ゴシップ ガール 結末。 海外ドラマ「ゴシップ・ガール」シーズン4!放送終了!

ゴシップガールの小説を読んだ事がある方、ぜひ教えて下さい!...

ゴシップ ガール 結末

通称:S、SVDW、It Girl 本名:セリーナ・シリア・ヴァンダーウッドセン 長身でブロンド、ブルーアイの誰もが認める完璧な美女で、オランダ系アメリカ人の富豪の子孫です。 性格も良く、誰にでもフレンドリーな憧れの的。 しかし以前、薬物を一緒に摂取していた友人がオーバードースで瀕死の状態になったにもかかわらず、保身と恐怖心からその場を逃げ出し、結果友人は死んでしまいました。 良心の呵責と捜査から逃れるため、ニューヨークを離れてコネティカットの寄宿学校へ転校します。 それから1年後、シーズン1で1年ぶりにニューヨークに帰ってくるところからドラマは始まります。 ブラウン大学に入学するつもりでしたが、心に迷いが生じ1年間入学を延期、結局シーズン4でコロンビア大学に入学します。 通称:B、クイーンB 本名:ブレア・コーネリア・ウォルドーフ 有名ファッションデザイナーの令嬢で、オードリーヘップバーンやグレースケリーに憧れを抱いています。 ドイツ系アメリカ人の大富豪の子孫。 我がままで傲慢な性格で自己愛が強く、自分は完璧な人間と豪語するほど。 しかし過去には過食症になったことも。 人一倍競争心に長けていて、嫉妬深く意地悪な性格。 その要因は、セリーナに対する劣等感や母親からのプレッシャーなどが強く働いています。 自分で悪知恵を絞り策を練りますが、自らがその策に嵌ることもしばしばみられます。 芸術を専攻し、委員会などでも活躍する優等生で、ネイトを恋人に持っています。 そのためネイトやその父親と同じイエール大学を目指しますが挫折、ダンと同じニューヨーク大学に入学し、後にコロンビア大学へ。 しかしネイトに振られてチャックと関係を持ってしまいます。 2人は後に惹かれ合いますが、プライドが邪魔をしうまくいきません。 父親は恋人の男性と駆け落ちしています。 通称:D、孤独な僕 本名:ダニエル・ジョナ・ラドルフ・ハンフリー 私立の名門校セント・ジュード学園の学生ですが、ブルックリン育ちの平凡な家庭の生まれです。 父親のルーファスが「子供たちには高等な教育を受けさせたい」という意向のもとに入学しました。 自身も金持ちの階級に憧れを抱いている野心家でもあります。 読書家でアッパー・イースト・サイドの金持ちたちには馴染めない様子でしたが、セリーナに片思いしており、ひょんなことから恋人同士に。 しかし、シーズン2で破局、ニューヨーク大学に入学します。 原作でのダンは、タバコとコーヒーが好きな寡黙な青年ですが、ドラマでは皮肉屋で、緊張するとおしゃべりになってしまう癖がある設定となっています。 通称:J、リトルJ 本名:ジェニファー・タルーラ・ハンフリー ダンの妹でコンスタンス・ビラード学園の人気グループに憧れを持っています。 富豪の生まれではないため、高級な服などを自由に買えないという悩みはありますが、裁縫やカリグラフィが得意で自分でアレンジして製作しています。 上昇志向が強く、度々トラブルを起こすことも。 兄のダンがセリーナと恋人同士になったことを心から喜んでくれ、別居している両親の復縁も願っています。 上級生の富豪の仲間入りをしようと、ブレアにのめりこんでいくのでしたが、自分の過ちに気づき自分自身を取り戻します。 しかしブレアに認められ、学園の女王に指名されます。 一時は自分の得意な裁縫を生かした仕事に就くことを目指しますが、また上昇志向の性格が目覚め、セレブに憧れて自分を見失い非行に走るようになります。 まわりの人間にも影響を与えてしまうため、母親の住むハドソンに転向させられます。 シーズン4では所々に登場しますが、シーズン5からは降板しています。 通称:C 本名:チャールズ・バソロミュー・バス 億万長者の父親を持つ御曹司でネイトとは幼馴染で親友です。 ナルシストで自己中心的な面があり、女好き。 しかし、友達がピンチになると頭脳と財力を生かして解決をしてくれる行動力のあるトラブルシューターで、頼りになる人物です。 外見は傲慢で派手な印象ですが、内面はとても繊細。 遊びのつもりで付き合ったブレアと、生まれて初めて本当の恋に落ちてしまいます。 事故で父親が亡くなり、その後継者となります。 しかし父親との根深い確執もあります。 母親もチャックを産んだ時に亡くなっていると思い込んでいましたが、実は生きていて後に再会をし出生の秘密を知らされます。 身勝手な理由で自分を捨てた母親を許し、関係を改善しようと努力しますが、再び母親に裏切られ絶望してしまいます。 お洒落で常にスカーフを巻いており、あごを触る癖があり、日本のファンの間では「チャックさん」と呼ばれて親しまれています。 通称:G、Georgie(ジョージー)、Sarah(サラ) セリーナとは昔からの友人と自称している、ゴシップガールでは一番の悪女です。 ちなみに、厳格な両親から育てられています。 自分のためなら平気で嘘をつき、人を騙します。 セリーナの薬物事件の時も一緒でした。 友人の死の現場にいて、捜査を逃れるためにアッパー・イースト・サイドを去っていましたが、突然戻ってきます。 セリーナが改心しようとしているのが気に入らず、友人の死の現場にいたことを盾に脅しをかけますが、ブレアとチャックが両親を呼び出し、薬物厚生施設に送られます。 その後はキリスト教のキャンプにも送られ、ついに改心したかのように見えましたが、実際は周りを騙すための芝居で、本性は元のままでした。 その後はニューヨーク大学に入学し、自分を貶めたブレアやダンに執着、そしてロシアに渡ります。 しかし再びニューヨークに戻ったときはお腹が大きくなっていて、ダンに子供を委ねまた姿を消してしまいます。

次の

ゴシップガールのジェニー役テイラーモンセンの現在は?降板理由も調査

ゴシップ ガール 結末

ネタバレあります。 ご注意ください。 バート・バスは本当に死んだの? 最終回1つ手前で、チャック( チャールズ)・バス(エド・ウェストウィック)のお父さんのバート・バス(ロバート・ジョン・バーク)が チャックを殺そうとし、そして自らがビルの屋上から転落。 その時、チャックやブレア・ウォルドーフ(レイトン・ミースター)は、バートを助けることもできたのに、そのまま見殺しにしてしまいます。 ええええ?そうなの? 見殺しにしちゃうの? 確かに生きていられたら、また自分たちのことを嵌めたり殺そうとするかもしれないけど、お父さんだし、間接的殺人よ。 見殺しにしていいの? ましてやブレア。 一生後悔しない? [広告] で、実はしぶといバート・バス! 引っかかって生きていました~みたいになるのかと思ったけど、やっぱり死んじゃうんだね。 そうなのかーーー ジョージーナ・スパークス(ミシェル・トラクテンバーグ)はやっぱりダントツに素敵! もう、何度も書いているけど、ミシェル・トラクテンバーグは、バフィーの妹ドーン役のころから大好きな女優。 ゴシップガールでは小悪魔、っていうか、もろ悪魔女トラブルメーカーを演じたけど、もう、美形だしおしゃれだし、言うことナシ。 ジョージーナは役的に、わがままっぷりも、夫や子どもへのサバサバとした態度も一貫していて「ザ!イヤな女」。 でもそこがまたいい!! ゴシップガールの誰役をやりたい?って言われたら、迷わずジョージーナだわ。 小物も含めてファッション的にも、ミシェル・トラクテンバーグのはまり役じゃないかな。 ファイナルシーズンでは、また活躍してくれてとても嬉しかった。 そしてファイナルでは憎めないいい人だったね! ありがとう!ジョージーナ!! おれは納得できねぃぜ(チャック風に) いろいろな問題が片付いて、ホッとしながらフィナーレのお幸せ映像を見ていたら、ななななんと!!アイヴィー・ディケンズ(ケイリー・デファー)と共謀していた、セリーナ・ヴァンダーウッドセン(ブレイク・ライブリー)のパパのウィリアム・ヴァンダーウッドセン(ウィリアム・ボールドウィン)がリリー・ヴァンダーウッドセン(ケリー・ラザフォード)とよりを戻してた!!! げげげげげげげげっ!!!ありえねーーーー!!! いいの?! いいの?! ダンのお父さんのルーファス・ハンフリー(マシュー・セトル)も他の女性と一緒だったけどそれはいい。 それはいいんだけど、ウィリアムはかなり酷い策略していたし、アイヴィーもだましてたんだよ? リリーお馬鹿さんなの? 前にもあったパパのダメさ加減、みんな忘れちゃったの? ええええ~~~~? わたしならここからもう1シーズン書けちゃうよ? 謎のサイト主、ゴシップガールは誰? そしてファイナルシーズンの最終回であかされたゴシップガールの正体。 ドラマ内でも、ダン・ハンフリーの妹ジェニー・ハンフリー(テイラー・モムセン)じゃないか?ブレアのメイドのドロータ(スザンナ・シャコウスキー)じゃないか、と言われていたゴシップガールの正体。 自分を目立たせてセリーナやアッパーイーストサイドの住人に認められるために、というダンの策略から始まったことだったーうわぁーすごい!かしこいわー これくらいやってもいいのかもね。 この手のドラマは一度見たらもう一度見ることはないんだけど、このゴシップガールの正体がダンだということを頭に置きながら、もう一度最初から見てもいいかも。 ということで、セリーナのお母さんリリー役のケリー・ラザフォードは自己破産を申請したけどその後どうなったんだろう?とか、セリーナの弟役のエリック(コナー・パオロ)はリベンジでも弟役で出ていたね、むしろ、リベンジに出るためにゴシップガールを降板したの?でもリベンジでは死んじゃったね。

次の

ドラマ「ゴシップガール」ついに明かされた正体に賛否両論!原作本との相違点は?

ゴシップ ガール 結末

ドラマ「ゴシップガール」のあらすじネタバレ!ついに明かされた正体に賛否両論 ドラマ「ゴシップガール」はセレブな若者の恋愛群像劇 「ゴシップガール」は、2007年から2012年までアメリカのThe CW系列で放送されていたテレビドラマです。 アメリカのニューヨークにある高級住宅街アッパー・イースト・サイドを舞台に、高校生たちの恋愛や友情を描いているドラマ「ゴシップガール」。 セレブでリッチな高校生たちの間では、「ゴシップガール」と呼ばれる謎の人物が運営する、街の人気者にまつわるゴシップばかりを扱ったニュースサイトが話題になっていました。 中でも注目を集めていたのが、1年前に突然街を出ていき、最近戻ってきたばかりの美女、通称「S」ことセリーナ・ヴァンダーウッドセンです。 彼女を中心に、関係のこじれている親友や、元恋人など、若者たちの青春が繰り広げられます。 ドラマ「ゴシップガール」ネタバレ!ついに明かされた正体に賛否両論 ドラマ「ゴシップガール」のラストシーズンとなるシーズン6の放送は、2012年12月に終了しました。 シーズン5まででは、ゴシップサイトを運営している謎の人物「ゴシップガール」が誰なのかはずっと明かされないまま。 シーズン6は、その正体を暴こうとする展開になっていきました。 こうして明らかになった「ゴシップガール」の正体は、サイト内で「孤独」な「負け犬」だとけなされていた男子高校生ダン・ハンフリー!生きている実感が得られず、ブログの世界によりどころを見出したと、ゴシップを流していた理由を告白しました。 しかし、ようやく恋人を得たダンは、「『ゴシップガール』は死んだよ」と言います。 その後映し出される5年後のアッパー・イースト・サイドでは、ダンとセリーナが結婚式を挙げていました。 これで物語は終わりかと思った矢先、ドラマ「ゴシップガール」でお約束だった「さて、あたしは一体誰なのかしら?正体は絶対に言わないわ」というナレーション。 たとえダンが手を引いたとしても、ゴシップを好む人間が消えることないと暗に訴える形で幕を閉じています。 とはいえ、ダンが「ゴシップガール」だったという結末には、矛盾を感じるファンも多かったようです。 ダンが恋人の妊娠をゴシップガールで知ったり、ゴシップガールで妹の男性関係を暴露したりしている点をおかしいと指摘する声が相次ぎました。 ドラマ「ゴシップガール」のセリーナ、ブレア他キャストは?原作本との相違点は? ドラマ「ゴシップガール」ブレイク・ライブリーの出世作! ドラマ「ゴシップガール」で、性格もルックスもスタイルも完璧なブロンド美女セリーナ・ヴァンダーウッドセンを演じたのは、ブレイク・ライブリーです。 ドラマ「ゴシップガール」で若者を中心に一躍大スターになると、放送終了後は、「グリーン・ランタン」や「アデライン、100年目の恋」など映画を舞台に活躍するように。 サメに襲われるスリラー映画「ロスト・バケーション」の主人公ナンシー役では新たな一面を見せたことでも話題になりました。 そのほか、セリーナの親友ブレア・ウォルドーフ役は、女優としてだけでなく歌手としても活動しているレイトン・ミースター、孤独なダン・ハンフリー役は、ドラマ「小悪魔はなぜモテる?!」のペン・バッジリー。 紳士的で優しいブレアの恋人で「ゴシップガール」の正体を暴くネイト・アーチボルド役は、映画「恋愛だけじゃダメかしら?」のチェイス・クロフォードが演じています。 ドラマ「ゴシップガール」には原作本があった!相違点は? ドラマ「ゴシップガール」の原作は、セシリー・フォン・ジーゲザーが2002年に出版したベストセラー同名小説の「ゴシップガール」です。 原作の最終話は、主な登場人物たちが大学に旅立つところまでとなっていますが、ドラマ版では、シーズン3で高校を卒業し、それぞれ大学生となっています。 また、原作では、セリーナの弟エリックが兄として描かれていたり、セリーナが映画スターになる設定だったりするなど、ドラマと比較すると内容が大幅に変更されているそうです。 ドラマ「ゴシップガール」の続編はない? ドラマ「ゴシップガール」は、シーズン6まで制作された大ヒットドラマです。 続編を期待するファンも多いと言われていますが、ドラマが大人気となったことで若くしてスターダムにのし上がったキャストたちは、すでにそれぞれの人生を歩んでいます。 ダン・ハンフリーの妹ジェニー・ハンフリー役を演じ、ミュージシャンとしても活躍するテイラー・モンセンは、「(続編出演は)ない」とはっきりと否定しています。 加えて、「役者をしていた頃は子供だった」と振り返り、「音楽はいつもやってきたことだから、これが私なの」と自身の女優業の復帰自体も否定しました。 華やかなパーティーガールをイメージさせるセリーナ・ヴァンダーウッドセン役のブレイク・ライブリーは、実生活ではドラッグやアルコールは一切やらないそう。 2012年に結婚した俳優のライアン・レイノルズとの間に2児をもうけるなど、充実した毎日を送っています。 その一方で、御曹司チャック・バス役を演じたイギリス人俳優のエド・ウェストウィックは、複数の女性から性的暴行被害を訴えられ、出演作の放映が見送られるなど世間を騒がせました。 このように、キャストそれぞれの環境がダイナミックに変化しているため、仮に続編が制作されたとしても、キャストが変更になる可能性は高そうです。 ドラマ「ゴシップガール」のオールキャスト続投による続編制作の実現は難しそうですが、ブレイク・ライブリーは映画「ロスト・バケーション」で主演を務めたほか、ウディ・アレン監督作品「カフェ・ソサエティ」にも出演。 レイトン・ミースターは映画「ジャッジ 裁かれる判事」に出演しているなど、それぞれ別の作品で活躍しているキャストの姿を楽しむことはできそうです。

次の