チュートリアル 徳井 会社。 徳井義実

チュートリアル徳井、やっちゃいましたね…法人経営は合法的に! | 大阪で自由気ままに生きる道

チュートリアル 徳井 会社

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井氏がやっちゃいました。 徳井氏の設立した会社が、2018年3月期までの7年間で、1億円を超える申告漏れがあったことが判明しました。 このうち、一部の額は、個人的な支出を会社の経費として計上していたとのこと。 個人としては、金額が大きいだけに、東京国税局も見逃さなかったのでしょう。 徳井氏はすでに修正申告も済ませ、記者会見も開きましたが…。 徳井氏の今後 消費税増税により、苦しむ家計が多い中、徳井氏のやったことは、世間には認められにくいでしょうね。 イメージが重要な芸能人だけに、相方を含め、今後は試練が待ち受けていると思います。 徳井氏はあまり悪いことをするイメージがなかっただけに、私も少しショックでした。 徳井氏本人は 「自分がルーズだった。 」 と記者会見で言ってましたが、法人を作っているのにルーズは言い訳にはなりません。 個人事業主としてではなく、法人を設立して吉本と契約を結ぶ仕組みを確立している以上、節税意識はあったのでしょう。 本当の理由は分かりかねますが、節税が行き過ぎ、笑えない脱税にまでに発展したケースだと思われます。 なんか似たような記事を書いたばかりだなぁと思っていたら、つい数日前、私はこんな記事を書いていました。 参考: 徳井氏もこの記事の中で書いている 法人化のメリットの部分を把握していたのでしょう。 しかし、経費でないものを経費としたり、申告しなかったりするのは反則行為です。 自分で会社を経営する以上、節税する意識は重要ですが、あくまで 合法的な範囲内で考えていきたいものです。 プライベートカンパニーとは? 徳井氏は芸能人ですので、もともと 個人事業主です。 収益も多いので、節税のために、法人を設立した(もしくは税理士に提案された)ものだと思われます。 法人を立ち上げると、さまざまなメリットがあるので、個人事業主の人が法人化を考えるのは昔からよくある話です。 しかし、最近は、会社に勤務する 普通のサラリーマンが法人を作るケースが増えています。 これは、 プライベートカンパニーと呼ばれています。 (定義は諸説あります。 ) 最近、書店でもよく見かけますし、流行りの考え方になっています。 私も会社員時代、プライベートカンパニーを運営していました。 プライベートカンパニーの仕組みやメリットについては、次の記事を参考にしてください。 参考: 会社員でも、このプライベートカンパニーの設立によって、合法的に節税することが可能なのです。 もちろん、何億何千万単位の効果は期待できませんが。 そして、 節税は重要ですが、 脱税は絶対にいけませんよ…。

次の

チュートリアル徳井義実の年収はいくら?今後の活動についても調査

チュートリアル 徳井 会社

こんにちは、ソーシャル税理士の金子 です。 チュートリアルの徳井さんが設立した会社が所得隠しという報道がありました。 【チュート徳井氏が所得隠し】 「チュートリアル」の徳井義実氏が設立した会社が、東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことがわかった。 すでに納税と修正申告を済ませている。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 1億円を超える所得隠しということですが、何があったのか考えてみたいと思います。 また、徳井さんも記者会見をされており、そこでは税理士とのやり取りにも触れられていました。 そこで、税理士として違う対応はできなかったのか?という目線でも検証していきます。 Contents• 株式会社チューリップとは?〜法人を設立した理由〜 徳井さんとえいば吉本の芸人というイメージですが、実際には法人を設立して、次のようなお金の流れになっていたと思われます。 では、なぜわざわざ会社を作ったのでしょうか? 理由として、節税対策や収入面の工夫があると考えられます。 人気芸人とはいえ、長年に渡って安定的に稼ぐのはかなり大変でしょう。 個人事業主として吉本興業と契約する場合、基本的にはその年に稼いだ分がその年の収入になります。 要するに、売れまくった年はかなりの収入になるものの、仕事が減るとそれに比例して収入も減ってしまうということです。 これ、けっこう怖くないですか? 言ってみれば完全歩合性で仕事をしているようなもので、極端に言えば売れなければ収入ゼロです。 しかも、所得税は累進課税なので、収入が増えれば納める税金の税率も高くなります。 お金の面で安定する上に収入に対する税率は下がる訳ですから、芸能人やスポーツ選手が会社設立をするのもこういった理由からです。 今回の所得隠しは何があったのか? では、今回の所得隠しでは一体何が起こっていたのでしょう? この辺りを見ていきましょう。 個人的な買い物を経費にした 徳井さんの会見では、 「洋服代とかというのは、どうしても僕も劇場だったり、テレビのお仕事なんかも仕事でやる部分もありますので、仕事で使っている分に関しては、これは衣装代だろうと…定期的にお仕事もあると思っていたんですが、100%落ちるものではなかった」 「僕らの仕事、なんか行動してネタを集めてそれを話すという仕事でもあるので、もしかしたら何年前どっかの段階で、仕事も兼ねてるというか、後に仕事になるよなという意識で、もしかしたら税理士さんの方に領収書をわたしてしまっていたのかもわからないです。 」 とお話しされていました。 早い話が、 個人的な買い物を会社の経費にしたということです。 ちなみに、個人的な旅行が経費になるのか?という部分はで詳しく解説されています。 申告をしていなかった 徳井さんの会見では、 「2016・17・18年申告していなかったと、これは事実です。 」 「(税金を)支払う意思はあるんですけど、想像を絶するだらしなさ、ルーズさによって「やりますやります」というのが1日延び、1週間延び、1カ月延びという状態で3年たってしまったということです。 」 というお話しでした。 というか、超絶などんぶり勘定(とうかどんぶり勘定にもなっていない)のため、いくら利益が出ていたのか分からなかったのかもしれません。 ただ、 もしかすると 「大した利益も出ていないし大事にはならないだろう」と思ったかもしれません。 「いやいや、年間3000万円以上利益が出ていてそりゃないでしょ」 と思われるかもしれませんが、そこは少し事情があります。 それは、 徳井さんが経費だと思っていても、実際には経費じゃないものがあった という可能性がある、ということ。 典型的なものは、プライベートの買い物を経費にしていた、という上記で説明したようなものです。 そしてもう一つ考えられるとすると お給料(役員報酬)の支払い方がマズかった というもの。 ざっくり説明すると、 会社の役員は毎月定額のお給料じゃないと経費として認めませんというルールがあります。 例えば、 「好きな時に好きなだけお給料を払う」という支払い方をしていると、お給料を支払っても一定額は経費として認められないということが発生します。 つまり、徳井さんが思っていた業績は赤字だと思っていたとしても、 実際には利益が出ていて納税が必要だった という可能性があったかもしれません。 徳井さん個人の確定申告 吉本興業が経緯についてを出しており、それによると ・個人の所得税も無申告の時期があった とのこと。 会社だけでなく、個人も無申告となると、弁解の余地なしというところでしょうか。 ちなみに、 会社からのお給料でも年間2000万円以上受け取っている場合は年末調整ではなく個人で確定申告をする必要があります。 そのため、徳井さんも2000万円以上の役員報酬を受け取っていたと考えられます。 顧問税理士は何をしていたのか~私なら同じことはしなかった~ 会見では、顧問税理士との関係にも触れられていました。 同じ税理士という職業ですので、この辺りも考えてみたいと思います。 会見のコメントを要約すると ・顧問税理士はいて、資料の催促はされていた ・結局は徳井さんが何もせず、申告できる資料が揃わなかった ・結果的に申告しなかった という感じです。 税理士という仕事は、お客様(今回の場合は徳井さん)の協力がなければ正しい仕事はできません。 国税庁と違い強制的にお金の流れを調べたりする権限がないので、お客様に協力してもらいながら仕事を進める必要があるためです。 そのため、この税理士さんにも同情する部分はありますが、もう少し動けたんじゃない?というのが私の考えです。 無申告にはしなかった 税理士さんとしては、「徳井さんが資料を出してくれないから申告できなかった」という立場なんでしょう。 しかし、 私なら手元にあるものだけでとりあえず申告をします。 詳細の説明は省きますが、 無申告だとペナルティが重くなるため、「とりあえず何でも良いから申告しておこう!」というものです。 間違った申告であっても無申告は回避できますから、何も出さないよりはマシということになります。 どうしたら資料が揃うかを考えた もしもこの税理士さんが「徳井さん、資料送ってくださいよ」としか言っていなければ、本当にお客さんのことを考えてるの?と思ってしまいます。 かなり多忙な方でしょうから、自分で通帳や領収書を整理したりする時間なんてないでしょう。 それであれば、 ・事務作業をする人を雇うように説得する ・freeeなどを導入して最低限お金の流れを把握する などの対応は出来るのではないかと。 (もちろん、お金に関わることなので、他人には任せたくないと言って断られたのかもしれませんが) 当然ながら、何の目的でお金を使ったのかは徳井さん本人にしか分かりませんので、 徳井さんの協力がなければ正しい申告はできない訳ですが、少なくとも無申告よりははるかにマシです。 それでも何ともならなければ どの程度のコミュニケーションが取れていたのかは分かりませんが、 ・3年間全く資料が来ない ・改善の見込みがない ということであれば、こちらから関与をお断るすることもあると思います。 資金的にギリギリという会社ではないと思いますので、顧問料を踏み倒される危険性は少ないかもしれませんが、仕事にならない状態じゃ何ともならないので・・・ まとめ 正直な話、税理士としてはルーズなお客様はけっこう大変だったりします。 経費になるかどうかは本人が何のために支払ったのかで変わるので、お客様とコミュニケーションを取らないと正しい情報が分からないからです。 「領収書をまとめて税理士に送ればOK」 と思っている人がいれば、少し考えを改めてもらった方が良いと思います。 ・何が経費になるのか ・経費として認められるには何を準備しなければいけないのか この辺りをきちんと税理士と相談することは必要なんじゃないかと。 確かに経理や申告は面倒なことですが、自分のお金の使い方をチェックする良い機会でもあるんですけどね。 関連記事 自宅兼事務所やプライベートでも使う携帯。 この考え方はこちらの記事でご説明しています。 「知ってる社長はこれを経費にしたから大丈夫」と言う人もいますが、そんな経費も徳井さんみたいにNGになる場合もあります。 税務調査で通ったは話半分で聞いた方が良いかもしれません。 miyuki ツイッターから来ました 詳しくありがとうございました 徳井さん、この件の前にも調査を受けてまとめて納税していたそうで 「税金なんて言われてから払っても問題ないんだ」 なんて思ってそうだな、と感じました。 おまけに割高だけど、言われるままに払えば経理処理も必要なし。 売れっ子芸人なら、払えない額でもなかったんでしょうし。 きっと白色だし、税務署側も調査に入れば取れるいいカモだった…、けど、毎度申告もしないとなるとちょっとお灸すえざるを得なかったんでは… 税金全部無視してるとこみると、小賢しい脱税よりある意味清々しいというか、言い値で払うっていう男気すら感じてしまいます。 税理士さんからしたらこんな顧客イヤでしょうけど、職業倫理観を吹き飛ばせばたまに調査に付き合えば報酬取れるしこちらもウィンウィンなのかな、なんて。 勝手な事を失礼しました。

次の

チュートリアル徳井氏が税金無申告 なぜ芸能人は個人事務所を作りたがるのか(小澤善哉)

チュートリアル 徳井 会社

こんにちは、ソーシャル税理士の金子 です。 チュートリアルの徳井さんが設立した会社が所得隠しという報道がありました。 【チュート徳井氏が所得隠し】 「チュートリアル」の徳井義実氏が設立した会社が、東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことがわかった。 すでに納税と修正申告を済ませている。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 1億円を超える所得隠しということですが、何があったのか考えてみたいと思います。 また、徳井さんも記者会見をされており、そこでは税理士とのやり取りにも触れられていました。 そこで、税理士として違う対応はできなかったのか?という目線でも検証していきます。 Contents• 株式会社チューリップとは?〜法人を設立した理由〜 徳井さんとえいば吉本の芸人というイメージですが、実際には法人を設立して、次のようなお金の流れになっていたと思われます。 では、なぜわざわざ会社を作ったのでしょうか? 理由として、節税対策や収入面の工夫があると考えられます。 人気芸人とはいえ、長年に渡って安定的に稼ぐのはかなり大変でしょう。 個人事業主として吉本興業と契約する場合、基本的にはその年に稼いだ分がその年の収入になります。 要するに、売れまくった年はかなりの収入になるものの、仕事が減るとそれに比例して収入も減ってしまうということです。 これ、けっこう怖くないですか? 言ってみれば完全歩合性で仕事をしているようなもので、極端に言えば売れなければ収入ゼロです。 しかも、所得税は累進課税なので、収入が増えれば納める税金の税率も高くなります。 お金の面で安定する上に収入に対する税率は下がる訳ですから、芸能人やスポーツ選手が会社設立をするのもこういった理由からです。 今回の所得隠しは何があったのか? では、今回の所得隠しでは一体何が起こっていたのでしょう? この辺りを見ていきましょう。 個人的な買い物を経費にした 徳井さんの会見では、 「洋服代とかというのは、どうしても僕も劇場だったり、テレビのお仕事なんかも仕事でやる部分もありますので、仕事で使っている分に関しては、これは衣装代だろうと…定期的にお仕事もあると思っていたんですが、100%落ちるものではなかった」 「僕らの仕事、なんか行動してネタを集めてそれを話すという仕事でもあるので、もしかしたら何年前どっかの段階で、仕事も兼ねてるというか、後に仕事になるよなという意識で、もしかしたら税理士さんの方に領収書をわたしてしまっていたのかもわからないです。 」 とお話しされていました。 早い話が、 個人的な買い物を会社の経費にしたということです。 ちなみに、個人的な旅行が経費になるのか?という部分はで詳しく解説されています。 申告をしていなかった 徳井さんの会見では、 「2016・17・18年申告していなかったと、これは事実です。 」 「(税金を)支払う意思はあるんですけど、想像を絶するだらしなさ、ルーズさによって「やりますやります」というのが1日延び、1週間延び、1カ月延びという状態で3年たってしまったということです。 」 というお話しでした。 というか、超絶などんぶり勘定(とうかどんぶり勘定にもなっていない)のため、いくら利益が出ていたのか分からなかったのかもしれません。 ただ、 もしかすると 「大した利益も出ていないし大事にはならないだろう」と思ったかもしれません。 「いやいや、年間3000万円以上利益が出ていてそりゃないでしょ」 と思われるかもしれませんが、そこは少し事情があります。 それは、 徳井さんが経費だと思っていても、実際には経費じゃないものがあった という可能性がある、ということ。 典型的なものは、プライベートの買い物を経費にしていた、という上記で説明したようなものです。 そしてもう一つ考えられるとすると お給料(役員報酬)の支払い方がマズかった というもの。 ざっくり説明すると、 会社の役員は毎月定額のお給料じゃないと経費として認めませんというルールがあります。 例えば、 「好きな時に好きなだけお給料を払う」という支払い方をしていると、お給料を支払っても一定額は経費として認められないということが発生します。 つまり、徳井さんが思っていた業績は赤字だと思っていたとしても、 実際には利益が出ていて納税が必要だった という可能性があったかもしれません。 徳井さん個人の確定申告 吉本興業が経緯についてを出しており、それによると ・個人の所得税も無申告の時期があった とのこと。 会社だけでなく、個人も無申告となると、弁解の余地なしというところでしょうか。 ちなみに、 会社からのお給料でも年間2000万円以上受け取っている場合は年末調整ではなく個人で確定申告をする必要があります。 そのため、徳井さんも2000万円以上の役員報酬を受け取っていたと考えられます。 顧問税理士は何をしていたのか~私なら同じことはしなかった~ 会見では、顧問税理士との関係にも触れられていました。 同じ税理士という職業ですので、この辺りも考えてみたいと思います。 会見のコメントを要約すると ・顧問税理士はいて、資料の催促はされていた ・結局は徳井さんが何もせず、申告できる資料が揃わなかった ・結果的に申告しなかった という感じです。 税理士という仕事は、お客様(今回の場合は徳井さん)の協力がなければ正しい仕事はできません。 国税庁と違い強制的にお金の流れを調べたりする権限がないので、お客様に協力してもらいながら仕事を進める必要があるためです。 そのため、この税理士さんにも同情する部分はありますが、もう少し動けたんじゃない?というのが私の考えです。 無申告にはしなかった 税理士さんとしては、「徳井さんが資料を出してくれないから申告できなかった」という立場なんでしょう。 しかし、 私なら手元にあるものだけでとりあえず申告をします。 詳細の説明は省きますが、 無申告だとペナルティが重くなるため、「とりあえず何でも良いから申告しておこう!」というものです。 間違った申告であっても無申告は回避できますから、何も出さないよりはマシということになります。 どうしたら資料が揃うかを考えた もしもこの税理士さんが「徳井さん、資料送ってくださいよ」としか言っていなければ、本当にお客さんのことを考えてるの?と思ってしまいます。 かなり多忙な方でしょうから、自分で通帳や領収書を整理したりする時間なんてないでしょう。 それであれば、 ・事務作業をする人を雇うように説得する ・freeeなどを導入して最低限お金の流れを把握する などの対応は出来るのではないかと。 (もちろん、お金に関わることなので、他人には任せたくないと言って断られたのかもしれませんが) 当然ながら、何の目的でお金を使ったのかは徳井さん本人にしか分かりませんので、 徳井さんの協力がなければ正しい申告はできない訳ですが、少なくとも無申告よりははるかにマシです。 それでも何ともならなければ どの程度のコミュニケーションが取れていたのかは分かりませんが、 ・3年間全く資料が来ない ・改善の見込みがない ということであれば、こちらから関与をお断るすることもあると思います。 資金的にギリギリという会社ではないと思いますので、顧問料を踏み倒される危険性は少ないかもしれませんが、仕事にならない状態じゃ何ともならないので・・・ まとめ 正直な話、税理士としてはルーズなお客様はけっこう大変だったりします。 経費になるかどうかは本人が何のために支払ったのかで変わるので、お客様とコミュニケーションを取らないと正しい情報が分からないからです。 「領収書をまとめて税理士に送ればOK」 と思っている人がいれば、少し考えを改めてもらった方が良いと思います。 ・何が経費になるのか ・経費として認められるには何を準備しなければいけないのか この辺りをきちんと税理士と相談することは必要なんじゃないかと。 確かに経理や申告は面倒なことですが、自分のお金の使い方をチェックする良い機会でもあるんですけどね。 関連記事 自宅兼事務所やプライベートでも使う携帯。 この考え方はこちらの記事でご説明しています。 「知ってる社長はこれを経費にしたから大丈夫」と言う人もいますが、そんな経費も徳井さんみたいにNGになる場合もあります。 税務調査で通ったは話半分で聞いた方が良いかもしれません。 miyuki ツイッターから来ました 詳しくありがとうございました 徳井さん、この件の前にも調査を受けてまとめて納税していたそうで 「税金なんて言われてから払っても問題ないんだ」 なんて思ってそうだな、と感じました。 おまけに割高だけど、言われるままに払えば経理処理も必要なし。 売れっ子芸人なら、払えない額でもなかったんでしょうし。 きっと白色だし、税務署側も調査に入れば取れるいいカモだった…、けど、毎度申告もしないとなるとちょっとお灸すえざるを得なかったんでは… 税金全部無視してるとこみると、小賢しい脱税よりある意味清々しいというか、言い値で払うっていう男気すら感じてしまいます。 税理士さんからしたらこんな顧客イヤでしょうけど、職業倫理観を吹き飛ばせばたまに調査に付き合えば報酬取れるしこちらもウィンウィンなのかな、なんて。 勝手な事を失礼しました。

次の