天皇 陛下 ライフ ワーク。 半蔵門使用は天皇、皇后、皇太子一家のみ 他の皇族は乾門へ

世界的指揮者、チョン・ミョンフンさん 音楽、人生、天皇陛下について語る(1/4ページ)

天皇 陛下 ライフ ワーク

「おサイフ」の中味も違えば、護衛の数、皇居を出入りする門まで、皇太子家(東宮家)と秋篠宮家には大きな「格差」がある。 産経新聞記者・大島真生氏が解説する。 * * * 平成18(2006)年9月6日、41年ぶりの男子皇族となる秋篠宮家の第三子、悠仁さまが誕生された時、「悠仁親王」命名の儀の会見は宮内庁記者クラブの隣にある「報道室」で行なわれた。 報道室とは宮内庁が日常の記者発表やプレスリリースを行なう場所である。 その5年前、平成13(2001)年12月1日、皇太子家に長女、愛子さまが生まれた。 天皇陛下から授けられた「敬宮愛子」の命名の儀の会見は、文化勲章の受章者らが記者会見を行なう宮内庁3階の大講堂であった。 誕生の際の一般記帳についても、愛子さまは、誕生の翌日から宮内庁で行なわれたが、悠仁さまは「宮家」だからとの理由で一般記帳が行なわれなかった。 皇太子家と宮家では、皇居を出入りする際に通る「門」にも違いがある。 天皇陛下および内廷皇族(皇后、皇太子ご一家)は「半蔵門」が用いられるが、他の皇族は「乾門」を使用する。 秋篠宮さまも半蔵門を使うが、「陛下から特別にお許しを得てのこと」とされており、土日に私用で皇居を訪れる時には、遠慮して乾門を通っている。 予めご了承ください。

次の

天皇陛下のお食事…驚きの食事内容が話題に…

天皇 陛下 ライフ ワーク

現在の天皇陛下が皇太子様へ譲位するというはなしがあります。 退位の時期としては2019年4月30日に退位し、5月1日即位とほぼ決まりました。 2019年5月1日から改元するのが有力のようです。 平成も31年で終わりですね。 国民の祝日である天皇誕生日はどうなってしまうのでしょうか?祝日が移動してしまうのでしょうか。 これまでの天皇陛下の崩御と即位と天皇誕生日の変遷について解説していきます。 やっぱり天皇誕生日は天皇が亡くなると変わる 昭和2年(1927年)3月4日 — 昭和64年(1989年)1月7日までは昭和天皇の誕生日であるで4月29日が天皇誕生日として祝日でした。 当然今は亡くなられたたので天皇誕生日ではありませんね。 そして天皇誕生日は現在の誕生日である12月23日に変わりました。 こうしたことから天皇陛下が変わった際にはそれにともなって祝日法が改正され祝日の日程も変更になるものと考えられますね。 近代の天皇陛下の誕生日は祝日として残っている!? 天皇誕生は天皇が変わることで変わります。 しかし過去の天皇の誕生日が祝日から消えるかと言えば一概にそうとは言えないんです。 例えば昭和天皇の誕生日であった4月29日はみどりの日とされ祝日として残っていました。 「あれ?」 と思った人はちゃんと祝日を覚えている人です!2006年まではみどりの日だったのですが、2007年に法改正され4月29日は昭和の日となりました。 その関係でみどりの日は国民の祝日だった5月4日へ移動となっています。 とは言っても11月3日は日本国憲法が交付された日でもあるのです。 そのため憲法を公布した日であるために祝日とされています。 そして11月3日が明治天皇の誕生日であったことが祝日の制定にあたり加味されていたかは定かではないところです。 近代の天皇の誕生日は大正天皇を除いて祝日として残っています。 それに乗って祝日を増やしても不思議ではないのですが大正天皇の誕生日は祝日として残っていません。 最近だと8月に山の日が追加されましたね。 同じ8月の大正天皇の誕生日は月末だったので駄目だったんですかね。 そのため2月23日が次の天皇誕生日になりますね。 2月は建国記念の日があるのでそれに加えて天皇誕生日も祝日になります。 2月の祝日が2日になるのはうれしいですね。 まず天皇誕生日は法が改正され次期天皇である皇太子徳仁親王の誕生日の2月23日に変更されるものと考えられます。 過去の天皇の誕生日は祝日として残っていることから別の祝日として残る可能性が高いのではないでしょうか。 また政府はワークライフバランスの改善を掲げています。 そのためあえて祝日を減らしてとは考えにくいです。 そのため平成天皇の誕生日は恐らく祝日として残ると予想します。 何らかの祝日となる場合も崩御されたあとなど先のことになる可能性もありそうですね。 2017年12月21日に菅官房長官が会見で「皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかに、こうしたことについては国民各層の幅広い議論が必要だというふうに思う」と話しているのでまだ平日になるのか祝日として残すのかは決定していなということでしょう。 新たな祝日とするための法改正をするには何かしらの祝日としての目的が必要になりますね。 祝日って何かを祝わなければならないのでそこら辺も祝日として残すには重要となるようです。 関連記事 ・ 何となく日々興味のあることを書いている一貫性のない雑記ブログです。 医療従事者なのでちょっとだけ健康のことや病気のことを書くことが多いかもです。 アーカイブ• 18 カテゴリー• 最近の投稿•

次の

令和の天皇像を占う 3つのキーワード : 読売クオータリー : まとめ読み : ニュース : 読売新聞オンライン

天皇 陛下 ライフ ワーク

天皇陛下は25日、皇居内の生物学研究所脇にある水田で、田植えをされた。 皇居の稲作は昭和天皇が始めた恒例行事で、陛下は上皇さまから引き継がれた。 陛下がこの日植えられたのは、4月に種もみをまいて育てたうるち米の「ニホンマサリ」ともち米の「マンゲツモチ」の苗計20株。 陛下は30センチほどに育った苗の束を侍従から受け取ると、長靴で水田に入り、腰をかがめて1株ずつ丁寧に植えられた。 秋には稲の刈り取りも行われ、収穫された米は11月の新嘗祭など宮中祭祀(さいし)に使われる。 宮内庁は26日、日本国内での新型コロナウイルス感染拡大について、カナダのジュリー・ペイエット総督から4月に陛下へ見舞いの電報が寄せられていたのに対し、陛下が25日、お礼の答電を送られたと発表した。 電報はいずれも感染拡大に各国が協力して立ち向かうことを確認する内容という。 感染拡大をめぐっては、陛下は4月、スペイン国王フェリペ6世とも電話会談されている。 天皇、皇后両陛下は27日、お住まいの赤坂御所で、内閣府の青柳一郎政策統括官から災害ボランティアに関する進講を受けられた。 陛下は4月、即位に伴い、国やボランティア団体の調整役などを担うNPO法人(特定非営利活動法人)「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク」(JVOAD)へ5000万円を寄付されている。 両陛下は同日、阪神大震災や東日本大震災での避難所運営の支援や、物資の配布に関する災害ボランティアの役割などについて説明を受けられたという。

次の