スカー レッド スーパー ノヴァ。 スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンカード情報・考察

【スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン効果考察】奇跡のトリプルチューニング!どう出す?

スカー レッド スーパー ノヴァ

召喚条件は チューナー 3体+チューナー以外のシンクロモンスター 1体以上であり、 シンクロ召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できるという召喚制限も持っています。 まずは効果について考察していきます。 1と 2の効果は 「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」と同じ自己強化効果と耐性効果です。 元々の攻撃力はこちらの方が高くシンクロ召喚に必要なチューナーも 1体多いので、 シンクロ素材にしたチューナーがいれば最低でも攻撃力 5500と高い火力を期待できます。 3の効果は発動条件自体は受動的ではあるものの、相手モンスターの効果発動に対しても使えるため制圧力として期待できます。 相手のモンスターだけでなく魔法・罠カードも全て除外することで相手盤面のリセットも狙えるのでアドバンテージ稼ぎが得意ではないデッキにとっては致命的な一打になり得ます。 とはいえこのカード自体も除外されることを考えるととりあえず使えばいいというわけでもなく、自身の召喚難易度も高いため除外した後は自分フィールドがガラ空きになってしまうことも多いかと思います。 それを利用して相手が囮を除外させてその後に大量展開をしてくるということもあり得るので このカードの高い攻撃力や効果破壊耐性を鑑みてマストカウンターを狙うと良いでしょう。 4の効果では 3の効果で除外した自身を帰還させられます。 これによってフィールドを一掃した相手に対して攻勢に出られる上に 3の効果発動を再び狙うことが出来ます。 しかし帰ってくるタイミングが次の自分エンドフェイズと遅く、自分と相手のどちらのターンだったとしても一度 3の効果を使った場合このカードを攻撃に参加させるには数ターンかかる点は要注意です。 「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」の出し方を紹介!!チューナー3体が大きな課題!! 正規の方法でシンクロ召喚するためにはチューナー 3体とチューナー以外のシンクロモンスターを揃える必要があるため、高い展開力を求められます。 比較的簡単にシンクロ召喚を狙う方法をいくつか挙げるので参考にしてみてください。 「ジャンク・スピーダー」使用 「ジャンク・スピーダー」を使って 3体のレベルの合計が 7になるように 「シンクロン」チューナーをリクルートすればトリプルチューニングが狙えます。 現状考えられる中では最も消費が少なく容易な方法ですが、デッキに採用する 「シンクロン」チューナーのバリエーション等に注意が必要です。 「レッド・ライジング・ドラゴン」使用 「レッド・ライジング・ドラゴン」の効果で 「リゾネーター」チューナー 1体を蘇生し、 「チェーン・リゾネーター」を召喚しその効果により 「リゾネーター」チューナー 1体をリクルートすることで 「レッド・ライジング・ドラゴン」+「リゾネーター」チューナー 3体でトリプルチューニングできます。 ジャックのファンデッキなら出来るだけこの方法を使いたい所ですが、 「チェーン・リゾネーター」に召喚権を温存するために 「レッド・ライジング・ドラゴン」を通常召喚無しでシンクロ召喚しなければならなかったりとハードルは高めです。 とはいえターン数がかかっても良いのであれば 「レッド・ライジング・ドラゴン」の 2つ目の効果は 「リゾネーター」チューナーを展開するのに役立ちますし、 「レッド・ライジング・ドラゴン」の 1の効果に加えて 「スカーレッド・カーペット」を使えばトリプルチューニングが狙えるので覚えておくと良いでしょう。 「王者の調和」使用 「王者の調和」を使うことでチューナーを 3体用意せずとも 「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」のシンクロ召喚が可能です。 発動条件を満たすためには自分のシンクロモンスターが攻撃されなければならず、攻撃力が高く効果破壊耐性もない 「レッド・デーモンズ・ドラゴン」は戦闘破壊よりも除去の方が狙われやすくレベルを併せるために必要なレベル 4チューナーも 「リゾネーター」にはいません。 効果破壊に強い代わりに戦闘破壊を狙われやすい 「スターダスト・ドラゴン」やレベル 4チューナーも存在する 「シンクロン」等、ジャックのファンデッキよりも 遊星のファンデッキの方が相性が良いでしょう。 チューナー3体がトレンド入り!?「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」の評価は? ダブルチューニングを越えたトリプルチューニングの登場ということでその注目度は高く、情報が公開されてすぐに Twitterでは 『チューナー 3体』や 『スーパーノヴァ』が トレンド入りしました。 出すことさえできれば高火力・効果破壊耐性・制圧力の 3つを兼ね備えた性能をしているため、切り札として誇れるほど強力なカードです。 性能の高さだけでなくカードイラストもカッコ良いので、 「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」を切り札に据えたデッキ構築をするのも有りかと思います。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

【楽天市場】遊戯王 スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン(U)(LGB1

スカー レッド スーパー ノヴァ

2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、 または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードをする。 トリガーするのがモンスター効果のみのため、《 無限泡影》にめっぽう弱く、魔法などで始動するデッキに対しては多少隙を見せてしまうところが弱点です。 破壊耐性のみで、コン奪取やバウンスに弱いのもネック。 やはり隣に弱点を補ってくれる何かを置きたくなりますよね。 展開例 *フォロワーさんに教えていただきました。 要求札は 《クリムゾン・リゾネーター》と特定のレベル4モンスターです。 モンスター効果に誘発して相手の場全除外とフリチェで場のカード一枚無効を行える盤面を目指します。 要求される特定のレベル4モンスター 特定のレベル4モンスターとは• 《黒き森のウィッチ》• 《終末の騎士》or《BFー精鋭のゼピュロス》• 《ドラゴンメイド・チェイム》• 《呪眼の》 です。 要は、• 非チューナーレベル4• 間接的or直接的に時間差で非チューナーレベル4を場に供給できる• クリムゾンの効果発動条件を邪魔しない• が可能 を満たすモンスターであれば良いです。 まだまだあるかも……。 《Em ダメージ・》とかでもありかもですね〜。 とチェイムは召喚時に蘇生札をサーチできるため、単純にレベル4二体分として扱えます。 黒き森のウィッチは《風来王ワイルドワインド》等をサーチしてします。 はシンクロと表記します。 手札: クリムゾン・リゾネーター+終末の騎士 最終盤面: 目指す盤面は 《スカーレッド・・ドラゴン》+《 えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》• クリムゾンリゾネss 終末ns efでゼピュロス墓地送り• レッドグAef クリムゾン蘇生• クリムゾンef デッキから《シンクローン・リゾネーター》と《クリエイト・リゾネーター》をss• シンクローンを手札に戻して墓地ゼピュロスef ゼピュロス蘇生• クリムゾン+ゼピュロスでレッドグBシンクロ• レッドグBef クリムゾン蘇生• 手札からシンクローンss• シンクローンef クリエイト回収• クリエイトss クリエイト+レッドグBで 《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》を! さいごに 今回は、リゾネーターデッキの新ルール対応の展開ルートを紹介させていただきました。 リゾネーターデッキは光り物が少なく、エクストラも極端に高いカードも必要ないので組みやすく、回し方も難しくないので初心者の方にはオススメのデッキです!(今回の新規カードも全てノーマルでしたね) 一応新ルール適応までは旧ルールでやっていくつもりなので、私の現状のデッキでは実現できないですが、4月からはこのルートをガンガン使っていきたいと思います! 他にもこんな展開例があるよ!とかありましたら、コメントくださると嬉しいです。

次の

【リゾネデッキ考察】ジャンド新規?スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンはリゾネーターデッキの新規足り得るのか【LEGENDARY GOLD BOX】

スカー レッド スーパー ノヴァ

このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 攻撃力5500!見た目よりもずっとデカイぞ! スカノヴァを踏襲したチューナー参照の打点上昇効果を備えており、素材指定の関係で最低打点保証ラインは5500という高さです。 12シンクロかつトリプルチューニング指定と考えれば妥当ではありますが、並大抵のモンスターには競り負ける事が無い打点なのは大きな強みです。 まぁでも、ここに更に対象にとれないとか効果を受けないとか付けちゃうと流石にやり過ぎだと思うので、この隙は妥当なラインだと思います。 非チューナー側に指定が無いのが地味にデカイ スカノヴァ(レモン指定)、カラミティ(闇ドラゴン族シンクロ指定)と比べ、非チューナー側の指定が格段に緩いのがポイントです。 まぁ、チューナー側で3体要求されているのに更に非チューナー側でまで指定されてたらトンデモナイ話ですけどね(笑)。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果を発動するターン、自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。 そのモンスター2体を特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 ただし、意外とレベル1「リゾネーター」を2体墓地に用意するのって難しいので、それは事前に意識しておいた方が良いです。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する(同じレベルは1体まで)。 この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 2 :このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。 スーパーノヴァを一番簡単に出せると話題なのがコチラ。 《ジャンク・スピーダー》の効果で合計12になる組み合わせで「シンクロン」チューナーをリクルートするだけでOK!組み合わせ的には5. 1になるので、レベル4. 1の「シンクロン」チューナーをリクルートすると成立します。 ジャックデッキに 《ジャンク・スピーダー》を出張させるのは少し難しいので、これは【シンクロン】での運用方法って所だと思います。 ただ、一番出しやすい方法である事は間違いなさそうです。 追記:《サイバース・シンクロン》経由・《ジェット・シンクロン》経由等、ルート的にもっともっと得できる物がありそうです。 特にレベル4込みだと色々不都合が出てくるので、そこを回避するルートを模索した方が良さそうですね。 他のレベル12レモンと比較してみよう 素材指定が全然違うので比較すること自体に大した意味が無いとは思いますが、せっかくなので比較してみました。 レベルは同じだけどそれぞれ良さがあるよね。 2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :相手モンスターの攻撃宣言時にその攻撃モンスター1体を対象として発動できる。 フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。 4 :このカードの 3 の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 性能自体はスーパーノヴァの方が上ですが、素材の軽さで十分に差別化出来ているとは思います。 あっちは文字通りスーパーノヴァって感じの効果ですよね(こっちの方が小回りは利く)。 このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。 この発動に対して、相手はカードの効果を発動できない。 2 :このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。 そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 3 :このカードが相手によって破壊された場合、自分の墓地のレベル8以下のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 制圧盤面に叩きつけて押し込んでいくなら断然こっちの方が上ですが、そもそも用途が違うから比較する意味は薄いですよね。 逆にこっちは先攻で立てても…って感じのカードです。 …この絶妙かつ独特な隙が実にジャックらしいですよね(笑)。 しかし、処理方法がある程度限られているというのは事実であり、展開ルートさえきちっと確保できれば強力な武器になる事は間違いないはずです。 ……スピーダーを使う使わないは個々で判断するとして、超新星なるスカノヴァの力を早く体験したいものです。

次の