ご都合はいかがでしょうか 上司。 よろしいでしょうかのメール例文!返答方法や敬語の言い換え・英語表現も

如何でしょうかの意味・敬語表現|ビジネスにおける如何でしょうか

ご都合はいかがでしょうか 上司

「よろしければ」の意味 「よろしければ」とは、 「許可する」「差し支えない」という意味の「よろしい」を仮定形にした言葉です。 「よろしければ」自体は敬語ではありませんが、丁寧な表現なので目上の人や上司にも問題なく使うことができます。 「よろしければ」の使い方|ビジネスシーンでの例文 ビジネスシーンにおいて「よろしければ」はクッション言葉として相手への気遣いを示したり、依頼する際やお伺いを立てる際に多く使われます。 たとえば、お客様に「こちらでお待ちください」とだけ伝えてしまうと、相手に移動と待機を強制するニュアンスになり、少々高圧的な印象を与える可能性があります。 そのような場合、「よろしければこちらでお待ちください」と表現すると後に続く言葉が柔らかく聞こえます。 「よろしければ」を使うことで、強制ではなく相手の意思を尊重する表現になります。 そのため、伝えにくい内容のことでも頼みやすくなり、言われた相手は応じる場合・断る場合のどちらでも返答しやすくなります。 気持ちよく会話を進めるためにも、上手に取り入れて活用していきましょう。 「お忙しい中大変恐縮ですが、もし よろしければ一度御社を訪問させていただきたいと考えております。 ご検討のうえお返事をいただければ幸いです。 そのため、約束の日程調整を提案する際などは「断ってもいいですよ」というニュアンスが含まれる「よろしければ」を使うと、スムーズにやりとりを進められます。 「よろしければ」の類語・言い換え表現 「よろしければ」以外にも似た意味の言葉はいくつかあります。 場面に応じて言い換えられるよう準備しておくとよいでしょう。 ただし「よろしければ」は「よかったら」という意味のため相手に判断を委ねることになります。 そのため断られても構わないという前提で使うようにしましょう。 ビジネスシーンでは依頼やお伺いを立てる機会はとても多いもの。 だからこそ失礼のないよう丁寧な言葉遣いをし、相手に気持ちよく申し出を引き受けてもらいたいですよね。 ぜひこの機会に「よろしければ」の正しい使い方をマスターし、好印象を与えるビジネスパーソンを目指しましょう!.

次の

上司・目上の人をお誘いするとき

ご都合はいかがでしょうか 上司

「ご都合はどうですか」はNG 「ご都合はいかがでしょうか」ではなく「ご都合はどうでしょうか」または「ご都合どうですか」という言葉を使っていませんか。 一見丁寧に見えるので、敬語だと勘違いしている方もいるでしょう。 しかし「ご都合はどうでしょうか」や「ご都合はどうですか」は敬語としてはふさわしくありません。 「ご都合」は敬語ですが、「どうでしょうか」「どうですか」は丁寧語が付いていても「どう」の部分が敬語ではありません。 そのためカジュアルすぎてしまうので、目上の方や取引相手の会社の方などに使うことはできません。 友人など親しい間柄のときは、「ご都合はどうでしょうか」を使っても構いません。 しかし、社外の方や目上の方には「ご都合はどうでしょうか」は失礼に当たりますので、「ご都合はいかがでしょうか」と尋ねるようにしましょう。 株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。 進行中のカタログ制作の方向性について お打合せをお願い致します。 全体のスケジュールは以下の通りです。 本日の時点では、私は以下が空いております。 お打合せの場所は、弊社の会議室をいつもの通り 押さえておきます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 社内においては、会議や打ち合わせといった日程調節のメールを起こることがありますが、文例のように場所や返信期日を明記しておくと良いでしょう。 また、社内の場合は「ご都合はいかがでしょうか」と尋ねるより、「スケジュール調節をよろしくお願いします」という形が良いです。 上司に日程を聞く場合は「ご都合がいかがでしょうか」でも構いません。 メールを送ったら行いたい3つ 日程調節を行うことはとても大変です。 そのため、返信に時間がかかってしまうと、自分の仕事が滞ってしまうこともあります。 そうならないために、日程調節メールを送る際は以下の3つを行うようにしましょう。 1、日程は明確に ある程度日程の候補が決まっている場合は、明確な日時を記載しましょう。 「いつがよろしいですか」というスタイルだと、メールを送る相手が複数の場合、日程調節が大変になります。 いくつか候補をあらかじめ決めておくと、日程を調節しやすくなります。 2、やわらかい表現 メールだと感情が伝わりにくいので、ぶっきらぼうな印象を与えてしまったり、誤解を招くことがあります。 日程調節なので、事務的な部分がありますが相手が受け取ったときに印象が良い文面にしましょう。 送るときは「ご都合はいかがでしょうか」と「相手の予定を伺う」という立場を忘れず、上から目線を避けましょう。 3、メールを入れた後に電話 日程調節のメールを送った際に、相手にメールを送ったという確認の電話をしましょう。 相手が多忙な場合、返信が遅くなることが予想されますし、メールを見落としてしまう可能性もあります。 そうなっては、自分の仕事も滞ってしまう可能性もあるので、確認の電話を入れると安心です。 ご連絡ありがとうございます。 さて日程の件ですが頂いた日程ですと、〇月〇日の11:00~が空いております。 お忙しいところ恐れ入りますが、お取り計らいよろしくお願いします。 日程が提示されている場合は、都合のつく日程を明記します。 件名は変えずに送りましょう。 また、すべての日程で都合が付く場合は、「いずれも空いております」というように返信します。 また「ご都合がいかがでしょうか」とあっても日程が明記されていない場合は、候補日を2、3日挙げて返信しましょう。 もちろん時間も明記しておくと無駄なやり取りが減り、日程調整がスムーズに行うことができます。 提示された日程で都合がつかないor断る場合 提示された日程で都合がつかない場合や断る場合は、ビジネス挨拶の後に「あいにく」や「申し訳ないですが」などのクッション言葉を入れてから「頂いた日程ですと先約があり」という形で断りの文を入れます。 リスケを行いたい場合は、自分の都合の良い候補日を2、3日挙げます。 その後「ご都合はいかがでしょうか」という一文を加え、「お手数をおかけしますが、お取り計らいよろしくおねがいします」など相手を気に掛ける文を付け加えると良いです。 「ご都合はいかがでしょうか」の敬語表現 自分の上司など目上の方に予定を尋ねる際、「ご都合はいかがでしょうか」と聞いても良いのか悩むこともあるでしょう。 また、「ご都合はいかがでしょうか」と似た表現もあります。 それに加え、丁寧を心がけすぎて過剰敬語になってしまう可能性もあります。 「ご都合はいかがでしょうか」はOK 「ご都合はいかがでしょうか」は既に尊敬語の表現になっているので、上司など目上の方に使っても問題はありません。 より丁寧に尋ねたいとしても二重敬語のように過剰敬語になりかねないので、難しく考えるよりは素直に「ご都合はいかがでしょうか」と尋ねると良いでしょう。 また、状況によっては「ご都合はよろしいでしょうか」や「ご都合いかがなさいますか」、「ご都合いかがいたしますか」など「ご都合はいかがでしょうか」よりも丁寧な言い方をすることがあります。 どれも相手に尋ねていますが相手によって受け取り方が変わってきます。 いずれも状況によって使い分けが必要になってきます。 「ご都合はいかがでしょうか」に似たような表現 「ご都合はよろしいでしょうか」 「ご都合はいかがでしょうか」には表現がいくつもあります。 例えば「ご都合はよろしいでしょうか」です。 一見相手の都合を尋ねていますが、相手によって受け取り方が変わってきます。 「ご都合いかがでしょうか」との一番の違いは、「相手に了承を求めている」という点です。 つまり、相手に「この日程で問題はありませんね」と聞いていることになります。 すでに日程が固まっている状態であれば使っても問題はありません。 しかし、「ご都合はいかがでしょうか」は相手側に日程を決める主導権がありますが、「よろしいですか」になると日程を決める主導権は自分側にあります。 社内のミーティングなどの場合は「ご都合はよろしいでしょうか」でも構いませんが、取引相手の会社の方や目上の方に尋ねる際は避けたほうが良い表現です。 「いかがいたしますか」 「ご都合はいかがでしょうか」と上司に尋ねる際、「日程、いかがいたしますか」や「いかがなさいますか」という表現に置き換えることができます。 「ご都合はいかがでしょうか」よりも丁寧な印象を受けるので、目上の方に使っているという方もいるでしょう。 「いかがいたしますか」と「いかがなさいますか」の使い分けはできているでしょうか。 「いたす」は謙譲語に当たるので、行動をする対象が自分になり、行動を受けるのが相手になります。 逆に「なさる」は尊敬語に当たるので、行動をする対象が相手になります。 この点をしっかりと理解して使い分ける必要があります。 普段から敬語の使い方に気を付けている方もいるでしょう。 社会人になってより敬語を意識している方もいるはずです。 社会人になり敬語を使う上で、学校で習ったよりも丁寧に感じるときもあるでしょう。 それは、人間関係やコミュニケーションを円滑に進めようという意識が高いからです。 人間関係やコミュニケーションが悪いとその分仕事の進展にも提供が出てくることがあります。 そうならないために、相手に細やかな気遣いをする必要が社会に出ると生じます。 そこでコミュニケーションの1つである敬語が重要な役割を果たします。 「ご都合はいかがでしょうか」というように、上から目線ではなく「相手を気遣う」言葉を使うことで円滑にコミュニケーションを取ることができます。 ビジネス敬語という言葉があるように、ビジネスにおいて敬語は「丁寧すぎる」ほど丁寧な敬語が使われます。 時には二重敬語など過剰敬語になっていることもありますが、現在過剰敬語でもビジネスの場面では受け入れられていることが多いです。

次の

「よろしければ」とは?目上の人や上司に使える敬語?使い方や類語を例文付きで紹介

ご都合はいかがでしょうか 上司

「都合が悪い」の敬語に要注意! ビジネスシーンでは敬語を使うのが常識ではありますが、普段使い慣れないために、実は敬語ではない表現を敬語として用いてしまっていることがあります。 その中でも特に間違いが多いもののひとつが 「都合が悪い」という言葉の敬語表現です。 「都合が悪い」をそのまま敬語表現やビジネスに適した表現だと思って使っている人は少なくありませんが、実はこれは正しい敬語ではありません。 「都合が悪い」とはどういう意味? 類似の表現についてもイメージがしやすいよう、「都合が悪い」の敬語表現について触れる前に、まずは「都合が悪い」の意味を確認しましょう。 「都合が悪い」というのは 「条件や状態が悪い」という意味となります。 元々「都合」という言葉には「条件・状態」というような意味があり、それが良くないことが転じて 「予定が合わない」「条件が合わない」という意味でよく用いられます。 オフィシャルな場面においても「都合が悪い」という表現を使う機会は多いものですが、主に以下のようなケースで使われるのが一般的です。 「都合が悪い」の敬語表現は「ご都合が悪い」ではない 「都合が悪い」の敬語表現と言われたときに、多くの人がまず考えるのは「ご都合が悪い」という表現でしょう。 「ご都合が悪いようでしたら別の日時とさせていただきますが」といったフレーズはよく聞くものですし、丁寧に表現しており尊敬語であると思われがちですが、これは 間違いです。 「ご都合」は「都合」の敬語表現として適切です。 実際、取引先などとスケジュールを合わせる際に、「ご都合はいかがでしょうか?」などの表現は常套句として使われています。 「ご都合が悪い」の問題は「悪い」の方で、「悪い」は尊敬表現ではないですし、そもそも敬意を表す言葉にはマイナスの印象を与える「悪い」という表現は不適切です。 また、「ご都合が悪くいらっしゃる」という表現も二重敬語となり間違った表現となります。 「ご都合がよろしくないようでしたら別の日時とさせていただきますが」というように、 都合が「悪い」ではなく「よろしくない」を使うのが適切です。 都合が悪いの敬語「ご都合がよろしい」を使いこなそう 「ご都合」という言葉を使う場合には、その後に続くのは「悪い」ではなく 「よろしい(よろしくない)」が適切です。 しかし、「よろしければ」の形で許可をされた方が少なくとも好意的に受け取れます。 仮に都合が悪くないとしても、その場合はイヤイヤである可能性もあるため、受け取る側の印象も違ってきます。 「都合が悪い」時にビジネスシーンで使える表現4パターン 「都合が悪い」を普段使うシーンというのは、「忙しい」というようなことが言いたいシーンであると思われますが、 ビジネスシーンで「忙しい」という理由で何かを断るのはご法度です。 それは相手の面子を潰すことになってしまいます。 ビジネスマナーは相手を立て、良好な関係を築くためのものですから、知恵のある表現で印象よく対応しましょう。 また、相手の都合を問う際も表現に注意が必要です。 ただし、選択肢が不明瞭な場合には使えないので注意してください。 都合を問われた時の返事にも配慮できれば完璧 都合が悪いにしても都合がいい場合にしても、注意したいのは 自分が都合を尋ねられたときの返事の仕方です。 あくまで自分の都合に対しては「ご都合」は使いません。 「次回の面接ですが、いつならご都合がよろしいでしょうか?」と聞かれた時に、相手の質問に釣られて「はい、明日ならご都合がよろしいです」などと答えてしまう人も多く見られます。 また、都合を尋ねられ、都合がいい場合だとしても「はい、それなら都合がいいです」というようには答えません。 こういった回答は、「何かのついでで丁度良い」という印象を与えかねず、相手に失礼な場合もあります。 「はい、結構です(問題ありません)」「申し訳ありません。 都合がつかないため、別の日程でご検討いただけないでしょうか?」などと返しましょう。 都合が悪い場合に大事にしたいクッション言葉 どんなに注意をしていても、どうしても都合が悪い場合というのは出てくるものです。 その時には、様々な形でお断りをしたり、調整を依頼することになりますが、その際には クッション言葉を上手に入れることができるとより丁寧に聞こえます。 クッション言葉とは、本題の前に挟むことによって言葉を丁寧にしたり、敬意や謝意などを表現するための言葉です。 以下にいくつか紹介しますので、うまく活用してください。 1 「大変申し訳ございませんが」• 「その日は都合をつけるのが難しいそうです」• 「大変申し訳ございませんが、その日は都合をつけるのが難しそうです」 1文目のままでも意味は通るのですが、例文のように 「大変申し訳ございませんが」を一言添えるだけでも、相手の受け取る印象は大きく変わります。 より誠意を伝えたいときに活用したいクッション言葉です。 2 「あいにくですが」• 「その時期は取り込んでおりまして」• 「あいにくではございますが、その時期は取り込んでおりまして」 「あいにくですが」は「残念ながら」という意味の表現で、相手の意に沿えず申し訳ないという意味で使う言葉です。 相手の依頼や提案に対して、自分の都合が悪い時に用います。 上記の例ではさらに丁寧な表現として「あいにくでございますが」としています。 前置きとして「ご提案ありがとうございます」などの感謝の言葉が一言あると、より丁寧に聞こえます。 3 「やむなく」• 「その日は不参加とさせていただきます」• 「やむなく、その日は不参加とさせていただきます」 「やむなく」は「仕方なく」という意味ですが、「仕方がない」は諦めの気持ちを感じさせるのでビジネスシーンではあまり使いません。 「やむなく」は「気持ちはあるが適切な方法などがない」という意味ですので、「残念ながら…」というニュアンスを伝えることができます。 「都合が悪い」は正しく使わないとイメージダウンにつながる 都合が悪い状況はビジネスの中でどうしても発生しますが、その際にいかにスマートにお断りや調整依頼ができるかは、ビジネスパーソンとしての信頼度に大きく関係してきます。 もともと都合が悪いとは言え、相手の提案などに対してお断りをするというのは、相手に対して失礼となる可能性も高いです。 加えてマナーのない受け答えをしようものならイメージダウンは避けられませんので注意してください。 都合が悪い場合でも、正しい表現でスマートに返すことができてこそ、調整上手として様々な場面で活躍することができるでしょう。 慣れるまでは難しいものですが、正しい表現を身に着けられるように繰り返し練習しましょう。

次の