松谷創一郎 学歴。 稀代のポピュリストを描く『女帝 小池百合子』は、読者を興奮とドン引きに突き落とす(松谷創一郎)

稀代のポピュリストを描く『女帝 小池百合子』は、読者を興奮とドン引きに突き落とす(松谷創一郎)

松谷創一郎 学歴

宮崎智之 [フリーライター] フリーライター。 1982年3月生まれ。 地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。 男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。 ツイッターは• あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。 そう、彼らは「めんどい人々」なのである。 なぜ彼らは「めんどい」のか。 世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。 この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。 「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。 経歴詐称を疑われる有名人は多い。 この報道を聞いて不思議に思ったのが、周囲の友人になぜ今までバレなかったのかということだ。 たとえば筆者が突然、「テンプル大学で学位を取得」などと学歴を語り、低音の美声でテレビに出演し始めたら、友人や知人から総ツッコミに遭うはずである。 しかし、『週刊文春』の記者が直撃した旧友たちは、「川上伸一郎」がショーンK氏だと気づいていなかったようだ。 とはいえ、これまでも著名人の経歴詐称が問題になることは多々あった。 著名人ではなくても、今はSNSの時代。 プロフィール欄を読むと、なんだかよくわからない横文字の経歴が並んでいる人も散見される。 では、私たちの身近に、「ホラッチョ星人」はどのくらいいるのか。 どのようにして、彼、彼女たちの詐称を見破ればいいのか。 独自のアンケート調査をもとに、核心に迫った。 アンケート調査に協力してくれたのは、。 大学生から社会人までの全国の男女200人に対してアンケートを実施し、まずは世間に「ホラッチョ星人」がどれだけ闊歩しているのか調べてみた。

次の

『逃げ恥』が放送から1年経っても高学歴女子にグサグサ刺さるワケ(佐藤 優)

松谷創一郎 学歴

韓流、根づいた若者たち 日韓関係は「傍観者でいたい」 1月上旬、韓国の俳優チャン・グンソクさんが日本のテレビ番組で流暢(りゅうちょう)な日本語で呼びかけた。 「グンちゃん」の愛称で知られ、日本でも人気が高いチャンさんは昨年12月、平昌五輪・パラリンピックの広報大使に就任。 地元は、日本の「韓流」ファンが観戦に訪れることに期待を寄せる。 昨年末のNHK紅白歌合戦に、9人組の韓国の女性グループ「TWICE」が出場した。 Kポップ歌手の紅白出場は6年ぶり。 昨年6月の日本デビュー前から、ネット経由で10~20代の女性を中心に人気に火がついた。 ミュージックビデオの再生回数は1億超。 両手の親指と人さし指で泣いている顔文字をまねする「TTポーズ」やファッションが注目を集め、女性誌でも特集記事が繰り返し組まれた。 韓国以外に、日本出身3人、台湾出身のメンバーもいる。 Kポップに詳しいライターの松谷創一郎さんは「韓国の音楽だから聴いている、という感覚は若者には希薄。 単純に『かっこいい』や『かわいい』の象徴になってきた。 TWICEの日本出身メンバーが活動拠点として韓国を選んだのも、驚く選択ではなくなった」と指摘する。 〈2003年、NHKのBSが….

次の

田嶋陽子 学歴 関連動画

松谷創一郎 学歴

現実から逃げる女子のココロ 海野つなみ氏原作の人気漫画『』(全9巻、講談社)がTBSテレビでドラマ化('16年10月11日から12月20日までTBS系「火曜ドラマ」枠で放送)され、社会現象となった。 人気ドラマであってもシナリオ(脚本)が書籍化されることは珍しいが、それだけ現代社会を抉る鋭い内容がこのドラマに含まれているからだ。 大学院を卒業したが派遣会社にしか就職できず、派遣先もクビになった森山みくり(25~26歳、新垣結衣)が、京大卒のシステムエンジニアで「プロの独身」(もちろん童貞)の津崎平匡(35~36歳、星野源)と契約結婚(婚姻届は出さない事実婚)することから生じる人間ドラマを描いている。 みくりには妄想癖があり、自分が置かれた状況を「情熱大陸」の登場人物のように考える(引用中NAはナレーション)。 <4情熱大陸/写真・大学院時代 NA「大学院では心理臨床コースを選択、卒業後に臨床心理士の資格を取得した上で、再び、就職活動に臨んだ」 5情熱大陸/食堂 みくり「甘く見てましたね。 まさか文系の大学院卒が、こんなに就職できないとは……」 6情熱大陸/オフィス 働くみくり。 NA「そして彼女は、派遣会社に登録した」 隣の席の派遣社員・川崎さんがみくりにExcel操作を尋ねる。 みくり、教えてやる。 みくり「……(笑顔をつくり)はい!」 7情熱大陸/給湯室 みくり、カップを洗いながら。 みくり「洗い物は契約業務外です。 でも、いちいち揉めるのも面倒なんで、これくらいは」〉 筆者は複数の大学で教鞭を執っているが、大学院生は二極化している。 真面目に研究をしている院生と、就職がうまくいかないというよりも就職活動から逃げている院生だ。 学術研究に関心がないので後者の院生はきちんとした業績を残せないのであるが、大学としてはこういう人がいつまでもいると面倒なので基準に達していなくても修士号を出して追い出す。 当然、まともな就職先はない。 結婚に対する「異議申し立て」 〈11オフィス・打ち合わせ室 みくり「……クビ? ですか?」 柴田「クビって。 契約終了って言ってよ」 みくり「……ひと月後は、無職……」.

次の