クリスタ 柔道。 『出口クリスタ』カナダ国籍を選んだ理由,金メダル目指して日本の最大のライバルに。

出口クリスタの父親の職業や妹も柔道選手?私服やかわいい画像も!

クリスタ 柔道

女子柔道界の滝川クリステルと5年前のミライモンスターで紹介されていました。 日本生まれの日本育ちの彼女が選択したのがカナダ国籍です。 どんな理由があるのでしょうか? 戦績 世界柔道選手権• 銅 2018 バクー 57kg級• 金 2019 東京 57kg級 グランドスラム• 金 2018 パリ 57kg級• 金 2019 パリ 57kg級• 金 2019 エカテリンブルグ 57kg級• 銅 2013 東京 57kg級 世界ジュニア• 銀 2014 フォートローダーデール 57kg級• 銅 2013 リュブリャナ 57kg級 世界ジュニア団体• 金 2013 リュブリャナ 57kg級• 金 2014 フォートローダーデール 57kg級 引用元: 中学柔道大会では3位を1年と3年の時に取っています。 そして高校のインターハイでは優勝、3位、2位と日本のベスト3以内の常連としてお馴染みになっていました。 ライバルとの切磋琢磨していた情景が今にも目に浮かびます。 今に至る大活躍はやはり本人の努力の賜物だったのでしょう。 強さの秘訣 組み手は右組手で得意技は大外刈りです。 高校までは大内刈りを得意にしていたものの大学に入ってから研究されそこで磨きをかけたのが大内刈りだったようです。 彼女が柔道を始めたのが3歳の頃で、父親の勧める空手ではなく母親の推す柔道を選択したようです。 自らは「キレ、瞬発力」のある柔道と考えているようです。 大学の山部伸敏監督は「この階級ではパワーがあり、下半身を刈る力も長けている」とのコメントをしています。 同級生の月野珠里主将は「組んで投げる正統派。 力が強いです。 」とのコメントから伝統的な日本の柔道スタイルで それにプラスアルファとしてパワーが兼ね備えた柔道をすることがわかります。 家族、出身校など 家族 クリスタさんは、日本人の母親、カナダ人の父親テイラーさん、そして妹のケリーさんの4人家族です。 父親トーマステイラーさんは、カナダ出身の英語教師です。 3歳年下の妹のケリーさんも柔道家です。 テイラーさんは試合のほとんどをカメラマンとして帯同しているそうです。 祖母の今朝子さんの経営する理容室の常連だった師範のいる誠心館道場にクリスタさんは通うことになります。 出口の父がカメラマンとして畳の外から娘の優勝を見守った。 「私の名前はいいよ。 主役はクリスタだから」と名前を出すことをかたくなに拒否。 本職は英語の教師でカメラは「バイト」とおどけたが、国内の試合はほとんどついていくという。 「カナダでも日本でも国籍は関係ない。 やるのは柔道だから」と言いながらも、母の日本ではなく自分の母国を選んだことは「ハッピーに決まっているよ」と話していた。 塩尻市立丘中学校• 松商学園高校• 山梨学院大学 中高は、地元の長野県の学校に通い、大学は隣県の山梨学院大学を選びました。 選んだ理由は、実家のある長野県に近く、且つ柔道の向上が見込める大学ということで選んだのではないでしょうか。 ライバルとの闘い 芳田司選手 松商学園高校時代に全日本ジュニア選手権にて芳田司選手に勝って優勝したが大学ではなかなか良い成績が残せずにいました。 16年の講道館杯でも2回戦で敗れます。 ライバル芳田選手たちとの競争で悩んでいた時、救いの手が差し伸べられました。 それはカナダ代表コーチサーシャ・メーメドビッチからのものでした。 ライバル芳田選手との闘いは続くが、 東京五輪にまず出場できるという夢を実現できるためにカナダ国籍取得を決断するにいたりました。 3歳の時はお母さんの勧める柔道を選んだ彼女でしたが、今度はお父さんのバックグラウンドを選択したのです。 芳田ら同世代の選手が世界で結果を残す一方で、自分は16年講道館杯で2回戦敗退。 五輪への夢を諦めかけた頃に、カナダ代表コーチからの誘いを受けて岐路に立たされた。 その選択肢に対し、夢を追う姿を心から応援してくれる家族や日本のコーチがいた。 支えてくれる周囲の後押しで2017年1月に決断。 全ては「東京五輪で金メダル」という自分の夢をかなえるためだった。 まとめ 日本でも非常に選手層の厚い女子57kg級の戦い、特に来年の東京五輪への選抜には目が離せませんね。 日本の代表選手を応援したいと思っていましたが出口選手だったら個人的には応援してみたいと思います。 そして芳田選手と出口選手が五輪の決勝で対戦をしたら、なんとドラマチックなことでしょうか? 出口クリスタ選手には今後も注目です。

次の

出口クリスタの父親の職業や妹も柔道選手?私服やかわいい画像も!

クリスタ 柔道

スポンサーリンク 世界柔道の女子57kg級で カナダの出口クリスタ選手が金メダルを獲得しましたね! カナダ柔道初の金メダルで快挙とのことです。 <2019世界柔道選手権東京大会 女子57kg級 大会結果> 優勝:C. DEGUCHI(カナダ) 準優勝:芳田 司(コマツ) 3位以降の大会結果は以下のURLからもご確認頂けます。 出身は長野県塩尻市。 生まれも育ちも日本の出口クリスタ選手は 2年ほど前にカナダ国籍に変更したそうです。 今回の記事では、 ・出口クリスタ選手がカナダ国籍に変更した理由 ・2020年の東京五輪出場の可能性 について見ていきたいと思います。 出口クリスタ選手の関連記事です! 出口クリスタ選手がカナダ国籍に変更した理由 出口クリスタ選手がカナダ国籍を選んだ理由は、 2020年の東京五輪に出場したいからということです。 日本の国技とも言える柔道は選手の層も厚く、実力のある出口クリスタ選手といえども確実に東京五輪に出場できる確約はないわけです。 それなら、確実に出場の可能性のあるカナダから東京五輪の出場枠を確保してしまおうという選択はアリなのではないでしょうか。 べっぴんさん — football footbal12433630 ことのはじめは、出口クリスタ選手が高校2年生のときのことだそうです。 出口クリスタ選手は高校2年の時からカナダ代表の誘いがあったそうです。 しかし、その当時はさほど真剣に受け止めていなかったとようですが、 カナダの サーシャ・メーメドビッチコーチが訪ねてきた際、両親を交えて面談したことでがきっかけで、周囲からはカナダ代表を勧められるようになったそうです。 柔道・出口クリスタ、カナダ代表でめざす世界一の夢|日本経済新聞 国籍変更に対し、SNS(交流サイト)上には「日本から出て行け」と心ない声も届いた。 一方で、その何十倍もの応援の声が支えになった。 🇨🇦 — 柔道ジャーナル JudoJournal 悩んだ末、最終的には両親の「どちらでも構わない」との意見や、 「より可能性がある」カナダ代表で東京オリンピック出場を目指すことを決断したそうです。 心無い声があった中で、17歳のときにこれだけの決断をしたわけですから、とても強い精神力と関心してしまいます。 2020年の東京五輪出場の可能性 出口クリスタ選手は2019年8月27日に行われた世界柔道の57kg級で優勝! カナダ柔道界初の金メダルをもたらしました。 出口クリスタ 柔道世界選手権2019優勝!! — Dou. 出口クリスタ選手はカナダ柔道チームの要なのでしょう。 東京五輪出場の可能性は十分にあると思われます。 まとめ 出口クリスタ 柔道 がカナダ国籍選択の理由と東京五輪出場の可能性は? と題しまして ・出口クリスタ選手がカナダ国籍変更した理由 ・2020年の東京五輪出場の可能性 について見てまいりました。 出口クリスタ選手がカナダに国籍を変更した理由は 東京五輪に出場したいためとのこと。 国籍をカナダに変更してまで東京五輪に挑みたい気持ちすごくよく分かります。 国籍は違えども出口クリスタ選手を応援していきたいですね!.

次の

出口クリスタ(柔道 )スポンサー企業と契約金!CMギャラについても

クリスタ 柔道

一大決心して得たもの フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ミライ モンスター』(日曜11時15分〜)に、女子家の(24歳)が登場し、ファンを沸かせた。 出口は、今年2月にフランスで行われたグランドスラム・パリ2020では、決勝でリオ五輪銀メダリストのドルジスレン・スミヤ(モンゴル)を破り優勝。 グランドスラム3連覇を果たし、の金メダル筆頭候補として挙げられている。 グランドスラム・パリ2020で金メダルを獲得した出口クリスタ(左から2番目)photo by gettyimages 当番組のコンセプトは、日本の未来を担い、近い将来「怪物」と呼ばれる可能性を秘めた「金のタマゴ」たちを取材していくというもの。 現在、女子57kg級世界ランキング1位に君臨する出口が「金のタマゴ」とは、違和感を覚える人もいるだろう。 実は出口が当番組に初めて出演したのは、6年前、山梨学院大学1年生のときだった。 当時、出口の属する女子57kg級は、ロンドン五輪金メダリストの松本薫をはじめ、強豪ぞろいの階級だった。 日本代表の席は各階級でただ一つ。 カナダ人の父親を持つ出口は、日本代表かカナダ代表か、どちらも選ぶ権利があり、その葛藤を語っている。 そして2017年、出口は一大決心し、日本代表を断念、カナダ代表として東京五輪を目指すことを明らかにした。 【出口クリスタのフォトギャラリーはこちら!】 「自然体」の姿 それから2年、2019年の世界柔道選手権決勝において長年のライバルである芳田司と対戦。 延長の末に技ありを決め、初優勝を飾った。 まさしく「金のタマゴ」が怪物となった瞬間だった。 出口は高1の時に高校総体52キロ級で優勝し「美少女柔道家」として話題となった。 幼少期から天使のようにかわいらしく、その容姿ゆえ、護身術も兼ねて3歳の時に柔道を始めたのだという。 とはいえ出口の魅力は、「自然体」の姿にある。 飾らない性格と、カナダ人の父親譲りの鼻筋の通った顔立ちから、「イケメン過ぎる」「本当にハンサム」と女性ファンも多い。 新型コロナウイルスに伴う外出自粛下では、「今からお家でできることチャレンジ」として、メイクをする動画を披露。 普段は見せない姿でファンを喜ばせた。 本人インスタグラム( christa. deguchi)より 動画では、「東京オリンピックのカナダ代表選考会が延期になり、今は自分を見直す期間と捉えています。 体が硬く、筋肉も張りやすいので、柔軟性や関節の可動域を広げることを意識して自宅で鍛えています。 準備期間が1年増えたので、より強い自分で挑めるとプラスに考えています。 五輪には間に合わないと思っていた新技も完成させられるかもしれません」と語った。 さらなる高見を目指す出口。 夢の舞台で躍動する姿を見られる日は近い。 出口クリスタ(2020年2月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2020年2月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2020年2月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2019年8月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2019年8月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2019年8月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2019年2月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2018年2月)photo by gettyimages 出口クリスタ(2015年4月)photo by gettyimages 外部サイト.

次の