49 日 香典 相場。 四十九日法要での香典の金額はいくら?書き方やマナーも解説

四十九日 香典の表書きや香典袋の書き方、香典の金額、お札など

49 日 香典 相場

49日での香典の金額相場、遺族や親族はもちろんのこと、故人と縁のあった友人・知人も招くケースが多いものですが、そんな時に 迷う方々も多いですよね。 法要は一般的に規模の大きなものになるだけに、 しっかり準備をしたいもの…。 49日での香典で金額を決める際に難しいのが、 「故人との関係」によって決めること。 故人と血縁関係があるかないか だけではないのも、悩む方が多い理由のひとつです。 自分の 社会的な立場が故人より格上かそうではないか、 親しかったかそれほどでもなかったか、などの要素が加わることにも、注意を払わなくてはなりません。 そうなると、一体どれ位の49日での香典相場が目安なのか…、 戸惑ってしまいますよね。 そこで今回は、49日に香典を包む時の 「7つの相場」についてお伝えします。 「7つも相場があるの?」と思われるかもしれませんが、49日に香典でも葬儀の時と同様に 「故人との関係」によって包む金額の相場が違うため、 相場はさまざまに変化するのです。 ちょっとわかりづらい49日の香典の相場ですが、参考にしながら 適切な金額を選択してください。 故人が「父親・母親」の場合 「遺族でも49日に香典は必要?」と思われるかもしれませんが、法要を取り仕切る方以外は、49日でに 香典、あるいは供物・供花を用意するのが習わし。 その相場は以下の通りになりますが、法要後に 会食があるかないかによっても金額が変わります。 また香典に加えて供物や供花を贈る形でもOKです。 基本的には未成年者は、49日に香典を包む必要はないので、子どもの分の金額をプラスする必要はありません。 ただし 会食がある場合、加えて子どもが 中学生以上の場合は、会食分の 5千~1万円を香典にプラスしておくのが一般的。 なお49日には 「納骨法要」なども別途執り行われる場合も…。 その場合は 施主の方に相談して、49日の香典の金額を決定すると安心です。 故人が「祖父・祖母」「兄弟姉妹」の場合 この場合の49日の香典相場は、前の項の「父親・母親」に準じます。 基本的な香典の相場は以下の通り。 またあなたの親も参列する場合は、香典が 親以上の金額にならないように配慮します。 故人が「曾祖父・曾祖母」「叔父・伯母」「甥・姪」の場合 この場合の49日の香典相場は、基本的に 「ひとりあたり5千円」が目安。 会食がある場合は、5千円~1万円を加えます。 血縁関係がやや遠くなりますので、 香典の相場も低めです。 しかし、もし生前とても お世話になったなどの恩があれば、相場よりも多い金額を包んで、気持ちを表すことも大切。 故人が「いとこ」の場合 「いとこ」は「4親等」となりますが、49日の香典相場は前の項に準じます。 こちらの場合でも、 おつきあいの深さにより金額を多めに包むなど、配慮して香典を準備したいところ。 以下に基本的な49日の香典相場をお伝えしますが、こちらも お世話になったか、親しかったか…、など生前のおつきあいから、金額を決めると良いかもしれません。 以下にその相場をお伝えします。 相場は「友人・知人」に準じます。 また、会食があるとしたら、およそ ひとりあたり5千円以上の食事が用意されると考え、その分も金額に プラスすることも必要。 しかし、不安な点があったら家族や親族、あるいは 参列する方に相談して金額を揃えることが、最も間違いがなく確実です。 49日の香典、金額が 少なすぎると悪い印象を与えてしまいますが、逆に 多すぎても身分不相応な印象や、遺族に気を遣わせてしまうなど、あまり良いことがありません。 49日は仏教において、故人の生まれ変わる世界が決まる 重要な日。 故人の授けてくれた、人との縁に感謝する日でもあります。 その日を迎えるにあたって 失礼のないように、49日の香典を用意してください。 まとめ 49日の基本的な香典相場とは ・会食がある場合には、基本相場プラス5千円~1万円 ・父親・母親は、会食なしで1~3万円 ・祖父・祖母などは、父親・母親に準じる ・曾祖父・曾祖母は、会食なしで5千円~2万円 ・いとこなら、曾祖父・曾祖母に準じる ・仕事関係であれば、立場とお付き合いの深さで考慮 ・友人・知人は、おつきあいの深さが金額の決め手 ・近所の方は、友人・知人に準じる.

次の

四十九日の香典の相場は?新札でもいいの?書き方などマナーもご紹介!

49 日 香典 相場

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 納骨式に香典は必要なの? 「香典」とは不祝儀袋へ現金を納めたもので、故人への供養の気持ちを込めて御霊前へお供えするものです。 葬儀や法要は多くの場合、遺族にとって予想をしていない突然の訃報であり、突然の出費になります。 そのため、香典としてお供えされたお金は、実際には遺族が葬儀や法要などで故人を供養するために使われます。 お通夜や 告別式では 香典を持参することは必須であり、一般的な相場も決まっていますが、納骨式の場合は時期によって香典の額に違いがあります。 法要と一緒に納骨式を行う場合は、法要の相場に合わせれば問題ありませんが、納骨式のみを行う場合はやや少なめに香典を包みます。 香典の書き方 葬儀や法要へもっていく香典ですが、香典については決まりや慣習があります。 香典の書き方のポイントを押さえておきましょう。 香典の表書きの書き方 「表書き」とは、香典袋の表に記載する文字のことです。 表書きの書き方は宗教や宗派によって違いがありますが、日本の葬儀や法要で取り入れられることの多い仏教や神道、キリスト教ではいずれも「御霊前」という記載が使用できます。 そのため、基本的には「御霊前」という文字を書きます。 ただし仏教の場合は、四十九日を過ぎると故人は霊ではなく仏さまになるという考え方をするため、四十九日以降の法要では表書きを「御仏前」とします。 香典は中袋につつむ 香典は現金をつつんだものですが、香典袋の中へもう一つ「中袋」を用意し、その中に現金をつつむようにしましょう。 遺族が包みを開けた際に「千円」「一万円」などの文字を頭から読むことができる向きに入れることが良いとされているため、中袋に封筒を使用する場合にはお札の肖像画の部分が上になるように入れ、半紙等を使用する場合は肖像画が下に来るようにつつみます。 香典の中袋の書き方 香典の中袋には、「金額」「住所」「名前」の三点を記載します。 まず、中袋の表の中央へ金額を書きますが、ここではアラビア数字は使用せず、 旧字体または漢数字を使用します。 先頭に「金」という文字を書き、続けて「壱萬円」など金額を記載しましょう。 中袋の裏面へは住所と名前を記載します。 こちらは、手紙を出す際に封筒やはがきの裏面へ書く要領で記載すれば問題ありません。 水引の種類に気をつける 香典袋には、「水引(みずひき)」と呼ばれるひもを結びます。 結婚式などで使うご祝儀袋で目にしたことがあるかもしれませんが、水引は一般的に贈答品へ結んでおくるもので、「人と人を結びつける」という意味合いがあるともいわれています。 葬儀や法要の場合はお祝い事ではないため、ご祝儀袋で使用されるような赤や金の色の水引は避け、 白と黒のものを選ぶようにしましょう。 香典袋は袱紗(ふくさ)に包んで持ち運ぶ 香典を用意できたら、袱紗(ふくさ)へ包んで納骨式へ向かいましょう。 袱紗とは、お金を持ち運ぶ際につつんでおくためのもので、香典袋が汚れたり折れてしまったりすることを防ぐほか、相手を思いやるという気持ちを表すものになります。 様々な色の袱紗がありますが、結婚式などのお祝い事では暖色の袱紗、葬儀、法要などのお悔やみ事では寒色の袱紗を用意します。 紫の袱紗はどちらの場合にも使用できますので、紫のものを一つ持っておくと安心です。 【状況別】香典の金額の相場はいくら? 次はその中身の金額について見ていきましょう。 葬儀や法要では、その法事の種類や故人との間柄に応じた一般的な金額の相場があります。 納骨式で納める金額の相場を状況別に見ていきましょう。 納骨式だけの場合 法要と一緒ではなく納骨式のみを行う場合は、5千円から1万円程度をつつむと良いでしょう。 納骨式には故人とより近しい間柄にあった人のみが招かれることが一般的であるため、納骨式へ参加する場合は関係性に関係なくこのくらいの金額を用意しましょう。 納骨式だけでなく法要も行う場合 納骨式をいずれかの法要と同じ日に合わせて行う場合は、その法要に適した金額を持っていきましょう。 たとえば と納骨式を同じ日に行うとしても、2回分の香典を持参する必要はなく、四十九日の相場の金額のみを用意していきます。 納骨式を行われることの多い四十九日では、故人の親は1万円から5万円、兄弟・姉妹は1万円から5万円、祖父母やおじ・おばの場合は5千円から3万円程度が相場になっています。 親族ではない関係者の場合は、3千円から1万円程度の香典をつつむと良いでしょう。 四十九日や一周忌に行う場合 四十九日や は、数ある法要の中でも特に節目となる大切なものです。 この時には、遺族や関係者が大人数で集まり、会食なども併せて行うことが多く、施主にとっては飲食代が負担になってしまいます。 そのため、四十九日や一周忌など大きな法要の際には、通常の相場に5千円ほど足した金額をもっていくと丁寧です。 【立場別】香典の金額の相場 次に、香典の金額の相場を故人との関係別に見ていきましょう。 故人と近しい間柄にあればあるほど大きな金額を、親族や親戚ではない友人、関係者などは少なめの金額を納めるのが一般的です。 親族の場合 一番大きな金額を納めるのが、故人の親族です。 お通夜や告別式では3万円から10万円、四十九日以降の法要では1万円から10万円程度が良いとされています。 両親の次は故人の兄弟・姉妹が続き、香典の相場はお通夜や告別式などの葬儀で3万円から5万円、その後の法要で1万円から5万円程度です。 その次に祖父母やおじ・おばが葬儀で1万円から3万円、四十九日以降は5千円から3万円となっています。 親戚の場合 上記で挙げた、両親をはじめとする近しい親族以外の親戚は、間柄に関係なく同じくらいの金額をつつむのが一般的です。 お通夜や告別式では5千円から3万円、その後に行われる法要では5千円から1万円が相場の目安になっています。 職場関係の場合 故人が仕事をしている人だった場合、職場の上司や同僚、部下がお通夜や告別式へ参列する場合もあります。 この場合の香典の相場は5千円から1万円程度になりますが、年齢が高めの上司は他の人に比べて少し大きめの額を納めることもあります。 四十九日以降の法要へ職場関係の人が参加することはあまりありませんが、参加する場合は3千円から1万円程度の香典をもっていくと良いでしょう。 知人の場合 生前、故人と親しい間柄にあった友人や知人、交流のあった近所の人なども、お通夜や告別式へ参列することが多いでしょう。 この場合も職場関係の参列者と相場は同じくらいで、5千円から1万円程度の香典を用意します。 参列者の年齢が高めである場合は、少し多めにつつんでも良いでしょう。 納骨式を行うために必要な準備とは? さて、納骨式へ参列する場合の香典について、十分にご理解いただけたでしょうか。 最後に、納骨式を行うまでに必要な準備と、その流れを解説していきます。 お墓を建てる お墓がまだ決まっていない場合は、お墓の準備からはじめましょう。 墓地の選定から区画選び、デザインや大きさ選びなど、お墓を建てるまでに行うべきことは多くあります。 お墓選びを始めてから完成するまでには、およそ2か月から3か月ほどかかると考えておくと良いでしょう。 お寺に納骨式を行う旨を伝える お墓が決まったら、納骨式を行いたい旨をお寺などに相談しましょう。 土日は親族が集まりやすく、土日に合わせて法要を行う葬家が多いため、土日を希望する場合は早めに相談するようにしてください。 墓石を開ける必要がある場合は、石材店へも同時に予約の連絡をしましょう。 遺骨埋葬許可証を取得する 日本では、自治体の許可なく遺骨を埋葬することは法律違反になります。 死亡届を提出する際に交付される「 」に、「火葬執行済」の認め印が押されたものを「 」といいます。 遺骨をお墓へ埋葬する際は、この 遺骨埋葬許可証が 必ず必要になりますのでしっかりと保管しておきましょう。 参列者の決定、当日の流れを決める 納骨式を行う手配ができたら、当日の参列者および納骨の流れを決めていきましょう。 多くの場合、四十九日以降の法要や納骨式は、近い親族のみで小規模に行われます。 誰に参列してもらい、どのような動きをするのか、法要と併せて行う場合はその流れも併せて考えていきましょう。 参加者に納骨式の詳細を伝える 参列してもらう人が決定したら、納骨式の詳細をお知らせしていきます。 特に、遠い所に住んでいる親族が足を運んでくれる場合は、早めの連絡をしておくと親切です。 場所の移動や会食があるのかということなど、当日の流れを詳細に連絡しておくと、当日スムーズに進行することができます。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

49日の孫のお供えやお香典の相場は?

49 日 香典 相場

参列する方は案内状を受け取ったら、 ご香典を準備して四十九日の法要に参列します。 一般的な金額は? 一般的に四十九日の法要に参列する際のご香典には、 1、2、3、5、10の数字の金額がよく使われます。 たとえば3千円、5千円、1万円といった金額です。 以前は1、3、5といった奇数の数字だけを使うべきとされていましたが、現在では2万円というように2がつく数字でもよいとされています。 また、四十九日の香典では新札を使ってもよいとされています。 四十九日の法要はあらかじめ案内状をいただいてから参列するものです。 ご香典を準備する日数があるため、新札を使っても問題ないと考えられるためです。 しかし、年配の方を中心にお通夜や告別式と同様に新札を使ってはいけないとする方もいらっしゃいます。 新札ではないお札が手元にある場合は、 新札を避けたほうが無難であると言えます。 4と9の入った金額はNG 四十九日のご香典に包む金額はいくらでもよいというわけではありません。 4や9といった数字は死や苦を連想させて縁起がよくないため避けるのがルールです。 ご香典には、 4や9を使わない金額を包みます。 縁起のよくない数字を避けるのは、四十九日に限らず、法要の際のご香典に共通するマナーです。 香典の金額相場は?故人との関係別に紹介! 四十九日の法要の案内状を受け取ったものの、ご香典の金額に迷ってしまった経験はありませんか? 四十九日のご香典に包む金額は、亡くなったかたとの関係によって、だいたいの相場が決まっています。 ここでは亡くなったかたとの関係別に、 ご香典の相場をご説明します。 故人が親族だった場合 亡くなった方との関係に加えて、同居をしていたのか?別に住んでいたのか?といった事情によってご香典の金額は異なってきます。 また、義理の父母と実父母といった続柄の違いも考えたうえで、ご香典に包む金額を決めます。 四十九日のご香典は、 お通夜と告別式のご香典より低い金額を包みます。 具体的に4つの関係での相場を見ていきましょう。 故人の子供(個人が親)の場合 1万円から5万円が相場です。 5万円というと高額なように感じますが、これは参列する方の世代によります。 40代、50代といったかたがご夫婦で参列する場合は、5万円を包む場合もあるようです。 故人が親の場合で、自分が喪主を務める際は香典を準備する必要はありません。 故人の孫(故人が祖父・祖母)の場合 3千円から1万円が相場です。 孫にあたる方が20代といった若い場合は 3千円でも問題ありません。 一般的には5千円か1万円が平均的な金額です。 故人の兄弟の場合 兄弟や姉妹の場合には、 1万円から3万円が相場です。 この場合も、いつごろまで同居をしていたのか、結婚後も近くに住んでいたのか、といった個別の事情によって、ご香典の金額を決めます。 故人の甥・姪(故人が叔父・叔母)の場合 5千円から2万円が相場ですが、甥・姪にあたるかたが20代の若い世代の場合は 3千円でも問題ありません。 40代、50代といったかたがご夫婦で参列する場合は、2万円を包む場合もあるようです。 そのほかの親族の場合は、5千円から1万円が相場となっています。 故人が親族以外だった場合 友人あるいは会社の同僚など、ご親族ではない間柄で四十九日の法要に参列する場合です。 この場合は 3千円から5千円が相場です。 ただし、参列する方が50代以上のかたで、 故人と特に親しかった場合は、1万円を包む場合もあるようです。 また、自治会や隣組(となりぐみ)といった関係で四十九日の法要に参列する場合があります。 その場合は2千円もしくは3千円が相場です。 自治会や隣組では、ご香典の金額相場をすでに決めていることも多いようです。 一緒に参列する近所のかたに金額をたずねておくのもよいでしょう。 また、結婚の際の仲人をお願いしたかたが亡くなった場合は、3千円もしくは5千円が相場です。 会食に参加する場合 四十九日の法要では、終了後に 参列者が一堂にそろい会食をするのが一般的です。 喪主のかたから、食事とお酒、飲み物などが提供されます。 もともとご香典には、喪主の方の経済的な負担を軽くするという意味があります。 会食の場が設けられている場合には、その費用の分をご香典の金額に 上乗せするとよいでしょう。 たとえばご香典5千円に会食の費用を5千円加えると考えて、1万円のご香典を準備しておきます。 夫婦で出席する場合 ご親族のかたの四十九日の法要では、多くの場合にご夫婦で出席することとなります。 その場合のご香典は、 二人の分を合わせた金額を包みます。 たとえば故人との関係によって1万円がご香典の相場の場合は、ご夫婦を合わせたご香典として、2万円を準備しておきます。 子供がいる場合 四十九日の法要では、多くの場合 会食の場が設けられています。 その際にはお子様の年齢に合わせて、食事が用意されることがほとんどです。 故人が祖父母や叔父叔母といったご親族の場合は、お子様も四十九日の法要に参列をします。 その場合のご香典は、お子様一人あたり 3千円もしくは5千円を加えて包むようにします。 お子様も含めたご家族全員の分として、ご香典の金額を準備する必要があります。 四十九日の香典袋の書き方 四十九日のご香典は、香典袋に入れて喪主のかたにお渡しします。 ここでは用意する香典袋と書き方についてご説明します。 表書きの書き方 四十九日でお渡しするご香典の袋は 御仏前という表書きです。 お通夜と告別式は「御霊前」という表書きでしたが、四十九日からは「御仏前」になります。 これは、仏教では亡くなってから49日目を満中陰(まんちゅういん)と呼び、忌明けとすることからきています。 「御仏前」の香典袋は市販されています。 四十九日の法要の前に、 「御仏前」の表書きの香典袋を用意しておきます。 氏名と住所の書き方 御仏前の表書きの下の中央に氏名をフルネームで書き入れます。 では、住所はどこに書けばよいでしょうか? 香典袋には、ほとんどの場合 中袋が付いています。 中袋の表側にはご香典の金額を書き、 中袋の裏側には住所と氏名を書くようにします。 複数人で出す場合 会社の同僚やグループで親しかった場合など、何人かでまとまってご香典をお渡しすることがあります。 香典袋の表書きの氏名は、 3名までの連名が可能です。 もし 4名以上の場合は、別紙に全員の氏名を書いて、香典袋の中に入れるようにします。 夫婦の場合 ご夫婦で四十九日の法要に参列し、ご香典をお渡しすることがあります。 その場合、香典袋の表書きはご夫婦の連名にする必要はありません。 世帯主の方の氏名のみを、香典袋に書きます。 金額の書き方 香典袋に書く金額は、壱、弐、参、伍といった 漢数字の旧字体を使います。 たとえば5千円の場合、伍仟円、1万円の場合、壱萬円と書くようにします。 旧字体が分からない方は下の表を参考にしてください。 これは、一、二という書き方をすると後から書き替えができてしまうため、 書き替えを防止するねらいがあります。 四十九日の法要には、亡くなった方が仏様のところへ向かう日の意味がある。 四十九日にはお坊さんに読経とご供養をしていただく。 1、2、3、5、10の数字がつく金額がよく使われる。 4と9は縁起がよくないとされるため、避けるのがマナーである。 香典の金額相場は故人と親族であったか否かなど故人との関係性によって相場は変わる。 また会食に参加する場合や、夫婦での参加、子供がいる場合もそれぞれ注意が必要である。 表書きは「御仏前」として、その下の中央に氏名を、中袋に住所や氏名、金額を記す。 金額は漢数字の旧字体で書き、墨の色は、濃い普通の墨で書いて問題ない。 時代の流れを受けて、現代では、かつてのように大勢のかたが法事のために集まることは、だんだん難しくなりつつあります。 近頃では、初七日の法要までを葬儀当日に済ませるかたが増えてきています。 そのような意味からも、四十九日の法要はますます重要な意味をもつようになっているのが事実です。 今回の記事をご参考に、四十九日の法要について、皆さまの終活の一環として考えていただければとおもいます。 「終活ねっと」では、今回の記事のほかにも四十九日の法要についてさまざまな解説をしております。 それらの記事もぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 一周忌のお香典についても予習してみてはいかがでしょうか? 以下のリンクも覗いてみてください!.

次の