サイフォン 使い方。 使い方とコツ|STAINLESS SYPHON ステンレス サイホン

使い方とコツ|STAINLESS SYPHON ステンレス サイホン

サイフォン 使い方

INDEX• サイフォンとは? サイフォンは、 水の温度を調整することで生まれる気圧の変化を利用してコーヒーを抽出する器具です。 独特な見た目と淹れ方による視覚的な演出効果のほかに、コーヒーの味が安定しやすいという特長があります。 ドリップコーヒーに比べると少々手間はかかりますが、ドリップコーヒーとはまた違った味わいを楽しむことができますよ。 サイフォンの下準備 サイフォンは複数の独特な部品が必要になりますが、サイフォン本体を買ったときに付属しているものがほとんどです。 今一度サイフォンに必要なものを整理し、おいしいコーヒーを淹れる準備をしましょう。 準備するもの• サイフォン• 熱源 ヒーター・バーナーなど• 竹べら• 布フィルター• ろ過器• メジャースプーン• カップ• コーヒー豆 サイフォンの本体は、主に「ロート」と呼ばれる上部のガラス容器と「フラスコ」と呼ばれる下部のガラス容器、それからフラスコを支える「スタンド」によって構成されています。 フィルターはネル生地などでできた布のものと、紙のものがあります。 紙は使い捨てですが、布は洗って何回も再利用することができます。 1杯分の分量は、中細挽きなら10g、中挽きなら15gが目安に、お好みで調整してみてくださいね。 サイフォンの使い方・淹れ方 お湯を沸かす ロートとフラスコを取り外し、フラスコの方に人数分の水を入れます。 抽出する時にコーヒー豆が水を吸ってしまうので、入れる水は少し多めに見積もっておくといいですね。 このとき、 フラスコの底についた水滴はふき取るようにしてください。 水滴がついたまま加熱するとフラスコが割れる可能性があります。 フラスコをヒーターやバーナーなどの熱源にセットし、加熱を始めます。 ロートにフィルターと豆をセットする ろ過器に布フィルターをセットし、ロートに入れます。 ろ過器についているチェーンはロートの管の部分へ垂らし、先端部の留め金に固定します。 ろ過器がロートの真ん中からずれないよう、竹べらで押し込みしっかりと調整します。 次に人数分のコーヒー豆をロートに入れ、フラスコ内のお湯が沸騰するのを待ちます。 ロートをフラスコに差し込む フラスコのお湯が沸騰しているのを確認したら、フラスコにロートをチェーンごとゆっくりと差し込みます。 勢いよく入れるとお湯が飛び散るおそれがありますので、気をつけてくださいね。 フラスコとロートの間にすき間ができないよう、完全に密閉するのがポイントです。 お湯が上がってきたらかき混ぜる お湯がロートの方に上がってきたら、竹べらを使ってコーヒー豆にお湯がしっかりと触れるようにに数回かき混ぜます。 混ぜすぎるとコーヒー豆の渋みが出てしまうので注意してくださいね。 アルコールランプなど火加減の調節ができない熱源の場合は、 フラスコに炎が触れるか触れないかの位置に少しずらすことで火力をコントロールします。 火を消し、再度かき混ぜる 設定した時間が過ぎたら、火を消してもう一度竹べらでロート内を数回かき混ぜます。 ロート内のコーヒーがフラスコに落ちるのを見届け、完全に落ち切ったら完成です。 ロートを外してコーヒーをカップに注ぎ、熱いうちにいただきましょう。 このとき、 ロート内のコーヒーかすがドーム状に盛り上がり、表面に泡がついている状態ならうまく抽出できている目安です。 フィルターを洗浄、保存する 布フィルターを使用した場合は、ロートから取り外したらろ過器に付けたまま水道水でコーヒーかすを流し洗いした後、お湯で煮沸してコーヒーかすを完全に取り除きます。 水道水で洗う際は、揉み洗いは厳禁です。 コーヒーかすが繊維の間に入り込んで目詰まりを起こす可能性があります。 そして水の入った容器に入れ、水に浸した状態で冷凍庫などで保存します。 水の腐敗を防ぐために、毎日取り替えるようにしてくださいね。

次の

サイフォンの特徴と使い方!おすすめのメーカーはどれ?

サイフォン 使い方

蒸気圧の力で、まるで科学実験のようにコーヒーを抽出するサイフォン。 見た目や抽出方法を見ていると、難しそうに見えるかもしれません。 しかしいざ扱ってみると楽しい器具でもあるのです。 今回はそんなサイフォンの使い方について、小技なども含めて紹介していこうかと思います。 準備するもの• サイフォン本体• コーヒー粉• タイマー 淹れる前の準備 アルコールランプの準備 アルコールランプを使用する場合、まずはランプの準備をしましょう。 アルコールランプの紐の先端部は、綺麗にカットしておくと火がキレイに燃えてくれます。 そして、紐の出し具合も0. 5~1mm程度にしておきましょう。 この紐の先端のカットや出し具合が悪いと、火力や沸騰に影響を及ぼすので注意してください。 底の水気を拭き取ろう フラスコの底に水滴がついている場合、必ず拭き取るようにしましょう。 水滴がついたまま火を当てるとフラスコが破損する恐れがあります。 そうなると熱湯を浴びてしまうなど危険があるので、必ず水気を払うようにしてください。 新品のネル使う時の注意 ネルのフィルターのサイフォンを使用される方は多いでしょう。 実は新品のネルには糊がついているので、使う前にお湯orコーヒーで煮沸して、落とす必要があります。 この時に水を入れてもいいのですが、それでは沸騰するまで時間がかかってしまいます。 とりわけ火力の弱いアルコールランプは尚更です。 そこで時短のために、 お湯を入れるとオススメです。 〘ポイント!〙杯数分より少し多めに入れる このお湯を入れる時のポイントは、フラスコの杯数の目盛より少し多めに加えることです。 抽出する時、コーヒー粉はお湯を吸収します。 つまり吸収される分量だけ、抽出後のコーヒーの量は少なくなるのです。 そのため 目盛より 2 ~3 割多めのお湯を加えると良いでしょう。 熱源で温める お湯をフラスコに加えたら熱源(アルコールランプやバーナー)でお湯を沸騰するまで温めましょう。 ここは 火力を強火にして、一気に沸かしましょう。 また熱源のタイミングですが、 必ずお湯をフラスコに加えた後に熱するようにしてください。 お湯を加えず空焚きすると突沸やフラスコの破損につながります。 〘ポイント!〙アルコールランプは上げ底しよう さてこの沸騰させるときに、アルコールランプは火力が弱いので時間がかかってしまいます。 そのためアルコールランプを使う時は下に何か敷いて上げ底するとオススメです。 こうすることで火とフラスコの距離が近くなって、沸騰までの時間短縮につながります。 一般的なサイフォンの場合、最下部にフックを引っ掛ける形でフィルターを固定します。 そしてフィルターをセットしたらコーヒー粉を投入しましょう。 これは真っ直ぐ差し込んでフラスコを密閉してしまうと、お湯がフラスコからロートに上がってしまうからです。 そのため沸騰あるいは任意の温度に達するまで、ロートは斜めに差し込んだ状態で待機しましょう。 すると蒸気圧でお湯がロートへと昇っていきます。 攪拌してタイマー開始 お湯がロートまで昇ったら、 1 ~3 回ほど軽く攪拌します。 この攪拌は回数が少ないためコーヒー粉とお湯が馴染むように丁寧に行うと良いでしょう。 そして攪拌したら、任意の時間にセットした タイマーを開始しましょう。 〘ポイント!〙タイマーは何秒? このお湯をロートに上げてからの時間は、人によってまちまちです。 おおよそ一致しているのは 20 秒~60 秒です。 この時間については自分の好みやコーヒー豆に合わせて、ご自由に設定してみて下さい。 また慣れていない方は攪拌などの動作に時間を要するため、目標時間より5秒ほど短めに設定しておくと良いでしょう。 〘ポイント!〙弱火にしよう お湯が上がった後の熱源は 弱火にしましょう。 これは強火だと沸騰でお湯が暴れてしまうこと、そしてフラスコが空焚きと似た状態に陥る恐れがあるからです。 バーナーやハロゲンヒーターの場合は火力そのものを弱めましょう。 一方でアルコールランプの場合は、上げ底板を取り除いて、ランプの火が当たるかどうか程度の位置までずらしましょう。 時間になったら攪拌 時間になったらもう一度攪拌します。 この攪拌は1回目より多く混ぜる方が多いです。 目安としては 3 ~8 回ほどが一般的です。 火を消してコーヒーを落とす そして攪拌したら、最後に火を消します。 するとフラスコ内の気圧が下がって、再びフラスコへとコーヒーが落ちていきます。 そして、落ちきったらコーヒーの完成です! 〘ポイント!〙ドーム状になっている? サイフォンで頻繁に言われるのが、抽出カスがドーム状になっているかということです。 実はこれ2回目の攪拌が上手くいくと、ドームも綺麗になりやすいのです。 例えば攪拌が手荒だと、歪な形状のドームになったり、あるいは遠心力で周囲に抽出カスが張り付いたりします。 反対に程よい速度で丁寧に攪拌すると、キレイなドームができるのです。 ネルの片づけと保存 ネルの片づけ方は、お湯で数回煮沸した後、水に浸して保存します。 詳しくは下記リンク、先ほども紹介した記事に詳しく書いているのでご参照ください。 コーヒー粉を落とす小技 ここでサイフォンの片づけの小技の紹介です。 片づける時はロートに残ったコーヒー粉を捨てるのですが、サイフォンの気圧によって抽出カスはガッチリ固まってしまいます。 ですので捨てるのに一苦労されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな時は、ロートの上部に手で覆うように 縁全体を軽く叩いてください。 すると効率よく力が伝わって、コーヒー粉が簡単にほぐれてくれるのです。 あとはロートをひっくり返すだけで、コーヒー粉がバラバラとゴミ箱に落ちてくれます。 これはロートが円筒形だからこその利点です。 縁全体を軽く叩くことで、全方向から均等に力が抽出カスに加わるので、少ない力で固まった抽出カスをほぐせるのです。 難しそうで簡単、でも奥の深いサイフォン サイフォンは科学実験のような雰囲気や見た目ですが、基本的な部分に関しては、意外と技術は必要ありません。 難しいのは割れやすい器具やネルの扱いだけで、休日の癒しの一杯にオススメの器具です。 その一方、サイフォンは待つ時間・温度・攪拌する回数や速さなどでコーヒーの味が変化するため、Myコーヒーを追求することもできます。 オシャレで奥の深いサイフォン、使ってみませんか?.

次の

【ハリオ】サイフォンパーツ サイフォン用 ペーパーフィルター(100 枚入) CF

サイフォン 使い方

そしてロートとフラスコの間にフィルターがあります。 お湯の入ったフラスコに熱を加えると水蒸気があがります。 その水蒸気の圧力によってお湯が上に上がり、そこで火を消すと、フラスコが真空状態になります。 真空になると吸引力が生じ、上にあがったコーヒーはフラスコに落ちてくるという訳です。 案外簡単に美味しいコーヒーができると思います。 【1】 フラスコに人数分のお湯を入れ、アルコールランプで熱します。 このとき外側の水滴はよく拭き取って下さい。 フィルターのバネを引っ張ってロートに固定して、ロートに人数分のコーヒー粉を入れます(細挽き) 【2】 フラスコのお湯が沸騰したら、一度ランプを外してロートを差し込みます。 しっかり固定して下さい。 再度、ランプでフラスコを熱します。 【3】 ロートにお湯が上がりきったら、軽くかき混ぜます。 ここでかき混ぜすぎると雑味も一緒に出てしまいますのでご注意。 ロートにお湯が上がりきってから、約1分~1分半でアルコールランプを外し火を消して下さい。 【4】 自然にロートのコーヒーが、フラスコに落ちてきます。 これで美味しいコーヒーの出来上がりです。 水滴が残ったまま火を当てると割れます。 水の入った容器に入れ、乾かさないように保存して下さい。 長期間使わない場合は、冷蔵庫での保存をおすすめします。 サイフォン器具各種 世界一小さい1杯用のサイフォン「ミニフォン」から、5杯用のサイフォンまで取りそろえております。 サイフォンに使う消耗品や予備部品もご用意しております。 業務用の取り寄せや、品切などで在庫を確保できない場合等、発送・お届けが遅れることがあります。 安心してお買い物をお楽しみ下さい。 すぐに返品・交換させていただきます(この場合送料は弊社負担)。 この場合の往復の送料・振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。 また、コーヒーは性質上返品をお受けできません。

次の