足 が 痺れる。 長時間座ると足が痺れる|血行不良を解消する正しい椅子の座り方

手足のしびれの症状から見つける病気早わかりサイト

足 が 痺れる

足の指先のしびれの原因や症状と治し方! ビリビリとした痛みや不快感を伴う しびれ。 日常的によくある症状というわけではありませんが、だからこそ自分の体にしびれが現れると、「何か悪い病気なのでは?」と心配になってしまいますよね。 実際に、しびれは命の危険がある重大な病の前触れとも言われているため、そのまま放置することはリスクが伴います。 とは言え、過剰に心配しすぎてしまうのも困りもの。 そのような悩みを解消するためには、 しびれの原因や症状などについてきちんと知っておくべきではないでしょうか。 そこで今回は、 足の指先のしびれの原因や症状をご紹介したいと思います。 しびれの感じ方には個人差もあるため、そのしびれが病気によるものなのかどうなのかという線引きは一概にできませんが、もししびれの症状が現れた時に参考になさっていただければと思います。 足の指先のしびれの主な原因は? 足の指先のしびれの主な原因は、 末梢神経の圧迫や血行不良と言われています。 私達の体の隅々には末梢神経が通っており、それは勿論足の指先も例外ではありません。 例えば、長時間正座をした後に立ち上がろうとしたら、足の指先がしびれて立ち上がれなかった、という経験はないでしょうか。 これは、座ることで体重が足首から足の指先に掛かってしまうことで、末梢神経が圧迫されて起こると言われています。 また、冷たい水にずっと足を浸けっぱなしにしたり、気温の低いところにいると足の指先がしびれてくることがありますが、こちらは寒さによって血管が収縮し、血行不良が起こるのが原因と言われています。 体の末端部分である足の指先は、心臓から遠い場所にあることから血行不良が起こりやすいと言われています。 足の指先のしびれの症状 足の指先のしびれといっても、その症状は様々なものがあります。 正座による末梢神経の圧迫や、低温による血行不良などでは、ビリビリとしたしびれが一時的に起こるものの、神経の圧迫ないし血行障害が改善されれば症状も次第に治まってきます。 しかし、一過性ではなくしびれが長い時間継続したり、一旦は治まったと思っても再び同じところがしびれるといった症状がある場合や、片方の足の指先ではなく両足の指先が同時にしびれる場合、足の指先と同じ手の指先がしびれる場合などは、そのまま放置しておくと重い障害が残ったり、神経が壊死してしまう病気の可能性があるため、どのような場所にどのようなしびれが起こっているかをしっかりと把握する必要があります。 足の指先のしびれの治し方 足の指先のしびれの原因が血行不良によるものである場合は、血行を促すことで足の指先のしびれを治すことができます。 簡単に血行を促進する方法としては、足浴や足湯があります。 お風呂にゆっくり浸かるのが最もよい方法と言えますが、足だけをお湯に浸けても効果はあります。 この時、血行をより促すためにマッサージをするのもよいでしょう。 また、ストレスなどによって自律神経が乱れていると、血行が悪くなり末端が酸素や栄養不足となって、足の指先にしびれが生じることがあります。 このような場合は、足だけではなく全身のマッサージや軽い運動を取り入れ、筋肉のコリや疲れを解すとともに気持ちをリラックスさせるように心掛けてみましょう。 足の指先のしびれの予防法 足の指先のしびれを予防するには、末梢神経を圧迫するような履物(ハイヒールやサイズの合っていない靴)を避けることが大切です。 このような足の指先を絞めつける履物を長く履いていると、指の形が曲がる外反母趾や、中指と薬指の付け根の強いしびれや痛みにより歩行が困難になるモートン病を発症する恐れがあります。 また、最近は床に直接座る機会がめっきりと減っていますが、それでも正座をした時はかなりの確率で足の指先がしびれてしまうと思います。 そこでここでは、 足がしびれにくくなる正座の方法をご紹介したいと思います。 足の指先のしびれがある病気は? 足の指先のしびれが、末梢神経の圧迫や血行不良以外が原因の場合は、病気の可能性があります。 足の指先のしびれが症状として現れる病気には、次のようなものがあります。 足根管症候群 足根管とは、足の指先に繋がる神経が通っているトンネルのような部分で、この部分が強い圧迫やダメージを受けることで、足の指先やかかと、足の裏にピリピリとしたしびれが現れます。 糖尿病性ニューロパチー 糖尿病は、症状が出にくいため気付いた時には病状がかなり進行しているということがよくありますが、糖尿病は血液の病気であるため、血行不良による末端血管の栄養や酸素不足が起こり、そこから末梢神経の障害が発生してしびれが起こります。 痛風 痛風は、尿酸が体内に溜まり、関節部分で結晶化することで激しい痛みを引き起こす病気です。 痛風の初期症状として足の親指の強い痛みが挙げられますが、実は痛みが出る前に長期的にしびれがあったという方も多いことから、足の指のしびれが長く続く時はすぐに病院へ行って検査を受けることをお勧めします。 椎間板ヘルニア 椎間板とは、骨と骨の間でクッションのような役割を行っているものです。 この椎間板が、何らかの原因で飛び出してしまうと、その横を通っている神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こします。 足の指先にしびれを起こすのは、腰椎(腰にある骨)椎間板ヘルニアが関係しています。 足の神経は腰から伸びているため、足の指のしびれと共に腰痛がある時は、腰椎椎間板ヘルニアが疑われます。 脳梗塞や脳出血 脳の血管障害に伴う病気は、素早い処置を行わなければ命の危険があります。 特に、足の指先のしびれの他に、言葉が上手く出ない、ろれつが回らない、体の動きがおかしい、頭痛や吐き気があるといった場合は、速やかに病院へ行くようにして下さい。 足の指先のしびれがなかなか治らない場合、病院は何科に行けばいいの? 足の指先に限らず、しびれを専門的に診てもらえるのは 「神経内科」になります。 しかし、神経内科は総合病院など大きな病院にしかない場合があるため、もし近くに神経内科がないということであれば、まずは重大な病気の可能性を否定するために 脳神経外科を受診するのがよいと思います。 ただし、足の指先のしびれ以外にも腰痛や足の痛みがある場合は整形外科、健康診断などで血糖値が高いと言われたことがある場合は糖尿病の可能性があることから 内科を受診するのがよいと思います。 いずれにしても、どの科を受診したらよいか迷う時は病院の受付にて症状を伝えると、受診すべき科を教えてもらえます。 足の指先のしびれの原因と治し方!症状がひどい時は病気?のまとめ 足の指のしびれは、正座をした時や寒い場所に立っていた時など、誰でも一度くらいは経験があるのではないかと思います。 しかし、その「誰でもある」ということに安心してしまい、他の症状を見落としてしまったら病気の進行を防ぐことはできません。 少しでもおかしいと思ったら、迷わずに病院できちんと診てもらうようにしましょう。

次の

ランニング中に足が痺れる?坐骨神経痛の人の症状まとめ

足 が 痺れる

お尻の痛みなど坐骨神経痛の症状が出たら、原因となる疾患を鑑別する必要があります 「 坐骨神経痛」(ざこつしんけいつう)という言葉は、テレビや雑誌などにも多く登場するので、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 程度は様々ですが、生活に支障がでるほど症状が重くなるケースもあるため、「坐骨神経痛」を経験した人は、「再発は絶対にイヤだ!」と思うことでしょう。 「坐骨神経痛」はポピュラーな名前ですが、原因となる疾患については意外と知られていないようです。 それは、「坐骨神経痛」自体は 病気の名前ではなく、症状に付けられた呼び方だからです。 今回は、あらゆる年齢で起こりうる「坐骨神経痛」と、関連する疾患についてお話しましょう。 <坐骨神経痛の原因…お尻の痛み・太もものしびれの症状と治し方 目次>• お尻が痛い・太もものしびれ・太ももの裏が痛い症状は坐骨神経痛かも 赤色の部分は症状の出る範囲、黄色線が坐骨神経です 「坐骨神経痛で辛くて……」という方に、痛い場所や痛み方を聞いてみると、訴える症状は人それぞれです。 「太ももの前側がしびれていて」「ふくらはぎから足の指先まで痛む」「お尻だけが痛む」などなど。 そして、症状も「ビビーッと電気が走るような」「いつもピリピリしている」「張りが強くてつっぱった感じがする」など、多種多様な表現があります。 これは「坐骨神経痛」の解釈が人それぞれ違うためのようですが、下半身に痛みやしびれ、違和感があるという部分は一致しているようです。 そもそも「坐骨」とは、椅子に座った時に座面に当たる左右のお尻の骨のことです。 このお尻の骨辺りに違和感が出ると「坐骨神経痛かな?」と思ったり、太ももの後ろ側、前側関係なく、太もも以下に症状が出れば「坐骨神経痛になってしまった」と考える人もいるようです。 まずは、「坐骨神経痛」と言われる症状の出る部位を確認しておきましょう。 右上の図を参照してください。 腰部、骨盤部から足の末端にかけて、太くて長い神経があります。 これが「坐骨神経」です。 これだけ長い神経なので、その途中で何かしらの神経への刺激が加わると、この神経に沿った領域に痛みやしびれの症状が出てしまいます。 坐骨神経は、お尻、太もも裏、ふくらはぎなど体の後面を通っているため、お尻から足の指の範囲に症状が出ることが多いのです。 また、坐骨神経は膝の裏辺りで枝分かれしているため、障害を受けている部位によっては、膝より下の外側面辺りに症状を感じることもあります。 【坐骨神経痛の症状チェック】痛みやしびれの程度 坐骨神経は図でわかるように、とても長い神経です。 広範囲に症状を出す可能性があるため、とても重要であることがいえます。 この坐骨神経がどの部分で障害されるかにより、症状の出る範囲や症状も違いますが、下の表に多くみられるものを挙げてみました。 坐骨神経痛がおきている場合、腰部やお尻などに筋肉の緊張がみられるケースも多く、坐骨神経痛に併せて不快な症状を感じる場合もあります。 ほとんどの場合は、片側のお尻や下肢に痛みやしびれが出ますが、両側に症状が出ている場合は早急に病院へ行きましょう。 悪化すると肛門周囲へしびれが生じたり、排尿障害になることもあります。 腰の痛み、お尻の痛み• お尻、太もも裏、足へかけての痛み、しびれ• 体を動かすと痛みやしびれが悪化する(問題のある部位の状態により、前にかがめない、後ろへ体を反らすことが出来ないなど)• 痛みのため歩行が困難になる• 足に力が入らなくなる• 下半身の筋肉の太さに左右差が出てくる• 座っていられなくなる• 足を触ると感覚が鈍くなっている 【坐骨神経痛の原因】考えられる疾患・病気 坐骨神経痛が出るような疾患では、歩行が困難になることもあります 坐骨神経痛自体は疾患の名前ではないため、坐骨神経の痛みが出た場合は、原因になる疾患が何かを調べる必要があります。 例えば、転倒した後に足への痛みやしびれを感じるようになった時のように、坐骨神経痛らしき症状が出たきっかけがはっきりしている場合と、ある日突然に痛み出した時のように、原因が自分でもよくわからない場合があります。 心当たりが無い場合は、最近他に体の不調はないかを思い返し、病院で診察を受ける際に医師に伝えましょう。 以下に、坐骨神経痛に関わる主な疾患を挙げてみます。 坐骨神経痛の原因:椎間板ヘルニアによるもの 椎間板は、背骨を構成している各骨(椎骨)と骨の間にあります。 体への衝撃を吸収するという重要な役割があり、弾力性もあるのですが、この椎間板が負荷によってはみだしてしまうことがあるのです。 この時神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に症状を出します。 「」「」などもご覧ください。 坐骨神経痛の原因:脊柱管狭窄症によるもの 神経が通っている背骨の中央にあるトンネルが、主に老化により狭くなってしまうことで症状が出ます。 しばらく歩いていると、腰の痛み、足の方へ痛みやしびれ、つっぱり感が出るようになり、途中で休まないと足が前に出なくなることもあります。 詳しくは、「」「」などもご覧ください。 坐骨神経痛の原因:腰椎の分離 腰椎の分離症は、腰の骨のある部分が切れてしまい、レントゲンで確認することができます。 分離しているからといって、必ずしも腰痛などの症状があるとは限りませんが、問題はこの部分が不安定になった場合です。 分離した状態では、切れた部分からその骨が前方へズレるようにすべってしまい、神経が刺激されると坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状をおこすことになります。 詳しくは「レントゲンで発見!腰椎分離・すべり症とは」をご覧ください。 すべり症によるもの 坐骨神経坐骨神経痛の原因:梨状筋症候群によるもの お尻にある筋肉の中に梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる筋肉があり、坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。 ところが、スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担がかかり続けると、この梨状筋にもストレスが及ぶことがあります。 梨状筋の状態が悪くなり、坐骨神経を圧迫してしまうと、坐骨神経痛の症状が現れます。 坐骨神経痛の原因:腫瘍による痛みの場合も…まずは整形外科の受診を また、背骨に癌が転移した場合や、背骨の中央を通っている脊髄の腫瘍により、坐骨神経痛を伴う場合があります。 安静にしていても痛みが変わらない、夜間も痛みが続くなど、今までに経験したことのない症状であれば、早めに病院へ行きましょう。 腰の違和感や痛みが続いた後に、坐骨神経に沿った痛みやしびれが出る場合もありますが、「坐骨神経痛かな?」と思ったら、まず整形外科で検査を受けましょう。 レントゲンやMRIで腰の状態を確認することができます。 悪化させると大変なものもありますので、痛みの我慢し過ぎには、注意して下さい。 自分でできる手軽な予防法、対策法は「」に詳しくまとめています。 病院での治療を検討している方は、「」をご覧ください。

次の

「足のしびれ」は病気のサイン?足がしびれる原因とは?

足 が 痺れる

歩くと足がしびれる病気ついて 2006. 19 放送より 吉野川市にお住まいの会社員の方よりの質問です。 1ヶ月前より少し歩くと左側の尻から太腿の後ろにかけてしびれるようになり、しゃがみ込んで休むうちにまた歩けるようになるそうです。 どの様な病気が考えられ、何科にかかれば良いのかということと手術が必要かというご質問です。 なおこの方は、身長174cm、体重69kgでテニスをされ、ぎっくり腰の既往があることと10年ほど前に糖尿病の予備軍といわれたことがあるそうです。 さてそれではこの方の症状について考えてみます。 始めに少し動いては足がしびれて動けなくなり、少し休んでは回復し、また歩けるようになるという状態を医学用語では間欠性跛行といいます。 間歇的跛行を起こす疾患は1つではなくて、大きく分けて血管性病変によるものと神経病変によるものがあります。 このうち血管性病変によるものとしては、足の血管の動脈硬化あるいは血管炎による閉塞によって心臓から足へいく血液の量が不足しがちとなり、運動時には足の筋肉の血液が要求する血液量を供給しきれなくなり、虚血症状として起こります。 これらをきたす疾患には閉塞性動脈硬化症 ASO と閉塞性血栓血管炎 TAO があります。 一方、神経性のものは神経の圧迫や神経の血行障害によって神経が麻痺して起こるもので、神経の障害される部位別にさらに脊髄性、馬尾性、神経根性、末梢神経性に分けられます。 このうち多いのは、脊髄や馬尾の障害によるもので椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などによって腰部脊柱管狭窄症をきたして起こります。 今日は、これらの中から主要なものとして閉塞性動脈硬化症、閉塞性血管血栓症、腰部脊柱管狭窄症による間歇性跛行について取り上げて見たいと思います。 それではまず閉塞性動脈硬化症 ASO による間欠性跛行です。 これは全身の動脈硬化の部分症状として現れます。 すなわち50歳以上の男性に好発し、糖尿病、高脂血症、冠動脈硬化、腎機能障害などを合併していることも多いといわれています。 腸骨動脈や大腿動脈以下にアテロームによる閉塞が認められ、病初期には、足の血行が悪くなり、急激な運動や連続した歩行 例えば10分間で1km程度の歩行 の直後などに足の疲れ、しびれや冷感がみられます Fontaine分類の第1期。 それからもう少し進むと間欠性跛行すなわち一定の距離を歩行 例えば約3分で100mくらい歩行 すると特定の筋肉に痛みや硬直をきたし歩行不能となりますが、しばらく休むと再び歩けるようになります 第2期。 これは安静時にはかろうじて足への血行が保たれ運動時には足りなくなってしまう状態です。 さらに進むと安静時にも血液の供給が不足し、じっとしていても疼痛が起こるようになります 第3期。 この時に特徴的なことは、足を下に下げると少しでも血行が増加し楽になることです。 さらにもっと血行が悪くなると足先など小さな傷や圧迫を受けるような場所に皮膚の壊死や潰瘍を生じるようになります 第4期。 血流が悪く治りにくく最悪の場合、足を切断しなければならなくなるので要注意です。 診断には、簡単にできることとして触診により脈を触れること、上肢と下肢の脈と血圧を同時に測り、血管内を伝わる振動の速さ PWV や足と上肢の血圧の比率(ABI)を測定する検査などが参考になります。 次に閉塞性血栓血管炎 TAO についてお話しします。 この病気はバージャー病とも呼ばれ、特定疾患いわゆる難病にも指定されています。 20-40歳の比較的若い男性に発症します 男女比は10:1で全国に約1万人。 下腿部の中小動脈など四肢末端の動脈に原因不明の血管炎を繰り返し起こし、その結果、四肢、手指や足趾の虚血症状をきたします。 患者のほとんどが喫煙者であり、タバコと何らかの関連があると考えられています。 症状としては四肢のしびれ感、指趾の安静時の疼痛、レイノー現象、間欠性跛行、指趾の潰瘍や壊死、それに遊走性静脈炎などです。 ASOに比べて間欠性跛行の頻度は少なく、潰瘍の範囲はより限局しています。 それから脊髄性の間欠性跛行ですが、これは椎間板ヘルニアや変形性脊椎症など脊柱管の狭窄をきたす種々な疾患でみられます。 この場合、足の動脈の拍動は良く触れ、痛みやしびれが下肢全体に及ぶこと、立位5分などずっと同じ姿勢を取り続けると症状が出ることがあること、前屈位で症状が軽減することがあること、入浴により悪化することがあること、尿や便の出が悪くなることがあることなど下肢の虚血による間欠性跛行とは症状的に違いがあります。 この方の場合、ぎっくり腰の既往があるため脊髄性も考えられますが、糖尿病の予備軍であるとのことで閉塞性動脈硬化症の可能性もあり、またタバコをお吸いになるかどうかで閉塞性血栓血管炎の可能性も残っております。 まずは内科を受診され、もう少し詳しい話と診察を受けられるとよいと思います。

次の