おぎ の 矯正 歯科。 もぎ矯正歯科医院

おぎの矯正歯科(京都府亀岡市/亀岡駅)

おぎ の 矯正 歯科

初診で来られた患者さんによくする質問です。 「のどに食べ物がつまらないため」、「ものを噛むため」、「食べ物を消化しやすくするため」など、いろいろ答えていただきます。 どれも正しい答えでしょう。 歯科治療の目的は、食べ物をよりよく「咀嚼」できるようにすることです。 しかし、当医院でおこなっている咀嚼能力測定の結果から、噛み合わせが良くなっても噛めない子ども、大人の方が多くおられることがわかっています。 人間は、字の上手い人、下手な人がいます。 手は短い、太い手があっても各人同じように持っています。 字は、練習によってうまくなります。 これは、手の筋肉を脳が上手に制御できるようになったからです。 噛むこと」は手よりももっと複雑です。 ごはんを例にとりましょう。 ごはんを口の中に入れると、舌が歯の上にご飯粒を運んでくれます。 歯の上から落ちないように舌と頬っぺたの筋肉がご飯粒を挟み込み、その瞬間、噛む筋肉が顎を閉じることによってご飯粒を噛むことができます。 繊細な動きを脳が筋肉に命令しておこなう必要があります。 子どもの頃からうまく噛めていない子どもは、大人になっても噛む能力が自然に身につくことは期待できません。 「噛む能力」を調べ、矯正治療前後に適切な咀嚼指導を受けることがとても重要になります。 矯正で歯を並べるだけでは、片手落ちです。 「咀嚼」はほんの一例ですが、歯科医療においては、迷信めいたものが少なからず存在します。 これらを丁寧に考え、より意義のある医療を提供していくことが患者さんの真の健康に役立つものと考え、日々の診療に当たっております。 今後の夢・目標 1)よく噛める 2)呼吸がしやすい 3)自分の歯で一生噛める構造 4)より美しく これら4つを目指した矯正治療の確立。 その他 当医院では矯正治療に特化して治療をおこなっておりますが、矯正だけで困難なケースは、各分野の専門医と連携を密にして難症例も解決しております。

次の

スタッフ

おぎ の 矯正 歯科

矯正治療というのは長期的に矯正器具を装着する必要があり、その間はどうしても虫歯や歯周病といったお口の病気のリスクが増大してしまいます。 そのため、当院では矯正治療と並行してお口の健康維持と病気予防に取り組んでいきます。 実は歯並びというのは歯茎の健康にも深く関与しており、矯正治療によって歯並びを整えることで歯茎の健康状態を取り戻すことができます。 歯茎が健康であれば当然歯も健康になっていくため、歯並びとお口の健康というのは別の事柄のようで密接に関係しています。 また、当院ではほかの科目の歯科医師と連携しながら、お口の健康や体全体の健康を実現していきたいと考えています。 例えば、睡眠時無呼吸症候群の方は顎が小さくて空気の通り道である気道が狭いといった特徴があります。 そのような方の場合は歯科口腔外科の歯科医師と協力しながら、下顎を広げるための矯正治療を行っていきます。 このようにお口の健康だけでなく、体全体の健康に関しても、歯科という観点からサポートしていきたいと考えています。 当院では、小児矯正の取り組みとして「キッズクラブ」というシステムを作りました。 キッズクラブではお子さまが矯正治療を始めるのにふさわしい時期をご案内したり、しっかりとものを噛むための筋機能トレーニングを実施したりとさまざまな面から患者さまをサポートしていきます。 また、小児矯正に関するご相談から治療中のメンテナンス、病気予防、治療後のアフターケアに至るまで一貫してサポートしています。 お子さまの矯正治療の場合は成長する度に抜歯のリスクが増大するため、できる限り短期間での矯正を目指しており、2年以内での矯正完了を目標としています。 この目標を実現するためにも、キッズクラブでの筋機能トレーニングなどの取り組みが重要になってきます。 また、決して強制せずお子さまの治療に対する意欲が高まるまで待つことも大切だと考えています。 当院ではきれいな歯並びだけでなく、矯正治療後に白い歯も手に入れたいという希望をお持ちの方にホワイトニングをご案内しております。 ホワイトニングには院内で処置を行うオフィスホワイトニングと、患者さま自身が自宅で処置を行うホームホワイトニングの2種類があります。 当院ではその両方に対応していますので、患者さまの希望やお口の状態に合わせて適したものをご案内いたします。 また、歯の裏側に矯正器具を装着する裏側矯正をされている患者さまの場合は、矯正治療中にホワイトニング処置を行うことも可能です。 ホワイトニングは当院で矯正治療をされている方のみ対象となりますが、気になる方はぜひお気軽にご相談いただけたらと思います。 診療のモットーを教えてください。 亀岡市追分町大堀にあります「おぎの矯正歯科」は、矯正治療を中心に診療を行っている歯科医院です。 当院は、よく「噛める」歯を実現するためには、単に歯並びを整えるだけでなく、歯茎の健康管理や筋機能トレーニングによって体癖を改善していくことを大切に治療しています。 お口の中から体全体のバランスを整えるとともに、体全体から口腔環境の実現に向けてアプローチしていけたらと思います。 また、矯正治療だけでなく、白くきれいな歯を実現するためのホワイトニングも実施しており、美しいお口の創造をトータル的にサポートいたします。 矯正治療というのは、患者さまのお口の状態によって治療方法や治療プランが変動するものです。 そのため、ほかの科目の歯科医師と密に連携を取り、よりお口に適した治療内容を提案できるように努めております。 矯正治療中の虫歯予防から治療後のアフターフォローまで一貫してサポートできる体制を整えていますので、リラックスしてご相談ください。 「できるだけ長く快適に噛める歯」を実現するため、長くお口の健康をサポートしていけたらと思います。 お子さまから大人の方まで、さまざまな年齢層の患者さまに対応していますので、お困りの際はぜひご利用ください。 説明・カウンセリングで重視していることはありますか? 当院では治療を行うにあたって、丁寧かつ親身なカウンセリングを行っています。 矯正治療というのは患者さまの身体的・精神的負担も大きく、期間も長期になってきます。 また、費用の面でも負担が大きいのが現実です。 そのため、きちんと納得いただいたうえで治療に臨んでいただきたいと考えています。 カウンセリングでは第一に患者さまのお悩みをきちんとお伺いし、資料や図解などを用いながら治療について詳細まで説明いたします。 また、カウンセリングでは矯正について分からないことや不安なこともお話しいただき、一つひとつの相談に対して丁寧にお答えしていきます。 カウンセリングでは決して治療を強要するようなことはなく、患者さま自身が治療に対して意欲的になってから次のステップに進んでいきますので、気軽にご相談ください。 歯科医師がカウンセリングの内容をもとに患者さまに合った治療計画をご提案いたします。 また、お口の中へのアプローチだけでなく、体癖や習癖の改善指導を行うことで後戻り防止に取り組んでいきます。 様々ある歯科治療の中で力を入れている治療と、その理由も教えてください。 院長である私はこれまで一貫して、矯正治療を行ってきました。 矯正治療に力を入れて行ってきた理由は、単純に歯科分野の中でも特に面白いと感じたからです。 実は大学では矯正治療の勉強はほとんどなく、臨床経験は皆無に近い状態でした。 しかし、その頃から開業することを目指していた私は矯正治療に関する知識や技術を身に付けるため、大学の教授に相談して矯正治療に力を入れている歯科医院で2年間経験を積むことにしました。 その頃に矯正治療の楽しさ、奥深く論理的である部分に魅力を感じました。

次の

おぎの矯正歯科(京都府亀岡市/亀岡駅)

おぎ の 矯正 歯科

一人ひとりに最適な矯正治療を 祖父が1930年代に茂木歯科医院を開院。 父が1989年にもぎ矯正歯科医院を開院。 当院はこれまでに3代80年以上にわたって地域の歯科医療に貢献してきました。 当院では、矯正治療を通して地域の患者さまとの間に信頼関係を築いてきました。 矯正治療というものは、人生をもかえてしまう素晴らしい治療です。 歯並びひとつで、将来がまったく変わってしまうのです。 実際、 私は治療する中で患者さまの人生が輝きだす瞬間をたくさん目の当たりにしてきました。 治療前、暗い顔をしていた患者さまが、性格まで明るく前向きになることもあります。 ドクターだけでなく、スタッフ全員で患者さまの気持ちをしっかり理解しながら、丁寧な治療をご提供することをお約束します。 もし、あなたが歯並びのことでお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください。

次の