副 鼻腔 炎 治っ たか どうか。 副鼻腔炎に鼻うがいはOK?完治させるために知っておくべきこと

副鼻腔炎に鼻うがいはOK?完治させるために知っておくべきこと

副 鼻腔 炎 治っ たか どうか

副鼻腔炎と蓄膿症の違いは? 副鼻腔炎と蓄膿症は同じモノとして扱われることが多い気がしますので、一応違いを説明しておきましょう。 副鼻腔炎とは、顔にある8つの「副鼻腔」と呼ばれる空洞に炎症を起こす病気です。 この炎症が起きた状態を一般的に「(急性)副鼻腔炎」と言うのですが、これが3ヶ月以上継続した場合は「慢性副鼻腔炎」と言われます。 その際、とりわけ 副鼻腔の中に膿が溜まって場合を「蓄膿症」と呼ぶことが多いです。 ただし、急性と慢性とでは使われる抗生物質が違うなど、治療には違いがありますので、医者は2つを分けて考えていると思われます。 スポンサーリンク 副鼻腔炎・蓄膿症が治らない時に考えられる原因は? 一般的に、急性副鼻腔炎の場合は一時的な症状が出るだけであり、 抗生物質の服用で1〜2週間で治ることが多いとされています。 私も始めて薬を飲んだときは、それくらいの期間で治った・・・・ 気がしました。 しかし私の場合は実際には治っておらず、再発しました。 急性副鼻腔炎の原因の多くは「細菌感染」です。 ウイルスによる風邪や、インフルエンザの延長からおこることが多いのですが、 原因となっている「菌」をすべて殺菌してしまうことが大切です。 しかし私の場合は、2週間の「抗生物質・痛み止め」の服用によって、とりあえず痛みが引いていたことと、後日の受診予約を忘れてしまっていたことから、(再度の予約が面倒となり)1ヶ月半も先延ばしにしてしまいました。 その結果、「痛み・鼻づまり・」が再発しました。 その後、(記憶が曖昧ですが)再度同じ抗生物質を飲んだような覚えがあり、それで治りきらずに「慢性副鼻腔炎だね」という診断になった覚えがあります。 一般的に抗生物質の長期服用は、耐性菌(抗生物質に対して抵抗力を有する菌)を作りだす原因となるため、短期間の服用で一気に細菌を仕留めます。 そこを私のようにダラダラとしていると、慢性化するリスクを高めてしまいます。 処方された薬をしっかり飲みきり、それでも治らない場合は早めに再度受診しましょう。 なぜアレルギーが原因となるの? 繰り返し鼻の粘膜に炎症がおこるため、粘膜自体が弱くなっています。 そのため風邪やインフルエンザなどの病原菌が感染すると、さらに細菌完成も引き起こしやすくなります。 また粘膜が腫れることで、鼻と副鼻腔の出入り口である「自然孔」が閉鎖されてしまい、副鼻腔内の膿を排出できなくなってしまうのです。 実際に、 アレルギー性鼻炎を患っている人の4割は、副鼻腔炎(蓄膿症)を合併していると言われています。 この場合は、副鼻腔炎が治ったとしてもアレルギー体質自体は改善されていないため、特に鼻水・鼻づまりが酷くなる花粉の時期は粘膜が荒れ、繰り返しやすいタイミングとなるのです。 そのため、特に花粉症の時期は蓄膿症の予防が大切です。 これは虫歯や歯周病など「歯の病気」が原因となっているタイプです。 頬にある「副鼻腔」は、別名「上顎洞」とも呼ばれるのですが、ここは 鼻からだけでなく上の歯からの細菌感染が起こります。 (喉に流れ落ちてくる症状をと言います) また、人によっては食べ物を噛むと痛む程度であることから、 歯が原因になっていることに気づかないことがあるのです。 ただ、歯が根本的な原因だと気づかずに通常の副鼻腔炎の治療として「抗生物質」を服用したとしても、薬によって虫歯の菌を殺菌できそうなイメージはあります。 しかし「抗生物質で虫歯治療をする」という話を、私は聞いたことがありません。 実際、歯の根が死んでいる場合は「血が流れていない状態」なので、抗生物質の成分は届かないと言われています。 つまり、 根本原因である虫歯や歯周病をしっかりと治療しなければ、いつまで経っても治らないということになるのです。 思い当たる方は、虫歯や歯周病がないか一度歯科医で診てもらいましょう。 「鼻茸」と呼ばれる鼻のポリープが出来やすいのが特徴であり、嗅覚障害のほかに、鼻づまりやネバネバとした鼻水が出ます。 抗生物質やステロイドの内服によって治療しますが、一度良くなったように見えてもステロイドを中止すると再度感染し、再発します。 その間に徐々に鼻茸が大きくなり、鼻呼吸が出来なくなってくるため、内視鏡手術によって取り除きます。 しかし鼻茸も繰り返し再発するため、「完治」が難しい難病とされています。 なお、このタイプの副鼻腔炎は• 気管支喘息• アスピリン不耐症(アスピリンなどの解熱剤でショックや喘息をおこす)• 薬物アレルギー を持っている人に多いです。 続いては 「副鼻腔炎・蓄膿症は完治する病気なのか?」についてです。 スポンサーリンク 副鼻腔炎・蓄膿症は完治する病気なのか? 副鼻腔炎や蓄膿症は完治する病気なのか? この答えは、ここまでの説明の一部繰り返しになりますが、「好酸球性副鼻腔炎(難病指定)」でなければ完治します。 特に急性副鼻腔炎の場合は、多くの場合が2週間ほどで完治します。 慢性副鼻腔炎にまで悪化した場合も、抗生物質の長期投与による「殺菌・粘膜の修復」、ネブライザー治療や鼻洗浄、手術などで完治させることは可能です。 ただしアレルギー性鼻炎で鼻炎症状が続く人は、 常に再発するリスクはありますので、蓄膿症予防は必要です。 つまり、「完治」という言葉をどのように定義するかによりますが、基本的にはしっかりと治療を行えば原因を取り除くことは可能です。 ただ繰り返しになりますが「予防が大切」になりますので、簡単にまとめてみます。 鼻水・鼻づまりを感じる場合は、早期に対処しましょう。 人によっては「鼻うがいで蓄膿症や副鼻腔炎が治った!」という人もいるくらいです。 水を入れたコップに鼻を直接あてて吸い込むことも出来ますが、難しいですし効率も悪いので、ハナノアなどの鼻洗浄器がオススメです。 細菌・ウイルス感染• アレルギー と説明しました。 ここに共通するものとして「免疫力」があります。 「免疫」は外部からの異物を排除してくれるシステムですが、この力が弱っているとウイルスや細菌が侵入しやすくなります。 また、「免疫バランス」というものもあり、これが崩れるとアレルギーが引き起こされやすくなります。 そのため、普段から免疫力をしっかりと整えておくことが大切です。 なお、免疫力を高める食べ物などは、内で紹介しています。 スポンサーリンク まとめ! いかがでしたでしょうか? 副鼻腔炎・蓄膿症が治らない方は手術に踏み込む方も多くいますが、一度違う病院を受診するのも一つの手です。 なお、当サイトは私自身が長年にわたって鼻炎や副鼻腔炎、後鼻漏(鼻水が喉に流れる)に悩まされていたことがキッカケで立ち上げたものです。 治療体験などをわかりやすくまとめていますので、是非他のページも参考にしてみてください。 関連ページ 頭痛を伴う急性副鼻腔炎 急性蓄膿症 !風邪や細菌により副鼻腔が炎症を起こす事で発症します!治し方に併せ、治療期間も説明します!正しい知識があれば、早く治す事が出来ます! 口臭・鼻の奥が臭い!それ、蓄のう症かも知れません!症状 咳・頭痛・痛み や、原因、治し方 改善 について説明します!自然治癒は?完治するの?治療期間は? 副鼻腔炎の一種、好酸球性副鼻腔炎の特徴・治し方などを説明します!「はなたけ」は手術で治す事が出来るのか?詳しく解説します! 真菌 カビ が原因の副鼻腔炎「真菌性副鼻腔炎」。 チーズ状の乾酪性物質が出たり、上顎洞が痛む、腫れる事が多いです。 原因・治し方・症状を知りましょう! 副鼻腔炎のひとつ「上顎洞炎」について、「歯性上顎洞炎との違い」や、何科を受診すべき?放置していいの?自然治癒はするの?という点を分かりやすく説明します。 代表的な副鼻腔炎 急性・慢性・好酸球性・副鼻腔真菌症 以外にも、実は気圧の変化で起こる副鼻腔炎があります。 そんな航空性副鼻腔炎について説明します。 急性副鼻腔炎や蓄のう症、副鼻腔真菌症、好酸球性副鼻腔炎における日帰り内視鏡手術の内容、費用、体験談について。 また、他の手術のメリット、デメリットも。 急性副鼻腔炎や蓄膿症 慢性副鼻腔炎 、後鼻漏に効果抜群!自然治癒を助けてくれるオススメの市販薬をランキング形式で紹介します。 また、嫌なムズムズやドロドロをスッキリさせる「オススメのなた豆サプリ」も合わせて紹介します。 副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)では膿が溜まります。 ここでは膿を出す方法(病院で行われる治療や自宅で出来るもの)について、個人的な経験から紹介しています。 副鼻腔炎(蓄膿症)に効果的なツボを画像付きで紹介しています。 指圧も効きますが、マッサージもオススメです。 副鼻腔炎・蓄膿症にお困りの方は是非チャレンジしてみてください! 副鼻腔炎 蓄膿症 では抗生物質・抗菌薬が処方されるが、本当に効くのか?長期服用は大丈夫なのか?処方薬はクラリス・クラビット・ジスロマック・メイアクト・フロモックスあたりが有名です。 妊婦の方や、授乳中の方が副鼻腔炎や蓄膿症をわずらった場合、どのような治療・対処が行われるのでしょうか?分かりやすくまとめてみました。 副鼻腔炎や蓄膿症では熱や微熱が続く場合があります。 熱が下がらない場合の対処法や、蓄膿症の対処法、解熱剤を使うべきか?という点について説明しています。 急性副鼻腔炎や、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されたのに、鼻づまりがおきず、鼻水も出ないというケースがあります。 これはなぜなのか?まとめました。 副鼻腔炎や蓄膿症に良いとされている食べ物を12種類紹介。 おすすめ簡単レシピもあります。 また、悪化させる可能性のある食事もまとめています。 副鼻腔炎や蓄膿症にかかると、中耳炎を合併することがあります。 なぜ中耳炎になるのか?また、耳鳴りや耳が痛くなる理由、治し方を分かりやすくまとめてみました。 副鼻腔炎や蓄膿症、または慢性的な鼻づまりでは「めまい」が起きやすくなります。 なぜめまいが起きるのか?その原因と対処、予防方法を分かりやすくまとめました。 蓄膿症や副鼻腔炎では、臭いに悩まされます。 ここでは、なぜ臭いがするのか?どのように対処すれば良いのか?を、筆者の経験のもと、副鼻腔炎(蓄膿症)の治療方法とともに説明していきます。 蓄膿症・副鼻腔炎における病院での検査方法と診断についてまとめています。 また、長年蓄膿症に悩まされ、治るまでの筆者の体験談についても紹介しています。 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

後鼻漏と漢方

副 鼻腔 炎 治っ たか どうか

副鼻腔とは 鼻の中には、鼻腔(鼻の穴の中)だけでなく、副鼻腔という大きな空間があります。 副鼻腔は、鼻腔を取り囲むように、ほお骨の下や眉間の下にあり、自然口という小さな穴で鼻腔とつながっています。 副鼻腔は、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)の全4種類で、左右で合計8つあるそうです。 副鼻腔炎とは 文字どおり、8つの副鼻腔のどこかで炎症が起こるのが副鼻腔炎です。 炎症によって、副鼻腔に入った鼻水や膿がうまく外に出せずにたまってしまいます。 ひどくなると、発熱や頭痛、歯痛などの症状が現れます。 また、鼻水が鼻腔から出るだけでなく、のどに流れる「後鼻漏」を引き起こすといいます。 後鼻漏はサラサラな鼻水であれば、大きな問題はありませんが、ネバネバだと違和感が強くなります。 咳が続いて安眠を妨げるなど、不快な症状の原因となるのです。 副鼻腔炎と蓄膿症(ちくのうしょう)の違い 結論からいえば、副鼻腔炎と蓄膿症(ちくのうしょう)は同じ病気です。 蓄膿症は、文字通り膿がたまる病気ですが、CT(コンピューター断層撮影)の普及などにより、膿がたまっていなくても、炎症が起きていることがあるとわかったそうです。 そのため、炎症だけの人を含め、蓄膿症から副鼻腔炎に呼び名が変わりました。 急性副鼻腔炎の原因と症状 副鼻腔炎には、急性、慢性、好酸球性の3種類があります。 急性副鼻腔炎は、主に鼻かぜが原因で起こり、頭痛や発熱などの症状があります。 早期に治療すれば、症状に応じた薬を使ったり、膿を取り除いたりすることで治るケースがほとんどだそうです。 慢性副鼻腔炎の原因と症状 症状が3カ月以上続くと慢性副鼻腔炎と診断されます。 慢性化する主な原因は、「副鼻腔と鼻腔をつなぐ自然口がふさがる」「鼻水を排出する繊毛(細胞表面の細毛状の小器官)の働きが衰える」という2つ。 膿がうまく排出できなくなると、炎症が悪化する悪循環に陥るといいます。 慢性副鼻腔炎は、頭痛、歯痛や発熱のほか、ひどいときは嗅覚や味覚に障害が起こり、においや味がわからなくなることもあるようです。 好酸球性副鼻腔炎の原因と症状 好酸球性副鼻腔炎は、厚生労働省から難病に指定されている難治性の副鼻腔炎で、近年その患者数が増えているといわれています。 白血球の一種である好酸球が過剰に活動し、副鼻腔に炎症が起こります。 好酸球性副鼻腔炎は、鼻タケ(鼻ポリープ)が多発するのが特徴です。 鼻づまりがひどくなり、早い段階で嗅覚障害が起こるそうです。 局所療法や薬物療法などの保存療法 慢性副鼻腔炎の治療の柱は「局所療法」「薬物療法」「手術」の3つです。 そのうち、局所療法と薬物療法が保存療法と呼ばれます。 局所療法とは病院に行くとみなさんがよく受ける治療法で、鼻腔や服鼻腔にたまった膿や粘りけの強い鼻水を生理食塩水などで洗浄・除去したり、患部に抗菌薬を噴霧したり(ネブライザー治療という)します。 薬物療法は、主に抗生物質による治療が中心で、症状が軽ければ薬物療法でよくなるケースが多いといいます。 手術療法 局所療法と薬物療法で十分な作用が見られない場合は手術が検討されます。 もちろん、局所療法が困難な場合は先に手術療法を行う場合もあります。 以前は、副鼻腔炎の手術といえば上唇の裏側から歯茎を切開したりするなど、かなり大がかりなものでした。 しかし、最近は技術が進んで副鼻腔炎においても内視鏡を使った内視鏡下服鼻腔手術(鼻腔に内視鏡や手術器具を入れてモニターに映し出された画像を見ながら行う術式)が主流になりました。 それによって、以前は術後に何カ月も入院していたのが、内視鏡手術なら1週間程度で退院できる場合が多いようです。 内視鏡手術は器具の進歩も著しく、マイクロデブリッターという手術器具も登場しています。 この器具は、病変部の切除と出血などの吸い取りが同時にできるということで、手術時間も短縮できるようになったそうです。 器具が便利になっているとはいえ、その器具を使って手術を行う医師は人です。 やはり副鼻腔炎の手術件数が多い(ホームページなどで調べられる)医師や病院で手術をしてもらうことが重要ではないでしょうか。 セルフケアはもちろん大切ですが、みなさんは田七ニンジンという植物をご存知でしょうか? 高麗ニンジンなどと同じように、中国では漢方薬として使用されている植物で「カテキン」と「サポニン」の成分を多く含む食品です。 「茶カテキン」と言えば、聞いたことがある人もいるかもしれませんが、カテキンは健康維持への働きが期待されており、特に【ズルズルや詰まり】があって思ったような呼吸ができない人におすすめとされています。 また、サポニンはウコギ科の植物やマメ科の植物に多く含まれています。 含まれる植物によって構造が異なり、性質や働きに多少の違いがあるようですが、田七ニンジンや高麗ニンジン由来のものは「ニンジンサポニン」といい、詰まって黄色いネバネバの人、いつもすすっている人には有用な成分と考えられています。 カラダネ編集部は、これらの成分をしっかりと摂取できるお茶を見つけました。 それが 【白井田七。 茶】というお茶。 田七ニンジンに含まれるサポニンはもちろん、化学肥料を使用しない有機栽培された茶葉を使用しており、安心して飲むことができるのです。 お茶に含まれる茶カテキンもしっかりとれるのもうれしいポイント。 茶】も試してみてはいかがでしょうか。 鼻うがい 生理食塩水(血液や組織液と浸透圧が等しい約0. 9%の食塩水)を鼻から注入し、鼻腔内の鼻水や膿、細菌、花粉などの異物を取り除く鼻うがい。 鼻うがい用の器具は市販されていますが、100円ショップで売っているドレッシング容器とイヤホンパッド(シリコン製)でも作れます。 さらに、ネバネバ鼻水の人におすすめなのが重曹鼻うがいです。 重曹には、粘性を弱める働きがあり、鼻うがいの作用を高めるのです。 くわしくは下の記事をご覧ください。

次の

大人の蓄膿症(副鼻腔炎)はどのくらいで回復しますか?

副 鼻腔 炎 治っ たか どうか

副鼻腔とは? そもそも 副鼻腔とは、頬、両目の間、額の下にある骨に囲まれた空洞のことです。 篩骨洞(しこつどう)、上顎洞(じょうがくどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の 計4対の副鼻腔があり、それぞれ鼻の中(鼻腔)とつながっています。 副鼻腔の表面は粘膜で覆われ、せん毛と呼ばれる細かい毛が生えており、外部から侵入してきたホコリや細菌、ウイルスなどを粘液とともに外へ運び出す役割を持っています。 副鼻腔炎の原因 一般的に副鼻腔炎は、 風邪などによってウイルスや細菌などが鼻腔に感染し、引き起こされた炎症が副鼻腔まで広がることで引き起こされる病気です。 ほとんどの場合 1〜2週間ほどで治り、 急性副鼻腔炎と呼ばれます。 いわゆる鼻かぜという状態です。 しかし放っておいたり、きちんと治療しなかったりすると、 症状が長期化・悪化してしまい、 慢性副鼻腔炎になってしまうことがあります。 いわゆる「ちくのう症」のことですね。 本来なら副鼻腔に溜まった膿は、鼻腔に流れ排出されて、症状も快方へ向かいます。 しかし、 炎症の悪化によって副鼻腔と鼻腔がつながっている部分が腫れ、副鼻腔に溜まった膿が排出されにくくなってしまいます。 その結果、細菌感染が繰り返されて症状が長期化・悪化してしまうのです。 一般的に3ヶ月を超えて症状が続く場合を慢性副鼻腔炎と呼び、長期的な治療が必要となるケースも少なくありません。 その他にも、 アレルギー性鼻炎やぜんそくの疾患を持っていたり、鼻中隔(鼻の中を左右に仕切る壁)が曲がっていたりする場合、副鼻腔炎を引き起こしやすくなります。 また、ぜんそく患者さんには難治性の副鼻腔炎 好酸球性副鼻腔炎 を認めることもあります。 また、 遺伝的な原因も強く、両親が副鼻腔炎の場合、子どももかかることが多いとの研究結果もあります。 副鼻腔炎の症状 副鼻腔炎によって引き起こされる、おもな症状を紹介しましょう。 鼻づまり 炎症によって 粘膜が腫れて鼻水が流れにくくなったり、鼻水が粘り気を帯びたりすることで、鼻がつまりやすくなってしまいます。 鼻水、後鼻漏 はじめのうちは透明なサラサラとした鼻水ですが、 副鼻腔の炎症が悪化し膿や分泌物が溜まると、粘り気のある黄色や緑の鼻水へと変化します。 よく「色のついた鼻水は細菌が混ざっているから」といわれますが、じつはそれは間違いなんです。 粘膜がはがれ落ちたものや、含まれる白血球が増え、それらに色がついているため鼻水の色も変化する、というのが正解です。 さらに、 いくらかんでもかみきれないほどの鼻水や、いやなにおいのする鼻水が出ることも多くみられます。 とくに慢性副鼻腔炎の場合、 鼻水がのどの方へ流れる「後鼻漏(こうびろう)」がみられることも多く、 咳や痰、のどの違和感を引き起こします。 頭痛や顔面痛 目の付近や頬や歯、額、頭など、 副鼻腔内のどの場所に炎症が起こっているかによって、痛みがあらわれる場所は異なります。 とくに 急性副鼻腔炎では痛みが強く感じられます。 一方、 慢性副鼻腔炎では痛みよりも、頭の重さや疲労感といった症状があらわれる場合が多くみられます。 鼻ポリープ(鼻茸) 副鼻腔の炎症により、 粘膜の一部が鼻ポリープ(鼻茸)となってしまう場合もみられます。 逆に 鼻ポリープが原因となって、副鼻腔炎を引き起こしてしまうこともあります。 慢性副鼻腔炎の1〜2割程度の患者さんにみられ、 できる数も1つとは限りません。 悪性ポリープではないものの、 鼻づまりや鼻水、臭覚障害、頭痛などを引き起こします。 内視鏡手術によって取り除く場合もありますが、薬物療法で小さくできるケースもあります。 咳や痰 副鼻腔の炎症がのどへ広がることや後鼻漏が原因で、咳や痰の症状が多くみられます。 逆に、 のどの炎症が副鼻腔へ広がり、副鼻腔炎の原因となる場合もあります。 かぜが治っても咳や痰が続く場合は副鼻腔炎が原因の場合もあります。 臭覚障害 鼻の粘膜に炎症が起こることで 匂いの分子が感知されにくくなったり、匂いを感知する神経に異常が発生したりして、臭覚障害が引き起こされることもあります。 前述したように 鼻ポリープによって、匂いが感じにくくなってしまうケースもみられます。 副鼻腔炎は合併症を引き起こすことも 副鼻腔炎は放っておくと悪化して、合併症を引き起こすことがあります。 とくに、中耳炎には注意が必要です。 耳と鼻は耳管を通じてつながっているため、 鼻の炎症が耳(中耳)に感染したり、耳管のはたらきを悪くしたりすることで、中耳炎を引き起こしてしまうことが少なくありません。 さらに、 まれではありますが炎症が目や脳に及び、目の痛みや視力障害、脳膿症や髄膜炎を引き起こしたり、脳の炎症の場合、重い後遺症や死に至るケースもみられます。 いずれにしても、 副鼻腔炎は放置せず、しっかりと治療することが重要です。 副鼻腔炎の検査 副鼻腔炎の疑いがある場合、耳鼻咽喉科を受診しましょう。 診察ではまず問診をおこなった上で、次のような検査がおこなわれます。 鼻鏡や内視鏡による検査 まず、 鼻鏡とよばれる鼻の内部をみる医療器具や内視鏡を使って、粘膜の腫れの度合いや鼻水の状態などを確認します。 レントゲンやCT、MRI検査 鼻の状態をよくみた上で、 必要があればレントゲンやCT、MRIといった画像検査をおこないます。 炎症が起きている場所や、炎症の広がりなどを正しく確認するためです。 また腫瘍性病変や真菌 カビ による副鼻腔炎などとの鑑別を行う目的もあります。 細菌検査 炎症の原因となっている細菌の種類を調べるためにおこなう検査です。 鼻腔やのどの奥に細長い綿棒を突っ込んだり、吸引装置を使ったりして鼻水を採取し、検査をおこないます。 副鼻腔炎の治療法 それでは副鼻腔炎にかかったら、どのような治療がおこなわれるのでしょうか? 薬物治療 急性副鼻腔炎の場合には、 まず症状を抑える薬が処方され、症状の程度によっては抗生剤が処方され、一般的に服用期間は2週間以内です。 一方、 慢性副鼻腔炎の場合では少量の抗生剤が処方され、1〜3ヶ月ほどの長期間に渡って服用します。 いずれの場合も、 あわせて鼻水や痰を出しやすくする薬が処方されることも多くあります。 鼻吸引や鼻洗浄 鼻水が溜まったりつまったりしている場合には、吸引して取り除きます。 また鼻腔から副鼻腔へ細い管を通し、 生理食塩水を注入して副鼻腔内を洗浄することもあります。 ネブライザー療法 抗生剤などを含んだ薬液を霧状にして、鼻から吸い込む治療法です。 鼻吸引や鼻洗浄をおこなったあとにネブライザーをおこなうと非常に効果的です。 内服する場合に比べて 使用する薬も少量ですむため、副作用が少ないという特徴もあります。 手術療法 いずれの治療法も効果があらわれない場合、炎症を起こしている粘膜部分や鼻ポリープを取り除く手術をおこなうこともあります。 以前はメスを使って切開する外科的手術が一般的でしたが、 近年では内視鏡での手術を行う施設がほとんどです。 手術後も定期的に通院し、薬物療法やネブライザー療法などを続ける必要もあります。 副鼻腔炎にならないためには? 副鼻腔炎にならないためには、日常生活の中でどのような点に気をつけるとよいのでしょうか? できるだけ風邪を引かない・鼻水や鼻づまりを長引かせない 副鼻腔炎の 原因の多くが風邪を引くことです。 普段から手洗いうがいをやバランスのよい食事、規則正しい生活を心がけましょう。 もし 風邪を引いてしまい、鼻水や鼻づまりが長引く場合には、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診することも大切です。 またたばこの影響もありますので禁煙及び間接喫煙を防ぐようこころがけましょう。 鼻のかみ方に注意 鼻を勢いよくかんでしまうと、鼻の細菌が耳管を通じて耳に入り込んでしまい、中耳炎の原因となってしまうことがあります。 他にも鼻血が出たり、耳が痛くなったりすることもあるため、 鼻はゆっくりとかむようにしましょう。 片方ずつ、少しずつかむことがコツです。 とくに子どもは鼻のかみ方が下手な場合が多いので、注意してみておきましょう。 鼻を自分でかめない小さな子どもの鼻がつまっていて苦しそうな場合には、市販の鼻吸い器を使って吸い出してあげるとよいですね。 子どもの様子をチェック 子どもは自分から症状を訴えるのが苦手なので、様子を注意深くみてあげることで、身近な大人が気づいてあげるようにしましょう。 頻繁に鼻をすすっていたり、痰が絡んだような咳をしていたり、またはいびきがひどいなどの子どものサインを見逃さないことが、重症化しないためには大切です。 まとめ 身近な副鼻腔炎ですが、 悪化すると睡眠を妨げたり、集中力が落ちたりと、日常生活の質の低下も引き起こしてしまいます。 風邪が治ったのに、鼻水、 鼻づまり、咳、痰がいつまでも長引いているなら、副鼻腔炎かもしれません。 慢性副鼻腔炎の場合には 治療が長期化することもありますが、完治するまで根気強く通院することが大切です。 鼻の違和感に気づいたらできるだけ早く耳鼻咽喉科を受診し、治療をはじめることをおすすめします。

次の