセルした場合、利用したJAL株主優待券のコードは破棄され、代わりに株主優待割引代替コードが発行されるようです。 このJAL株主優待割引代替コードをしっかり記録に残しておくよう忘れないでください。 関連記事: ANAスカイツアーズで購入した格安航空券のキャンセル料金とキャンセル条件 オススメ を利用して購入した格安航空券をキャンセルしたい場合の払い戻し手数料や払い戻しの条件は下記の通りです。 基本として1,930円の手数料がかかることが最低の条件(利用する航空会社によっては1,500円~2,500円になることもあります)で、早割・旅割や株主優待割引、LCCを利用した格安航空券を購入した場合には手数料が今までに紹介したものにさらにプラスされる計算になっているようです。 格安航空券比較・購入サイトの唯一のデメリットと言ってもいいのがこのキャンセル料金となっています。 キャンセルすることを前提に格安航空券を購入する人はいないと思いますが、病気や事故など突発的な事情で格安航空券の返金手続きをする必要が出てくる可能性は0ではありません。 どんな状況でも最適な格安航空券が購入できる代わりにキャンセルする時にはデメリットが発生してしまうので、利用が確実な場合のみ購入することをおすすめします。 ANAスカイツアーズのキャンセル手数料はかなり複雑になっているので、必ずも確認いただくようお願いします。 格安航空券ならもおすすめです。

次の

「ウルトラ先」に関するQ&A

ウルトラ先得 キャンセル 手数料

JAL ウルトラ先得 キャンセルについてみていきたいと 思います。 JALのウルトラ先得は、とてもお得な早割運賃なんですが、 キャンセルするときはどうなるのでしょうか。 予約変更不可の運賃ですので、相当な手数料がとられそう ですね。 でも急な都合の変更では、仕方がありません。 しっかりと手続きをしていきましょう。 JAL ウルトラ先得 キャンセル方法 JALのウルトラ先得、キャンセルするときは、JAL公式ページ から、キャンセルをしていくことができます。 TOPページから、「国内線ご予約・購入済のお客さま」ボタン から、変更ボタンを選択しクリックすると、ログイン画面に なりますから、そこから予約情報を検索して、キャンセルする ことになります。 キャンセル料は? キャンセル料は、払戻手数料と取消手数料の合計になります。 払戻手数料は、航空券1枚(1区間)につき430円になります。 50%が手数料としてとられるのは大きいですが、仕方ない ですね。 早めにキャンセルしないといけないという場合も同様ですので、 たとえ2か月前としても、50%の手数料となるわけです。 早割は得ですが、不安な場合は少し待ってからの予約購入でも いいかもしれませんね。

次の