ザシアン ポケ徹。 【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

イナズマアカデミア (いなずまあかでみあ)とは【ピクシブ百科事典】

ザシアン ポケ徹

クリア後に1つだけもらえるマスターボールは、 確実にポケモンを捕まえることができるボール。 ボールにこだわりがない場合は、マスターボールを使うと効率よく厳選ができる。 性格補正は自在に変えられるので、厳選の必要はない。 ミントは殿堂入り後に獲得可能。 エレベータで階段前まで戻ってきたらレポート) 9 数ターン後、ザシアンたちが助けに入り攻撃できるようになる 10 撃破時に捕獲 【重要】1戦目をカット可能 ムゲンダイナ戦は2連戦となるのでステータス確認までが遠いが、以下の方法で1戦目をカットして厳選することができる。 圧倒的に時間が短くなるので厳選する人は要チェック! 手順1:手持ちポケモン1体で1戦目を勝つ まずは準備として、1戦目のムゲンダイナに勝てるポケモン1体用意する。 そして、 手持ちをそのポケモン1体にした状態で1戦目に勝とう。 弱点を突ける、こおり、じめん、エスパー、ドラゴンあたりがおすすめ。 手順2:2戦目に負ける そのまま2戦目に移行したら、 マックスレイドバトルに負けよう。 ここで負けやすくするために手持ちを1匹にしている。 手順3:エレベータを降りた所でセーブ 2戦目に負けるとポケモンセンターに戻されるので再びエレベータに乗り、降りたところでレポートを書こう。 これで 1戦目はクリアしているが、2戦目から始まる、という状況が出来上がり、厳選の時間を大幅に短縮できる。 ひかえめかおくびょうがおすすめ ムゲンダイナはとくこうとすばやさが高い。 性格は、どちらかが上がりやすい「ひかえめ」か「おくびょう」にするのがおすすめだ。 捕まえて目当ての性格でなければやり直そう。 ミントで性格は変えられる 今作品から「ひかえめミント」などのミントというアイテムが登場した。 これをポケモンに使うと、名称に対応した ステータスの性格補正に変更できる。 後々ミントで性格を変えるというのであれば性格にこだわる必要がない。 なんのボールでも必ず捕まえられる ムゲンダイナは なんのボールでも必ず捕まえることができる。

次の

ガラル図鑑完成させたよ|もりやま|note

ザシアン ポケ徹

特性が発動している間は620もの非常に高い合計種族値を得る。 レベル20以上なら場に出た瞬間からむれたすがたになるため、「HPが減ると能力が下がるデメリットを持ったアタッカー」と捉えて差し支えない。 ACともに140という高攻撃力を持ち、禁止伝説級を除けばいずれもみずタイプ最高値となる。 C特化時、ハイドロポンプベースのダイストリームは火力指数が44310となり、 C種族値で次点に当たる同条件アシレーヌのハイドロカノンベースダイストリームの火力指数43875を僅かに上回る。 極端に遅い素早さも、トリックルーム下では強みに転じることができる。 今までのシリーズに登場したデメリット特性持ちと比べれば扱いは難しくないほうだが、以下の点に気を付けたい。 高防御だがHPの低さのため、総合耐久値はこの速度帯としてはさほど高くない。 詳細は後述の「」を参照。 例えば、HP振りだけでは陽気A252振りドラパルトのドラゴンアローで乱数2圏内に入ってしまう。 素早さも低いため、トリックルームなどを絡めないと行動回数が限られてくる。 攻撃技のレパートリーが少ない。 物理・特殊どちらの場合でも技範囲に穴があり、特にみずタイプへ通る技は両方合わせてもほとんどない。 物理寄りの運用でもれいとうビーム、特殊寄りの運用でもじしんへの依存度が高い。 今作でめざめるパワーを失っているのも技の足りなさに拍車をかけている。 「」のデメリットが非常に痛い。 たんどくのすがたの合計種族値175はを下回り全ポケモン中最下位。 その火力の無さと言えばC特化ハイドロポンプでH252振り シールドフォルム のみがわりが壊れなくなるほど。 ぎょぐんを維持する工夫もさることながら、こうなってしまった時の起点化回避は重大な課題。 ほえる・ちょうはつといった技は覚えられず、とんぼがえりかがむしゃらで誤魔化すのが精一杯になってしまう。 むれたすがたをヨワシ本来のスペックと捉えるなら、特性自体に「書き換え不可」以外のうまみがないのも気になるところではある。 仕様についての詳細は下記のにて。 第八世代ではアクアブレイク・マッドショット・こらえるを新規習得し、物理型にメインウエポンの選択肢が増えた。 低HPを補うダイマックスの登場も嬉しい。 一方で、サブウエポン不足を誤魔化してくれていためざめるパワーがなくなってしまったのは大きな痛手。 こおり技も相変わらずれいとうビーム一本であり、ふぶきやゆきなだれ、こごえるかぜなどは覚えられない。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 いえき、スキルスワップなど特性の書き換え効果を受けない。 つまり、オボンのみや混乱実を持てばぎょぐんを確実に維持できる。 逆にトリックルーム下で戦う時には、せっかく先手をとれるのにぎょぐんが解散してしまっているといったケースが出る分、解散のデメリットを受けやすい。 技考察 特殊技 タイプ 威力 命中 効果 備考 ハイドロポンプ 水 110 165 80 - タイプ一致技。 みずポケモントップクラスの火力を出せる。 なみのり 水 90 135 100 - タイプ一致技。 命中重視なら。 命中不安だが追加効果が優秀。 ダブル向き。 追加効果狙い。 水定番のサブウェポン。 ふぶきは覚えない。 ダブルでも単体攻撃。 ぎょぐん解散後も後続のサポートができる。 物理技 タイプ 威力 命中 効果 備考 アクアテール 水 90 135 90 - タイプ一致技。 高威力・命中不安。 性能安定で追加効果もまずまず優秀。 怯みが期待できるトリル向け。 ダイビング 水 80 120 100 溜め技 タイプ一致技。 ダイマックス枯らしに。 じしん 地 100 100 - 高威力・広範囲のサブウェポン。 電気に抜群。 特殊型でも一考。 自身への恩恵は薄いので後続サポートに。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 対草。 攻撃しつつ撤退。 後続の無償降臨に。 がむしゃら 無 - 100 - 削り技。 ぎょぐん解散時の起点化回避に。 変化技 タイプ 命中 備考 なみだめ 無 - まもる貫通で相手の攻撃・特攻を1段階下げる。 起点化回避に。 ねむる 無 - カゴのみとセットで。 足が遅いのでタイミングはややシビア。 ねごと 無 - 催眠技対策や、ねむるとあわせて。 こらえる 無 - 対ダイマックスの時間稼ぎに。 がむしゃらとも噛み合うが戦法とはミスマッチ。 てだすけ 無 - ダブル用。 ぎょぐん解散後、素早さに関係なく相方をサポートできる。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイストリーム ハイドロポンプ 140 210 天候:雨 メインウェポン。 雨で2発目から威力1. なみのり だくりゅう ねっとう 130 195 アクアテール アクアブレイク たきのぼり ダイアイス れいとうビーム 130 天候:霰 水タイプ定番のサブウェポン。 霰が魚群の解散を引き起こす場合もある、要警戒。 変に特防が上がるとギリギリ耐えて魚群の解散を引き起こすことが多くなる。 気になるなら対策としてバンジのみやイアのみなどを持たせるとよい。 懸念事項はダイアースと同じ。 物理技のみ。 トリックルームと相性が悪い。 ダイウォール 変化技 - まもる状態 ダイマックス技を含むすべての技を防ぐ。 連続使用で失敗しやすくなる。 耐久指数について 高BDを持つむれたすがただが、HP種族値が低いため鈍足のポケモンとしては驚くほど硬いというわけでもない。 HP252振り時、耐久面の実数値は、HP152 防御150 特防155 耐久指数は、物理22800 特殊23560 合計46360 これは無駄の少ない種族値配分に換算すると、110-x-85-x-88-xという種族値でH252振りした値に相当する。 例として、両者H252振りと仮定した場合に、同じ単みずタイプでBD比率が近いの総合耐久指数が45570、ヨワシが46360で僅かに上回るといった具合。 とはいえヨワシの強みは一致みず技の火力の高さであり、同じく一致火力の高さを武器とする最鈍ラインのポケモンであるH252振りの総合耐久指数が44250であることを考えれば、耐えて殴るポケモンとして必要十分な耐久力は持っていると言える。 C特化ハイドロポンプの火力指数は34815と、特殊水最高峰の高火力である。 相性補完に優れるれいとうビームも覚えるが、その他の特殊技はマッドショットのみで範囲が狭い。 ぎょぐん解散後に起点化されないよう、起点回避手段のがむしゃらorとんぼがえりはほぼ必須。 発動も安定しているため選択肢に追加。 最大威力はアクアテールの90止まりなので、数値ほどの火力は出ない。 同じ物理水アタッカーでも・等には火力で劣る。 単タイプなので差別化も難しい。 より圧力がかかる特殊型が主流な為、物理対策を受けにくいのが利点。 特殊型同様、がむしゃらorとんぼがえりは起点回避用にほぼ必須。 ダブルはいかくが多いので、必然的に特殊型採用になる。 技範囲は広くないため、水技は単体技・全体技の両方を採用。 単体技は基本的にハイドロポンプだが、命中を重視するならねっとうも視野に入る。 ダブルでは味方との連携で戦えるため、相性補完のれいとうビームの優先度は下がる。 ぎょぐん解散後の動きは基本シングルと同じだが、てだすけで相方の火力補助に回るという選択肢がある。 しんそく等の先制技より優先度が高く、自身が倒されても効果が残る。 また、ぎょぐん解散後は相手の全体攻撃に巻き込まれて倒れることが多いため、あえて起点回避技を切るのも一考。 味方の全体攻撃に巻き込んで退場させることもできる。 対ヨワシ 注意すべき点 水技の火力が高く、下手な受け出しは許さない圧力がかかる。 特性はターン終了時の発動なので、一撃で落とさない限りむれたすがたでの行動を許してしまう。 耐久力もまずまずあり、半端な不一致抜群くらいではぎょぐん維持範囲内で耐えてくる。 じしんやれいとうビームを覚えるため、電気・草タイプでも倒し損ねると返り討ちにあいかねない。 ぎょぐん解散後もがむしゃらで削られる恐れがあるので、油断は禁物。 対策方法 足が遅いので上から殴りやすい。 耐久力も特別高い部類ではなく、ある程度高火力が出せるポケモンならアイテム次第で等倍でも確定2圏内に収まる。 ヨワシの攻撃を耐えられるポケモンであれば殴り勝つこと自体は難しくなく、高威力技があれば一致抜群で一撃KOも可能な範囲。 みずタイプにほとんど有効打がないので、ちょすいあたりならほぼ完封できる。 一撃で倒せないにしろたんどくのすがたまで追い込んでしまえば機能停止も同然であり、 がむしゃらを無効化できるゴーストタイプが手持ちに控えているならそのまま起点化してしまえる。 覚える技 レベルアップ SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 みずでっぽう 40 100 みず 特殊 25 1 なきごえ - 100 ノーマル 変化 40 6 てだすけ - - ノーマル 変化 20 9 だましうち 60 - あく 物理 20 14 しおみず 65 100 みず 特殊 10 17 アクアリング - - みず 変化 20 22 なみだめ - - ノーマル 変化 20 25 とっしん 90 85 ノーマル 物理 20 30 ダイビング 80 100 みず 物理 10 33 ふくろだたき - 100 あく 物理 10 38 アクアテール 90 90 みず 物理 10 41 すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15 46 みずびたし - 100 みず 変化 20 49 がむしゃら - 100 ノーマル 物理 5 54 ハイドロポンプ 110 80 みず 特殊 5 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技07 あられ - - こおり 変化 5 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技55 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技89 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技98 たきのぼり 80 100 みず 物理 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 タマゴ技.

次の

イナズマアカデミア (いなずまあかでみあ)とは【ピクシブ百科事典】

ザシアン ポケ徹

ザシアン(ソード)の厳選 ザシアンは くちたけんを持たせることでフォルムチェンジします。 基本的にこの姿で戦うことになると思われるので、考察もフォルムチェンジ時のものとなります。 ザシアンの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 170 115 80 115 148 攻撃と素早さが高く、特攻が低いのがわかると思います。 特殊技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り特攻を落とす性格を選ぶこととなります。 意地っ張りと陽気どっちがいい? ザシアンの素早さ148というのは絶妙な数字で、 Lv50でのバトルでは準速の素早さが200となり最速130族と同速になってしまいます。 なので、200より上の素早さがほしいかどうかという視点で考えるといいかもしれません。 攻撃の種族値が170もあるため、できることなら攻撃に補正をかけた意地っ張りを採用したいところです。 ザシアンの努力値振り 2つの例を紹介します。 配分は理想個体である6V前提のものとなっています。 80族のスカーフや142族のドラパルトも抜けるのでほとんど上を取られる心配はないでしょう。 攻撃は最大の防御なので、残りは攻撃に割り振り倒せる範囲を広げています。 端数の4はダウンロード対策で特防に振りました。 タイプも優秀ですし、HPに努力値を振ることでかなり堅くすることができます。 HP252を確定とし、余りは5箇所振りで効率よく振ります。 素早さは 最速ガブリアス抜き最速100族抜き抜き抜きまであげ、残りを攻撃に割り振ったら11nで美しくなりました。 堅くて火力もあり、最低限の素早さも備えているのでとても強いと思います。 ザマゼンタ(シールド)の厳選 ザマゼンタは くちたたてを持たせることでフォルムチェンジします。 ザマゼンタは普通に育てるとザシアンとの差別化が難しいため、フォルムチェンジなしで戦うことも考えられます。 ザマゼンタの種族値 それぞれの状態での種族値を見ていきます。 通常時 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 130 115 80 115 138 フォルムチェンジ時 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 130 145 80 145 128 どちらを使うにせよ、よほどのことがない限り特攻を落とす性格を選ぶこととなるでしょう。 性格は何がいい? ザマゼンタは耐久の高いポケモンであるため、防御や特防に補正をかけたくなります。 しかし、HPが低くサポート性能も高くないため、あまりおすすめはできません。 素直に 攻撃か素早さに補正をかけると良いでしょう。 ザマゼンタはHPに努力値を振り切るポケモンであること、フォルムチェンジ時は素早さに補正をかけても130族を抜けないことを考えると、素早さを大きく伸ばすことは考えにくいです。 そのため、陽気より意地っ張りのほうが応用がきくと思われます。 高速帯の壁貼り役としての運用を考えているなら陽気もありかもしれません。 ザマゼンタの努力値振り HPと防御と特防が全て同程度のポケモンとして、フォルムチェンジしたロトムが挙げられます。 ロトムを育てるとき、大半の人はHPに努力値を振りますよね? ザマゼンタも種族値の並び的にはロトムのようなものなので、HPを振った上で、火力と素早さを調整するといった形になるかと思われます。 一例として、通常時とフォルムチェンジ時のどちらでも使える万能な配分を紹介します。 配分は理想個体である6V前提のものとなっています。 フォルムチェンジ時に110族より上を抜きたい場合には、陽気のほうが努力値配分が良くなってくるので、そこも考慮しながら性格を選ぶと良いでしょう。 オシャボ厳選するなら性格はミントを使おう! これは好みの問題になってくるのですが、マスターボール以外のボールで捕まえるならミントを使ったほうがいいケースもあります。 せっかくガンテツボールで捕まえたのに、性格が合っていないというだけで諦めてしまうのはもったいないですからね。 イメージ的には、 ザシアンならルアーボール、クイックボール、ドリームボール ザマゼンタはレベルボール、ゴージャスボール、ドリームボール あたりが良いのではないでしょうか? 私は高貴なイメージからザマゼンタをゴージャスボールで捕まえました。 今作の伝説には シンクロが効かないという噂もありますが、一発で意地っ張りを引いてしまったため真偽を確かめることはできませんでした… まとめ ザシアンもザマゼンタも意地っ張りか陽気を選ぶのがおすすめです。 どちらにするかは、努力値振りまで考えて選ぶ必要がありますね。 ですが、今作ではミントで性格補正を変えられるので、あまり深く考えずに捕まえてしまっても良いでしょう。 やっぱり、ザシアンは強いですね。 ザマゼンタも強いポケモンではあるのですが、ザシアンと比べると見劣りしてしまいます。 ザシアンの特攻にもう少し無駄があればバランスとれたのかもしれません。 そういった意味では、ラティアスとラティオスはいい調整だったなぁと思います。 とはいえ、ザマゼンタはワイドガードや両壁が使えたり、ザシアンとは違った芸当ができるので可能性は感じますね。 どちらも強いポケモンなので、是非ゲットして活躍させてくださいね!•

次の