モンハンダブルクロス ハンターランク。 モンハンクロス・ハンターランク/HRの効率のイイ上げ方は古龍クエスト!お金稼ぎも!

【モンハンダブルクロス】G級クエストの解放条件と、新しい村の物語を進める条件

モンハンダブルクロス ハンターランク

関係者への等は控えましょう。 度が過ぎた罵や侮蔑などはどんな理由があっても厳禁です。 己のは、さらに加速する。 XXハンターとは、で[【】参加者募集ネ一式のくそはくるな]というでの配信をしていた、0、 自称 3年生であるくんの及び名である。 概要 よりが開始されたが、をはじめとした、を軽視し尽くした態度・行動の多さが注され、へのを切っ掛けに一気にした。 また、と思しき場面があることからくんの言動を親は少なからず知っている可性が高い。 親認でこのような配信が行われていることも「」要因なのかもしれない。 をもっての自身のをした。 XXハンター自身の発言や行動、それに関わった数々のとのやり取りやにされた者たちが次々とやなどを作り、「XXハンター」という一大としてとなった。 その後しばらくはに便乗した成りすましや、後継者を名乗るが後ののように多数出没しては消えていった。 何が問題なのか?• 他の承諾を得ないで 配信を行う で配信中であることを明記し、で鍵をかけるなどして関係な人のをさないようにするのが。 編やときあめ編では、 として入ったで行為を行いながら断配信し、しかもそれをのにするということをしている。 や剥ぎ取りの妨、暴言などの行為を行う。 剥ぎ取りとは、倒したから武具等を手に入れる行為で、の大きな楽しみの一つでもある。 それを妨されるのはかなりの。 しかも妨行為を楽しんでおり、「 妨たのちい」などと発言したこともある。 暴言のほうは、 しねしね連呼が定文登録されている……ということから なお、彼に一切敵対してなくても攻撃・妨 ・暴言が飛んでくる のでしくしても駄である。 妨行為に怒った者が反撃・反論すると「すぞ」などと 既に全配信しながら、である。 「 ちな録画してるんでしますね」「 妨。 すぞ?」が定文登録されているという胸。 上記行為のためにからされると、再度入室して「しねしね」連呼しながら集会所 あまりにしねしね定文を連打しすぎて側に受け付けてもらえなくである。 都合が悪くなるとを閉じて接続を切断する 切断するとともにをぶん投げ、「のせいで壊れたかもしれなかったじゃん!」という強な一言を放ったことも。 介添人付きのマン勝負で、 の権限をして開始直前に相手の介添人を。 しかも自分の介添人には試合に介入するようめる不正(しかし断られる)を行うなど。 なお、その後「相手も不正をしたかもしれないから」と難癖をつけた。 とするために中に棒立ちするなど、他の迷惑を顧みない行為 長時間「くつろぐ」などのをとる、に篭りを決め込む、などは。 として入ったでも当然のごとく行う。 ではない、純 な苦言・忠告であっても受け入れることはない 「乗りをしましょうよ」というの穏やかな提案に対して、XXハンターの答えは「 何様のつもりだよ。 っそうにしやがってよ」であった。 しまいには「 には言ってもわからない。 でも使って言うことをきかせるしかない」などと発言するに至って、彼には何を言っても駄だということが共通認識となった。 彼の行う他者へのが全て彼自身に当てはまる 「ネ一式のくそ はくるな」というながら本人の装備がネ一式(見たは変えている)、「 = くださいと言う知識も() もない 、 は言わないし知識も も 」とするが第1回からを要する、 自分も1回死んでおいて他人には「よ死んだやつは」と悪態を吐くなど、いわゆる発言ばかり。 同じのに対して「ふぜいが」と侮辱するが、彼自身の()は未満だった……というのはもはやの域に達している。 その他、自己中心的でな性格・行動(後述) あまりに長くなりすぎたので別項で述べる。 XXハンター プレイヤー 、、を使う。 上記の通り使用防具はネで外見をックにしている。 そのせいか、のなどでもXXハンターといえばック姿が基本となっている。 なお、一般的には「XXハンター」と呼ばれているが、当の本人のは「」のみである。 はいわゆる「」であり、はーストやを使わない、はをしない(できない)ので気りが使えず、したがってをえないというを披露している。 要するに下手。 その他、• 裂傷状態をそもそも知らず当然治し方も知らないために で (BCC)• 現地調合するわけでもないのに調合書全巻持ち• 乗りの蓄積値を知らないのか乗れるのは運だと言いる• 討伐後の剥ぎ取りについて、他人が剥ぎ取ることで自分の剥ぎ取れる回数が減ると• を所持しているのに の攻撃は せず回避に頼って失敗する• 「 には効かない」と罵った直後にPTによってで捕獲されてしまい、 数十絶句したあげくに「本当はシビレ じゃないとダメなんだよ。 はい ー。 」と言い訳する• 古 の分類の一つで、は効かない 相手にを仕掛けて「仕掛けたからこっちに誘導しろよ!使えねーな」などと悪態を吐き、その後 「コって何?」とそのものを知らない ことを暴露する• ガンナーの射撃を採取と勘違いして妨。 ガンナーの防具は防御が低く設定されていることを知らず、「防御が低いから」とガンナーを。 当然だがからを受けると「ガンナーだからといって甘えるな」とを展開した。 ……など、 どころには事欠かない。 XXハンター 人物 誇大に想した自分に周りはしていると思い込み、自身を特権的な地位に置き、他人の気持ちに共感することができない……というで聞いたような性格。 具体的には、• 他人にはを課すが、自らは己の課した禁止行為を然と行う 編やときあめ編などが代表例。 採取・妨禁止を謳っておいて自分は採取・妨に勤しむ。 あるいは研ぎ(使い続けることで減少した威を元に戻す行為)を「さぼりはいかんだろ」と妨しておいて、自分は然と研ぐ。 そうしておいて、「 一人ない人がいますね」の定文を放つ。 じゃい!• 他人は自分を助ける義務があると思い込んでいるが、XXハンターが他人を助けることはない 自分が窮地に陥ると「粉粉粉!」と生命の粉(重な全体回復)の使用を要、他がそれを使わないと「なんでが回復つかわなきゃいけねーんだよ」と罵倒しながら渋々使う。 しかし、 彼が他人のために使うことはほとんどない。 他にも、さんざ妨しておいて氏に対し「 なぜ助けなかった」と再度助けなかったことを難詰したが、XXハンターは他人が窮地に陥っても助けない。 「は」と言っている本人が一番非協的である。 他人の貢献は視し、自分の功績は過大にする 開始から採取・妨に勤しんでいたにも関わらず「最後に攻撃を当てたのは自分」とするなど、実際には大して役に立っていないのに功績だけはする。 自分のは他人のせい、他人のは盛大に責める 自分が死ぬと「仕方ないは悪くない」の一点りだが味方が死ぬと「くそ」の定文とともに「何死んでんだよ、が…」と吐き捨てる。 すると「()がから集中できなかったじゃん!」とのたまい、 「自分が暴言を吐くのはが暴言を吐くから」であり、 最終では「 さえいなければに放送できたんだ!」と悲痛なだけの叫びをあげた。 幼稚かつ尊大での言動 XXハンターの行為が原因で発生した喧で、させるために「ごめん」と言った相手に対してのXXハンターの返答は「いいよ」そして「 あたまあげろよ」であった。 その他、で狩れる実がないのに「手伝ってほしいの?」など数え切れないほど。 自らをのに擬する 『』のや『』のになりきってのを叫ぶ。 XXハンターが「 自分をと思い込んでる」と呼ばれるゆえんである。 他人がを使うのを嫌がるのはにこれが原因。 自分のを誇する を呼ぶのは(後に番に訂正)、「」「」「(れ)」も読めないなど、 正直としてもどうかと思われるのだが、彼に言わせれば「自分はで もいるなのではしている」そうである。 幼稚な彙 罵倒・の言葉で自称とは思えないほど幼稚なものが飛び出す。 例)あほどじまぬけ・う〇こ・ち〇ちん・弱い・いちぬけ…• をやっつけて愉悦に浸る 反論できなくなる・どうしようもないを突きつけられるなどすると、討伐対ではないを「 は強いんだ!」「 ホラ反撃してみろよできないだろ~?」などと笑いながらなぶり殺しにして愉悦に浸る。 垣間見えた闇の深さにも生えない。 配信の軌跡 関連の項も参照。 1回目配信 5月1日 版: ・最初のうちは、支給品総取り以外は的なをしている。 が、分過ぎから蹴りを繰り出したりするようになり、1時間弱が経過する頃には全に々のよく知るXXハンターになっている。 気に入った女には甘いのは既にこの回から。 画面の、の端から端までのっしのっし横断するに棒立ちのまま殺されるXXハンターが笑える。 2回目配信 5月2日 版: ・全にXXハンター。 4回連続でから蹴り出され、発狂して集会所。 への八つ当たりはこの回から始めている。 ・ この回に「」という名のが登場するが、宿敵の氏とは別人。 しかしXXハンターは何かを感じたのかから蹴り出している。 最初の刺客は使いであり、ここからXXハンターの使いとの戦いが始まった。 ライは使いとして登場。 ・な登場人物=・ライ・M. 前回ににされたからか、XXハンターがを担ぎ始める。 ライの立ち回りが際立ち始めるのはこの頃から。 の一時消滅騒動のドでこっそりした。 ・子との出会い・ライが何故まで信頼されるようになったのか・最終で特殊ディノを選んだ理由が明かされる補回。 ・に先駆けて登場していた熟練使いの登場や、BCからBCに運ばれる男、キレッキレの誤字にの数々など見どころ満載。 ・な登場人物=子・・ー。 ライが化。 の本はがひどいので注意。 ・な登場人物=・子・ライ・本居 ・M. T・サヤ・孤独など 7回目配信 5月7日 版: 短編: ・ライの独壇場となる回。 配信は分と(他にべて)非常に短い。 理由は。 最初は子・・孤独のフレと複数回に行くが、にいら立ちを募らせしていく。 途中でがと言われたことでに切り替えるが、しばらくしてにする。 前回のライの裏切りが相当になっていたようだが、であっさり許される。 結末は…。 の1人出現。 ライは中。 数々の愚行の末にがついに降臨。 の前にの登場人物が多数出演している。 ・な登場人物=・ー。 ・5mush・とろさーもん・・・・y・ライなど 鉄槌の日 の配信開始から1ヶたずに名前、がされてしまった。 配信の終盤、2体同時討伐のを ・ ・2対2で別れてごとに別の個体を狙い、先に倒したほうが勝ち ・2したら負け。 負けた方はなんでも言うことを聞く というを 勝手に設けて挑戦することにしたが、彼の味方を騙る以外の2人には頷いて貰えないまま開始。 そして案の定麗なテップと撃の繰り返しにより何度もふっ飛ばされる。 そこでその日の配信は終了した。 またの一部が本にされ、即日になった。 その後、に行われた謝罪編にて、 この日の記憶がくなっていることが判明した。 しかし、 にしたということだけは微かながら覚えている様子。 最初に謝罪するもすぐにXXハンターに戻る。 10回終了後からにされ大を起こしたので、数が増した。 ライはひょっこり現れさらっと去る。 ・な登場人物=子・孤独・soronなど 12回目配信 5月29日 版: 短編: ・XXハンター自身がと再戦を決意。 そこに待ち受けていたのは、あの時と同じ3人だった。 ロール付きの感動EDでお送りする堂々の。 ・な登場人物=・y・ライ 審判の時 の日より9日後、あの日のが開始された。 は「ライ」「」「y」と、当時のままだった。 よく集まったな。 今回のは以下となっている。 ・最初に2した方が負け ・また、攻撃を当てる度に1加算し、2せず討伐した場合が多い方の勝ち ・XXハンターの、残り2名は待機 ・での攻撃・は禁止だが、りを落とす場合は ・が攻撃した場合の負け 開幕、XXハンターがに撃し反則負けするも当然。 両名がから降りが開始され、 後にXXハンターがに殺され1。 に戻ったXXハンターはあろうことか、待機でが死ぬのを待つに出た。 しこでライが攻撃、落される。 リを落とすのは可としていたが裏切りとされ発狂。 同時にもから降りてを出し帰還。 「攻撃」はしていないため反則ではないが、XXハンターに反則扱いされる。 再開後、 1分12後にXXハンターがに殺され2。 ここで上はとなる。 しかし「 」を 手動で流し、をするためにで秘を飲もうとした時、ライに攻撃され落される。 その後、「当てて即イアして勝ち宣言」すらできず3し、パタン。 なお、有志による攻撃ントは XXハンター 1: 18 であった. 開幕BC攻撃で反則負け、2でさらに、攻撃ントでもと、上の勝負でもを達成。 3と合わせて での全となった。 敵にして。 傍若人な振る舞いを続けるXXハンターを成敗するかのように、10回配信後半に満を持して降臨した。 で対人慣れしておりXXハンターを盛大に煽る。 味方にした際はに謝る。 動きが常人離れしており、味方との即席連携や先先回りは飯前。 を巧みに誘導し、対人戦のみならず実際にらせてこれ以上ないのに落とすという本物の。 むしろとの噂も。 初戦ではでXXハンターを撃退し、では見事に撃破した。 一説には迷惑行為を行うの粛正を行うナイトではないかとも囁かれている。 誤解されやすいが定文は「 XXハンターが、へ対して放った暴言」である。 当然のことだが、氏は一般のに対してこのような発言は一切しない。 定文は「 XXハンターのために」 わざわざ作ったものである。 最終(暫定)においてもそのは健在。 XXハンターから胸の内をられるも、当然慈悲などい。 と連携しXXハンターを膚なきまでにのめし、精を破壊した。 子に見限られするXXハンターに止めを刺すが如く、9回配信のに登場した最初の。 これまでの刺客とはに異なる挙動でXXハンターを翻弄。 (一応)に駆け付けた・を加えた1対3でもなお圧勝した猛者である。 名前の方がわからず、XXハンターは当初「エーエヌーチオーエヌ」と呼んでいた。 ライの「あんとにー」発言に「あんとにー!」と答える邪気さを持つ。 正式な呼称は不明。 当人の言う「」というのが方がわからない頃の呼び方の可性も否定できない。 ののような存在であり、本人が「私より強いです。 」と発言するほどの、立ち回り、対人を持つ強者。 しかしとの共闘時は見せ場を彼に譲りに回るというとして立ち回っている。 でもそのせいでが薄め。 基本人の名前を全く憶えないXXハンターだが、のことはたった1回の遭遇で記憶している。 最終時には戦のがしたかのように発狂しており、彼との戦いでどれほど精的を負っていたかが伺える。 以外にも・・・にも扱うヤー。 実は配信最初期から欄に登場している最の1人。 欄、参加問わずしょっちゅう登場しているXXハンター配信の回し。 対人は上記二人にべそこまで高くないが、数々の策略をり巡らせ、あの手この手でXXハンターの精を攻撃する優秀な参謀系。 また特殊を始め様々なに参加しているが、に配信中一回もってない。 ほぼ全ての配信で縦横尽の活躍を見せる、 裏の。 ライの行動を追うだけでもう一つのができそうなである。 偶然か必然か、彼の名前の同音の「l」は を意味するであり、 も 裏切者を意味する言葉だったりする。 何度もXXハンターを心身ともににしているのに、わっしょい定と秘餌付けを駆使して信頼させていく人心握術は見事。 一度不正に加担することですら騙しXXハンターの信頼を得るという、「敵を騙すにはまず味方から」を璧な形で実践した策士。 12回配信の時点でもまだXXハンターはライを自分側だと思い込んでおり、ちょっと意味わかんないくらい彼に信頼されている。 「くんに秘をあげる遊び」の発祥者であり、装備に切り替えたXXハンターと初めて同士のを行ったのも彼である。 にぞっこん。 男と判明しても尚諦めていなかった。 ライ「はじゃねえ」 ちなみにはエターナルファランクスの使い手になった模様。 XXハンターの被害者達 「」 三人の1人。 ライく。 しかしである。 「ときあめ編」の。 ちなみに断っておくと、ときあめ編は 全なでの出来事であり、XXハンターの配信と分かってて乗り込んでいった達と違い、ときあめ編の達はXXハンターに断で配信された者だということを覚えておいてほしい(とろさーもんは再登場してるけど)。 数々の要素から達の心を鷲掴みにしてしまい、あまりにになりすぎて単独記事までできてしまった。 詳細はにて。 彼のは。 初登場は「ときあめ編」後半。 XXハンターとの口論を仲裁するなど当初からその人っぷりを発揮。 しかしそんな彼も妨行為にさすがにが立ったようで、でXXハンターに対決を挑み達のフォローに回った。 その後XXハンターが乗りの援護を要請した際、人軍団3人はでこれを拒否している。 またとカワにに専念してもらう為にXXハンターを別で足止めをする役を買って出た。 その後「初戦編」にて再登場。 XXハンターと、ムッシュとが戦っている中、独りでと戦っていたの。 なのにもくれないな。 ともさんではない。 ようやくムッシュが救援に駆け付けてくれるも、直後にXXハンターが発狂し切断された。 「ときあめ編」に登場。 他の人と同じくXXハンターに妨されても文句を言わず堪え、喧仲裁も行うが乗りのはさすがに断った。 されたときのがに。 なちらも男 初登場は幻の5話。 XXハンターを挑発することなく終始を続けるが、それちょくちょくを繰り返してしまい、その度にXXハンターからかなり酷い暴言を浴びせられている。 特殊戦で後回線落ちしてしまうが、XXハンターにはたと判断され、数度のを気にして配信から去ってしまう。 しかし次の回では暴言を吐いたことなどッと忘れたXXハンターから貢物をされ、化する。 その後何度も彼の言動をめるように忠告するが成果は上がらず、「人を傷つけないで」というを破ったXXハンターを見限り彼の前から去っていった。 縁を絶った後もされてると決めつけられたりを演じるためのにされる。 上手編ではにおいて、の 「 XXハンターは のだからが分からないんだよ許したって」の発言に 「に失礼だろ」と辛辣なをする一面も。 よく間違えられるが奈子でもでもない。 子は「まこ」と読む。 7回配信時では孤独がXXハンターを嫌悪していく中、全く同じ遇にいたにも関わらず終始彼を鎮め続けていた。 続く「孤独と和奏編」では孤独と入れ替わるような形で登場。 でのやり取りに対して驚くほど冷静だった。 その後彼に同行し続け、対戦ではXXハンター・と共闘するも、XXハンターにもちゃっかり攻撃をしていた。 は「き」。 孤独と一緒にで盛り上がったこともある。 後の日の配信のはこの人。 面にを続けるが、並みのでもは仕方ないとされる特殊で数回ってしまい、状態のXXハンターに失敗の原因を全て擦り付けられて暴言を吐かれまくる。 最終的にを感じたのかから去ってしまった。 XXハンターに対し攻撃的な態度もとっていないので、ただひたすらのみを受けてしまった同情度No. 本作の組み合わせと名高いと合わせた「ガンナー」である。 のおかげでを0分針で討伐できたにも関わらず、遠くで射撃しているガンナーをり扱い。 「処刑」と称し妨行為を受け、討伐後に剥ぎ取り禁止宣告を受ける。 3したを一でと見抜いた名将、編一のにして者。 なぜか オネエ口調。 初登場時から敵対行動をとっていたが、8回配信前半の時点では子・と共に複数回に同行。 その後も3人になんの謝罪もせず理不尽な行動をとり続ける彼の態度から徐々に怒りを募らせていき、後半には全に彼を非難する立場に移行してしまった。 続く9回配信の「孤独と和奏編」では再び彼のに同行するも、再びして暴言を吐き続け、との口論のためにを放棄する態度により慢のを迎えた。 XXハンターの側についたとの1対2で善戦するも、最後に当てた者勝ちを発動したXXハンターに勝ちされてしまう。 その後孤独に放った暴言により和奏はXXハンターを見限ることになった。 XXハンターの内では 和奏をしたことになっている恐ろしい人。 「孤独と和奏編」は「戦」とは違い非常にな展開があるので一見の価値あり。 その後との後したXXハンターの前に再び立ち塞がり、を積み以前よりかに成長したをもってXXハンターを。 しのの際 を買収 し を強くしていた事がXXハンターの口から判明した。 :攻撃判定 ちなみにXXハンターは名前を「 」としている。 でもXXハンターでもなく自身が面くなるように行動する。 実は編直後にXXハンターとフレになっている。 8回配信時ではフレの立場を利用しXXハンターの装備がネであると暴露したが、すでに状態になっているXXハンターはそれどころではなくなっていたため対したを与えられなかった。 続く「孤独と和奏編」ではXXハンターの手下のように行動しているが、時折手が滑ったかのようにXXハンターへ攻撃し、XXハンターが見ていないところでは孤独への攻撃を止めるというねちっこいを繰り広げ続けた。 対戦でも双方に攻撃しているが、麻酔玉をぶん投げたりと全に遊びまくっている。 初登場時は3回配信時の「編」。 捕獲を散々強調するXXハンターをに達成で意気揚々と帰っていった。 を積極的に設置しを露呈させた元であり、のフンを渡したのもである。 なんだかんだで決定的な裏切りとなる行動をしていないので、XXハンターはまだと信じ続けているのかもしれない。 初の刺客にして初の使い。 配信々に迷惑をかけまくるXXハンターに最初の制裁を行う。 の対人戦での強さを嫌というほどXXハンターに込んだ。 XXハンターがを担いだ元とも言えるかもしれない。 流れ的にいずれそうなったであろうが 以外にもの蹴脚術やを用いてXXハンターを転がしまくった。 その後防御19というを見て怒ったXXハンターに蹴り飛ばされた。 XXハンターの発言に対し、上記定文で的確に応答する。 ふくも 「ベ イ ブ レ ー ド」 組。 初登場は「魔編 後編」。 その後「ライ編」にて再登場。 でを爆破し、XXハンターの剥ぎ取りを妨、発狂させる。 編の装は璧に。 ライから続く餌付けを駆使し「これがだ」と信頼しきったXXハンターの誇りをズタズタに切り裂いた。 突進を駆使しXXハンターを圧倒。 との見事な連携でXXハンターをらせ、イアを選択しようとするところまで精的に追い込んだ。 T 組。 「編」「闘技場編」に登場。 初登場は達との戦。 餌付けをよく行う甘やかし担当。 闘技場編では餌付けで信頼され。 その後不正の協を要されるもM. Tは当然それを拒否。 するとし、とち狂った行動を始めたXXハンターによって蹴り出されてしまった。 にでXXハンターを追い込む魔。 二度に渡りを駆使してXXハンターを制裁した。 その後「三人の刺客編」にて刺客の1人として再登場。 あくん、と協して圧倒的物量のでXXハンターの討伐に成功する。 初期からXXハンターを執拗に続けているブレない人。 でもにを生やすのは。 接待では、刺客編ではを使用している。 の使い手。 接待からの剥ぎ取り妨でからに落した後、ライの・を挟んで再び登場。 警するXXハンターを秘で餌付けし信頼させ、その後再びに落した。 の前にこっそりXXハンターのに成功している。 その後蹴られたけど。 ちなみに睡眠で彼が寝かせたを に攻撃して起こすという特大をXXハンターはかましている(2回も多段技である覇山で起こした)。 開始当初は較的まともにと戦っていたが、残り2人のXXハンターへの攻撃が本格化してから戦線に参加する。 ならではのを駆使し撃をシャット。 その間に残り2人が仕掛けるという即席事な連携を見せた。 い段階からXXハンターの行動にを立てており、初期から勝負を挑む。 XXハンターによる 断画面開、ライの裏切りによる不正にもめげず見事するが、の切断により勝負をなかったことにされてしまった。 その後の配信でも欄で散々挑発をかまし勝負を挑むが、XXハンターもし再戦はわなかった不遇の人。 棒立ち状態のXXハンターに対し蹴りを繰り出し諌めたところを逆上され標的にされる。 テオの攻撃によってしてしこぞとばかりにXXハンターに罵倒される憂きに合うが その後XXハンターを追い回し回復をしつつテオを誘導しXXハンターをらせる(通称:漁)。 なお、XXハンターはる前に「テオに示してを殺した」と大喜びでっていた。 出会い編で初登場する使い。 特殊ののを貼り、そのの高さを彼の心に刻み込んだ。 その後10回配信ので再登場。 参加々に裏切るものの、失敗後に回復Gをしたことで秘に免じて許される。 次のでは剥ぎ取りを妨されたので剥ぎ取りを妨し返し、滅多にを倒せないXXハンターの精を破壊した。 05mush(ムッシュ) 初戦で彼と共闘した使い。 が強すぎるのでXXハンターから共闘を申し込まれたがに最初から最後まで敵だった。 また、2:1はと言われとのに持ち込んであげるなど精を持っている。 とろさーもん二回の!!発言の際、救援にも向かっている(、その後切断されたが)。 名前をで囲っている、が高い等の共通点からでは?とのもあるが、 とのにもとして登場しているため別人である。 、対人はおおよそ。 しかし特筆すべきはその連携。 を追いかけるXXハンターを秘でに撃たせる、 の設置したにXXハンターを誘導し、させるなど陰の立である。 やに負けず劣らずの対人を発揮し、XXハンターを敗走させる。 しかし不慮の回線切断により離脱、一転してXXハンターはをしをイアした。 ・に先駆けて登場していた熟練使いで、はその立ち回りと装備から屋と判断しを持っている。 からの璧な回避、テップでのの詰め方、的確な撃の数々でXXハンターをまで追い込んだ相当の強者。 しかし集会所で(本来集会所に持ち帰れない専用)をXXハンターに渡しており、疑惑が出ている。 登場回である5話は前述の通り一時非開になっていたにもかかわらず何故か最終後に再開されており、それが一部のに「隠し」と例えられたことで自身も「」という扱いを受けている。 余談だがこれまたであり、蹴る時のがやたらカイ。 (余談だが、ここでXXハンターは「Wa3E」を「わ」と読んでいる) しゃんぺいん らしきものを発見してXXハンターを窮地へ追いやった。 (XXハンターは「」を「わ」と読んだが、一般的に「」は「わ」と読む。 もちろん地域差はあるが) 恐らく昔からの。 において、入ってこいと挑発し入ってきた以外をしていた所に同席していた。 への備えなのか秘を渡した。 直後、「めんどくさいから」に巻き込まれ当然し敵対。 蹴られる度に何度もに侵入するが、結局挑戦はわなかったな人。 ときあめ編に登場。 で楽しく視聴しているようだ。 の初戦に登場。 恐らく山輪王寺から視聴している。 の第一。 の初戦とに登場。 恐らくから視聴している。 反響・記録• 登録者数がをきっかけに人前後(ときあめ編辺り)から00人に増加。 最終の数は00人。 の累計と違い、 同時接続数である。 がで獲得。 のアート部門の20がXXハンター関連で埋め尽くされる。 本記事の数が作成を待たず0ント突破(ただし、からは除外された模様)。 、が再生回数達成 注意 これでもか、というほど を使うが登場する。 XXハンター自身もを使っている。 言うまでもなれを見て安易に「=」と決めつけるのは厳禁。 のあるガンは撃を味方に当てないように細心の注意を払っているので、吹っ飛ばすのが的の輩としてはいけない。 今回の件はXXハンターのではあるものの、本来意図的に他のを吹っ飛ばして煽るなどという行為は相手に非があったとしても決して褒められた行為ではないことも十分理解していただきたい。 、彼の地に関するがいくつも流されているが、それらのは全く信憑性のないものである。 そもそも、正しい・正しくないに関わらず、それをもとに行動することは関係な方々へ多大な迷惑を掛ける行為であり、悪質ながそうなる事を狙って流した可性が非常に高いため、これらのに関する発言や行動は一切しないように。 関係な者の所でXXハンターを安易にする、共通点があるというだけの者に対して同一人物疑惑をかける、などの行為についても、それらの者やそのへの迷惑となる危険性が高い為、者本人がXXハンターをそのに取り入れていない限り、決して行わないように。 自分が面ければ何をやってもいい、何を言ってもいいなんてことは許されることではないのであり、内容や規模の問題ではなく、それをしてしまったら彼と同じなのである。 加えてとの再戦に至ってはまるで何かののように綺麗過ぎる展開の流れとの付き方だったため 「実は達もXXハンターとで、あの対人戦はに打ち合わせを行った上での手の込んだ試合だろ」というようなもに上がっていたりする。 ちなみに演技だとすると、 合計2間をえる撮りのを延々演技し続けたことになる。 これだけでも十分狂人であるが、のみならず見知った相手ではないのでのでも数多くの的行為を行っている事からもどちらにせよ迷惑な存在である事に変わりはない。 ただ、を見る限りだと少なくとも各拠点におけるに関してはを含むを撃破し、その先の上位段階の途中までは進めている と思われるが、いくら上位が限度とは言えそこに至るまでのを典的なとしか言えないXXハンターが一人でどこまでできるのかは疑わしいというも多い(寄生で上位~の武具を作ってからその後ででして行ったという可性も否定できないが)。 加えてそこまで進めているにも関わらず、村で絶対に戦っているはずの達の名前も彼らが使う攻撃の対処法も知らない(というか覚えてるの方が少ない)、のも全然覚えていない等々本来ならしている内にと身に付くはずの基礎知識が圧倒的に不足している点からも彼が下位の段階でもまともにをした事があるのかについては疑問視されている。 さらに言えば、ここまで強いと自尊心の持ちでありながら自身のはなんの個性も捻りもないただの「」である事から、そもそもこの自体が何らかの方法で手に入れたかお下がり、あるいはのようなを用いて作成したものではないかとも言われている。 CAPCOMによるステルスマーケティング説 XXハンターがを開始してから一ヶも経たないうちにの版の発売決定が表された。 あまりのの良さから、彼の正体はの関係者であり、注を引き付けることによるを的としていた説も浮上している。 孤独「」 だがもしそれがだとすると、 が妨や暴言などの行為を容認・推奨しているということになり、要素のあるを売るとしては致命的。 その上、効果として認められそうなのは、騒動後にの売上本数が本増えた程度で、それもXXハンター騒動のおかげかどうか不明である。 そのため、あくまでとして受け取っておいたほいと思われる。 XXハンターが彼の放送をたか、あるいは本人の別名義であるかは定かではない。 ただ、XXハンターの以前のでが好んでしているのをフォローしているなど、その関連性を裏付けるような要素も断片的ながら存在している。 もっとも全くのの他人である可性もあるため、過剰な憶測はが整理されるまでは控えるべきだろう。 よくある質問 Q. 集会場でに入るはなに? A. 集会所のは任意で変更でき、これはそのうちの1曲。 のは本人がしたもの? A. されているは、配信が終了すると自動的にされるものである。 のに書かれている注意書きがやけになんだけど? A. 記載されている注意書きは子に考えてもらったもの(本記事番号参照)。 の番号と装備教えて A. は19番。 多すぎてどれ見たら良いのか分からない A. 、を押さえればいいでしょう。 次点で、。 そこからどうしてこんなことになったのかを、を見ると知ることができます。 XXハンターの悪質な性格・粗悪なが理解でき、この時点でを敵に回しているのが。 及びで内の正攻法で彼を説得することがなのが。 基本回はないので全編視聴をオススメします。 順に視聴するといいでしょう。 ただし、編は随一の胸なので注意。 1回と2回配信分の短編はないの? A. これといった・見どころがほとんどないため短編化がされていない模様。 ののない至っての()のの様子を見ることができ、XXハンターが根っこからのだと再認識はできます。 関連動画• 出演: y ライ• 関連静画• 渡辺ゆうきくんのリンク• 関連項目• 自分が窮地に陥っているにも関わらず手動で「」を流すなど• 外見こそ防具変えているが、武具自体はのから作られる最高級のもの• 防具の頭部分の合成を可にするには村でののをする事が条件の一つ.

次の

【モンハンダブルクロス】効率の良いハンターランクの上げ方まとめ~HRポイントの稼ぎ方~【モンハンクロス】|GAMY

モンハンダブルクロス ハンターランク

関係者への等は控えましょう。 度が過ぎた罵や侮蔑などはどんな理由があっても厳禁です。 己のは、さらに加速する。 XXハンターとは、で[【】参加者募集ネ一式のくそはくるな]というでの配信をしていた、0、 自称 3年生であるくんの及び名である。 概要 よりが開始されたが、をはじめとした、を軽視し尽くした態度・行動の多さが注され、へのを切っ掛けに一気にした。 また、と思しき場面があることからくんの言動を親は少なからず知っている可性が高い。 親認でこのような配信が行われていることも「」要因なのかもしれない。 をもっての自身のをした。 XXハンター自身の発言や行動、それに関わった数々のとのやり取りやにされた者たちが次々とやなどを作り、「XXハンター」という一大としてとなった。 その後しばらくはに便乗した成りすましや、後継者を名乗るが後ののように多数出没しては消えていった。 何が問題なのか?• 他の承諾を得ないで 配信を行う で配信中であることを明記し、で鍵をかけるなどして関係な人のをさないようにするのが。 編やときあめ編では、 として入ったで行為を行いながら断配信し、しかもそれをのにするということをしている。 や剥ぎ取りの妨、暴言などの行為を行う。 剥ぎ取りとは、倒したから武具等を手に入れる行為で、の大きな楽しみの一つでもある。 それを妨されるのはかなりの。 しかも妨行為を楽しんでおり、「 妨たのちい」などと発言したこともある。 暴言のほうは、 しねしね連呼が定文登録されている……ということから なお、彼に一切敵対してなくても攻撃・妨 ・暴言が飛んでくる のでしくしても駄である。 妨行為に怒った者が反撃・反論すると「すぞ」などと 既に全配信しながら、である。 「 ちな録画してるんでしますね」「 妨。 すぞ?」が定文登録されているという胸。 上記行為のためにからされると、再度入室して「しねしね」連呼しながら集会所 あまりにしねしね定文を連打しすぎて側に受け付けてもらえなくである。 都合が悪くなるとを閉じて接続を切断する 切断するとともにをぶん投げ、「のせいで壊れたかもしれなかったじゃん!」という強な一言を放ったことも。 介添人付きのマン勝負で、 の権限をして開始直前に相手の介添人を。 しかも自分の介添人には試合に介入するようめる不正(しかし断られる)を行うなど。 なお、その後「相手も不正をしたかもしれないから」と難癖をつけた。 とするために中に棒立ちするなど、他の迷惑を顧みない行為 長時間「くつろぐ」などのをとる、に篭りを決め込む、などは。 として入ったでも当然のごとく行う。 ではない、純 な苦言・忠告であっても受け入れることはない 「乗りをしましょうよ」というの穏やかな提案に対して、XXハンターの答えは「 何様のつもりだよ。 っそうにしやがってよ」であった。 しまいには「 には言ってもわからない。 でも使って言うことをきかせるしかない」などと発言するに至って、彼には何を言っても駄だということが共通認識となった。 彼の行う他者へのが全て彼自身に当てはまる 「ネ一式のくそ はくるな」というながら本人の装備がネ一式(見たは変えている)、「 = くださいと言う知識も() もない 、 は言わないし知識も も 」とするが第1回からを要する、 自分も1回死んでおいて他人には「よ死んだやつは」と悪態を吐くなど、いわゆる発言ばかり。 同じのに対して「ふぜいが」と侮辱するが、彼自身の()は未満だった……というのはもはやの域に達している。 その他、自己中心的でな性格・行動(後述) あまりに長くなりすぎたので別項で述べる。 XXハンター プレイヤー 、、を使う。 上記の通り使用防具はネで外見をックにしている。 そのせいか、のなどでもXXハンターといえばック姿が基本となっている。 なお、一般的には「XXハンター」と呼ばれているが、当の本人のは「」のみである。 はいわゆる「」であり、はーストやを使わない、はをしない(できない)ので気りが使えず、したがってをえないというを披露している。 要するに下手。 その他、• 裂傷状態をそもそも知らず当然治し方も知らないために で (BCC)• 現地調合するわけでもないのに調合書全巻持ち• 乗りの蓄積値を知らないのか乗れるのは運だと言いる• 討伐後の剥ぎ取りについて、他人が剥ぎ取ることで自分の剥ぎ取れる回数が減ると• を所持しているのに の攻撃は せず回避に頼って失敗する• 「 には効かない」と罵った直後にPTによってで捕獲されてしまい、 数十絶句したあげくに「本当はシビレ じゃないとダメなんだよ。 はい ー。 」と言い訳する• 古 の分類の一つで、は効かない 相手にを仕掛けて「仕掛けたからこっちに誘導しろよ!使えねーな」などと悪態を吐き、その後 「コって何?」とそのものを知らない ことを暴露する• ガンナーの射撃を採取と勘違いして妨。 ガンナーの防具は防御が低く設定されていることを知らず、「防御が低いから」とガンナーを。 当然だがからを受けると「ガンナーだからといって甘えるな」とを展開した。 ……など、 どころには事欠かない。 XXハンター 人物 誇大に想した自分に周りはしていると思い込み、自身を特権的な地位に置き、他人の気持ちに共感することができない……というで聞いたような性格。 具体的には、• 他人にはを課すが、自らは己の課した禁止行為を然と行う 編やときあめ編などが代表例。 採取・妨禁止を謳っておいて自分は採取・妨に勤しむ。 あるいは研ぎ(使い続けることで減少した威を元に戻す行為)を「さぼりはいかんだろ」と妨しておいて、自分は然と研ぐ。 そうしておいて、「 一人ない人がいますね」の定文を放つ。 じゃい!• 他人は自分を助ける義務があると思い込んでいるが、XXハンターが他人を助けることはない 自分が窮地に陥ると「粉粉粉!」と生命の粉(重な全体回復)の使用を要、他がそれを使わないと「なんでが回復つかわなきゃいけねーんだよ」と罵倒しながら渋々使う。 しかし、 彼が他人のために使うことはほとんどない。 他にも、さんざ妨しておいて氏に対し「 なぜ助けなかった」と再度助けなかったことを難詰したが、XXハンターは他人が窮地に陥っても助けない。 「は」と言っている本人が一番非協的である。 他人の貢献は視し、自分の功績は過大にする 開始から採取・妨に勤しんでいたにも関わらず「最後に攻撃を当てたのは自分」とするなど、実際には大して役に立っていないのに功績だけはする。 自分のは他人のせい、他人のは盛大に責める 自分が死ぬと「仕方ないは悪くない」の一点りだが味方が死ぬと「くそ」の定文とともに「何死んでんだよ、が…」と吐き捨てる。 すると「()がから集中できなかったじゃん!」とのたまい、 「自分が暴言を吐くのはが暴言を吐くから」であり、 最終では「 さえいなければに放送できたんだ!」と悲痛なだけの叫びをあげた。 幼稚かつ尊大での言動 XXハンターの行為が原因で発生した喧で、させるために「ごめん」と言った相手に対してのXXハンターの返答は「いいよ」そして「 あたまあげろよ」であった。 その他、で狩れる実がないのに「手伝ってほしいの?」など数え切れないほど。 自らをのに擬する 『』のや『』のになりきってのを叫ぶ。 XXハンターが「 自分をと思い込んでる」と呼ばれるゆえんである。 他人がを使うのを嫌がるのはにこれが原因。 自分のを誇する を呼ぶのは(後に番に訂正)、「」「」「(れ)」も読めないなど、 正直としてもどうかと思われるのだが、彼に言わせれば「自分はで もいるなのではしている」そうである。 幼稚な彙 罵倒・の言葉で自称とは思えないほど幼稚なものが飛び出す。 例)あほどじまぬけ・う〇こ・ち〇ちん・弱い・いちぬけ…• をやっつけて愉悦に浸る 反論できなくなる・どうしようもないを突きつけられるなどすると、討伐対ではないを「 は強いんだ!」「 ホラ反撃してみろよできないだろ~?」などと笑いながらなぶり殺しにして愉悦に浸る。 垣間見えた闇の深さにも生えない。 配信の軌跡 関連の項も参照。 1回目配信 5月1日 版: ・最初のうちは、支給品総取り以外は的なをしている。 が、分過ぎから蹴りを繰り出したりするようになり、1時間弱が経過する頃には全に々のよく知るXXハンターになっている。 気に入った女には甘いのは既にこの回から。 画面の、の端から端までのっしのっし横断するに棒立ちのまま殺されるXXハンターが笑える。 2回目配信 5月2日 版: ・全にXXハンター。 4回連続でから蹴り出され、発狂して集会所。 への八つ当たりはこの回から始めている。 ・ この回に「」という名のが登場するが、宿敵の氏とは別人。 しかしXXハンターは何かを感じたのかから蹴り出している。 最初の刺客は使いであり、ここからXXハンターの使いとの戦いが始まった。 ライは使いとして登場。 ・な登場人物=・ライ・M. 前回ににされたからか、XXハンターがを担ぎ始める。 ライの立ち回りが際立ち始めるのはこの頃から。 の一時消滅騒動のドでこっそりした。 ・子との出会い・ライが何故まで信頼されるようになったのか・最終で特殊ディノを選んだ理由が明かされる補回。 ・に先駆けて登場していた熟練使いの登場や、BCからBCに運ばれる男、キレッキレの誤字にの数々など見どころ満載。 ・な登場人物=子・・ー。 ライが化。 の本はがひどいので注意。 ・な登場人物=・子・ライ・本居 ・M. T・サヤ・孤独など 7回目配信 5月7日 版: 短編: ・ライの独壇場となる回。 配信は分と(他にべて)非常に短い。 理由は。 最初は子・・孤独のフレと複数回に行くが、にいら立ちを募らせしていく。 途中でがと言われたことでに切り替えるが、しばらくしてにする。 前回のライの裏切りが相当になっていたようだが、であっさり許される。 結末は…。 の1人出現。 ライは中。 数々の愚行の末にがついに降臨。 の前にの登場人物が多数出演している。 ・な登場人物=・ー。 ・5mush・とろさーもん・・・・y・ライなど 鉄槌の日 の配信開始から1ヶたずに名前、がされてしまった。 配信の終盤、2体同時討伐のを ・ ・2対2で別れてごとに別の個体を狙い、先に倒したほうが勝ち ・2したら負け。 負けた方はなんでも言うことを聞く というを 勝手に設けて挑戦することにしたが、彼の味方を騙る以外の2人には頷いて貰えないまま開始。 そして案の定麗なテップと撃の繰り返しにより何度もふっ飛ばされる。 そこでその日の配信は終了した。 またの一部が本にされ、即日になった。 その後、に行われた謝罪編にて、 この日の記憶がくなっていることが判明した。 しかし、 にしたということだけは微かながら覚えている様子。 最初に謝罪するもすぐにXXハンターに戻る。 10回終了後からにされ大を起こしたので、数が増した。 ライはひょっこり現れさらっと去る。 ・な登場人物=子・孤独・soronなど 12回目配信 5月29日 版: 短編: ・XXハンター自身がと再戦を決意。 そこに待ち受けていたのは、あの時と同じ3人だった。 ロール付きの感動EDでお送りする堂々の。 ・な登場人物=・y・ライ 審判の時 の日より9日後、あの日のが開始された。 は「ライ」「」「y」と、当時のままだった。 よく集まったな。 今回のは以下となっている。 ・最初に2した方が負け ・また、攻撃を当てる度に1加算し、2せず討伐した場合が多い方の勝ち ・XXハンターの、残り2名は待機 ・での攻撃・は禁止だが、りを落とす場合は ・が攻撃した場合の負け 開幕、XXハンターがに撃し反則負けするも当然。 両名がから降りが開始され、 後にXXハンターがに殺され1。 に戻ったXXハンターはあろうことか、待機でが死ぬのを待つに出た。 しこでライが攻撃、落される。 リを落とすのは可としていたが裏切りとされ発狂。 同時にもから降りてを出し帰還。 「攻撃」はしていないため反則ではないが、XXハンターに反則扱いされる。 再開後、 1分12後にXXハンターがに殺され2。 ここで上はとなる。 しかし「 」を 手動で流し、をするためにで秘を飲もうとした時、ライに攻撃され落される。 その後、「当てて即イアして勝ち宣言」すらできず3し、パタン。 なお、有志による攻撃ントは XXハンター 1: 18 であった. 開幕BC攻撃で反則負け、2でさらに、攻撃ントでもと、上の勝負でもを達成。 3と合わせて での全となった。 敵にして。 傍若人な振る舞いを続けるXXハンターを成敗するかのように、10回配信後半に満を持して降臨した。 で対人慣れしておりXXハンターを盛大に煽る。 味方にした際はに謝る。 動きが常人離れしており、味方との即席連携や先先回りは飯前。 を巧みに誘導し、対人戦のみならず実際にらせてこれ以上ないのに落とすという本物の。 むしろとの噂も。 初戦ではでXXハンターを撃退し、では見事に撃破した。 一説には迷惑行為を行うの粛正を行うナイトではないかとも囁かれている。 誤解されやすいが定文は「 XXハンターが、へ対して放った暴言」である。 当然のことだが、氏は一般のに対してこのような発言は一切しない。 定文は「 XXハンターのために」 わざわざ作ったものである。 最終(暫定)においてもそのは健在。 XXハンターから胸の内をられるも、当然慈悲などい。 と連携しXXハンターを膚なきまでにのめし、精を破壊した。 子に見限られするXXハンターに止めを刺すが如く、9回配信のに登場した最初の。 これまでの刺客とはに異なる挙動でXXハンターを翻弄。 (一応)に駆け付けた・を加えた1対3でもなお圧勝した猛者である。 名前の方がわからず、XXハンターは当初「エーエヌーチオーエヌ」と呼んでいた。 ライの「あんとにー」発言に「あんとにー!」と答える邪気さを持つ。 正式な呼称は不明。 当人の言う「」というのが方がわからない頃の呼び方の可性も否定できない。 ののような存在であり、本人が「私より強いです。 」と発言するほどの、立ち回り、対人を持つ強者。 しかしとの共闘時は見せ場を彼に譲りに回るというとして立ち回っている。 でもそのせいでが薄め。 基本人の名前を全く憶えないXXハンターだが、のことはたった1回の遭遇で記憶している。 最終時には戦のがしたかのように発狂しており、彼との戦いでどれほど精的を負っていたかが伺える。 以外にも・・・にも扱うヤー。 実は配信最初期から欄に登場している最の1人。 欄、参加問わずしょっちゅう登場しているXXハンター配信の回し。 対人は上記二人にべそこまで高くないが、数々の策略をり巡らせ、あの手この手でXXハンターの精を攻撃する優秀な参謀系。 また特殊を始め様々なに参加しているが、に配信中一回もってない。 ほぼ全ての配信で縦横尽の活躍を見せる、 裏の。 ライの行動を追うだけでもう一つのができそうなである。 偶然か必然か、彼の名前の同音の「l」は を意味するであり、 も 裏切者を意味する言葉だったりする。 何度もXXハンターを心身ともににしているのに、わっしょい定と秘餌付けを駆使して信頼させていく人心握術は見事。 一度不正に加担することですら騙しXXハンターの信頼を得るという、「敵を騙すにはまず味方から」を璧な形で実践した策士。 12回配信の時点でもまだXXハンターはライを自分側だと思い込んでおり、ちょっと意味わかんないくらい彼に信頼されている。 「くんに秘をあげる遊び」の発祥者であり、装備に切り替えたXXハンターと初めて同士のを行ったのも彼である。 にぞっこん。 男と判明しても尚諦めていなかった。 ライ「はじゃねえ」 ちなみにはエターナルファランクスの使い手になった模様。 XXハンターの被害者達 「」 三人の1人。 ライく。 しかしである。 「ときあめ編」の。 ちなみに断っておくと、ときあめ編は 全なでの出来事であり、XXハンターの配信と分かってて乗り込んでいった達と違い、ときあめ編の達はXXハンターに断で配信された者だということを覚えておいてほしい(とろさーもんは再登場してるけど)。 数々の要素から達の心を鷲掴みにしてしまい、あまりにになりすぎて単独記事までできてしまった。 詳細はにて。 彼のは。 初登場は「ときあめ編」後半。 XXハンターとの口論を仲裁するなど当初からその人っぷりを発揮。 しかしそんな彼も妨行為にさすがにが立ったようで、でXXハンターに対決を挑み達のフォローに回った。 その後XXハンターが乗りの援護を要請した際、人軍団3人はでこれを拒否している。 またとカワにに専念してもらう為にXXハンターを別で足止めをする役を買って出た。 その後「初戦編」にて再登場。 XXハンターと、ムッシュとが戦っている中、独りでと戦っていたの。 なのにもくれないな。 ともさんではない。 ようやくムッシュが救援に駆け付けてくれるも、直後にXXハンターが発狂し切断された。 「ときあめ編」に登場。 他の人と同じくXXハンターに妨されても文句を言わず堪え、喧仲裁も行うが乗りのはさすがに断った。 されたときのがに。 なちらも男 初登場は幻の5話。 XXハンターを挑発することなく終始を続けるが、それちょくちょくを繰り返してしまい、その度にXXハンターからかなり酷い暴言を浴びせられている。 特殊戦で後回線落ちしてしまうが、XXハンターにはたと判断され、数度のを気にして配信から去ってしまう。 しかし次の回では暴言を吐いたことなどッと忘れたXXハンターから貢物をされ、化する。 その後何度も彼の言動をめるように忠告するが成果は上がらず、「人を傷つけないで」というを破ったXXハンターを見限り彼の前から去っていった。 縁を絶った後もされてると決めつけられたりを演じるためのにされる。 上手編ではにおいて、の 「 XXハンターは のだからが分からないんだよ許したって」の発言に 「に失礼だろ」と辛辣なをする一面も。 よく間違えられるが奈子でもでもない。 子は「まこ」と読む。 7回配信時では孤独がXXハンターを嫌悪していく中、全く同じ遇にいたにも関わらず終始彼を鎮め続けていた。 続く「孤独と和奏編」では孤独と入れ替わるような形で登場。 でのやり取りに対して驚くほど冷静だった。 その後彼に同行し続け、対戦ではXXハンター・と共闘するも、XXハンターにもちゃっかり攻撃をしていた。 は「き」。 孤独と一緒にで盛り上がったこともある。 後の日の配信のはこの人。 面にを続けるが、並みのでもは仕方ないとされる特殊で数回ってしまい、状態のXXハンターに失敗の原因を全て擦り付けられて暴言を吐かれまくる。 最終的にを感じたのかから去ってしまった。 XXハンターに対し攻撃的な態度もとっていないので、ただひたすらのみを受けてしまった同情度No. 本作の組み合わせと名高いと合わせた「ガンナー」である。 のおかげでを0分針で討伐できたにも関わらず、遠くで射撃しているガンナーをり扱い。 「処刑」と称し妨行為を受け、討伐後に剥ぎ取り禁止宣告を受ける。 3したを一でと見抜いた名将、編一のにして者。 なぜか オネエ口調。 初登場時から敵対行動をとっていたが、8回配信前半の時点では子・と共に複数回に同行。 その後も3人になんの謝罪もせず理不尽な行動をとり続ける彼の態度から徐々に怒りを募らせていき、後半には全に彼を非難する立場に移行してしまった。 続く9回配信の「孤独と和奏編」では再び彼のに同行するも、再びして暴言を吐き続け、との口論のためにを放棄する態度により慢のを迎えた。 XXハンターの側についたとの1対2で善戦するも、最後に当てた者勝ちを発動したXXハンターに勝ちされてしまう。 その後孤独に放った暴言により和奏はXXハンターを見限ることになった。 XXハンターの内では 和奏をしたことになっている恐ろしい人。 「孤独と和奏編」は「戦」とは違い非常にな展開があるので一見の価値あり。 その後との後したXXハンターの前に再び立ち塞がり、を積み以前よりかに成長したをもってXXハンターを。 しのの際 を買収 し を強くしていた事がXXハンターの口から判明した。 :攻撃判定 ちなみにXXハンターは名前を「 」としている。 でもXXハンターでもなく自身が面くなるように行動する。 実は編直後にXXハンターとフレになっている。 8回配信時ではフレの立場を利用しXXハンターの装備がネであると暴露したが、すでに状態になっているXXハンターはそれどころではなくなっていたため対したを与えられなかった。 続く「孤独と和奏編」ではXXハンターの手下のように行動しているが、時折手が滑ったかのようにXXハンターへ攻撃し、XXハンターが見ていないところでは孤独への攻撃を止めるというねちっこいを繰り広げ続けた。 対戦でも双方に攻撃しているが、麻酔玉をぶん投げたりと全に遊びまくっている。 初登場時は3回配信時の「編」。 捕獲を散々強調するXXハンターをに達成で意気揚々と帰っていった。 を積極的に設置しを露呈させた元であり、のフンを渡したのもである。 なんだかんだで決定的な裏切りとなる行動をしていないので、XXハンターはまだと信じ続けているのかもしれない。 初の刺客にして初の使い。 配信々に迷惑をかけまくるXXハンターに最初の制裁を行う。 の対人戦での強さを嫌というほどXXハンターに込んだ。 XXハンターがを担いだ元とも言えるかもしれない。 流れ的にいずれそうなったであろうが 以外にもの蹴脚術やを用いてXXハンターを転がしまくった。 その後防御19というを見て怒ったXXハンターに蹴り飛ばされた。 XXハンターの発言に対し、上記定文で的確に応答する。 ふくも 「ベ イ ブ レ ー ド」 組。 初登場は「魔編 後編」。 その後「ライ編」にて再登場。 でを爆破し、XXハンターの剥ぎ取りを妨、発狂させる。 編の装は璧に。 ライから続く餌付けを駆使し「これがだ」と信頼しきったXXハンターの誇りをズタズタに切り裂いた。 突進を駆使しXXハンターを圧倒。 との見事な連携でXXハンターをらせ、イアを選択しようとするところまで精的に追い込んだ。 T 組。 「編」「闘技場編」に登場。 初登場は達との戦。 餌付けをよく行う甘やかし担当。 闘技場編では餌付けで信頼され。 その後不正の協を要されるもM. Tは当然それを拒否。 するとし、とち狂った行動を始めたXXハンターによって蹴り出されてしまった。 にでXXハンターを追い込む魔。 二度に渡りを駆使してXXハンターを制裁した。 その後「三人の刺客編」にて刺客の1人として再登場。 あくん、と協して圧倒的物量のでXXハンターの討伐に成功する。 初期からXXハンターを執拗に続けているブレない人。 でもにを生やすのは。 接待では、刺客編ではを使用している。 の使い手。 接待からの剥ぎ取り妨でからに落した後、ライの・を挟んで再び登場。 警するXXハンターを秘で餌付けし信頼させ、その後再びに落した。 の前にこっそりXXハンターのに成功している。 その後蹴られたけど。 ちなみに睡眠で彼が寝かせたを に攻撃して起こすという特大をXXハンターはかましている(2回も多段技である覇山で起こした)。 開始当初は較的まともにと戦っていたが、残り2人のXXハンターへの攻撃が本格化してから戦線に参加する。 ならではのを駆使し撃をシャット。 その間に残り2人が仕掛けるという即席事な連携を見せた。 い段階からXXハンターの行動にを立てており、初期から勝負を挑む。 XXハンターによる 断画面開、ライの裏切りによる不正にもめげず見事するが、の切断により勝負をなかったことにされてしまった。 その後の配信でも欄で散々挑発をかまし勝負を挑むが、XXハンターもし再戦はわなかった不遇の人。 棒立ち状態のXXハンターに対し蹴りを繰り出し諌めたところを逆上され標的にされる。 テオの攻撃によってしてしこぞとばかりにXXハンターに罵倒される憂きに合うが その後XXハンターを追い回し回復をしつつテオを誘導しXXハンターをらせる(通称:漁)。 なお、XXハンターはる前に「テオに示してを殺した」と大喜びでっていた。 出会い編で初登場する使い。 特殊ののを貼り、そのの高さを彼の心に刻み込んだ。 その後10回配信ので再登場。 参加々に裏切るものの、失敗後に回復Gをしたことで秘に免じて許される。 次のでは剥ぎ取りを妨されたので剥ぎ取りを妨し返し、滅多にを倒せないXXハンターの精を破壊した。 05mush(ムッシュ) 初戦で彼と共闘した使い。 が強すぎるのでXXハンターから共闘を申し込まれたがに最初から最後まで敵だった。 また、2:1はと言われとのに持ち込んであげるなど精を持っている。 とろさーもん二回の!!発言の際、救援にも向かっている(、その後切断されたが)。 名前をで囲っている、が高い等の共通点からでは?とのもあるが、 とのにもとして登場しているため別人である。 、対人はおおよそ。 しかし特筆すべきはその連携。 を追いかけるXXハンターを秘でに撃たせる、 の設置したにXXハンターを誘導し、させるなど陰の立である。 やに負けず劣らずの対人を発揮し、XXハンターを敗走させる。 しかし不慮の回線切断により離脱、一転してXXハンターはをしをイアした。 ・に先駆けて登場していた熟練使いで、はその立ち回りと装備から屋と判断しを持っている。 からの璧な回避、テップでのの詰め方、的確な撃の数々でXXハンターをまで追い込んだ相当の強者。 しかし集会所で(本来集会所に持ち帰れない専用)をXXハンターに渡しており、疑惑が出ている。 登場回である5話は前述の通り一時非開になっていたにもかかわらず何故か最終後に再開されており、それが一部のに「隠し」と例えられたことで自身も「」という扱いを受けている。 余談だがこれまたであり、蹴る時のがやたらカイ。 (余談だが、ここでXXハンターは「Wa3E」を「わ」と読んでいる) しゃんぺいん らしきものを発見してXXハンターを窮地へ追いやった。 (XXハンターは「」を「わ」と読んだが、一般的に「」は「わ」と読む。 もちろん地域差はあるが) 恐らく昔からの。 において、入ってこいと挑発し入ってきた以外をしていた所に同席していた。 への備えなのか秘を渡した。 直後、「めんどくさいから」に巻き込まれ当然し敵対。 蹴られる度に何度もに侵入するが、結局挑戦はわなかったな人。 ときあめ編に登場。 で楽しく視聴しているようだ。 の初戦に登場。 恐らく山輪王寺から視聴している。 の第一。 の初戦とに登場。 恐らくから視聴している。 反響・記録• 登録者数がをきっかけに人前後(ときあめ編辺り)から00人に増加。 最終の数は00人。 の累計と違い、 同時接続数である。 がで獲得。 のアート部門の20がXXハンター関連で埋め尽くされる。 本記事の数が作成を待たず0ント突破(ただし、からは除外された模様)。 、が再生回数達成 注意 これでもか、というほど を使うが登場する。 XXハンター自身もを使っている。 言うまでもなれを見て安易に「=」と決めつけるのは厳禁。 のあるガンは撃を味方に当てないように細心の注意を払っているので、吹っ飛ばすのが的の輩としてはいけない。 今回の件はXXハンターのではあるものの、本来意図的に他のを吹っ飛ばして煽るなどという行為は相手に非があったとしても決して褒められた行為ではないことも十分理解していただきたい。 、彼の地に関するがいくつも流されているが、それらのは全く信憑性のないものである。 そもそも、正しい・正しくないに関わらず、それをもとに行動することは関係な方々へ多大な迷惑を掛ける行為であり、悪質ながそうなる事を狙って流した可性が非常に高いため、これらのに関する発言や行動は一切しないように。 関係な者の所でXXハンターを安易にする、共通点があるというだけの者に対して同一人物疑惑をかける、などの行為についても、それらの者やそのへの迷惑となる危険性が高い為、者本人がXXハンターをそのに取り入れていない限り、決して行わないように。 自分が面ければ何をやってもいい、何を言ってもいいなんてことは許されることではないのであり、内容や規模の問題ではなく、それをしてしまったら彼と同じなのである。 加えてとの再戦に至ってはまるで何かののように綺麗過ぎる展開の流れとの付き方だったため 「実は達もXXハンターとで、あの対人戦はに打ち合わせを行った上での手の込んだ試合だろ」というようなもに上がっていたりする。 ちなみに演技だとすると、 合計2間をえる撮りのを延々演技し続けたことになる。 これだけでも十分狂人であるが、のみならず見知った相手ではないのでのでも数多くの的行為を行っている事からもどちらにせよ迷惑な存在である事に変わりはない。 ただ、を見る限りだと少なくとも各拠点におけるに関してはを含むを撃破し、その先の上位段階の途中までは進めている と思われるが、いくら上位が限度とは言えそこに至るまでのを典的なとしか言えないXXハンターが一人でどこまでできるのかは疑わしいというも多い(寄生で上位~の武具を作ってからその後ででして行ったという可性も否定できないが)。 加えてそこまで進めているにも関わらず、村で絶対に戦っているはずの達の名前も彼らが使う攻撃の対処法も知らない(というか覚えてるの方が少ない)、のも全然覚えていない等々本来ならしている内にと身に付くはずの基礎知識が圧倒的に不足している点からも彼が下位の段階でもまともにをした事があるのかについては疑問視されている。 さらに言えば、ここまで強いと自尊心の持ちでありながら自身のはなんの個性も捻りもないただの「」である事から、そもそもこの自体が何らかの方法で手に入れたかお下がり、あるいはのようなを用いて作成したものではないかとも言われている。 CAPCOMによるステルスマーケティング説 XXハンターがを開始してから一ヶも経たないうちにの版の発売決定が表された。 あまりのの良さから、彼の正体はの関係者であり、注を引き付けることによるを的としていた説も浮上している。 孤独「」 だがもしそれがだとすると、 が妨や暴言などの行為を容認・推奨しているということになり、要素のあるを売るとしては致命的。 その上、効果として認められそうなのは、騒動後にの売上本数が本増えた程度で、それもXXハンター騒動のおかげかどうか不明である。 そのため、あくまでとして受け取っておいたほいと思われる。 XXハンターが彼の放送をたか、あるいは本人の別名義であるかは定かではない。 ただ、XXハンターの以前のでが好んでしているのをフォローしているなど、その関連性を裏付けるような要素も断片的ながら存在している。 もっとも全くのの他人である可性もあるため、過剰な憶測はが整理されるまでは控えるべきだろう。 よくある質問 Q. 集会場でに入るはなに? A. 集会所のは任意で変更でき、これはそのうちの1曲。 のは本人がしたもの? A. されているは、配信が終了すると自動的にされるものである。 のに書かれている注意書きがやけになんだけど? A. 記載されている注意書きは子に考えてもらったもの(本記事番号参照)。 の番号と装備教えて A. は19番。 多すぎてどれ見たら良いのか分からない A. 、を押さえればいいでしょう。 次点で、。 そこからどうしてこんなことになったのかを、を見ると知ることができます。 XXハンターの悪質な性格・粗悪なが理解でき、この時点でを敵に回しているのが。 及びで内の正攻法で彼を説得することがなのが。 基本回はないので全編視聴をオススメします。 順に視聴するといいでしょう。 ただし、編は随一の胸なので注意。 1回と2回配信分の短編はないの? A. これといった・見どころがほとんどないため短編化がされていない模様。 ののない至っての()のの様子を見ることができ、XXハンターが根っこからのだと再認識はできます。 関連動画• 出演: y ライ• 関連静画• 渡辺ゆうきくんのリンク• 関連項目• 自分が窮地に陥っているにも関わらず手動で「」を流すなど• 外見こそ防具変えているが、武具自体はのから作られる最高級のもの• 防具の頭部分の合成を可にするには村でののをする事が条件の一つ.

次の

【モンハンダブルクロス】効率の良いハンターランクの上げ方まとめ~HRポイントの稼ぎ方~【モンハンクロス】|GAMY

モンハンダブルクロス ハンターランク

関係者への等は控えましょう。 度が過ぎた罵や侮蔑などはどんな理由があっても厳禁です。 己のは、さらに加速する。 XXハンターとは、で[【】参加者募集ネ一式のくそはくるな]というでの配信をしていた、0、 自称 3年生であるくんの及び名である。 概要 よりが開始されたが、をはじめとした、を軽視し尽くした態度・行動の多さが注され、へのを切っ掛けに一気にした。 また、と思しき場面があることからくんの言動を親は少なからず知っている可性が高い。 親認でこのような配信が行われていることも「」要因なのかもしれない。 をもっての自身のをした。 XXハンター自身の発言や行動、それに関わった数々のとのやり取りやにされた者たちが次々とやなどを作り、「XXハンター」という一大としてとなった。 その後しばらくはに便乗した成りすましや、後継者を名乗るが後ののように多数出没しては消えていった。 何が問題なのか?• 他の承諾を得ないで 配信を行う で配信中であることを明記し、で鍵をかけるなどして関係な人のをさないようにするのが。 編やときあめ編では、 として入ったで行為を行いながら断配信し、しかもそれをのにするということをしている。 や剥ぎ取りの妨、暴言などの行為を行う。 剥ぎ取りとは、倒したから武具等を手に入れる行為で、の大きな楽しみの一つでもある。 それを妨されるのはかなりの。 しかも妨行為を楽しんでおり、「 妨たのちい」などと発言したこともある。 暴言のほうは、 しねしね連呼が定文登録されている……ということから なお、彼に一切敵対してなくても攻撃・妨 ・暴言が飛んでくる のでしくしても駄である。 妨行為に怒った者が反撃・反論すると「すぞ」などと 既に全配信しながら、である。 「 ちな録画してるんでしますね」「 妨。 すぞ?」が定文登録されているという胸。 上記行為のためにからされると、再度入室して「しねしね」連呼しながら集会所 あまりにしねしね定文を連打しすぎて側に受け付けてもらえなくである。 都合が悪くなるとを閉じて接続を切断する 切断するとともにをぶん投げ、「のせいで壊れたかもしれなかったじゃん!」という強な一言を放ったことも。 介添人付きのマン勝負で、 の権限をして開始直前に相手の介添人を。 しかも自分の介添人には試合に介入するようめる不正(しかし断られる)を行うなど。 なお、その後「相手も不正をしたかもしれないから」と難癖をつけた。 とするために中に棒立ちするなど、他の迷惑を顧みない行為 長時間「くつろぐ」などのをとる、に篭りを決め込む、などは。 として入ったでも当然のごとく行う。 ではない、純 な苦言・忠告であっても受け入れることはない 「乗りをしましょうよ」というの穏やかな提案に対して、XXハンターの答えは「 何様のつもりだよ。 っそうにしやがってよ」であった。 しまいには「 には言ってもわからない。 でも使って言うことをきかせるしかない」などと発言するに至って、彼には何を言っても駄だということが共通認識となった。 彼の行う他者へのが全て彼自身に当てはまる 「ネ一式のくそ はくるな」というながら本人の装備がネ一式(見たは変えている)、「 = くださいと言う知識も() もない 、 は言わないし知識も も 」とするが第1回からを要する、 自分も1回死んでおいて他人には「よ死んだやつは」と悪態を吐くなど、いわゆる発言ばかり。 同じのに対して「ふぜいが」と侮辱するが、彼自身の()は未満だった……というのはもはやの域に達している。 その他、自己中心的でな性格・行動(後述) あまりに長くなりすぎたので別項で述べる。 XXハンター プレイヤー 、、を使う。 上記の通り使用防具はネで外見をックにしている。 そのせいか、のなどでもXXハンターといえばック姿が基本となっている。 なお、一般的には「XXハンター」と呼ばれているが、当の本人のは「」のみである。 はいわゆる「」であり、はーストやを使わない、はをしない(できない)ので気りが使えず、したがってをえないというを披露している。 要するに下手。 その他、• 裂傷状態をそもそも知らず当然治し方も知らないために で (BCC)• 現地調合するわけでもないのに調合書全巻持ち• 乗りの蓄積値を知らないのか乗れるのは運だと言いる• 討伐後の剥ぎ取りについて、他人が剥ぎ取ることで自分の剥ぎ取れる回数が減ると• を所持しているのに の攻撃は せず回避に頼って失敗する• 「 には効かない」と罵った直後にPTによってで捕獲されてしまい、 数十絶句したあげくに「本当はシビレ じゃないとダメなんだよ。 はい ー。 」と言い訳する• 古 の分類の一つで、は効かない 相手にを仕掛けて「仕掛けたからこっちに誘導しろよ!使えねーな」などと悪態を吐き、その後 「コって何?」とそのものを知らない ことを暴露する• ガンナーの射撃を採取と勘違いして妨。 ガンナーの防具は防御が低く設定されていることを知らず、「防御が低いから」とガンナーを。 当然だがからを受けると「ガンナーだからといって甘えるな」とを展開した。 ……など、 どころには事欠かない。 XXハンター 人物 誇大に想した自分に周りはしていると思い込み、自身を特権的な地位に置き、他人の気持ちに共感することができない……というで聞いたような性格。 具体的には、• 他人にはを課すが、自らは己の課した禁止行為を然と行う 編やときあめ編などが代表例。 採取・妨禁止を謳っておいて自分は採取・妨に勤しむ。 あるいは研ぎ(使い続けることで減少した威を元に戻す行為)を「さぼりはいかんだろ」と妨しておいて、自分は然と研ぐ。 そうしておいて、「 一人ない人がいますね」の定文を放つ。 じゃい!• 他人は自分を助ける義務があると思い込んでいるが、XXハンターが他人を助けることはない 自分が窮地に陥ると「粉粉粉!」と生命の粉(重な全体回復)の使用を要、他がそれを使わないと「なんでが回復つかわなきゃいけねーんだよ」と罵倒しながら渋々使う。 しかし、 彼が他人のために使うことはほとんどない。 他にも、さんざ妨しておいて氏に対し「 なぜ助けなかった」と再度助けなかったことを難詰したが、XXハンターは他人が窮地に陥っても助けない。 「は」と言っている本人が一番非協的である。 他人の貢献は視し、自分の功績は過大にする 開始から採取・妨に勤しんでいたにも関わらず「最後に攻撃を当てたのは自分」とするなど、実際には大して役に立っていないのに功績だけはする。 自分のは他人のせい、他人のは盛大に責める 自分が死ぬと「仕方ないは悪くない」の一点りだが味方が死ぬと「くそ」の定文とともに「何死んでんだよ、が…」と吐き捨てる。 すると「()がから集中できなかったじゃん!」とのたまい、 「自分が暴言を吐くのはが暴言を吐くから」であり、 最終では「 さえいなければに放送できたんだ!」と悲痛なだけの叫びをあげた。 幼稚かつ尊大での言動 XXハンターの行為が原因で発生した喧で、させるために「ごめん」と言った相手に対してのXXハンターの返答は「いいよ」そして「 あたまあげろよ」であった。 その他、で狩れる実がないのに「手伝ってほしいの?」など数え切れないほど。 自らをのに擬する 『』のや『』のになりきってのを叫ぶ。 XXハンターが「 自分をと思い込んでる」と呼ばれるゆえんである。 他人がを使うのを嫌がるのはにこれが原因。 自分のを誇する を呼ぶのは(後に番に訂正)、「」「」「(れ)」も読めないなど、 正直としてもどうかと思われるのだが、彼に言わせれば「自分はで もいるなのではしている」そうである。 幼稚な彙 罵倒・の言葉で自称とは思えないほど幼稚なものが飛び出す。 例)あほどじまぬけ・う〇こ・ち〇ちん・弱い・いちぬけ…• をやっつけて愉悦に浸る 反論できなくなる・どうしようもないを突きつけられるなどすると、討伐対ではないを「 は強いんだ!」「 ホラ反撃してみろよできないだろ~?」などと笑いながらなぶり殺しにして愉悦に浸る。 垣間見えた闇の深さにも生えない。 配信の軌跡 関連の項も参照。 1回目配信 5月1日 版: ・最初のうちは、支給品総取り以外は的なをしている。 が、分過ぎから蹴りを繰り出したりするようになり、1時間弱が経過する頃には全に々のよく知るXXハンターになっている。 気に入った女には甘いのは既にこの回から。 画面の、の端から端までのっしのっし横断するに棒立ちのまま殺されるXXハンターが笑える。 2回目配信 5月2日 版: ・全にXXハンター。 4回連続でから蹴り出され、発狂して集会所。 への八つ当たりはこの回から始めている。 ・ この回に「」という名のが登場するが、宿敵の氏とは別人。 しかしXXハンターは何かを感じたのかから蹴り出している。 最初の刺客は使いであり、ここからXXハンターの使いとの戦いが始まった。 ライは使いとして登場。 ・な登場人物=・ライ・M. 前回ににされたからか、XXハンターがを担ぎ始める。 ライの立ち回りが際立ち始めるのはこの頃から。 の一時消滅騒動のドでこっそりした。 ・子との出会い・ライが何故まで信頼されるようになったのか・最終で特殊ディノを選んだ理由が明かされる補回。 ・に先駆けて登場していた熟練使いの登場や、BCからBCに運ばれる男、キレッキレの誤字にの数々など見どころ満載。 ・な登場人物=子・・ー。 ライが化。 の本はがひどいので注意。 ・な登場人物=・子・ライ・本居 ・M. T・サヤ・孤独など 7回目配信 5月7日 版: 短編: ・ライの独壇場となる回。 配信は分と(他にべて)非常に短い。 理由は。 最初は子・・孤独のフレと複数回に行くが、にいら立ちを募らせしていく。 途中でがと言われたことでに切り替えるが、しばらくしてにする。 前回のライの裏切りが相当になっていたようだが、であっさり許される。 結末は…。 の1人出現。 ライは中。 数々の愚行の末にがついに降臨。 の前にの登場人物が多数出演している。 ・な登場人物=・ー。 ・5mush・とろさーもん・・・・y・ライなど 鉄槌の日 の配信開始から1ヶたずに名前、がされてしまった。 配信の終盤、2体同時討伐のを ・ ・2対2で別れてごとに別の個体を狙い、先に倒したほうが勝ち ・2したら負け。 負けた方はなんでも言うことを聞く というを 勝手に設けて挑戦することにしたが、彼の味方を騙る以外の2人には頷いて貰えないまま開始。 そして案の定麗なテップと撃の繰り返しにより何度もふっ飛ばされる。 そこでその日の配信は終了した。 またの一部が本にされ、即日になった。 その後、に行われた謝罪編にて、 この日の記憶がくなっていることが判明した。 しかし、 にしたということだけは微かながら覚えている様子。 最初に謝罪するもすぐにXXハンターに戻る。 10回終了後からにされ大を起こしたので、数が増した。 ライはひょっこり現れさらっと去る。 ・な登場人物=子・孤独・soronなど 12回目配信 5月29日 版: 短編: ・XXハンター自身がと再戦を決意。 そこに待ち受けていたのは、あの時と同じ3人だった。 ロール付きの感動EDでお送りする堂々の。 ・な登場人物=・y・ライ 審判の時 の日より9日後、あの日のが開始された。 は「ライ」「」「y」と、当時のままだった。 よく集まったな。 今回のは以下となっている。 ・最初に2した方が負け ・また、攻撃を当てる度に1加算し、2せず討伐した場合が多い方の勝ち ・XXハンターの、残り2名は待機 ・での攻撃・は禁止だが、りを落とす場合は ・が攻撃した場合の負け 開幕、XXハンターがに撃し反則負けするも当然。 両名がから降りが開始され、 後にXXハンターがに殺され1。 に戻ったXXハンターはあろうことか、待機でが死ぬのを待つに出た。 しこでライが攻撃、落される。 リを落とすのは可としていたが裏切りとされ発狂。 同時にもから降りてを出し帰還。 「攻撃」はしていないため反則ではないが、XXハンターに反則扱いされる。 再開後、 1分12後にXXハンターがに殺され2。 ここで上はとなる。 しかし「 」を 手動で流し、をするためにで秘を飲もうとした時、ライに攻撃され落される。 その後、「当てて即イアして勝ち宣言」すらできず3し、パタン。 なお、有志による攻撃ントは XXハンター 1: 18 であった. 開幕BC攻撃で反則負け、2でさらに、攻撃ントでもと、上の勝負でもを達成。 3と合わせて での全となった。 敵にして。 傍若人な振る舞いを続けるXXハンターを成敗するかのように、10回配信後半に満を持して降臨した。 で対人慣れしておりXXハンターを盛大に煽る。 味方にした際はに謝る。 動きが常人離れしており、味方との即席連携や先先回りは飯前。 を巧みに誘導し、対人戦のみならず実際にらせてこれ以上ないのに落とすという本物の。 むしろとの噂も。 初戦ではでXXハンターを撃退し、では見事に撃破した。 一説には迷惑行為を行うの粛正を行うナイトではないかとも囁かれている。 誤解されやすいが定文は「 XXハンターが、へ対して放った暴言」である。 当然のことだが、氏は一般のに対してこのような発言は一切しない。 定文は「 XXハンターのために」 わざわざ作ったものである。 最終(暫定)においてもそのは健在。 XXハンターから胸の内をられるも、当然慈悲などい。 と連携しXXハンターを膚なきまでにのめし、精を破壊した。 子に見限られするXXハンターに止めを刺すが如く、9回配信のに登場した最初の。 これまでの刺客とはに異なる挙動でXXハンターを翻弄。 (一応)に駆け付けた・を加えた1対3でもなお圧勝した猛者である。 名前の方がわからず、XXハンターは当初「エーエヌーチオーエヌ」と呼んでいた。 ライの「あんとにー」発言に「あんとにー!」と答える邪気さを持つ。 正式な呼称は不明。 当人の言う「」というのが方がわからない頃の呼び方の可性も否定できない。 ののような存在であり、本人が「私より強いです。 」と発言するほどの、立ち回り、対人を持つ強者。 しかしとの共闘時は見せ場を彼に譲りに回るというとして立ち回っている。 でもそのせいでが薄め。 基本人の名前を全く憶えないXXハンターだが、のことはたった1回の遭遇で記憶している。 最終時には戦のがしたかのように発狂しており、彼との戦いでどれほど精的を負っていたかが伺える。 以外にも・・・にも扱うヤー。 実は配信最初期から欄に登場している最の1人。 欄、参加問わずしょっちゅう登場しているXXハンター配信の回し。 対人は上記二人にべそこまで高くないが、数々の策略をり巡らせ、あの手この手でXXハンターの精を攻撃する優秀な参謀系。 また特殊を始め様々なに参加しているが、に配信中一回もってない。 ほぼ全ての配信で縦横尽の活躍を見せる、 裏の。 ライの行動を追うだけでもう一つのができそうなである。 偶然か必然か、彼の名前の同音の「l」は を意味するであり、 も 裏切者を意味する言葉だったりする。 何度もXXハンターを心身ともににしているのに、わっしょい定と秘餌付けを駆使して信頼させていく人心握術は見事。 一度不正に加担することですら騙しXXハンターの信頼を得るという、「敵を騙すにはまず味方から」を璧な形で実践した策士。 12回配信の時点でもまだXXハンターはライを自分側だと思い込んでおり、ちょっと意味わかんないくらい彼に信頼されている。 「くんに秘をあげる遊び」の発祥者であり、装備に切り替えたXXハンターと初めて同士のを行ったのも彼である。 にぞっこん。 男と判明しても尚諦めていなかった。 ライ「はじゃねえ」 ちなみにはエターナルファランクスの使い手になった模様。 XXハンターの被害者達 「」 三人の1人。 ライく。 しかしである。 「ときあめ編」の。 ちなみに断っておくと、ときあめ編は 全なでの出来事であり、XXハンターの配信と分かってて乗り込んでいった達と違い、ときあめ編の達はXXハンターに断で配信された者だということを覚えておいてほしい(とろさーもんは再登場してるけど)。 数々の要素から達の心を鷲掴みにしてしまい、あまりにになりすぎて単独記事までできてしまった。 詳細はにて。 彼のは。 初登場は「ときあめ編」後半。 XXハンターとの口論を仲裁するなど当初からその人っぷりを発揮。 しかしそんな彼も妨行為にさすがにが立ったようで、でXXハンターに対決を挑み達のフォローに回った。 その後XXハンターが乗りの援護を要請した際、人軍団3人はでこれを拒否している。 またとカワにに専念してもらう為にXXハンターを別で足止めをする役を買って出た。 その後「初戦編」にて再登場。 XXハンターと、ムッシュとが戦っている中、独りでと戦っていたの。 なのにもくれないな。 ともさんではない。 ようやくムッシュが救援に駆け付けてくれるも、直後にXXハンターが発狂し切断された。 「ときあめ編」に登場。 他の人と同じくXXハンターに妨されても文句を言わず堪え、喧仲裁も行うが乗りのはさすがに断った。 されたときのがに。 なちらも男 初登場は幻の5話。 XXハンターを挑発することなく終始を続けるが、それちょくちょくを繰り返してしまい、その度にXXハンターからかなり酷い暴言を浴びせられている。 特殊戦で後回線落ちしてしまうが、XXハンターにはたと判断され、数度のを気にして配信から去ってしまう。 しかし次の回では暴言を吐いたことなどッと忘れたXXハンターから貢物をされ、化する。 その後何度も彼の言動をめるように忠告するが成果は上がらず、「人を傷つけないで」というを破ったXXハンターを見限り彼の前から去っていった。 縁を絶った後もされてると決めつけられたりを演じるためのにされる。 上手編ではにおいて、の 「 XXハンターは のだからが分からないんだよ許したって」の発言に 「に失礼だろ」と辛辣なをする一面も。 よく間違えられるが奈子でもでもない。 子は「まこ」と読む。 7回配信時では孤独がXXハンターを嫌悪していく中、全く同じ遇にいたにも関わらず終始彼を鎮め続けていた。 続く「孤独と和奏編」では孤独と入れ替わるような形で登場。 でのやり取りに対して驚くほど冷静だった。 その後彼に同行し続け、対戦ではXXハンター・と共闘するも、XXハンターにもちゃっかり攻撃をしていた。 は「き」。 孤独と一緒にで盛り上がったこともある。 後の日の配信のはこの人。 面にを続けるが、並みのでもは仕方ないとされる特殊で数回ってしまい、状態のXXハンターに失敗の原因を全て擦り付けられて暴言を吐かれまくる。 最終的にを感じたのかから去ってしまった。 XXハンターに対し攻撃的な態度もとっていないので、ただひたすらのみを受けてしまった同情度No. 本作の組み合わせと名高いと合わせた「ガンナー」である。 のおかげでを0分針で討伐できたにも関わらず、遠くで射撃しているガンナーをり扱い。 「処刑」と称し妨行為を受け、討伐後に剥ぎ取り禁止宣告を受ける。 3したを一でと見抜いた名将、編一のにして者。 なぜか オネエ口調。 初登場時から敵対行動をとっていたが、8回配信前半の時点では子・と共に複数回に同行。 その後も3人になんの謝罪もせず理不尽な行動をとり続ける彼の態度から徐々に怒りを募らせていき、後半には全に彼を非難する立場に移行してしまった。 続く9回配信の「孤独と和奏編」では再び彼のに同行するも、再びして暴言を吐き続け、との口論のためにを放棄する態度により慢のを迎えた。 XXハンターの側についたとの1対2で善戦するも、最後に当てた者勝ちを発動したXXハンターに勝ちされてしまう。 その後孤独に放った暴言により和奏はXXハンターを見限ることになった。 XXハンターの内では 和奏をしたことになっている恐ろしい人。 「孤独と和奏編」は「戦」とは違い非常にな展開があるので一見の価値あり。 その後との後したXXハンターの前に再び立ち塞がり、を積み以前よりかに成長したをもってXXハンターを。 しのの際 を買収 し を強くしていた事がXXハンターの口から判明した。 :攻撃判定 ちなみにXXハンターは名前を「 」としている。 でもXXハンターでもなく自身が面くなるように行動する。 実は編直後にXXハンターとフレになっている。 8回配信時ではフレの立場を利用しXXハンターの装備がネであると暴露したが、すでに状態になっているXXハンターはそれどころではなくなっていたため対したを与えられなかった。 続く「孤独と和奏編」ではXXハンターの手下のように行動しているが、時折手が滑ったかのようにXXハンターへ攻撃し、XXハンターが見ていないところでは孤独への攻撃を止めるというねちっこいを繰り広げ続けた。 対戦でも双方に攻撃しているが、麻酔玉をぶん投げたりと全に遊びまくっている。 初登場時は3回配信時の「編」。 捕獲を散々強調するXXハンターをに達成で意気揚々と帰っていった。 を積極的に設置しを露呈させた元であり、のフンを渡したのもである。 なんだかんだで決定的な裏切りとなる行動をしていないので、XXハンターはまだと信じ続けているのかもしれない。 初の刺客にして初の使い。 配信々に迷惑をかけまくるXXハンターに最初の制裁を行う。 の対人戦での強さを嫌というほどXXハンターに込んだ。 XXハンターがを担いだ元とも言えるかもしれない。 流れ的にいずれそうなったであろうが 以外にもの蹴脚術やを用いてXXハンターを転がしまくった。 その後防御19というを見て怒ったXXハンターに蹴り飛ばされた。 XXハンターの発言に対し、上記定文で的確に応答する。 ふくも 「ベ イ ブ レ ー ド」 組。 初登場は「魔編 後編」。 その後「ライ編」にて再登場。 でを爆破し、XXハンターの剥ぎ取りを妨、発狂させる。 編の装は璧に。 ライから続く餌付けを駆使し「これがだ」と信頼しきったXXハンターの誇りをズタズタに切り裂いた。 突進を駆使しXXハンターを圧倒。 との見事な連携でXXハンターをらせ、イアを選択しようとするところまで精的に追い込んだ。 T 組。 「編」「闘技場編」に登場。 初登場は達との戦。 餌付けをよく行う甘やかし担当。 闘技場編では餌付けで信頼され。 その後不正の協を要されるもM. Tは当然それを拒否。 するとし、とち狂った行動を始めたXXハンターによって蹴り出されてしまった。 にでXXハンターを追い込む魔。 二度に渡りを駆使してXXハンターを制裁した。 その後「三人の刺客編」にて刺客の1人として再登場。 あくん、と協して圧倒的物量のでXXハンターの討伐に成功する。 初期からXXハンターを執拗に続けているブレない人。 でもにを生やすのは。 接待では、刺客編ではを使用している。 の使い手。 接待からの剥ぎ取り妨でからに落した後、ライの・を挟んで再び登場。 警するXXハンターを秘で餌付けし信頼させ、その後再びに落した。 の前にこっそりXXハンターのに成功している。 その後蹴られたけど。 ちなみに睡眠で彼が寝かせたを に攻撃して起こすという特大をXXハンターはかましている(2回も多段技である覇山で起こした)。 開始当初は較的まともにと戦っていたが、残り2人のXXハンターへの攻撃が本格化してから戦線に参加する。 ならではのを駆使し撃をシャット。 その間に残り2人が仕掛けるという即席事な連携を見せた。 い段階からXXハンターの行動にを立てており、初期から勝負を挑む。 XXハンターによる 断画面開、ライの裏切りによる不正にもめげず見事するが、の切断により勝負をなかったことにされてしまった。 その後の配信でも欄で散々挑発をかまし勝負を挑むが、XXハンターもし再戦はわなかった不遇の人。 棒立ち状態のXXハンターに対し蹴りを繰り出し諌めたところを逆上され標的にされる。 テオの攻撃によってしてしこぞとばかりにXXハンターに罵倒される憂きに合うが その後XXハンターを追い回し回復をしつつテオを誘導しXXハンターをらせる(通称:漁)。 なお、XXハンターはる前に「テオに示してを殺した」と大喜びでっていた。 出会い編で初登場する使い。 特殊ののを貼り、そのの高さを彼の心に刻み込んだ。 その後10回配信ので再登場。 参加々に裏切るものの、失敗後に回復Gをしたことで秘に免じて許される。 次のでは剥ぎ取りを妨されたので剥ぎ取りを妨し返し、滅多にを倒せないXXハンターの精を破壊した。 05mush(ムッシュ) 初戦で彼と共闘した使い。 が強すぎるのでXXハンターから共闘を申し込まれたがに最初から最後まで敵だった。 また、2:1はと言われとのに持ち込んであげるなど精を持っている。 とろさーもん二回の!!発言の際、救援にも向かっている(、その後切断されたが)。 名前をで囲っている、が高い等の共通点からでは?とのもあるが、 とのにもとして登場しているため別人である。 、対人はおおよそ。 しかし特筆すべきはその連携。 を追いかけるXXハンターを秘でに撃たせる、 の設置したにXXハンターを誘導し、させるなど陰の立である。 やに負けず劣らずの対人を発揮し、XXハンターを敗走させる。 しかし不慮の回線切断により離脱、一転してXXハンターはをしをイアした。 ・に先駆けて登場していた熟練使いで、はその立ち回りと装備から屋と判断しを持っている。 からの璧な回避、テップでのの詰め方、的確な撃の数々でXXハンターをまで追い込んだ相当の強者。 しかし集会所で(本来集会所に持ち帰れない専用)をXXハンターに渡しており、疑惑が出ている。 登場回である5話は前述の通り一時非開になっていたにもかかわらず何故か最終後に再開されており、それが一部のに「隠し」と例えられたことで自身も「」という扱いを受けている。 余談だがこれまたであり、蹴る時のがやたらカイ。 (余談だが、ここでXXハンターは「Wa3E」を「わ」と読んでいる) しゃんぺいん らしきものを発見してXXハンターを窮地へ追いやった。 (XXハンターは「」を「わ」と読んだが、一般的に「」は「わ」と読む。 もちろん地域差はあるが) 恐らく昔からの。 において、入ってこいと挑発し入ってきた以外をしていた所に同席していた。 への備えなのか秘を渡した。 直後、「めんどくさいから」に巻き込まれ当然し敵対。 蹴られる度に何度もに侵入するが、結局挑戦はわなかったな人。 ときあめ編に登場。 で楽しく視聴しているようだ。 の初戦に登場。 恐らく山輪王寺から視聴している。 の第一。 の初戦とに登場。 恐らくから視聴している。 反響・記録• 登録者数がをきっかけに人前後(ときあめ編辺り)から00人に増加。 最終の数は00人。 の累計と違い、 同時接続数である。 がで獲得。 のアート部門の20がXXハンター関連で埋め尽くされる。 本記事の数が作成を待たず0ント突破(ただし、からは除外された模様)。 、が再生回数達成 注意 これでもか、というほど を使うが登場する。 XXハンター自身もを使っている。 言うまでもなれを見て安易に「=」と決めつけるのは厳禁。 のあるガンは撃を味方に当てないように細心の注意を払っているので、吹っ飛ばすのが的の輩としてはいけない。 今回の件はXXハンターのではあるものの、本来意図的に他のを吹っ飛ばして煽るなどという行為は相手に非があったとしても決して褒められた行為ではないことも十分理解していただきたい。 、彼の地に関するがいくつも流されているが、それらのは全く信憑性のないものである。 そもそも、正しい・正しくないに関わらず、それをもとに行動することは関係な方々へ多大な迷惑を掛ける行為であり、悪質ながそうなる事を狙って流した可性が非常に高いため、これらのに関する発言や行動は一切しないように。 関係な者の所でXXハンターを安易にする、共通点があるというだけの者に対して同一人物疑惑をかける、などの行為についても、それらの者やそのへの迷惑となる危険性が高い為、者本人がXXハンターをそのに取り入れていない限り、決して行わないように。 自分が面ければ何をやってもいい、何を言ってもいいなんてことは許されることではないのであり、内容や規模の問題ではなく、それをしてしまったら彼と同じなのである。 加えてとの再戦に至ってはまるで何かののように綺麗過ぎる展開の流れとの付き方だったため 「実は達もXXハンターとで、あの対人戦はに打ち合わせを行った上での手の込んだ試合だろ」というようなもに上がっていたりする。 ちなみに演技だとすると、 合計2間をえる撮りのを延々演技し続けたことになる。 これだけでも十分狂人であるが、のみならず見知った相手ではないのでのでも数多くの的行為を行っている事からもどちらにせよ迷惑な存在である事に変わりはない。 ただ、を見る限りだと少なくとも各拠点におけるに関してはを含むを撃破し、その先の上位段階の途中までは進めている と思われるが、いくら上位が限度とは言えそこに至るまでのを典的なとしか言えないXXハンターが一人でどこまでできるのかは疑わしいというも多い(寄生で上位~の武具を作ってからその後ででして行ったという可性も否定できないが)。 加えてそこまで進めているにも関わらず、村で絶対に戦っているはずの達の名前も彼らが使う攻撃の対処法も知らない(というか覚えてるの方が少ない)、のも全然覚えていない等々本来ならしている内にと身に付くはずの基礎知識が圧倒的に不足している点からも彼が下位の段階でもまともにをした事があるのかについては疑問視されている。 さらに言えば、ここまで強いと自尊心の持ちでありながら自身のはなんの個性も捻りもないただの「」である事から、そもそもこの自体が何らかの方法で手に入れたかお下がり、あるいはのようなを用いて作成したものではないかとも言われている。 CAPCOMによるステルスマーケティング説 XXハンターがを開始してから一ヶも経たないうちにの版の発売決定が表された。 あまりのの良さから、彼の正体はの関係者であり、注を引き付けることによるを的としていた説も浮上している。 孤独「」 だがもしそれがだとすると、 が妨や暴言などの行為を容認・推奨しているということになり、要素のあるを売るとしては致命的。 その上、効果として認められそうなのは、騒動後にの売上本数が本増えた程度で、それもXXハンター騒動のおかげかどうか不明である。 そのため、あくまでとして受け取っておいたほいと思われる。 XXハンターが彼の放送をたか、あるいは本人の別名義であるかは定かではない。 ただ、XXハンターの以前のでが好んでしているのをフォローしているなど、その関連性を裏付けるような要素も断片的ながら存在している。 もっとも全くのの他人である可性もあるため、過剰な憶測はが整理されるまでは控えるべきだろう。 よくある質問 Q. 集会場でに入るはなに? A. 集会所のは任意で変更でき、これはそのうちの1曲。 のは本人がしたもの? A. されているは、配信が終了すると自動的にされるものである。 のに書かれている注意書きがやけになんだけど? A. 記載されている注意書きは子に考えてもらったもの(本記事番号参照)。 の番号と装備教えて A. は19番。 多すぎてどれ見たら良いのか分からない A. 、を押さえればいいでしょう。 次点で、。 そこからどうしてこんなことになったのかを、を見ると知ることができます。 XXハンターの悪質な性格・粗悪なが理解でき、この時点でを敵に回しているのが。 及びで内の正攻法で彼を説得することがなのが。 基本回はないので全編視聴をオススメします。 順に視聴するといいでしょう。 ただし、編は随一の胸なので注意。 1回と2回配信分の短編はないの? A. これといった・見どころがほとんどないため短編化がされていない模様。 ののない至っての()のの様子を見ることができ、XXハンターが根っこからのだと再認識はできます。 関連動画• 出演: y ライ• 関連静画• 渡辺ゆうきくんのリンク• 関連項目• 自分が窮地に陥っているにも関わらず手動で「」を流すなど• 外見こそ防具変えているが、武具自体はのから作られる最高級のもの• 防具の頭部分の合成を可にするには村でののをする事が条件の一つ.

次の