林田 理沙 ピアノ。 林田理沙のプロフや経歴!美人で結婚相手(夫)が気になる!出身大学はどこ?

林田理沙アナ、「ブラタモリ」で出世街道へ。可愛いえくぼと絶対音感の持ち主

林田 理沙 ピアノ

名前:林田 理沙(はやしだ りさ)• ニックネーム:リンダ(リンダちゃん)• 生年月日:1989年12月19日• 年齢:29歳(2019年7月現在)• 出身地:神奈川県(長崎県)• 身長:後述• 体重:後述• スリーサイズ:後述• 血液型:• 趣味・特技:ピアノ、旅行、料理• 所属事務所:NHK・東京アナウンス 林田理沙アナは1989年12月19日生まれの 29歳(2019年7月現在)。 長崎県生まれ神奈川県育ち。 林田理沙アナの出身高校・大学 林田理沙アナは幼稚園から高校まで神奈川県にある小中高一貫校・カトリック系の女子校「湘南白百合学園」で学び、大学は 芸術系大学の東大とも称される難関校「東京藝術大学音楽学部楽理科」に進学。 林田理沙アナは4歳の頃からピアノを習っている絶対音感の持ち主で、大学在学中にはオーケストラサークルに所属。 これはアナウンサーになった今も少し自慢に思っていることなのだとか。 大学院もそのまま母校である 「東京藝術大学大学院音楽研究科」に進学。 東京藝術大学大学院といえば猫将軍や他のアーティストの作品を盗作しているのではないか?と一時期大きな話題となった銭湯絵師・モデルの勝海麻衣(かつみまい)さんも在学中の学校。 ただ勝海麻衣さんは林田理沙アナとは違って東京藝術大学出身ではなく、武蔵野美術大学から東京藝術大学大学院に進学した人物。 そのため学歴ロンダリングだの声も。 林田理沙アナがこれらの道を選んだ理由としては やはり音楽が好きだったこと。 しかしピアニストとしては自分は通用しない。 でも音楽には関わっていたいと。 そのため大学・大学院卒業後の進路としても音楽関係、音楽番組の製作に関わる仕事がしたいと考えていたそうです。 友人の勧めをキッカケにアナウンサーの道へ 音楽関係の仕事への希望を明かしていた林田理沙アナ。 これは友人から勧められたことがキッカケとなったそうです。 音楽関係の仕事からアナウンサー。 この2つの間にはけっこう隔たりがあるような気がしますが、大きく心変わりさせるほどその友人の言葉は魅力的に響いたのでしょうかね。 そんな友人の言葉をきっかけにアナウンサーの道を志した林田理沙アナがNHKにアナウンサーとして入局したのは2014年。 自身が生まれた地であり、両親の故郷である長崎県の NHK長崎放送局へ赴任することになります。 NHK長崎放送局では初めての生中継でチャイナ服に身を包み、NHKのお堅いイメージを壊すようなキュートでチャーミングな姿を見せてくれたことも。 2016年には同じ九州にある NHK福岡放送局へ異動となり、夕方の情報番組 「ロクいち! 福岡」のキャスターに抜擢。 そして2018年の春の人事異動にて東京アナウンス室へ異動となり、前任者の近江友里恵(おうみゆりえ)アナウンサーの後を継いで 大人気番組「ブラタモリ」のアシスタントに抜擢されると共に、朝の情報番組 「NHKニュースおはよう日本」のキャスターに就任。 ブラタモリだけでなくNHK福岡放送局時代にキャスターを務めた「ロクいち! 近江友里恵アナは現在、NHKの人気アナウンサーだった有働由美子アナの後任者として「あさイチ」のメインMCに大抜擢。 彼女もまた現在、花形とも言える「ニュースウォッチ9」のキャスターを務めている他、第69回NHK紅白歌合戦の総合司会も務めた経験を持っている。 そんな彼女たちの後任者に抜擢された林田理沙アナは将来のエース候補の一人と言っても過言ではないだろう。 スポンサーリンク 林田理沙アナの身長・体重・スリーサイズ ブラタモリのアシスタントに抜擢され、世の男性・女性から注目度が急上昇している「林田理沙アナ」。 そのため 林田理沙アナの身長・体重・スリーサイズが知りたい!と思っている人が増えているようです。 まずは林田理沙アナの身長についてですが…… 実は公表されていません。 アナウンサーは顔やスタイルの良さで勝負する仕事ではありませんからね。 とはいえ会社によっては身長を公表しているところもあるのですがNHKはおおっぴらにはしていないようです。 しかし 共演者との比較や彼女を知る人の言葉からある程度推測することはできそうですよね! ではブラタモリで共演しているタモリさんと並んだ画像を見てみましょう。 それよりも林田理沙アナの方が幾分小さいということは 160cm未満であることは間違いないでしょう。 加えて福岡放送局時代に共演していた 井上二郎アナウンサーが林田理沙アナとの身長差は33cmだと語っていたという情報があります。 そんな井上二郎アナウンサーの身長は約187cm。 ということはつまり 林田理沙アナの身長は約154cmということになります。 日本人女性の平均身長は158cmと言われていますから、林田理沙アナは平均よりも小さいくらいですね。 続いて気になる体重とスリーサイズですが……公表されていません。 当然ですよね。 身長すら公表していないのに体重とスリーサイズを公表するなんて普通に考えてありえません。 林田理沙アナの実家が凄い?お金持ちと言われる理由 意外に小柄だったことが判明した林田理沙アナ。 ファンの間では 実家がお金持ちのお嬢様なのでは?という噂があります。 なぜ林田理沙アナの実家がお金持ちだと言われるようになったのでしょうか? それは林田理沙アナの経歴にあります。 前述したように 林田理沙アナは幼少期からピアノを習っていた女性。 楽器ってお金が掛かるイメージありますよね? 自宅で練習するためのピアノはもちろんレッスン料に、コンクールに出場する際には衣装だって必要になります。 そう、クラシックバレエもまた非常にお金が掛かることで知られる習い事です。 ピアノとクラシックバレエの両方を習うことができ、幼稚園から高校までカトリック系の私立に通っていた林田理沙アナ。 お金持ちの香りがプンプンしてきますね。 少なくとも一般家庭ではないことは間違いないでしょう! スポンサーリンク 林田理沙アナが結婚した旦那とは? NHKのアナウンサーらしい落ち着いた話し方と清楚な雰囲気、笑うとえくぼができるキュートさが「かわいい!」と評判の林田理沙アナ。 画面の向こうにいる彼女に恋にしてしまったという人も多いのではないでしょうか? 筆者は既に婚姻届も用意しています! その証拠に 「林田理沙アナの熱愛彼氏が気になる!」という人が多いようです。 林田理沙アナくらいの可愛らしい女性なら彼氏(彼女)の一人くらいいたって全くおかしくありません。 むしろ彼氏(彼女)いません!って方が本当か~?って疑いたくなるくらいです。 それに林田理沙アナは 29歳ですからね。 結婚していたっておかしくない年齢です。 先輩の桑子真帆アナウンサーが結婚したのも30歳のときでしたし。 というわけで林田理沙アナの熱愛情報を調査していたところ、 「林田理沙アナ 結婚」という不吉な情報が……。 結婚したのか、俺以外のヤツと……。 いや待って。 結婚していてもおかしくないって書いたけど待って。 おかしくないけど、全くおかしくないけど…… こんなのおかしいよ! ええ、全くおかしな話ですよ。 林田理沙アナは結婚していませんから(現時点では)! どこからそんな話が湧いて出てきたのか全く意味不明です。 週刊誌等に熱愛スキャンダルを報道されたことすらありませんし、NHKもしくは林田理沙アナが結婚を発表したこともありません。 そもそも林田理沙アナが俺以外のヤツと結婚するわけないでしょう! 山田孝之との関係は? 「林田理沙アナ 結婚」という情報を目にし、動悸が激しくなったのも束の間。 ヤバイワードを発見してしまいました。 そう、 「林田理沙アナ 山田孝之」です。 あ~ 林田理沙アナの熱愛彼氏は俳優の山田孝之(やまだたかゆき)さんだったのかと。 仕方ない。 山田孝之さんが彼氏なら仕方ない。 仕方ない?いや待って! 山田孝之さん結婚してるよね? ということは……不倫? そんなわけありません。 林田理沙アナと山田孝之さんの関係は共演者です。 【新作】 ……が、放送されます。 ……が、現時点で申し上げることが特になく。 それ以上でもそれ以下でもありません。 たぶん。 共演者同士が親密な関係になることはよくあることですが、前述したように山田孝之さんは既婚者。 不倫に対して風当たりが強い時代です。 不倫が発覚しようものなら今の地位は一気に崩れ去ることでしょう。 次代のエース候補として期待される林田理沙アナだってそんな当たり前のことちゃんと理解しているはずです。 林田理沙アナに限って……ねぇ?ありえないと信じたいところです。 しかし相手の奥さんが妊娠中に平気で不倫する女子アナウンサーがいるみたいな情報を知っちゃうと……。

次の

林田理沙のプロフや経歴!美人で結婚相手(夫)が気になる!出身大学はどこ?

林田 理沙 ピアノ

on Mar 11, 2019 at 12:47am PDT 氏名:林田理沙 (はやしだ りさ) ニックネーム:リンダ 生年月日:1989年12月19日 学歴:東京藝術大学大学院音楽研究科 修了 出身地:長崎県 活動期間:2014年〜 趣味:旅行、料理、お菓子作り 林田理沙は長崎県生まれですが、幼稚園の頃から神奈川に家族で転居しています。 学生時代から『News Access』や『auヘッドライン』の学生キャスターとして活躍。 ニックネームの「リンダ」は「林田」を重箱読みです。 2014年にNHKに入局して長崎放送でキャスターを務め、2018年に東京アナウンス室に移動しました。 林田理沙の両親、兄弟は? 林田さんのご両親は長崎県出身。 しかし、林田さんは神奈川県で育っていますから、両親の仕事の都合で引掛したと考えられます。 祖父母は今も長崎在住のようです。 兄弟についての情報は見つからなかったので、一人っ子かもしれません。 林田理沙の実家はお金持ち? 林田さんの実家がお金持ちと言われるのは、学歴からでしょう。 幼稚園から高校まで、湘南白百合学園に通っています。 湘南白百合学園はカソリック系の一貫教育をするお嬢様学校です。 学費は小学校でも入学金、施設設備金を入れれば100万円はかかります。 中学、高校になればもっと高くなるわけですから、こういう高学費の学校に約10年間も通わせられる両親は、経済的に豊かだと言えるでしょう。 それにピアニストを目指して5歳のときからピアノを習って有名なピアニストに師事していましたし、お稽古としてテニスや茶道もしていたわけですから、本物のお嬢様ですね。 林田理沙は絶対音感がある 林田さんはピアニストになりたくて東京藝術大学に進み、大学院ではショパンや音楽の歴史を研究しました。 音楽の道に進む上で、絶対音感があるのは非常に有利な才能です。 絶対音感を持つ人は、さまざまな楽音やそれに近い一般の音に対して音名を答えられ、和音の構成音に対して音名を答えられるそうで、楽器をやっている人のほうが多いようです。 生まれながらにして絶対音感を持っている人は、20万人に一人と言われていますが、トレーニングでも身につくようです。 林田さんも、両親が絶対音感の持ち主で先天的でないのだったら、5歳からピアノを習っていたということですから、トレーニングで身につけたのでしょうね。 sponsored link 林田理沙がアナウンサーになった理由 絶対音感を持っているのに、音楽家にならずアナウンサーの道を選んだのは、少しもったいないような気もしますが、どうやら自分の言葉で「伝えたい」という気持ちが強くあったようです。 ピアニストになるべく練習を積んでいましたが、高校の時、ピアノのあるコンクールに出場したとき、途中で弾けなくなってしまったそうです。 いつもは本番のほうが実力が出るタイプだったのに、その日に限ってなぜか頭が真っ白になってしまったとか。 それで、ピアノのプロは、どんな状況でもその一回だけで最大のパフォーマンスを見せなければやっていけないことを悟り、ピアニストの夢は諦めたそうです。 しかし、音楽の世界にいたい気持ちは変わらず、芸大、大学院と進もました。 大学3年生のとき、36大学の学生を集めたオーケストラを編成し、指揮者を務めましたが、その時、自分の思っている音をオーケストラの団員に伝えるのに非常に苦労したそうです。 そこで、「言葉」の持つ力と、自分の思いを正確に相手に伝える難しさを知ったといいます。 また東日本大震災で、アナウンサーが避難を呼びかけたり、不足物資を被災者に伝える姿を見て、アナウンサーと言う職業は、言葉の力で人の命も守れると感動したそうです。 林田さんは、好きな音楽を通じて言葉の重要さを知り、言葉の力で人の助けをしたいために、アナウンサーの道に進んだと語っています。 現在の出演番組は「NHKニュース おはよう日本」と「ブラタモリ」です。 大きな志があるため毎回張り切っていますが、「ブラタモリ」では、タモリに「とにかく仕事をするな」と言われたとか。 きっと頑張りすぎているんですね。 お嬢様天然ボケキャラで、「かわいい」と視聴者からも評判がとてもいいので、今後の活躍も楽しみです。

次の

【超美女アナ】林田理沙のかわいい画像まとめ!プロフィールや経歴についても調査!

林田 理沙 ピアノ

タモリが訪れたのは静岡・浜松。 新幹線の浜松駅からスタートした今回のロケでは、まず駅構内を散策した一行。 するとそこには浜松を象徴するものとしてグランドピアノが置かれていた。 ピアノが置かれていた一角に、タモリは「 ここに 入って弾こうとする人はなかなか度胸がいるよな」とコメント。 担当者から「もしよかったら林田さん、何かお弾きになりませんか?」と勧められた林田アナ。 「えっ!? 」とためらう林田アナだが、実は東京藝術大学大学院修了という輝かしいキャリアの持ち主。 しかも研究のテーマは「ピアノ」だったとか。 「どうしよう…」と迷いながらもピアノに向き合った林田アナは、ドビュッシーの「月の光」を演奏し始めた。 音色と鍵盤の感触を確かめるように弾いてみた林田アナは「あ〜いい音ですね」としみじみ明かしていた。 さらに、突然譜面を置かれた林田アナ。 さっと見渡しただけで「あ〜なるほど!」とそのフレーズを察し、再び演奏。 ネット上では「東京藝術大学卒だったんだ」「ドビュッシー、もっと聴きたかった」「コンコースで ピアノ演奏、有難うございます」「楽譜を初見でさっとピアノが弾ける。 惚れ直してしまう」「そういえば絶対音感の持ち主だった」「ピアノが上手で、可愛くて、ますますファンになっちゃった」など、大きな注目を集めていた。 番組中盤ではオルガンで「メリーさんの羊」も奏でた林田アナ。 「学生時代、こういう音楽教師に出会いたかった」「オルガン上手」「最上級に素敵」など、視聴者もくぎ付けとなっていた 次回の「ブラタモリ」は2月1日 土 夜7時30分より放送。 「四万十川」を特集する予定。 (ザテレビジョン).

次の