ジョアン。 花王株式会社

ジョアン・アイザック(版画)

ジョアン

背景 [ ] 2014年に発売された『チーク・トゥ・チーク』はとのコラボレーション・アルバムだったため、単独名義でのアルバムリリースは2013年発売の『』以来約3年ぶりとなる。 ガガの特徴とされてきた奇抜なファッションは今作では見られず、アートワークや楽曲のアレンジも比較的シンプルなものになっている。 タイトルは狼瘡のため19歳という若さで死去した自身の叔母の名前から付けられた。 これについてガガは「私は叔母に会ったことはないけれど、父の話を聞いたり、父を見ていたりすると、ジョアンという女性がどのような人なのかよく分かった。 彼女は、私の家族にとってとてつもなく大切な人。 」と語っている。 アルバムのアートワークにも、父と叔母の写真、彼らが交わした手紙やメモ、叔母の学生証や運転免許証などがフィーチャーされている。 2016年9月9日にアルバムからのリード・シングル「パーフェクト・イリュージョン Perfect Illusion 」が発表され、にて最高15位を記録した。 10月5日にセカンドシングル「ミリオン・リーズンズ Million Reasons 」を発売した。 同曲の最高順位は当初52位だったが、2017年2月の・ハーフタイムショーでの歌唱が反響を呼び、異例の再ランクインによって最終的に4位まで上昇した。 2016年10月にアルバムのプロモーションのため2年2か月ぶりに来日し、系「」 、「」 、・系「」 に出演したほか、メディア向けの合同質問会も開催した。 ツアー [ ] 2017年8月より本作を引っ提げ『Joanne World Tour』と題されたツアーを北米、ヨーロッパにて行った。 ツアー中、による肉体的な激痛を理由にヨーロッパ公演を延期 し、一部の公演はキャンセル された。 日本公演は行われなかった。 収録曲 [ ] 輸入盤 タイトル 作詞・作曲 プロデューサー 時間 1. 「Diamond Heart」.

次の

ジョアン・アイザック(版画)

ジョアン

背景 [ ] 2014年に発売された『チーク・トゥ・チーク』はとのコラボレーション・アルバムだったため、単独名義でのアルバムリリースは2013年発売の『』以来約3年ぶりとなる。 ガガの特徴とされてきた奇抜なファッションは今作では見られず、アートワークや楽曲のアレンジも比較的シンプルなものになっている。 タイトルは狼瘡のため19歳という若さで死去した自身の叔母の名前から付けられた。 これについてガガは「私は叔母に会ったことはないけれど、父の話を聞いたり、父を見ていたりすると、ジョアンという女性がどのような人なのかよく分かった。 彼女は、私の家族にとってとてつもなく大切な人。 」と語っている。 アルバムのアートワークにも、父と叔母の写真、彼らが交わした手紙やメモ、叔母の学生証や運転免許証などがフィーチャーされている。 2016年9月9日にアルバムからのリード・シングル「パーフェクト・イリュージョン Perfect Illusion 」が発表され、にて最高15位を記録した。 10月5日にセカンドシングル「ミリオン・リーズンズ Million Reasons 」を発売した。 同曲の最高順位は当初52位だったが、2017年2月の・ハーフタイムショーでの歌唱が反響を呼び、異例の再ランクインによって最終的に4位まで上昇した。 2016年10月にアルバムのプロモーションのため2年2か月ぶりに来日し、系「」 、「」 、・系「」 に出演したほか、メディア向けの合同質問会も開催した。 ツアー [ ] 2017年8月より本作を引っ提げ『Joanne World Tour』と題されたツアーを北米、ヨーロッパにて行った。 ツアー中、による肉体的な激痛を理由にヨーロッパ公演を延期 し、一部の公演はキャンセル された。 日本公演は行われなかった。 収録曲 [ ] 輸入盤 タイトル 作詞・作曲 プロデューサー 時間 1. 「Diamond Heart」.

次の

ジョアン・アイザック(版画)

ジョアン

のやのらとともに、を創成したとされている。 特にジョアンのことを「 ボサノヴァの」、「 ボサノヴァの」などと呼ぶこともある。 アストラッドとの離婚後、歌手のミウシャと結婚。 ベベウ・ジルベルトはミウシャとの間のである。 経歴 [ ] 北東部ジュアゼイロに生まれ、10歳になるまでそこで育つ。 にを父から貰い、バンド活動に夢中になる。 その後、中等寄宿制学校に通うが、音楽の勉強の為に退学する。 にはラジオ番組にキャストとして出演。 19歳の時にはでヴォーカルグループ『』にリード・ヴォーカルとして参加し、二枚のをトダメリカ・レーベルで録音する。 しかし、それも長くは続かず、ガロットス・ダ・ルアを脱退する。 にはコパカバーナ・レーベルより初のソロレコード Quando ela sai を録音するが、ヒットせず、寝る場所と食事を求めて友人の家を転々とする日々が続く。 中毒となったジョアンを友人が見かねて、にはジョアンの姉の住む街、ジアマンチーナへ移動し、姉の家に居候する生活が始まる。 バスルームに一日中閉じこもり、ヴィオラン を弾きながら歌を歌い続け、その中で、のリズムをギターだけで表現する、バチーダと呼ばれる独特の奏法を発明する。 その後に再びリオ・デ・ジャネイロへ戻る。 と出会い、ジョビンはジョアンの声とギターに惚れ込む。 その年のにはジョビンとによる「想いあふれて Chega de Saudade 」を録音する。 これが最初の・ソングと呼ばれるもので、発売当初はなかなか話題にならなかったが、次第にリオの若者たちの間で人気となり、ボサノヴァ・ムーブメントが形成されていった。 には初めてのLP、『想いあふれて Chega de Saudade 』が発売される。 にと結婚。 に・奏者、と共に『』を録音。 には、アストラッドが英語で歌った「」が、シングルとして発売された。 これはジョアンのポルトガル語詞の部分がカットされたものだったが、皮肉なことに誌に最高位5位 、 96週間チャートインという記録を打ち立てるほどの爆発的なヒット [ ]となった。 しかし、アストラッドとはほどなく離婚する。 には受賞。 ベスト男性ヴォーカルにノミネートされる。 同年にミウーシャ(の実姉)と結婚する。 しかし、ボサノヴァ・ブームの退潮や軍事政権の台頭の影響からか、にはに移り、そこで2年間住む。 、アルバム『』を発表。 には、のプロデュースによりアルバム『イマージュの部屋(Amoroso)』を制作している。 1981年には、、、との共作『Brasil 海の奇蹟 』を発表。 またには70代での初の日本公演で話題になり、9月12日公演が『』としてアルバム化(翌年に発売)。 翌、にも日本公演が行われた。 2019年7月6日、リオ・デ・ジャネイロの自宅で死去。 代表曲 [ ]• 想いあふれて Chega De Saudade• フェリシダーヂ A Felicidade• The Girl From Ipanema• Desafinado• 静かな夜 Corcovado• イザウラ Izaura• バイーア生まれ Eu Vim Da Bahia• ビン・ボン Bim Bom• 偽りのバイーア娘 Falsa Baiana• 想いあふれて Chega De Saudade -• 愛と微笑みと花 O Amor, O Sorriso E A Flor -• イマージュの部屋 Amoroso -• Brasil -• Live at Umbria Jazz -• ゲッツ・ジルベルト・アゲイン The Best of Two Worlds - 脚注 [ ].

次の