アライグマ ar。 【Google検索】動物名からパンダやトラをAR表示する機能をリリース!

スマホをかざせば生きものや山の名前がわかる! 学習&進化するAIアプリで人生はもっと楽しく|TIME&SPACE by KDDI

アライグマ ar

限りなく尊い何か ライダーの皆様へ どんなヘルメットでも、義務付けられる安全規格の要求は満たすようつくられ、安全性の核となる衝撃吸収の特性も、承認の際には確認されているから、市販されるヘルメットは全て、万一の際は、それなりの役目を果たす。 しかしながら、承認の試験による衝突の速度は、時速30Kmに満たないのも事実だ。 現実には、より高い速度で起こる衝突もあり、そこに絡むエネルギーの量は速度の二乗に比例するから、とてつもない大きさになる場合もある。 だから、如何なるヘルメットにも、「このヘルメットの能力を超える衝撃はある」との注意書きがある。 それ故、ヘルメットに力の及ばぬ事故が起きても、そのメーカーは責任を問われずに済み、ヘルメットの見直しも無いだろう。 アライの場合、つくるヘルメットでライダーの頭を護ることが仕事と心得るから、展開は異なる。 力の及ばぬ事故は、そのヘルメットをつくる人々の心まで痛める。 だが、その痛みは、他の誰にも負けない、更なるプロテクションを追うことへの熱源になる。 アライがアライであり続ける源泉は、ここにある。 加えて、その取り組みから学んだのは、「大きな衝撃も、表面を滑らせてかわし、ヘルメットの中に入れなければ、可能性は残る。 」との原理であった。 だが、対する相手は、何処から何が来るか分らない現実の衝撃であり、万能の策などは無かった。 とは言え、何もせずにはいられない。 驚くような性能を備えるヘルメットに育った。 本物と誇れる頭の護りは、こうして生まれた。 更に言う。 積み上げた頭の護りに向けた改善も、その多くは目に見えるセールスポイントにはなり難く、製造のコストも嵩む。 だが、多種多様なそれらが集積を得ると、その総合は、驚くような働きをも見せる。 その現実を繰り返し目にして、これこそが道と信じるから、アライは、その積み上げを続けている。 その積み上げで護ろうとするのは、値の付けようもないほど尊い、ライダーの頭と、ライダーを取巻く環境の全てであるから。

次の

スマホをかざせば生きものや山の名前がわかる! 学習&進化するAIアプリで人生はもっと楽しく|TIME&SPACE by KDDI

アライグマ ar

いや~知らなんだ、知らなんだ! Google先生で「動物」を検索するとAR表示できるの、知らなんだ~! みなさんは知ってた? もう~誰かもっと早く教えておくれよ~。 だって遅ればせながらその機能を試してみたら、これがもう楽しいのナンノって! しかも個人的な感想を言うと「屋内」でやるのもいいのだが、 「屋外で巨大化」させると楽しさが倍増じゃないか~! もしかしたら、この機能のことについてまだ知らない人もいるかもしれないので、使い方をサラッと説明しよう。 AR機能に対応している iPhone か Android 端末で…… 1. 動物の名前をGoogle検索する 2. 「3D表示」or「周囲のスペースに表示する」をタップ 3. カメラが起動するので、任意の場所にかざす 4. 試しに自宅で 「オオカミ」を検索してみたら、ものの数秒で呼び出すことができたゾ! A post shared by shawnrocketnews on Nov 5, 2019 at 1:10am PST コツとしては少ししゃがむか、低い位置からなるべくスマホを直角に立てること。 1~2メートル先ぐらいを狙うと上手くいくぞ! とっても簡単で楽しい機能だが、Google社の広報によると 呼び出せる動物は以下の29種類に限られているとのことで、どうぞお見知りおきを。 【動物】 トラ、パンダ、ヒョウ、ライオン、チーター、ヤギ、ウマ、クマ、オオカミ、シェトランドポニー、アライグマ、シカ、ハリネズミ、ボールニシキヘビ、ロットワイラー、フレンチブルドッグ、パグ、ゴールデンレトリバー、ポメラニアン、ネコ 【水中および湿地の動物】 マガモ、アメリカアリゲーター、ホオジロザメ、ウミガメ、タコ、Angler Fish(アンコウ目) 【鳥類】 ・コンゴウインコ、コウテイペンギン、イヌワシ ただし、筆者が確認したところ「ヤギ」だけは2019年11月14日現在、何かの不具合で表示できないようである(検証端末:iPhone 11)。 また、AR機能に対応していても、一部の端末では表示されない事象が確認されており、現在Google社が修正に取り組んでいるとのこと。 ・限界まで巨大化させてみた ところで、呼び出した動物は画面上で ピンチイン・ピンチアウトすることで大きさを%(パーセンテージ)で調節することができる。 B級の怪獣映画みたいになった~~~ッ!!!! 「上野」で「巨大生物」といえば……? そう、国立科学博物館の脇にある「シロナガスクジラ」の巨大模型だ。 ・巨大タコ vs. シロナガスクジラ ということで私のお気に入りの 「タコ(AR)」とシロナガスクジラで大きさを競わせることにした。 ……うむ。 ……いや~。 正直、見くびっていましたね。 クジラさんを。 余力を残して勝とうだなんて、甘っちょろい考えでした。 よろしい。 こちらもフルスロットル(全力)でいきましょう……。 1000ッッッパーーセントォ~~~~~~!!!!!!!!!! こ、これは……………………!? ギリ、勝った(体高では) 【完】 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

【Google検索】動物ARで3Dの猫を召喚!本物の猫と並べてみました

アライグマ ar

芦北町の山間部で特定外来生物のアライグマが捕獲され、町が住民に注意を呼びかけている。 熊本県によると、同町を含めて県南で確認されたのは初めて。 県と町によると、4月12日、町から有害鳥獣捕獲の許可を受けた住民が同町横居木に仕掛けた有害鳥獣用のわなに、幼獣と見られる1匹が掛かっていた。 体長約60センチで、雌雄は不明。 住民はアライグマだとすぐに気付かず、5月7日になって県に知らせた。 既に殺処分されて個体は残っていないが、住民が撮影した写真に特徴的なしっぽのしま模様が写っていたことなどで県はアライグマと断定した。 アライグマは今年4月以降、熊本市内で4匹が相次ぎ捕獲されている。 過去には玉名市や御船町でも見つかっている。 県芦北地域振興局農林部林務課は「確認は現時点で1匹のみで親がいるかや、県南で生息域が広がっているかは分からない」としている。 芦北町では今のところ農作物などの被害報告はないが、生態系への影響やごみ捨て場を荒らすことも懸念され、町は「目撃しても近づかず、情報提供してほしい」と呼び掛けている。 (山本文子).

次の